理由(1995)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > 理由(1995)
 > (レビュー・クチコミ)

理由(1995)

[リユウ]
Just Cause
1995年【米】 上映時間:102分
平均点:5.79 / 10(Review 71人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アーネ・グリムシャー
助監督スティーヴ・ペリー〔製作〕(第二班監督)
リチャード・パトリック〔助監督〕(第2助監督)
キャストショーン・コネリー(男優)ポール・アームストロング
ローレンス・フィッシュバーン(男優)タニー・ブラウン保安官
ブレア・アンダーウッド(男優)ボビー・アール
ケイト・キャプショー(女優)ローリー・アームストロング
エド・ハリス(男優)ブレア・サリバン
ルビー・ディー(女優)エヴァンジェリン
スカーレット・ヨハンソン(女優)ケイト・アームストロング
ネッド・ビーティ(男優)マクネアー
ホープ・ラング(女優)リビー
ケヴィン・マッカーシー(男優)フィル
クリス・サランドン(男優)ライル
瑳川哲朗ポール・アームストロング(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚明夫タニー・ブラウン保安官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
相沢まさきボビー・アール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩田朋子ローリー・アームストロング(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
千田光男ブレア・サリバン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ブレア・サリバン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
片岡富枝エヴァンジェリン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
岡村明美ケイト・アームストロング(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
天田益男マクネアー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
さとうあい(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
若山弦蔵ポール・アームストロング(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
石塚運昇タニー・ブラウン保安官(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
山路和弘ボビー・アール(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
弥永和子ローリー・アームストロング(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
石井康嗣(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
藤本譲マクネアー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本ジェブ・スチュアート
ピーター・ストーン
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲クリス・ボードマン
ブラッド・デクター
ジェームズ・ニュートン・ハワード
ジェフ・アトマジアン
挿入曲アンドレ・プレヴィン"I Only Have Eyes for You"
撮影ラホス・コルタイ
アレクサンダー・ウィット(第二班撮影監督)
製作アーネ・グリムシャー
スティーヴ・ペリー〔製作〕
リー・リッチ
ゲイリー・フォスター[製作](共同製作)
ロンダ・トレフソン製作補
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ショーン・コネリー
配給ワーナー・ブラザース
美術ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン/ノンクレジット)
衣装アン・ロス〔衣装〕
ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
編集ウィリアム・M・アンダーソン
字幕翻訳戸田奈津子
松浦美奈
スタントボビー・J・フォックスワース
ダニー・アイエロ三世
ケイン・ホッダー
ジョエル・クレイマー
ジョニー・マーティン
その他スティーヴ・ペリー〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
死刑廃止を訴える大学教授ポールの元に、8年前の少女殺人事件で死刑判決を受けながらも、冤罪を訴える黒人青年ボビーからの弁護依頼が来る。排他的、人種差別的な周囲の妨害にもめげず、決定的証拠を掴み勝利を確信するポール。しかし、彼の勝利の影には、ある秘密が隠されていた。そして、恐ろしい真実が彼に襲いかかる!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
71.Just Cause、ただ黒人というだけで、差別され、差別されていると勘違いされ、、、ちょうどOJシンプソンの事件と判決のころですよね、、、あと、デビュー2作目?のスカーレット・ヨハンソンのかわいい少女時代が貴重ではありませんか?小さいけれど存在感ありました。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2017-08-09 15:09:40)(良:1票)
70.《ネタバレ》 コレはショーン・コネリーとエド・ハリスに持ってかれちゃった感があり過ぎでした。
もしコレが当時のトム・ハンクスとビンセント・ドノフリオあたりだったら、どんだけ驚いて観てしまったことか…。
ラスト30分まで、主人公は全く《他人事》としてこの事件に関わってるんだけど、そのへんのコネリーの徹底した演技が逆にイタイ。「こりゃ相当なしっぺ返しが来るぞ」と予感させてくれる。
案の定、エド・ハリスまで含めて全員が全員、いろんな意味で不幸に叩き落とされるダークなハッピーエンドがやってきます。短い作品だし、この後味の悪さは狙ってのコトでしょう。
でもね、思うんですよ。無罪を勝ち取る前、主人公はこの先起こることに逡巡するべきなんじゃないかって。奥さんの過去から来る「万が一」に思い巡らすべきじゃないかって。自分の専門家としての主義と、恐ろしい可能性との間で逡巡して、主義を自発的に選ぶべきなんじゃないかって。そこをドンデン返しの衝撃度を強めるためだけにスルーしてしまったシナリオは、やはりただのハリウッド娯楽映画のソレでしかないんだと思います。
エスねこさん [インターネット(字幕)] 4点(2016-08-08 00:07:25)
69.《ネタバレ》  こういったストーリー展開の場合、観客はどうしても「無実の黒人青年」に大いに肩入れしてしまう訳で、それを逆手に取った巧みな脚本だったと思います。

 けれど、本作に関しては少々伏線が足りなかった印象も受けましたね。
 終盤にて「実は本当に少女を殺していた」と明かすのであれば、もっと納得出来る材料を予め提示しておいて欲しかったです。
 ローレンス・フィッシュバーン演じる警官に関しても、事前に「嫌な奴」として描き過ぎていた為なのか、終盤に共闘してくれても盛り上がるものを感じなくて、非常に残念。
 思うに、前半にて登場人物の善悪に関するミスリードを徹底的に行っていた弊害なのではないでしょうか。
 作中で最も悲劇的な事件であろう「少女の殺害」の動機が弱過ぎるのも気になります。
 主人公の妻に対する復讐が目的だったなら、こんなに遠回りしなくても、もっとスマートな方法があったのでは? という疑念が拭えなくて、全ては「観客の意表を突く為のどんでん返し」ありきの後付けに思えてしまいました。

 冒頭にて、如何にも同情を誘う存在であった「孫の無実を信じて、主人公に真相解明を依頼する老母」が、終盤は丸っきり姿を見せなかった事も不満。
 主人公達が助かってハッピーエンドな空気で終わりたかった気持ちも分かりますが、物語を盛り上げる為に彼女を導入部で登場させた以上は「本当に孫が悪人だったと知って嘆き悲しむ老母」という姿も、しっかり描いておくべきなんじゃないかな、と思った次第です。

 上述のように、観賞後は色々と気になる点が多かったりもしたのですが、観ている間は素直に楽しめましたね。
 この映画、ズルいよなぁ……と思いつつ、作り手の力量を認めさせられる。
 そんな一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2016-05-27 20:26:59)(良:2票)
68.《ネタバレ》 中盤でもう黒人死刑囚が無罪放免となっては、もうそこでネタばれしたも同然です。同じ様なネタなら、『追いつめられて』の方が面白さでは数段うえです。ラストにかけては別の映画、そう『ケープ・フィアー』みたいな展開に無理矢理持って行ったという感じです。分割する橋を飛び越えるカー・アクションなんて、はたしてこの映画に必要あったんでしょうかね。 と言うわけで大して褒めるところもない凡庸な映画でしたが、驚くべき見どころが二つあります。ひとつは誰もが納得するエド・ハリスの鬼気迫る怪演です。この人は他の映画でも悪役を演じていますが、どちらかと言うと知的な犯罪者が多いのですけど、このサイコ・キラーぶりはもうぶっ飛んでます。ほんと怖い、名優は何を演じても観るものを圧倒させるものですね。そしてもう一つは、ショーン・コネリーの娘役(孫じゃないですよ)の少女はスカーレット・ヨハンソンなんですよ。実はあとからそれを知りあわてて観直してみましたが、たしかに彼女でした(当たり前です)。彼女、これが『ノース/ちいさな旅人』に次ぐ映画出演第二作目だったんですね。どうせなら『ケープ・フィアー』のジュリエット・ルイスみたいに活躍させればよかったのに、でも11歳じゃムリですよね(笑)
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-06-16 23:16:14)
67.予備知識無しで見て良かった。まあ犯人が誰かはある程度予測出来ちゃうんだけど、でもやっぱりショーンコネリーの活躍を期待せずにいられない。ゴールドフィンガーを見た直後だったので尚更コネリーの上手くいかない感に同情してしまった。
にしきのさん [地上波(吹替)] 6点(2015-03-28 11:12:17)
66.《ネタバレ》 黒人が少女を殺した冤罪を晴らしてめでたしめでたしではあまりにシンプルで定型すぎてつまらない。
何か裏がないとと思っていたら、ちゃんと続きがあって隠された真相を見せてくれた。
「差別偏見をはねのける黒人青年」という定型を逆手に取ったのが良かった。
発端が孫の無実を証明しようとする老婦人というのも、それだけで同情を引き寄せる。
主人公の邪魔をする黒人警官をいかにもステレオタイプの悪役風に印象づけておいたのも効いていた。
かなり強引なストーリーだけど、見る人の思い込みをうまく利用しながらサスペンスとして引っ張ってくれる。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 6点(2015-03-05 20:56:07)(良:1票)
65.大分前に観た映画でその時は気持ちよく騙されました。面白い展開の映画ですが2度目ともなると意外性も薄れます。後半の復讐シークエンスもラストを無理矢理盛り上げるためのものなのか不自然さが目立ちます。後半がダレ気味なので早過ぎるどんでん返しをもっと後に引っ張った方が良かったように思います。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 6点(2015-03-04 18:31:17)
64.とてもシリアスに創ってあるのは、好感が持てますが..作品全体が、ねらい過ぎ..“オチありき” の展開が、映画として頂けない..観ている方の、後味の悪さも、大きなマイナス..残念...
コナンが一番さん [地上波(吹替)] 7点(2015-02-07 19:49:43)
63.評価が低いですが、予備知識なしに見れば娯楽作品としてはおススメですよ。
ネタバレレビューはできるだけ見ないことです。
冒頭からメッセージが伝わってきそうですが、あまり深く考えないことです。
邦題のセンスは0点。
加えて、久々に見たケイト・キャプショー。インディー・ジョーンズに出てた頃は凄い美人だったのに普通の人になってた・・・。
クロエさん [地上波(吹替)] 7点(2013-01-30 06:26:32)
62.結構最後激しい終わり方をします。これは90年代に流行した、猟奇サスペンス物の流れを汲むものだと思います。伏線もよくできているし、展開も予想を超えたものなのでおすすめの作品です。おばあさんはかわいそうですが。罪は罪なんで。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-12-16 15:35:55)
61.《ネタバレ》 最高。ブラボー。笑わせていただきました(もちろん嘲笑ではなく)。バカバカしいけど楽しめる、“新本格”型社会派サスペンス。こういうネタって、冗談で「こんな内容の作品があったらスゴイよね」とか考えるだけであれば、思いつく人はナンボでもいるかも知れないけど、本当にこうやってモットモらしく伏線を張ってみたりして作品化しちゃうのがスバラシイ。ミステリとして成立させてしまっている。いやそれよりも、前半をしっかりと“社会派エンターテインメント”として成立させてしまっているのが、図々しくてさらにスバラシイです。ショーン・コネリー、「妙に優秀な黒人の若者に手を差し伸べる」というテーマはこの後『小説家を見つけたら』でも取り組んでる訳ですが、彼としては本作の役の方が(つまり飄々として頭カラッポな感じ)、ピッタリですね。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-10-23 06:51:02)
60.《ネタバレ》 よーくできてる。伏線の張り方もあからさまでなく、ちゃんと観客に少し引っかかる感じで残して良い感じ。ショーンコネリーがちょっと渋すぎて、罠に嵌められるのさえ違和感がでちゃう。映画としてもちゃんとどんでん返しも作ってサスペンスものとしてよくできているし、鑑賞後もいろいろ考えさせるという意味で社会派作品でもある。法廷物だったら1時間のところで解決になっちゃったんだろうなあ。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 7点(2011-10-12 18:40:34)
59.《ネタバレ》 冒頭の討論会。死刑賛成論者からの質問。「あなたの妻や娘が犠牲者になっても、あなたは死刑反対論者でいられますか。」アームストロングは答える。「それはあなたと同じ決断を下すでしょう。」ここからすでにラストへの複線を張っていたのですね。そしてその言葉通り、アームストロングはみずからボビーアールへ死刑判決を下します。この流れ好きです。
ボビーアールが過去に冤罪で去勢された恨みをすぐに晴らさず、しばらくして何の罪もない女の子を殺します。捕まって死刑判決。そこでアームストロングを弁護士に指名して、過去に自分を起訴した奥さんに復讐を果たそうとします。ですがこの流れだと、復讐がとってつけたような印象を受けてしまって。ボビーアールはもし女の子の殺害がばれていなかったら、別に復讐を行動に移すことはなかったのでは。そこだけが説得力に欠けていて残念ではありますが、それをふまえても見ごたえのあるサスペンスでした。
ああ、エドハリス全然気付きませんでした。グッドナイトムーンやチャイナムーンのイメージとかけ離れすぎていて。まったく別人ですね。すごい役者さんです。
たきたてさん [DVD(吹替)] 9点(2011-09-27 11:16:08)(良:1票)
58.一応サイコサスペンスだったかな?
突っ込み所が多々あって、全体的にものすごい粗さが目立つシナリオなんだけど、
ストーリーそのものは面白いので、最後まで楽しめるとは思う。
キャスティングに関しては、ショーン・コネリーが主演していたということしか覚えていない。
キモいシーンもないし、娯楽映画に近い作りのサスペンスで万人向け。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-21 18:34:34)
57.《ネタバレ》 前半は、冤罪に黒人差別問題をからめた社会派映画かと思った。だいぶ時間を残してボビー・アールが無罪放免になったから、ここからどんでん返しがあるとすればやはりボビー・アールが真犯人だった……となる可能性が高い。誰でもそう思うでしょ。実際そうだった。そうなっても、警官二人をあまりにも憎々しげに描いてるので、今さら奴らに感情移入する気がおきない。で最後は、いくらボビー・アールが悪人だからといってナイフで刺しまくるのはどうなのか。
ひどい映画でした。ショーン・コネリーの無駄遣い。
佐吉さん [DVD(字幕)] 4点(2011-07-31 19:33:58)
56.またまたこれも評価が低いので期待せず観たのが幸いした一本でした。
クライマックスの処理をもっときれいにすれば、
もっと評価も良くなるんじゃないかなと思いますが、
一回観たらもういい映画ではあります。
Skycrawlerさん [地上波(字幕)] 7点(2011-07-16 02:09:48)
55.地味な印象があるが、それなりに面白かった。
のははすひさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-10 00:38:15)
54.《ネタバレ》 面白かったけど、観た後スッキリ、という感じではないですね。地元警察も完全に憎めないし、ショーンコネリーの奥さんの行為も何とも言えない後苦さがあるし。それでもストーリーの意外性という意味では「まさか!」という展開で面白かったです。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-12 11:04:05)
53.《ネタバレ》 ボビーが晴れて無罪放免になり、パーティの席でみんなで「よかった、よかった」で終わりかと思いきや、DVDプレイヤーの時刻表示機能が無ければそこで終わったと思ってしまいます。「あれ、まだ1時間しか経ってないじゃん?」そこで初めてこの話は終わりではないことに気づきました。危ない危ない。

どんでん返し系のストーリーって最近多くなってきたイメージですけど、当時こんな映画が出てたらけっこう評判良かったんじゃないでしょうか。こういうサスペンスには自分でもそこそこ目が肥えてるほうだと思ってるんですが、それでもだいぶサプライズ的に楽しめた気がします。

でも人ってやっぱりわかりませんね。黒人だから悪いとか、白人だから良いとか、何の根拠もない。逆に迫害されてるからって過剰に保護しようとすると、この映画のような展開になったり。人はいろんなものをデータや感覚で判断します。A国は治安が悪いとかB国は犯罪が少ないとか、そういったものを見て自分で判断して結論を出しますが、判断材料を誤ったり、自分の判断や見る目そのものがそもそも欠落しているとかだったらどうしようもないですよね。
ちゃんと人を見る目を養いたいと思わせる映画でした。興味深かったです。
TANTOさん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-12 13:55:07)
52.《ネタバレ》 な~んの前知識も無く観たので、すっかり冤罪と腐敗警察の話としてオーソドックスに見入ってしまいました。が・・・これから、という時になっていきなり解決! そのすっ飛ばした見せ方で拍子抜けするとともに、その後の展開はミエミエに。クライマックスは『アダプテーション』とか『ケープ・フィア』を再見してる気分で、ちょっと「ふぅ~ん・・・」でした。でも、それはそれとして、やっぱり面白かったですよ。ただ、あの犯人が一度簡単に無罪になっちゃうところが、やっぱりガクッと力抜けちゃいます。僕みたいなこと言うのはほとんどいないだろうけど、140~160分ぐらいに長くなってもいいから、無罪判決への道程と、そこからどんでん返しが始まって自分の信念が悪用されたショーン・コネリーの心理描写をじ~っくり描いたものを観てみたいと思いました。面白かったけど、せっかくの題材なのに、軽いサスペンスに終わってしまったのが残念。見終わった後にズッシリ考えさせるくらいの重厚な社会派ドラマにも出来たでしょうに。欲を言えば180分ものにしてエド・ハリスのバックグラウンドを描き足した状態のも観たいです。そういうの観たら、きっと僕はものすごく揺さぶられて、見終わった後すごい衝撃でガ~~~~~~~~~~~~~ン!となってるような気がします。
だみおさん [DVD(吹替)] 6点(2010-11-24 20:18:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 71人
平均点数 5.79点
000.00%
100.00%
200.00%
357.04%
4811.27%
51419.72%
62129.58%
71926.76%
811.41%
934.23%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.66点 Review6人
2 ストーリー評価 6.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review6人
4 音楽評価 5.20点 Review5人
5 感泣評価 3.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS