ファウンテン 永遠につづく愛のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファウンテン 永遠につづく愛
 > (レビュー・クチコミ)

ファウンテン 永遠につづく愛

[ファウンテンエイエンニツヅクアイ]
The Fountain
2006年【米】 上映時間:96分
平均点:4.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-07-14)
アクションドラマSFロマンス
新規登録(2006-11-11)【.】さん
タイトル情報更新(2019-08-04)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダーレン・アロノフスキー
助監督ジェレミー・ドーソン(第二班監督)
キャストヒュー・ジャックマン(男優)トマス / トミー / トム・クレオ
レイチェル・ワイズ(女優)イザベル / イジー・クレオ
エレン・バースティン(女優)リリアン・グゼッティ博士
マーク・マーゴリス(男優)アヴィラ神父
フェルナンド・エルナンデス(男優)
クリフ・カーティス(男優)アリエル
ショーン・パトリック・トーマス(男優)アントニオ
ドナ・マーフィ(女優)ベティ
イーサン・サプリー(男優)
スティーヴン・マクハティ(男優)
山路和弘トマス / トミー / トム・クレオ(日本語吹き替え版)
安藤麻吹イザベル / イジー・クレオ(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
原作ダーレン・アロノフスキー(原案)
脚本ダーレン・アロノフスキー
音楽クリント・マンセル
撮影マシュー・リバティーク
製作アーノン・ミルチャン
イアイン・スミス[製作]
エリック・ワトソン[製作]
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ニック・ウェクスラー〔製作〕
配給20世紀フォックス
特殊メイクエイドリアン・モロ
C・J・ゴールドマン
特撮バズ・イメージ・グループ(視覚効果)
ルイス・モリン(視覚効果監修)
ジェレミー・ドーソン(視覚効果デザイン)
ルイス・クレイグ(特殊効果コーディネーター)
美術イザベル・グアイ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 不治の病にかかった妻を必死に救おうとする現代の学者と、女王のために生命の木を探索する中世の騎士のお話を交互に展開し、人間の生と死という深淵なテーマを圧倒的な映像美のなかに描き出した作品。デビュー以来、ずっと映像にこだわり続けてきた監督の作品だけにさすがにその映像は凄いのだけど、どうもそのこだわりが上手くストーリーとマッチしていないという印象が強かった。監督の才気が先走り過ぎていて、作品としてはいまいち纏まりに欠けているかなぁというのが正直な感想。好きな監督の作品だけにちょっと残念でした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-27 10:18:07)
6.《ネタバレ》 ユダヤ系アメリカ人という西洋人であるところのア氏が、〝死に対する恐怖〟への克服を東洋思想やマヤ文明という「外側」に求めたという意味で画期的な作品です。
作品内には一切「創造神」の観念が出てきません。これは西洋人とくにユダヤ人が作ったということを考慮すれば「大変なこと」です。それだけ、「他の作品」には「それ」が必ずあるからです。
さて、そういう前提を踏まえてもう一度この(一見)難解な作品を見てください。
な~んだ、大して難しいことは言ってないじゃないか。
トリッキーな映像を駆使して観客を混乱させ、一時間半ののちにヒュー・ジャックマンのセリフまで引きずってきてやっと「オレは自分が死ぬことが怖くて仕方ない」という本音を聞かせるわけです。
「なんだそんなことか」と言うなかれ。それはあなたが今現在健康で若くて楽天的だからという、それだけの理由です。例えば哲学者の中島義道は、幼少時から自身の死を恐れ続けて哲学に進み、還暦を過ぎた今も死ぬのが怖くて気が狂いそうなのです。彼は哲学者なので、死後は「無」になると思っているからだそうです。
「自分はいつか死んでいなくなる」という恐怖の事実と共にどう生きるか、西洋人にとってはGODのまします「天国」に行くことが答えです。ア氏はこれを退けた。死後のイジーは天国に行っているわけではありません。
それはラストで「万物流転」という形で表現されました。…ア氏から観客への直球が投げられたわけです。しかし、キャッチしてくれる観客は少ないだろうなあ。
例えば普通の日本人だったら「難解なファンタジーですか?」という反応になる。
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の信者にとっては、ア氏の直球を受け止めることはすなわち「改宗」を迫られることを意味します。これは大げさではありません。なんたって「全能の神はいない。死んでも天国には行けない。」のだから。
そういうような、危険な球を投げてきたある意味勇気あるア氏ですが、ひとつ指摘すれば彼の限界を感じる部分がある。
なぜ、妻が死ぬ側でなければならないのか。なんで逆ではいけないのか。
妻を救おうと奔走する夫って、あんまりにもありきたりじゃないですか。新しさを追求するならそこまでやってほしい。
ここは、逆にしてみるべきだったと思う。妻を聖女のように描かないでもらいたいしね。ここらへんが男であるア氏の限界。
パブロン中毒さん [地上波(字幕)] 7点(2010-06-14 14:32:23)(良:1票)
5.《ネタバレ》 
知恵の果実を口にして 
死せるさだめも享けたまわん 
ゆえに、死がせまりし今この時 
真理の扉は開かれん 
生命の根源は、その樹の内に 
されど真理は、我が身の内に 

ああ アダン 
哀しみ拾うことなかれ 
人の生命に限りはあれど 
真理は永遠に続くものなれば… 

エヴァ
海之松さん [DVD(字幕)] 7点(2009-09-19 07:01:53)
4.終始意味不明。奥さんを美しく撮りたかった感じでしょうか。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 2点(2009-03-25 22:32:43)
3.《ネタバレ》 中盤までは、なんのことやら話が掴めませんでした。中盤以降、イジーの病とそれを治そうとするトミーに焦点が当たってからはそれなりに楽しめたかな。全体的にゆっくりと話が進み、『レクイエム・フォー・ドリーム』のような惹き込まれる感じがなかったです。未来の宇宙船の映像世界はキレイで、特にラスト、未来から過去へと至るイメージ群は陶酔感を得られました。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 5点(2008-07-13 21:20:34)
2.まぁ、、。ハリウッド映画にも「スピリチュアルブーム」ってヤツ?金と黒の映像は「パンズラビリンス」みたいだし「現実」と「創作?妄想?」が入り乱れる作り方も同じなんだけどね・・。
観たことはないけど新興宗教系の映画とか、こんな感じなんでしょうかねぇ・・。思想性も解るような・・気がしたら、、、さらに余計な感じでトンでもない方向に宇宙遊泳されて、意味不明のキンキラキン・・。一瞬、言いたいことが解ったような気がしたから(違うかもしれないが・・)2点に押さえとく。。
グレースさん [DVD(吹替)] 2点(2008-06-15 00:32:07)
1.久々に訳のわからん映画に出会いました。どのシーンが何を示しているのか、何一つ理解できませんでした。後でゆっくりHPの解説読みます。唯一の救いは、ジャックマンとワイズ演じる夫婦のシーンです。愛を確かめ合う2人はとても美しかった。
shoukanさん [映画館(字幕)] 4点(2007-07-19 23:34:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.57点
000.00%
100.00%
2228.57%
300.00%
4114.29%
5228.57%
600.00%
7228.57%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
作曲賞クリント・マンセル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS