日本女侠伝 侠客芸者のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本女侠伝 侠客芸者
 > (レビュー・クチコミ)

日本女侠伝 侠客芸者

[ニホンジョキョウデンキョウキャクゲイシャ]
1969年【日】 上映時間:99分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションドラマシリーズものヤクザ・マフィア
新規登録(2006-11-08)【青観】さん
タイトル情報更新(2021-02-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下耕作
助監督篠塚正秀
キャスト藤純子(女優)信次
高倉健(男優)島田清吉
若山富三郎(男優)坂田義信
金子信雄(男優)大須賀喜造
藤山寛美(男優)豆六
桜町弘子(女優)粂八
三島ゆり子(女優)小万
利根はる恵(女優)お梶
大木悟郎(男優)幸太
田中春男(男優)河原
中村錦司(男優)白川
岡村文子(女優)お茂
小松方正(男優)大陸
遠藤辰雄(男優)萬場安次郎
丸平峰子(女優)お半
岡田千代(女優)お浜
土田早苗(女優)弥生
寺島達夫(男優)金井
脚本野上龍雄
音楽木下忠司
撮影鈴木重平
企画俊藤浩滋
日下部五朗
配給東映
編集宮本信太郎
録音佐々木稔郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 藤純子演じる芸者さん、威勢よく啖呵を切って見せたりもするけれど、さすがに「侠客」ってなことはなくって、それはどちらかというと健さんの役どころ。侠客&芸者、です。
無論、芸者さんなので、男性客をもてなしてナンボ、のところはあるのですが、一方で理不尽にははっきりノーと言い、それも常人離れした格闘能力がある訳でもなく、皆で力を合わせて相手の横暴に立ち向かう。かつてのウーマンリブ運動を見るようでもあります。
その一方、健さんはというと、こちらは弱小企業が悪徳大企業に押しつぶされようとするのに必死で立ち向かう、その先頭に立っていて。
いやがらせの数々を何とか耐え忍ぶも、ついに一線を越えて犠牲者が出たことから、健さんの怒りが爆発。このテの映画の定番、殴り込みとなる訳ですが、ここでもやっぱり、死地に赴くのは男であって、女の姿はそこには無い。男は気前よく死んでみせ、女はただ、芸者の身のままで悲しみに耐えるしかない、という、今見りゃ、ちょっと古風過ぎるオハナシで、フェミニストの皆さんからはブーブー言われそうな内容なんですけれども、でもラストで、悲しみに耐えつつも強く生きていこうとする、いや強く生きていかねばならないからこそ悲しい、そんな表情を湛えた藤純子が、イイんですねえ。鮮烈な印象を残します。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-11-25 21:46:53)
1.藤純子主演の任侠もの、しかも監督は山下耕作監督である。そりゃあ、もう、期待するなってのが無理なわけでして、まあ、それなりに楽しめたし、藤純子は相変わらず美しくてかっこ良かったけど、緋牡丹シリーズと比べてしまうと、どうしても物足りない。藤純子を引き立てる脇を固める俳優陣に関しては悪くはないし、良かったと思うが、それでも何か足りない。もう一度、見れば印象変わるかもしれないけど、一度見れば良いかなあ!
青観さん [ビデオ(邦画)] 6点(2006-11-20 22:27:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS