マリー・アントワネット(2006)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マリー・アントワネット(2006)
 > (レビュー・クチコミ)

マリー・アントワネット(2006)

[マリーアントワネット]
Marie Antoinette
2006年【米・仏・日】 上映時間:123分
平均点:5.06 / 10(Review 96人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-01-20)
ドラマ歴史もの伝記ものロマンス
新規登録(2007-01-18)【みんてん】さん
タイトル情報更新(2016-11-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ソフィア・コッポラ
助監督ロマン・コッポラ(第二班監督)
キャストキルスティン・ダンスト(女優)マリー・アントワネット
ジェイソン・シュワルツマン(男優)ルイ16世
ジュディ・デイビス(女優)ノアイユ伯爵夫人
リップ・トーン(男優)ルイ15世
ローズ・バーン(女優)ポリニャック公爵夫人
アーシア・アルジェント(女優)デュ・バリー夫人
モリー・シャノン(女優)ヴィクトワール内親王
シャーリー・ヘンダーソン(女優)ソフィー内親王
ダニー・ヒューストン(男優)ジョセフ皇帝
マリアンヌ・フェイスフル(女優)マリア・テレジア女帝
オーロール・クレマン(女優)シャール公爵夫人
トム・ハーディ〔男優〕(男優)ラウモント
スティーヴ・クーガン(男優)メルシー伯爵
ジェイミー・ドーナン(男優)フェルゼン伯爵
サラ・アドラー(女優)ダルトワ夫人
マチュー・アマルリック(男優)仮面舞踏会の男
ギョーム・ガリエンヌ(男優)
セバスチャン・アルメストロ(男優)
園崎未恵マリー・アントワネット(日本語吹き替え版)
佐久田修ルイ16世(日本語吹き替え版)
藤本譲ルイ15世(日本語吹き替え版)
滝沢ロコノアイユ伯爵夫人(日本語吹き替え版)
片岡富枝マリア・テレジア女帝(日本語吹き替え版)
小島幸子(日本語吹き替え版)
宮寺智子(日本語吹き替え版)
脚本ソフィア・コッポラ
音楽ブライアン・レイツェル(音楽プロデューサー/音楽監修)
挿入曲ジャン=フィリップ・ラモー
撮影ランス・アコード
製作コロムビア・ピクチャーズ
東北新社
ソフィア・コッポラ
製作総指揮フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・ルース
配給東宝東和
東北新社
特撮ケヴィン・バーガー(視覚効果監修)
美術K・K・バレット(プロダクション・デザイン)
衣装ミレーナ・カノネロ
その他フランシス・フォード・コッポラ(サンクス)
ロマン・コッポラ(サンクス)
キャリー・フィッシャー(サンクス)
ゾーイ・カサヴェテス(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
96.《ネタバレ》 マリー・アントワネットについて知られている事柄をパッチワークのように繋ぎ合わせて、そこにイマドキな音楽や演出を施しただけのような、なんとも志が低い映画だった。
ただ、中盤のマリー・アントワネットとマリー・テレーズの親子が隠れ家の庭で過ごす牧歌的なムードなど、いかにもなソフィア・コッポラのカラーがところどころにあるにはあるにで、意外と監督があまり自由に撮らせてもらえなかった、ということなのかも?
映像と美術関係はかなり力が入っていたと思う。
アーシア・アルジェントは思わせぶりな割にあまり物語に絡んでこなかったなぁ・・・
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-07-11 00:17:46)★《更新》★
95.《ネタバレ》 何で、マリー・アントワネットの映画にアメリカや日本が関係しているんだ。しかも、彼女は元々、ドイツ人だぜ。

※当時のベルサイユ宮殿は、現代人の感覚からすると、実に不衛生な場所だ。少女漫画風の美化描写をするよりも、革命前夜時における詳細描写にもっと力を入れて欲しかったね。 あ、彼女の最期の描写は詳細でなくてよい。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 5点(2018-09-02 11:53:04)
94.公開当時、若いパートナーに押し切られてコレを鑑賞しました。主人公はとてもかわいいのですが、顔つきが今風でゴシック調には全く合っていないと思いました(キルスティン・ダンストは大好きですよ!)。そして当時デビューしたてのソフィア・コッポラのこともゴッドファーザーパート3での大根役者具合を知っていたので不安しかありませんでした。ものの20分で当のパートナーでさえも「あかんゎ・・ 間違ったゎ」という状態で、ほら見ろと言いたくて仕方がありませんでした。

マリーアントワネットの壮絶な部分はほとんど描かれておらず、終始意味がない映像のオンパレードのように感じました。ただし、衣装・ケーキ・セットなどはとてもきれいでおしゃれです。そういった意味では価値のある映画ですね。若い子が若い人を若い感性で撮った映画です。一回り以上若い女性と仲良く鑑賞したという、いい思い出補正の点数です。
アラジン2014さん [映画館(字幕)] 3点(2018-08-09 16:18:14)
93.マリー・アントワネットの退屈な日々を、見る側にも追体験してもらおうという趣旨でしょうか。だとすれば、おおいに成功していると思います。きっとあえて省略したのでしょうが、やっぱり終盤の革命時における不安や恐怖や葛藤や転落の日々、それにフェルゼンとの顛末など、もう少し詳しく見たかったなと。中盤まではそのギャップを描くための壮大な前フリかとも思ったのですが、前フリだけで終わってしまいました。
それにしてもキルスティン・ダンストというのは、ものすごく若くも見えるし、ものすごくオバサンにも見えます。その妙な魅力が、せめてもの〝退屈しのぎ〟になりました。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-02-24 21:43:26)
92.《ネタバレ》 この点数は美味しそうなお菓子ときれいな衣装の分です!とにかく色彩の淡くてきれいなフリルとリボンの洪水!マカロンが美味しそう!これでラデュレ大人気ってわかる気がするなあ。
まあ・・・そんだけです。
このころの宮廷生活ってなんか退屈そう・・・ってのはよくわかりました。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 5点(2014-04-27 22:33:43)
91.中途半端にシリアスっぽく、中途半端に前衛的。要するに、監督も自分が何をやりたいのか分かっていなかったのではないだろうか。結果、中身に何のテーマ性も存在せず、完全に衣装負けしてしまっている。大体、「ベルサイユのばら」というアントワネット関連芸術の金字塔を知っている日本人に、このレベルのものを見せてはいかんよ。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2014-02-20 00:21:13)
90.《ネタバレ》 女の子が大好きそうな、お姫様やら沢山のドレスやら大量の靴やら美味しそうなスイーツやらをキュートに描いたオシャレな映画。スピーディーな展開やセンス溢れる映像やら音楽とかは確かに観てられるけど、まぁそれだけって感じかな。特に心に残るものもないよ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-20 18:24:00)
89.ソフィア・コッポラのしたかったことがストレートに伝わるポップでキュート、少女趣味爆裂のブルボン絵巻。舞い散るフリルとレースの層に目がちかちか。ピンクでゴールドな小物の数々、可憐なお菓子。気合てんこもりの美術に目くらましをかけられそうになるけれど、K・ダンストのマリーは無邪気な女子高生みたいで、いやあだって当時14才で嫁いだという史実を思えば実際ほんとにこんなお嬢さんだったのじゃないかしらと思わせて好演だったと思う。後半の暗さは物語のボルテージを一気に下げてしまって、中途半端。マリーアントワネットをポップアイドル仕立てにしたかったのなら、あの革命をも軽やかに生き抜いたくらいの創作をしても良かったのかも。ソフィア・コッポラにタランティーノばりの胆力が無かったのは残念だ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-12 00:40:14)
88.衣装・調度などは綺麗でしたが、とにかく眠気を堪えるのが精一杯でした。
源八さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-12-07 10:44:31)
87.《ネタバレ》 
あまりにも優美な美術。
当時のフランス王家の暮らしぶりを見事なまでに再現してるんだと思う。
まるで自分もその王族の一員であるかのような疑似体験をするほどの
密度の濃い完璧な宮廷美術にたびたび圧倒された。
その雰囲気を助長する優雅な宮廷音楽。
甘い甘い宮廷生活はまるでケーキやお菓子のようだ。
パンクロックが使われるとまるで土屋アンナみたいな世界になってくる。
女性の生き方を描いているかのような、どちらかというと女性向な感じの映画だった。
マリーアントワネットの生きざまは女性として美しい。
民衆の暴動はほとんどが音とシルエットのみで不安に描かれています。
以前に何かのドュメンタリーで観た首飾り事件だの、処刑だのといったところは出てこなかった。
甘い宮廷生活の崩壊した風景はまるでマリーアントワネットたちが食い散らかしたケーキのようだった。


ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2012-06-25 23:48:49)
86.ソフィア・コッポラが再びキルスティン・ダンストと組んで撮ったブルボン王朝絵巻。 ソフィアは「ヴァージン・スーサイズ」もそうですが少女趣味なのですよね。 デコラティヴなお菓子・ドレス・靴の向こうに空虚さが透けて見えそうで見えないもどかしさ。 「ベルばら」ファンでなくとも、「錠前屋」ルイ16世やフェルゼンはいてもオスカルやアンドレがいない…と思ってしまう不思議。 きれいなもの、おいしいものが好きな女性の小部屋。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-09-25 07:00:01)
85.《ネタバレ》 キルスティン・ダンストいいですね。とびきりの美女ではないのに魅かれてしまう。ソフィア・コッポラも史実を忠実に描かないところがいい。映画の中で現実(城)と仮想世界(田舎)を作り出し、心のブレをうまく表現していると思う。ヴァージンスーサイズの頃から気付いていたけど、この監督、選曲が物凄くいい!この作品のターニングポイント(誕生日)で使われているニューオーダーのセレモニー・・・グッジョブ。
ブリキの金魚さん [DVD(字幕)] 7点(2011-04-12 11:00:39)
84.ポップな音楽、キュートなマリー・アントワネットに会いたいなら是非。

歴史を忠実に再現した史劇ではないので、そこを期待する人にはきついだろうが、マリー・アントワネットが出てくる全く別の世界の物語ととらえれば実に面白い。

コッポラ監督のセンスが滲み出る作品。
Sugarbetterさん [映画館(字幕)] 7点(2011-01-21 21:46:10)
83.キルスティン・ダンストさんってスパイダーマンに出てたあの人だったんですね。
全然可愛くないんですよ。
そこさえしっかりしてれば普通に見れたかもしれないのに、ずーっと「可愛くないなこの人、なんで主演やってるんだろう」ってばっかり考えてました。
歴史知ってれば最後どうなるかってわかってるし。しかしまぁ退屈な映画
どちて坊やさん [DVD(字幕)] 1点(2010-12-16 14:03:45)
82.マリーアントワネットが感じた窮屈さ・退屈さを、映画のつまらなさによって伝えるという変わった作品。
たいがーさん [DVD(字幕)] 1点(2010-12-13 02:49:40)
81.《ネタバレ》 映画館でCMを観たときから、女の女による女のためのふわふわした映画なんだろうなと思った。
勿論自分も女なのでああいう華美な衣装や装飾は大好きです(笑)
しかしなんとまあマリーの視点から描く世界の華美で贅沢で凡庸で退屈なことよ!
ルイ16世やマリーの人格や政治手腕には一切触れず、夫婦としての生活のみを切り取っている。
マリー自身は、女として女王としての責務に重大な悩みを抱え一人苦しみ、泣きあがく。
待望の子供が出来て、平凡な女性として自らの幸せのみに埋没していく。
イケメンフェルゼンとの初恋に胸おどらせるが、しかし夫との長い三角関係を丁寧に描くのかというとそうでもない。片手落ち感が否めないのだ。

この国王と女王は、世情に目をそむけていたわけではない。そもそも興味を持てなかったか政治から隔絶されていたかなのだろう。慢性的な財政難に悩まされ続けた国家を背負わされ国王になるも「いい人」なだけでは国王は務まらない。知識はあってもそれを生かす才能と才覚がなければ賢王とはなりえないわけですな。ちなみにこれは鳩○総理の話じゃないですよ念のため。

話を戻して、なんというかこの2人が真正面から受け止めなかった国の問題と
この監督がマリーアントワネットという人物を切り込み掘り下げ
監督なりの人物像をしっかり描かかなった事がだぶった。
8月末にあわてて宿題を片付けている子供のような映画。それがマリー・アントワネット。
どぶん子さん [DVD(字幕)] 4点(2010-02-02 12:05:13)
80.《ネタバレ》 「伝記もの、ヒューマンドラマものとして、マリー・アントワネットを描きたかったんじゃない。キュートな女の子としてのマリー・アントワネットのお洒落で贅沢な日常を描きたかっただけ」と言っているように監督の意図というかメッセージ性はビンビン感じる。

その意味で言うと、市民革命まで描いてしまったのはNGな気がする。贅沢三昧の生活をしているところで、気の利いたセリフで終わったほうがよかったし、所々の長尺の叙情的なカットとかも無いまま、もっとテンポ良く撮った方がよかった気がする。

スパイダーマンのヒロイン役のときはパッとしないなぁと思っていたけど、キルスティン・ダンストは「エリザベスタウン」と本作ではとてもキュート。
ルイ16世役も、こんな感じの人だったんだろうなぁと思わせるようなはまり役でした。
かずろうさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-23 23:20:44)
79.《ネタバレ》 淡々とストーリーが進んでいって、フランス革命が始まったと思ったら終わっちゃった。
中身が無いの一言で語れちゃう。
ラブストーリーでもヒューマンドラマでもない、この映画の表現したいものがよくわからない。
ライダーマン2号さん [DVD(吹替)] 3点(2009-11-26 23:00:29)
78.衣装や映像は綺麗でしたね。内容は空っぽでしたけど…。
ギニューさん [DVD(字幕)] 4点(2009-10-03 19:56:13)
77.《ネタバレ》 ここでの評価が低いのはとてもよくわかります(笑)。でも、自分は大好き!!
ソフィアコッポラならではのイマドキリアル女子っぽい表現が新鮮で、とても共感できました。そういう意味ではキルスティンダンストっていうキャスティングも素晴らしい。批判を恐れずにこういう視点で歴史物を制作したっていう姿勢も好き。そしてこういう史実を詳しく描かない作りだからこそ、最後の暴動を起こした民衆をバルコニーから見下ろしてのパフォーマンスがとてもとても胸を打つ。もーアントワネットに共感しまくり。

っていうか当時のアントワネットも歴史とか興味ゼロで、周りの大人から中身がないとか表面的とか退屈って言われてたに違いない。で、「はぁ?別にいいじゃん。あたしおしゃれ大好き!」みたいな(笑)。
HAMEOさん [映画館(字幕)] 7点(2009-09-03 15:03:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 96人
平均点数 5.06点
000.00%
133.12%
222.08%
31111.46%
41616.67%
52829.17%
61515.62%
71616.67%
855.21%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.10点 Review10人
2 ストーリー評価 4.17点 Review17人
3 鑑賞後の後味 4.70点 Review17人
4 音楽評価 6.00点 Review19人
5 感泣評価 3.09点 Review11人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
衣装デザイン賞ミレーナ・カノネロ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS