Menu
 >
 >
 > マルサの女2

マルサの女2

1988年【日】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 49人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスコメディシリーズもの犯罪もの
[マルサノオンナツー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-10-11)【イニシャルK】さん
公開開始日(1988-01-15
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督伊丹十三
演出当摩寿史(演出助手)
前田哲(演出助手)
キャスト宮本信子(女優)板倉亮子(マルサの女)
三國連太郎(男優)鬼沢鉄平(「天の道教団」管長)
津川雅彦(男優)花村(国税局査察部統括官)
大地康雄(男優)伊集院(国税局査察官)
益岡徹(男優)三島(東大出の査察官)
桜金造(男優)金子(国税局査察官)
丹野由之(男優)鉄砲玉
大河内浩(男優)子分
マッハ文朱(女優)秋山(税務署員)
南原宏治(男優)米田(大学教授)
石田太郎(男優)清原(週刊誌カメラマン)
結城美栄子(女優)清原の妻
浅利香津代(女優)毛皮屋の女主人
久保晶(男優)信者代表
岡本信人(男優)信者代表
松本じゅん(女優)サイレンを鳴らす女
関山耕司(男優)人相の悪い子分
矢野宣(男優)担当職員
三谷昇(男優)警官
上田耕一(男優)猫田(教団の幹部)
不破万作(男優)チビ政(猫田配下のヤクザ)
きたろう(男優)サダオ(猫田配下のヤクザ)
高橋長英(男優)商社員
洞口依子(女優)奈々(鬼沢の愛人になった少女)
岡本麗(女優)ホステス
加藤善博(男優)山田(税務署員)
小松方正(男優)猿渡(漆原の腹心)
原泉(女優)老婆
田武謙三(男優)鴨打(不動産屋)
中村竹弥(男優)漆原(代議士)
笠智衆(男優)元僧侶
加藤治子(女優)赤羽キヌ(「天の道教団」教祖・鬼沢の妻)
丹波哲郎(男優)佐渡原(国税局査察部管理課長)
小鹿番(男優)大衆食堂の主人
柴田美保子(女優)受口繁子
脚本伊丹十三
音楽本多俊之
立川直樹(音楽プロデューサー)
撮影前田米造
高瀬比呂志(撮影助手)
上野彰吾(撮影助手)
製作玉置泰
川崎隆(製作担当)
配給東宝
特殊メイク江川悦子(SFXメイク)
特撮白組(SFX)
山崎貴(SFX)
美術中村州志
編集鈴木晄
録音小野寺修
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
国税庁査察部でキャリアを積んでもおかっぱ頭とそばかすは健在の板倉亮子(宮本信子)と査察部の猛者達が心血を注ぐのは暴力団と結託した地上げ屋と信教の自由を振りかざす新興宗教。東大卒で駆け出し大蔵省キャリア官僚の三島を助手に従え、熱血査察官亮子が新興宗教団体「天の道教団」の教祖の夫(三国連太郎)と地上げとの関連、そして脱税ルートの解明に分け入るうちに、日ごろは書類と数字に没頭する国税庁の査察官達は思いもかけないアクション・シーンの真只中に・・・。金と権力に奢る集団に査察のメスが切り込む。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》 マルサ板倉亮子が闘いを挑むのは今回は今となっては懐かしい存在の地上げ屋軍団、前作が街のパチンコ屋だったんですから敵キャラもスケールアップしています。ただ伊丹十三自身もかなり力みかえっている感じで、本作あたりからそれまで伊丹映画が持っていた風味が消えてゆくのでした。■まず言及しておかないといけないのは今回の悪役である三國連太郎で、前作の山崎勉を意識しすぎていたのか暴走気味の演技です。板倉亮子たちマルサがもう単なる狂言まわしみたいなストーリーテリングになってしまい、これは失敗だと思います。“巨悪に挑む”という脚本の意図は判りますが、地上げ屋・政治家たちをあまりにグロテスクに描きすぎて、なんか出来の悪いアクション映画を見せられているみたいです。それ以上に鼻白んだのは大して映画を観ていないわたくしでも10箇所ぐらい指摘出来るほどの過去の名画からの引用というかパロディ・カットで、それがまたセンスが悪いんです。笠智衆が登場するシーンなんかは彼のキャラはまるっきり『東京物語』のパロディで、こんなベタなことして誰が面白がると思ったのか不思議です。■前作を凌駕したと唯一言えるのは本田俊之のサントラで、これはほんとに素晴らしい。のっけからサンバのリズムを多用して、バブルの頃の世相を暗喩している秀逸なセンスです。そして後半から使われ始めてラストにフルで流れるグルーミーなメインテーマは、邦画サントラ史上に残る名曲だと思います。■板倉亮子たちマルサは巨悪には手もつけられずに涙をのむ虚無的なラストを迎えます。でも撮影時には神のみぞ知ることだったんですけど、その後のバブル崩壊で地上げ屋・大手都市銀行・総合商社は壊滅的なダメージを受けたことを思うと感慨深いものがあります。このバブルの狂乱を具現化した様な混沌とした映画の中で、ただひとつ伊丹十三が成功したのは、「宗教を忘れた戦後の日本人が唯一信仰していたのはカネであった」という鋭い問題提起だったんじゃないでしょうか。■伊丹没後の現在では詮無いことですが、板倉亮子のその後というか現在の姿をもう一度スクリーンで観てみたいものです。まあ常識的に考えればすでに役所は退官して、税理士でもやっているという感じでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-04-04 23:00:45)
48.《ネタバレ》 マルサの女の続編。
今作は前作よりも社会的要素が含まれており、もっと大きな悪が描かれている。
そして今回の悪役は地上げ屋で宗教団体を利用し脱税を行う人達(ヤクザ)でタブーに踏み込んでおり、伊丹十三らしい。
2でもテンポの良さ音楽の良さは健在。物語のわかりやすさという部分では多少わかりにくくなったかもしれないがより複雑な組織構成となっているので仕方がないか。
鬼沢の開き直り発した発言には説得力が有り、こういう人達にしかできない社会の部分が有るという現実を突きつけられ考えさせられる。
そしてチビ政、そして鬼沢までもがトカゲの尻尾切りにあい、悪はとてつもなく大きく圧力に屈しざるを得なかったマルサの宮本信子の悔しげな顔が印象に残る。
ラストはリアリティがありとても良かったと思えるが、スナイパーは少しやり過ぎではないかと感じてしまった。
それに悪役の魅力も三國連太郎よりも山崎努のほうが勝ってたように思える。
しかし前作に続き良作であることには間違いない。
こしちさん [DVD(邦画)] 6点(2014-08-07 21:46:16)
47.《ネタバレ》 1ど同様、すごいところに目をつけますよね。

ラストを見て「反骨精神が盛り上がる」か?
「変えようのない現実に諦め気分になる」か?

監督には面白くても面白くなくてもたくさん映画作ってほしかったです。
たかしろさん [DVD(邦画)] 7点(2014-04-15 17:10:58)
46.伊丹十三監督、生きていたらどんな映画を作っていただろうと思う・・・・
KINKINさん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-02 12:42:17)
45.「マルサ」としての面白さは、前作より数段落ちる。でも地上げ屋や宗教団体など、話題性としては良かった。
nojiさん [DVD(邦画)] 6点(2013-05-12 18:29:26)(良:1票)
44.大物が10億の金の1億を懐にして9人の子分に1億ずつ渡す。子分は1億の金の1000万を懐にして、そのまた9人の子分に1000万ずつ渡して、さらにまたその子分が・・・という悪の組織。宗教法人の隠れ蓑を着た地上げ屋、またその地上げ屋を操る悪徳政治家というように、マルサの活躍よりも悪の組織が前面に出た映画だ。だからスケール自体は大きいのだが、終盤がいまいち歯切れが悪い。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 6点(2013-02-23 17:29:45)
43.《ネタバレ》 1と続けてみたが、そのまま同じ時間軸で進んでいるし1のヒットに続けて公開されたにもかかわらず同じテーマ曲を使わずに始まるなんて凄い心意気だ。(しかも曲名が『LOVE & THREAT』。凄い。)伊丹十三本人の化身であった山崎努がいなくなったり、本筋とは別のミニ・エピソードが無くなったりと大きな変化を感じる。更なるヒットを狙ったー等あったのだろうか。監督の個性を『小技』ではなく映画の大きな流れでどれだけ見せられるかーという挑戦だったのだろうか? 三國連太郎の演技はギトギトしていて淫らで大きくて素晴らしい。エンディングが何か尻すぼみな感じで残念。何が伝えたかったのかよくわからない。「バブルってすっごいよ!」なのか「政治家って悪いねー」なのか。それまでの勢いを考えるとガソリン切れして止まったように感じてしまう。
reitengoさん [DVD(邦画)] 7点(2012-11-21 17:35:22)
42.《ネタバレ》 伊丹作品の中では爽快感はないが、監督の作品の中では、最も社会派映画であると今は思う。
伊丹作品の着眼点の凄さは、一般人の生活に身近でありながら、(特に主婦にとって)決してわからなかった業種の裏側、例えば自動車教習所のビデオで見せられるようなマニュアル映像を高度なテクニックで、映画として成立させていたことです。
「お葬式」「ラーメン店」「税金」「暴力団」「病院」「スーパー」など、伊丹映画によって、とても勉強させられた人は多いと思う。
その中でこの「マルサ2」は結末も後味が悪いので、他の作品のような爽快感を期待した人には嫌な気分にさせられるかもしれないが、だからこそ多くの社会派監督が描いているようなメッセージ性が強い傑作だと今は思う。
劇中の「世界の中で東京が取り残されないためには誰かが汚い仕事をしなきゃいけない」というセリフも、今となっては空々しく思えるのは、少しはマシな日本になったかと思えるし、宗教団体の描写も、完全にその後の事件を予見しています。
この時代に誰もが心に思っていても口に出せない、すごく危ない橋を渡ってこういう映画を作った監督は偉大だと思います。ハリウッドであればこういう映画はあたりまえに作られていて、その方法論を日本でやるのにどれほど苦労していたか、今は少しわかる気がします。
自分はこの監督は自殺したのではなく、たまに報道される企業の社長の自殺や、役人の自殺と同じように考えています。誰もその真実を語れないだけなのだと思います。


どっぐすさん [DVD(邦画)] 7点(2012-06-07 01:09:23)(良:1票)
41.《ネタバレ》 今回は宗教団体と地上げ屋と政治家のお話。社会派エンタテイメントとしてのパワーは前作に比べると若干落ちてますが、的を絞ったテーマは良かったかなって思います。日本の悪い構造といいましょうか。臭いものにはフタ、自分の手は汚さない、とかげのしっぽ切りなどなど、日本は神(正義)から最も縁遠いところに宗教というものがあるような気がして、いやーな気持ちになりますね。バッドエンディング的な内容でドキュメンタリーものかと思えそうなところですが、いい感じで女性の裸や下着姿がでてくることでエンタテインメント性を保っていますね。このさじ加減は伊丹監督独特だなぁって感心します。強制捜査に入られたママがパンツ丸出しでマンションのベランダを逃げていく様は伊丹監督の真骨頂といいましょうか、なんだか苦笑いしちゃう感じでとっても良かったです。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-05-03 22:48:42)
40.2008/1 鑑賞。マルサの女の話題と面白さには劣るが楽しめる。
ご自由さんさん [地上波(邦画)] 6点(2012-03-21 22:27:20)
39.予定調和なので、緊張感がありそうでないんですよ、残念ながら。伊丹ファンとしてはこう切り捨てるのが残念ではあるのですが。周防監督が撮ったメイキング編のほうがよっぽど面白い。
おばちゃんさん [ビデオ(邦画)] 5点(2011-08-14 20:50:54)(良:1票)
38.シリーズの第2弾。ターゲットが当時の世相を反映させた設定へと変わり、
目の着け所のよさは相変わらず。キャスティングも何ら問題はなし。
さすがに1作目より"マルサ"のインパクトは弱まったものの、内容の方はパワーアップ。
大人が鑑賞して満足できる作品に仕上がっている。お見事。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 6点(2011-08-10 05:17:28)
37.前作と比べると少しパワーが落ちてる気がします。
doctor Tさん [DVD(邦画)] 9点(2010-09-15 18:40:07)
36.《ネタバレ》 確かに1作目のような見終わった後の爽快感は無い。むしろそれ以上に後味の悪さの方が上である。しかし、これこそが現実なんだ!結局は泣き寝入りすることになってしまうというその正しい者よりも悪人の方が勝つなんて、どう考えたって間違っているし、絶対におかしい。けれど、そんなおかしなことが起こり得るのが世の中の実態であるということを伊丹十三監督は描きたかったに違いない。少なくとも私にはそう思えてならないのである。世の中の全ての矛盾に対する怒り、許せない者、あってはならない現実、それを有りのままに見せ付けられることになる。正しく間違いだらけの世の中の象徴のような映画である。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2010-04-26 23:11:44)
35.昔、映画館、このたび再鑑賞。
当時伊丹十三がテーマにしていた人間の欲に対する映像表現が枯れて行く様子がはっきり見える「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」と立て続けに食、性、金欲のありようをテンポ良く描いてきたが、ここに来て著しくスローダウン(これ以降の作品を観ていないので大きな事は言えないが)映画という物に押しつぶされているかのようだ。
映画ならではのエグさが売りだったと思うがこの作品では、手荷物係オヤジの顔アザとソープの金運び女の足の不自由さぐらいしか印象に残らない。ストーリーに不満は全く無いがエンターテイメントにこだわりすぎたのかもしれない、役者の演技力に頼りすぎ監督の持ち味が薄れたのは残念だ。
それでも2010年現在、これだけのテンポでぐいぐい引っ張って見せる邦画にほとんどお目にかかれない、偉大な才能の損失です。
カーヴさん [DVD(邦画)] 6点(2010-03-08 09:55:08)
34.この映画の異常なほどのテンポの良さ、分かりやすさを、邦画の製作者たちには見習ってほしいですね。
次郎丸三郎さん [ビデオ(邦画)] 9点(2008-05-31 13:01:31)(良:1票)
33.《ネタバレ》 一勝一敗のまま勝負は永遠に持ち越しに・・・
フッと猿死体さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-04-12 11:23:26)
32.笠智衆が「住職辞めて、年金暮らし」ってのはいくらなんでもヤリスギかと・・・
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-02-18 16:52:41)
31.《ネタバレ》 Ⅱがあるのを知って初めて観ました。Ⅰのような笑いや爽快感がまったくなく、巨悪のみが生き残るといった非常に不愉快な終わり方でした。現実はそうでも、もう少しスッキリとした終わりであって欲しかったです。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 3点(2007-11-30 00:28:42)
30.製作されたのはバブル真っ盛りの頃。あれから20年たった今見るとさすがに苦笑がうかぶ。脱税者と査察官の心の交流が底辺に流れていた1とくらべて、この映画は時事映画なので1のような時代を超えた普遍的な面白さはないですね。三国連太郎と宮本信子の直接対決も最後の方までないですし。明らかなバッドエンドですが、当時は現実はこんなもんだろなと思ったものですが、その後現実に大物政治家の金銭スキャンダルが立て続けに明るみに出て逮捕者まででたときは現実も捨てたもんじゃないなと思いました。うまい役者がそろってますが、ヒット間違いなしで製作された映画のためかどうも過剰。特に三国連太郎。普通でも十分怖いんだから、あそこまでもののけ化することはないんじゃないかなあ。
陽炎さん [地上波(邦画)] 7点(2007-10-14 01:51:20)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 6.53点
000.00%
100.00%
200.00%
312.04%
400.00%
5816.33%
61734.69%
71428.57%
848.16%
9510.20%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.80点 Review5人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 5.00点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS