ハッピー フィートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハッピー フィート
 > (レビュー・クチコミ)

ハッピー フィート

[ハッピーフィート]
Happy Feet
2006年【豪・米】 上映時間:108分
平均点:5.68 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-03-17)
コメディアドベンチャーアニメミュージカルシリーズものファミリー動物もの
新規登録(2006-11-21)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2019-08-04)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・ミラー〔1945年生・豪州出身〕
イライジャ・ウッドマンブル
ブリタニー・マーフィグローリア
ヒュー・ジャックマンメンフィス
ニコール・キッドマンノーマ・ジーン
ヒューゴ・ウィービング長老ノア
エリザベス・デイリーベイビー・マンブル
ロビン・ウィリアムスラモン/ラブレイス
マグダ・ズバンスキーミズ・バイオラ
ミリアム・マーゴリーズミセス・アストラカン
アンソニー・ラパリアアルファ・スクーア
手越祐也マンブル(日本語吹き替え版)
ブラザー・トムラモン/ラブレイス(日本語吹き替え版)
てらそままさきメンフィス(日本語吹き替え版)
冬馬由美ノーマ・ジーン(日本語吹き替え版)
石井隆夫アルファ・スクーア(日本語吹き替え版)
さとうあいミス・バイオラ(日本語吹き替え版)
稲葉実ネスター(日本語吹き替え版)
高木渉ラウル(日本語吹き替え版)
加藤清史郎ベイビー・マンブル(日本語吹き替え版)
多田野曜平ロンバルト(日本語吹き替え版)
脚本ジョージ・ミラー〔1945年生・豪州出身〕
音楽ジョン・パウエル
ジョン・アシュトン・トーマス(追加音楽)
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
挿入曲プリンス"Song Of The Heart"
P!NK"Tell Me Something Good"
ブリタニー・マーフィ"Somebody To Love","Boogie Wonderland"
ザ・ビーチ・ボーイズ"Do It Again"
ロビン・ウィリアムス"My Way"
ニコール・キッドマン"Kiss"
ヒュー・ジャックマン"Kiss","Heartbreak Hotel"
撮影アンドリュー・レスニー(ライブアクション班撮影監督)
製作ジョージ・ミラー〔1945年生・豪州出身〕
ダグ・ミッチェル
制作ワーナー・ブラザース
配給ワーナー・ブラザース
特撮アニマル・ロジック社(視覚効果)
編集マーガレット・シクセル 
字幕翻訳稲田嵯裕里
あらすじ
南極、冬。つらい吹雪に揉まれながら、お父さんペンギンたちは頑張って卵を温めている。だが一個の卵が雪原へ転げ落ち…やがて生まれた子は、ペンギンたちの大事な大事な「歌」を失っていた。美声の代りにズバ抜けたタップを踏む子供・マンブルは、皇帝ペンギンのコロニーに訪れた不吉な予兆なのか…? 『マッドマックス』『ベーブ』の監督が、環境と種、個人と共同体に張られた弦をリリカルにかき鳴らす、アニマル3Dミュージカル。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.《ネタバレ》 あまり楽しめなかった。タップの音と脚の動きがぴったり合ってない気がしたし、そもそもあれだけ短い脚じゃリズムを細かく刻むのが難しそう。ただ歌と踊りであれだけ盛り上がれる作品を作れるのは、やはりアメリカならではだと思う。もっとも私はあのノリにはついていけなかった。いくら声や体で情感たっぷりに歌っていても、目があずきみたいに小さくて無表情な皇帝ペンギンは、生理的に合わなくて辛かった。アクションシーンは面白かったけど、マンブルだけ成鳥の姿になれてないし、いつのまにか魚が減少して何の予兆もなくコロニーが飢えているし、マンブルとグロリアは結ばれることもないし、マンブルが人間にセンサーを取り付けられていつ外されたかうやむやのままエンドロールが流れちゃうし、何もかもが中途半端ですっきりこない。唯一声に出して笑えたのがシャチのシーンの 「バドミントンか」 だった。
tonyさん [インターネット(字幕)] 4点(2015-05-18 12:53:56)
40.基本は歌って踊るコメディ作品。
でも、ペンギンや他の動物の生態もかなり細かく忠実に描写してたり、環境問題なんかも盛り込んで意外と真面目な一面もありました。
歌えないと生きて行けないという設定は面白いし、歌えないけど踊りで人生を切り開くという前向きな姿勢も共感できる。
残念だったのは、凶悪なくらい可愛かった雛時代が短く、あっさりと成長してしまったこと。
コウテイペンギンは大人になるといまいち可愛くないので、雛のまま成長しない方が良かったんじゃないかと思う。
それに比べて途中から登場したアデリーペンギンたちは小さくて可愛かった。
まあ、見た目は可愛くても、中身はおっさんだったけどね。
あと、どうでもいいことだけど、エンドロールが異常に長かったので、当時としてはかなりの超大作映画だったのかな。
最近のCGアニメなら、これくらいのクオリティは当たり前のレベルだけど、当時としては最高峰の作品だったんでしょうね。
もとやさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-30 10:17:29)
39.《ネタバレ》 後半はかなり人間目線で少し悲しい気持ちになったが、ともかく映像はリアルで綺麗で皇帝ペンギンの子供の可愛さがよく出ていて良かった。マンブルの産毛が最後に抜けて立派な大人の姿になるのでは?と勝手な想像をしていましたが、最後まであのままでした(笑)
civiさん [地上波(吹替)] 5点(2012-01-18 11:45:59)
38.観終わった後に残るこの気持ちを、うちの愛犬であるノンをさらに可愛がるという行為に転化しようと思います。まずは、そばにいる言葉を持たない動物の声を聞こうかと。同じ2006年に上映された大作「パイレーツオブカリビアン」よりもずっとずっと良い映画です。音楽とダンスも好みで、タップダンスってそれだけで見ると意外と退屈だったりするんですけど、ノリがよく選曲の光る音楽との融合によりその退屈さは微塵もありません。そしてあろうことかペンギンが生存と存在をかけて歌い踊るのです。異次元のハイクラスなミュージカルへとこの映画は昇華したと思います。凄い映画です。マスコミや人の意見は往々にしてあてになりません。ましてや”偽善”という定義が曖昧な言葉で簡単に片付けてしまえるような陳腐な映画では断じてない、と言い切れます。ブルーレイで観るべきでした。買いにいこうかな。
マリモ125ccさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2009-12-23 17:26:47)(良:1票)
37.《ネタバレ》 「踊るペンギンなんて珍しいから、助けましょう」なんて、なんたる人間のエゴ。観てて気分悪くなった。前半のミュージカルシーンが楽しかったので、この点数。
フライボーイさん [映画館(吹替)] 5点(2009-11-21 02:01:07)
36.ブルーレイにて鑑賞。絵はきれいだが、内容がいまいちまとまっていない。
HRM36さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2009-09-18 22:42:27)
35.《ネタバレ》 相当びっくりする映画です。ええ、かなりびっくりします。CG技術の高さはこれも驚くほどなんで、見応えは充分なんですが。一番驚くのが皆さんご指摘の前半からは想像もつかない後半のメッセージ性。これは引いちゃいます。しかも結末がSFかよ~って感じで。一応ダンスをネタにしているという一貫性はあるんですが、やっぱ言いたいことが散逸した感じですね。子供(小3)と観ましたが、全部は理解できなかったようですよ。赤ちゃんペンギンには「かわいい~~」ときゃあきゃあ言ってましたが。マイノリティの差別という結構重いテーマもあるので、エコの方はラブレースの首に絡んだあのゴミを見せる位で充分だったのではないかと思います。恋人が旅の間にライバルと結婚して子沢山なんてのも子供向けとは思えないシビアさですねぇ…王道は恋人が「何故自分が冷たくされたか」に気付き、主人公の帰りを健気に待ち、帰ってきて大きな成果をあげる主人公と恋愛的にもハッピーエンド、ってなるはずですけど。あざらしがコワすぎるのも、子供にはちょっと。大人向けとしたら説教臭さが鼻につくし、ターゲットが絞れてない感じ。ただ表現の仕方はだめですが、テーマそのものは悪くないし、なにしろ映像はすごいのでプラスマイナスでこの点にしておきます。
あっかっかさん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-06 13:11:05)(良:1票)
34.これを観る前に品川の水族館へ行ってきた。
てか、目的は隣のホテルのランチビュッフェ。時間が余ったついでである。
確か入場料が1500円ぐらいした気がする。えらい高い。
案内見ると敷地が狭いんで居る海洋生物もたいした数もなく、休日もあってか人がドンドン入ってく。
正直不満タラタラで、なんとか回避できないもんかと思ってた。
「なんだよー。水族館なんて年頃でもないってば。」なんて言いながら結局は入場することになったのだが。
 
・・・約1時間後・・・
 
ペンギンの前でかれこれ1時間以上居坐ってる自分が居た。
やばい。ペンギン可愛い。家に持って帰りたい。
多分4種類ぐらいのペンギンが居るのだが、(なんか判るのはイワトビぐらい)
みんなして同じ方向じっと見てたり。と思ってたら突然集団自殺のように水に飛び込んだり、
飛び込むんだか飛び込まないんだか何度も行ったり来たり躊躇してるようなのが居たり、
つがいのはいつも一緒で元気だし。
どいつもこいつも行動が読めなくて凄い楽しいのである。見てて飽きない。
そんな折にこんなもん観てしまったから、多分観てる間中目がキラキラしてたと思う。
内容なんてどうでもいい。好きな音楽とノリと軽やかなステップが見れれば満足だった。
ちなみにアザラシがやけに生々しくて怖かったが、水族館のアザラシは可愛かった。
ひで太郎さん [DVD(字幕)] 7点(2008-08-21 17:54:35)(良:1票)
33.《ネタバレ》 もともとCG向きのペンギンだから、ダンスをさせてもあまり違和感が無く、ダンスシーンは純粋に楽しめた。選曲もなかなか良かったし、いっそダンスにテーマを絞った青春映画(?)で良かったのに、余計なメッセージ性を持たせようとする強引さが鼻についた。後半のあからさまなハリウッド的ご都合主義の展開には苦笑い。これで子供にエコを説こうだなんて、マトモな大人なら恥ずかしくて出来ません。ちなみに雛ペンギンは可愛いが、大人ペンギンは造作がリアルすぎてやや不気味。鳥やウサギ等、一見可愛いけれど実物は視線が合わず何考えているか分からん動物の不気味さがリアルに再現されてます(笑)。

lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-08-14 15:22:23)
32.《ネタバレ》 勿論、ペンギンは歌を唄わないし、ダンスもしないし、ペンギン語もペンギン学校も無い。だけど、完全に擬人化というわけでもなく、例えばお父さんが卵を抱え込んで吹雪の中を身を寄せ合って耐えるとか、シャチは補食の前に獲物を投げ飛ばすだとか、アザラシが氷の上では動きがのろくなるだとか、そういう実際の行動を取り込んで作ってるからより一層コミカルで笑えてくる。映像にしても、氷のジェットコースターの様なアクションシーンは自分も一緒に滑っているかの様なリアリズムがあったし、ペンギンの子供たちはとてつもなく可愛らしい。ラストの思い切った展開には、賛否両論あると思う。ノリノリでとっても楽しい作品ではあったが、個人的にアカデミー賞は「カーズ」が獲るべきであったと思う。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-24 23:58:50)
31.《ネタバレ》 楽しいペンギンミュージカルと思って観たら、後半にビックリ。
でもオチには納得いかなかったです。もともと悪いのは「人間の勝手なふるまい」なわけですよね?それによってお魚不足になってペンギン達が危機的状況になったんですよね?なのに、その解決の理由が「この踊るペンギン達はスゴイから、ここは保護区にしよう」っていうこれまた人間の勝手な決定でいいんですかねぇ…うーん…
エムラ兄妹さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-05-03 16:55:12)
30.CGがかわいくて、ときにリアルで楽しみながら見ましたが、限りなく印象に残らない映画でした。追記 見たか忘れて再び見てしまい、見ていてみたかどうか、やはりわからなかったので、このサイトで自分が評価しているか確認したら納得するコメントでした。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-04-25 07:55:41)
29.前半と後半の内容のギャップにビックリ!!
後半はどうかな~。製作者の意図は分かるんだけど。
期待していた内容と全然違ったので、その分、厳しめに。
ポンクーさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-03-24 12:56:39)
28.《ネタバレ》 生まれたてのグローリアがマンブルの卵をつつくとこなんか、底~ぬけ~~!にカワイかったあ!ああ~ベビーペンギンのなんとカワユイことよ!
ダンスシーンも音楽もすっごく楽しかった。
そりゃ、水族館から故郷へ戻る唐突さとか勇気やら愛やら差別やら自然破壊やらのテーマはありきたりとも言えるけど、この映画見ているとスタッフの観客を楽しませようとするエネルギーがヒシヒシと伝わってくるんですよ。エンドロールまでもネ。
木村家の娘さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2008-03-22 23:49:05)
27.《ネタバレ》 前半のありきたりな展開からは思いもよらない後半。
いや後半もテーマ的にはありきたりなんですがこの変わりようにびっくり。
子供向け映画を見に行ったつもりが18禁だったってオチに近いです。
まあテーマ的にはあれですがこのびっくり展開評価。いい意味でも悪い意味でも。
とまさん [映画館(字幕)] 7点(2008-01-26 13:37:54)
26.《ネタバレ》 かわいい子供ペンギンのダンス映画かと思いきや、結構ストーリー仕立てな作品で“あれ?”てな感じ、子供から大人になる中間の姿がミョーにリアル過ぎる。そこまでこだわる必要が有ったのだろうか?
みんてんさん [DVD(字幕)] 4点(2008-01-19 19:02:44)
25.《ネタバレ》 子供のお供で観に行きました。可もなく不可もなく普通に楽しめました。けど、吹き替えだと目を閉じても(字幕を追わないでいいから)台詞が飛び込んで来る分,睡魔に襲われやすいのは私だけ?トムさんの声優もいいのですが、最近は声優にテレビで活躍してあるアイドルやタレントを多用する風習はどうにかならないものでしょうか?どうもそのキャラクターとタレントさんの姿がかぶってしまいストーリーに集中できません。逆に売れ過ぎの声優さんでも別なキャラクターのイメージが濃い人でも同じですけどね。個性のある新人さんをもっとバンバン起用した方が固定概念に囚われずに新鮮さが出ると思いますがどうでしょう?07-04-09
Pea Shanさん [映画館(吹替)] 5点(2008-01-17 22:58:06)
24.けっこー楽しめた。音楽映画っていってもいいんじゃないかな。映像も私は、壮大な感じを受けた。アザラシ?はちょっと怖かったけど・・・。子供には絶対良いと思う。
bluestarさん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-13 23:49:33)
23.《ネタバレ》 まずは、リアルなペンギンのCGは可愛らしくなく、ちょっとがっかり。それとミュージカル仕立てという訳ではないが台詞として歌が使われるのですが、好きな曲が多かったにも係わらず、特に面白さをアップする要素にはなりませんでした。そもそもペンギンが歌を歌えて、歌えない主人公は...という強引な「みにくいアヒルの子」的設定に感情移入が端から阻害されてしまったのが最大の問題でしょうか。そして、話の後半は漁業資源問題???? かなり無理な所が多い映画だと思いました。
チェックメイト・キングIIさん [DVD(吹替)] 4点(2007-10-27 17:32:46)
22.CGは綺麗で見ごたえがあるんだが、
何を伝えたいかまったくもってわからん。製作者が幼稚なのか。。
とっても偽善に満ち溢れた作品です。
突っ込みさん [DVD(字幕)] 4点(2007-10-19 19:47:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 5.68点
000.00%
112.44%
212.44%
312.44%
4614.63%
51024.39%
61024.39%
7717.07%
837.32%
900.00%
1024.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.83点 Review6人
2 ストーリー評価 4.50点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.14点 Review7人
4 音楽評価 7.37点 Review8人
5 感泣評価 2.83点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
長編アニメーション賞ジョージ・ミラー〔1945年生・豪州出身〕受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
主題歌賞プリンス受賞"Song Of The Heart"
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS