檸檬のころのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > 檸檬のころ
 > (レビュー・クチコミ)

檸檬のころ

[レモンノコロ]
2006年【日】 上映時間:115分
平均点:5.64 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-03-31)
ドラマ青春ものロマンス
新規登録(2007-02-13)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2009-04-18)【すぺるま】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督岩田ユキ
キャスト榮倉奈々(女優)秋本加代子
谷村美月(女優)白田恵
柄本佑(男優)佐々木富蔵
石田法嗣(男優)西巧
浜崎貴司(男優)丹波先生
石井正則(男優)金子晋平
中村麻美(女優)咲子先生
山田辰夫(男優)加代子の父
織本順吉(男優)金子商店の主人
大地康雄(男優)白田恵(特別出演)
脚本岩田ユキ
音楽加羽沢美濃
作詞岩田ユキ「hikari~檸檬のころ~」(名義「白田恵」)
製作奥田誠治
日本テレビ(「檸檬のころ」製作委員会)
編集日下部元孝
録音柴崎憲治(音響効果)
照明三善章誉
その他高橋伴明(プロダクションスーパーバイザー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.榮倉奈々はとにかくかわいい。
だけど、これは人を選ぶ作品か。
東京に生まれ育った人間が観て、果たしてどれだけ感銘を受けられるか疑問。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-07-09 23:43:05)
10.この映画は高校3年生の歳時記です。進路相談・部活・負けて引退・夏休み・デート・受験勉強・学園祭・受験本番・合否発表・卒業…。それぞれの行事が数人の生徒を中心に描かれます。まず感心したのは携帯が鳴らないこと。最近の高校生は四六時中携帯をいじっている印象ですが、この映画では着信音ひとつしなかった。地方の高校生が携帯を持っていないとは思わないので、これは意図的な演出ですね。すると、どういうことが起こるか? 生徒間のコミュニケーションは主に学校の休み時間や放課後の顔を合わせている時間に限られるということです。さらに冴えてると思ったのは、心情を吐露するような台詞をほとんど言わせないこと。映画の鑑賞者から見たらとても分かりやすい彼らの心情をぐっと飲み込ませてしまうので、気まずい間がたくさん生まれる。コミュニケーション機会を限定し、言うべきことが言いづらい状況を作って、心の中にある様々な想いを映像上に表現しています。かなり極端な演出と言えなくもないですが、それによって高校生の誰もが抱える心の壁やもどかしさが分かりやすく抽出されていると思いました。そして、この映画が描くもうひとつのポイントは、人生に関して初めて決断を下す局面です。高校3年生は劇的に人生が方向付けられる1年。自分が生きて行く社会をできる限り想像して、その正体は見えなくとも決断を余儀なくされる分岐点。決断とは何かを選択し、同時に何かを切り捨てることで、その是非もまた判断できないが、立ち止まれない。そこには希望と淋しさが同居します。そんな岐路に立たされた高校3年生たちの戸惑いがかなり正確に描かれていると思います。この映画は観た人が過ごした高校時代とどれくらい被るかによって評価が分かれる作品でしょう。自分の共感指数は点数のとおりです。気に入った台詞がひとつ。「初めての生理がもう一回来たみたいな感じ~」。 どんな感じか全然分からんが、大笑いしました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2009-01-28 03:17:35)
9.悪くない。まず、こんな弾けた谷村美月は初めて見た。もっとこういう役をやればいいのに。それと、今回、からみはないけど「カナリア」でのコンビ、石田法嗣と谷村美月を同じ作品中で観られたのはうれしい。榮倉奈々は可もなく不可もない。柄本佑の役には、共感しづらく、石田法嗣はただ暗いだけの役。女性の原作、女性の監督だから、男はこんな描き方になってしまうのかな。作品としては、特別なストーリーがある訳ではなく、文字通り「檸檬のころ」の感覚を味わう(思い出す)ことができれば成功なのだろう。あと、谷村美月の自宅の様子がリアル。兄貴がパン一でうろうろしてたり・・・。こういう細かいとこ重要だよね。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 6点(2009-01-07 12:38:14)
8.青春ってみんなこんなさわやかだったのかな。
もっと生々しいし、うじうじしているし、そんなすっきりしてない。 のが少なくとも私の記憶だ。
確かに映画の中でもいろいろ悩んでいるようだが、みんなうまい具合に出口を見つけて進んでいく。
そうじゃないと映画として完結しないのは確かだが。

そんな違和感を感じつつこの手の青春映画を観ている。
榮倉奈々演じる秋本加代子と野球選手(名前忘れた)の恋愛。 なんかしっくりこない。
不釣合いとしか思えない。 いや、単に見た目で言っているんだけど。

しかし後半に向かって谷村美月が俄然光ってくる。
彼女が絡むエピソードがとてもよい。

とてもよい余韻を残してくれた。
称えよ鉄兜さん [ビデオ(邦画)] 7点(2008-12-01 13:51:20)
7.たとえ退屈で地味な田舎の風景であっても、それを濃密な情感によって表現できてこそ映画の力だと思う。けれど、この作品では、退屈なものを本当に退屈なまま表現してしまってる。多用される沈黙には意味らしきものを感じない。「ただ淡々と描く」と言えばもっともらしいけれど、そうした手法だけに依存しても、それによって表現すべき必然性が伴っていなければ意味が無い。たしかに映像はそれらしく撮ってあるけれど、外見だけ映画らしく繕ってしまったような悪い例。
まいかさん [DVD(邦画)] 5点(2008-10-26 14:49:55)
6.豊島ミホの原作の良さがどこにも残っていない。彼女の良さって、理想と現実のギャップの中でバランスをとりかねて自滅しそうなくらいの自己嫌悪の只中で、なんとか生きていくための力を自分の中に見つけて前に進んでいこうとする、その力を、リアルな心情と情景の中に描きこんでいくところにあるのだと思う。でもこの映画は、役者の演技が薄っぺらく、思いで行動のギャップみたいなものがまるでなくて、それを即物的な会話でカバーしようとしているので、良さが何も残っていない。豊島ファンとしては存在を抹消したいような作品。
小原一馬さん [DVD(邦画)] 2点(2008-09-01 17:54:21)
5.そんなに気恥ずかしくなく見れました。こんな男女交際なら親たちは安心。
はるこりさん [DVD(邦画)] 6点(2008-06-23 11:38:21)
4.申し訳ないけど、観るのが苦痛でした。何がって、もうこの甘酸っぱい青春そのものがですよ。特に榮倉のパートのうじうじした感じがダメでした。これは自分にも責任があるんですが、学生時代に所謂「青春」を謳歌できなかったのもその一因かと。谷村美月は良かったな~。彼女が作詞した(?)曲にも感動しました。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 5点(2008-02-15 11:03:34)
3.なんでコーラが駄目でラムネならいいのかよくわからなかったし、初めての生理がもう一度来る感じもよくわからなかったけど、とりあえず谷村美月が可愛かったので全部許したいと思う。
役者の酷い演技も学祭の自主制作映画だと思えば、我慢できなくもないと思うし、それくらいの努力を費やしても惜しくないくらいに谷村美月が良かった。
学祭の曲も谷村美月が作詞したのかと思うとなんだかいい曲のように思えてきて、涙が溢れそうになった。
酷い作りの作品ではあるけど、細かい演出が馬鹿馬鹿しくて、僕は結構気に入りましたよ。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-31 12:33:33)
2.《ネタバレ》 榮倉奈々は可愛いらしかったが、柄本佑を好きになるのは・・・なんか納得いかなかった・・・演技派だけど(笑)ちょっとインパクトに欠けるが爽やかな映画。谷村美月演じる女の子の作詞した曲が流れる場面はなかなか良かったです(*^_^*)
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 5点(2007-11-04 22:22:49)
1.この作品はぼくの目から見れば、青春そのものだった。誰もが通り、誰もが少なからず感じる学生時代の淡い感情。ぼくの中での青春の定義は、夢中になっている状態で、それは人によって色や形や大きさは様々だけど、誰の心にも少なからず必ずあると思う。この作品に出てきた五人の男女は皆、何かしら夢中になっていた。またそれと同じように皆、悩み苦しみ、そして今を精一杯生きていた。目をキラキラと輝かせ、生き生きとしていた。理由も考えず、ただ無意識のうちに着実に大人へと成長していた。ある者は音楽に夢中になり、またある者は夢中で人を好きになり、けれども皆同じように自分の力を疑い、迷い、苦しんでいた。順風満帆に生きていない彼らの心は、痛いほど共感できる想いで一杯だった。「あと一歩踏み出せ」「もう一言なのに」そんな風に胸の中で叫んでしまう。あの頃のぼくらは、みんな不器用で、諦める勇気も始める勇気もなくて、いつも何か不安を抱えていた。だからこそ、応援したくなる。がんばれと、背中を押したくなる。青春の中で悩み苦しんでいる人間を見ると、ぼくも同じようにがんばりたくなる。大人になる少し手前の彼らは、誰かの何気ない一言で、簡単に前に進めたりする。だから、ぼくの変わりに言ってくれると、自然とありがとうと感謝したくなる。今までにも数え切れないほどの青春映画が世に生み出されてきた。それでもその中に一つとして同じものがないように、ぼくらの経験も一つとして同じものはない。だけど、心は同じ人間だから、彼らの感じることは同じように感じることができる。夕陽に染まる町並み、蝉の鳴き声、誰もいない静かな教室。日本にしかない日本の文化の中で、同じ日本人の心を持つぼくらは、彼らの見た世界に心震わす事が出来る。
夢を追い、一つの恋を終え、それでも前に進み続ける。そういった事の積み重ねが何より大切で、生きるということはまさにそういうことなのではないだろうか。この映画は呼吸をしている。ぼくはまた一つ、大切な映画に出会うことができた。
ボビーさん [映画館(邦画)] 9点(2007-04-22 22:16:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.64点
000.00%
100.00%
219.09%
319.09%
400.00%
5327.27%
6327.27%
719.09%
819.09%
919.09%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS