ジュラシック・パークのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュラシック・パーク
 > (レビュー・クチコミ)

ジュラシック・パーク

[ジュラシックパーク]
Jurassic Park
1993年【米】 上映時間:127分
平均点:7.59 / 10(Review 422人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-07-17)
SFアドベンチャーシリーズものパニックもの特撮もの小説の映画化モンスター映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-11-23)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
助監督ゲイリー・ハイムズ(第二班監督〔ノンクレジット〕)
演出ゲイリー・ハイムズ(スタント・コーディネーター)
山田悦司(日本語吹き替え版)
キャストサム・ニール(男優)アラン・グラント博士
ジェフ・ゴールドブラム(男優)イアン・マルコム博士
ローラ・ダーン(女優)エリー・サトラー博士
リチャード・アッテンボロー(男優)ジョン・ハモンド
アリアナ・リチャーズ(女優)アレクシス・マーフィ
ジョセフ・マッゼロ(男優)ティモシー・マーフィ
ボブ・ペック〔男優〕(男優)ロバート・マルドゥーン
ウェイン・ナイト(男優)デニス・ネドリー
B・D・ウォン(男優)ヘンリー・ウー
サミュエル・L・ジャクソン(男優)レイ・アーノルド
ディーン・カンディ(男優)
ジェラルド・R・モーレン(男優)ジェリー・ハーディング博士
ミゲル・サンドヴァル〔男優〕(男優)
ブライアン・シュメルツ(男優)グラントが乗るジープの運転手(ノンクレジット)
リチャード・カイリーパーク・ツァーの声
富山敬アラン・グラント博士(日本語吹き替え版)
大塚芳忠イアン・マルコム博士(日本語吹き替え版)
弥永和子エリー・サトラー博士(日本語吹き替え版)
永井一郎ジョン・ハモンド(日本語吹き替え版)
坂本真綾アレクシス・マーフィ(日本語吹き替え版)
納谷六朗ドナルド・ジェナーロ(日本語吹き替え版)
桜井敏治デニス・ネドリー(日本語吹き替え版)
田中信夫ロバート・マルドゥーン(日本語吹き替え版)
梁田清之レイ・アーノルド(日本語吹き替え版)
江原正士ミスターDNA(日本語吹き替え版)
原作マイケル・クライトン
脚本マイケル・クライトン
デヴィッド・コープ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
編曲アレクサンダー・カレッジ
コンラッド・ポープ(ノンクレジット)
撮影ディーン・カンディ
ロイド・エイハーン二世(追加撮影)
製作キャスリーン・ケネディ
ジェラルド・R・モーレン
ユニバーサル・ピクチャーズ
コリン・ウィルソン(製作補)
配給UIP
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果)
スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
デニス・ミューレン(映像効果)
ケヴィン・パイク(特殊効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ステファン・ファングマイヤー(視覚効果)
ティペット・スタジオ(視覚効果)
スタン・ウィンストン(恐竜操作)
ドナルド・エリオット(特殊効果)
フィル・ティペット(恐竜スーパーバイザー)
美術リック・カーター(プロダクション・デザイン)
編集マイケル・カーン
録音ゲイリー・ライドストロム(サウンド・デザイナー)
ゲイリー・サマーズ
クリストファー・ボーイズ
字幕翻訳戸田奈津子
スタントパット・ロマノ
ブライアン・シュメルツ
ノーマン・ハウエル
その他ポール・ディーソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ジョージ・ルーカス(スペシャル・サンクス)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
ジェーン・ジェンキンス(キャスティング)
あらすじ
バイオテクノロジーによって恐竜を復活させた夢のテーマパーク「ジュラシック・パーク」。ところが、産業スパイの仕業でセキュリティシステムが機能しなくなり、逃げ出した恐竜たちが人々を襲いはじめる…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
422.《ネタバレ》 改めて見ても映像に関しては素晴らしすぎます。
が、基本的にはストーリーを重視する私としては
あそこまで完成された施設があるのに、一切ニュースにもなってない異常社会
とあまりにかけ離れたスーパーおんぼろコンピューターを使ってる考古学者

あそこまで情報統制がなされた施設に見るからに場違いな悪役の存在と給料が少ないという仰天情報

都合よく都合のいい場所に出てくる恐竜さん達など

作られた時代も考えて加点した上でこの点数かな ってくらいです
映像に関しては時代も踏まえ、素晴らしいとしか言いようがありません。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-06-30 19:33:44)
421.もっと凄いアドベンチャーだった気がしたけど、子供が騒いでるだけだった。しかし恐竜の迫力は流石だった。
真尋さん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2021-03-28 21:59:37)
420. まず、はじめに。上から目線を承知の上で、当作品を観賞する上での私なりの注意点から。
 当作品の魅力の根幹は【恐竜が本当に生きているように見える臨場感】であって、これがあってこそのサスペンス・迫力・盛り上がりでないか…と思われます。
 極端な例えを申し上げるなら…もしミュージカル映画に対し「歌やダンスに興味が無い自分としては、観ていて魅力を感じなかった。歌やダンスを見るなら、わざわざ映画でなくてもいいのでは?」という感想を述べる方がおられるとしたら、【ピント外れ】と言わざるを得ないのでは…と思われます。
 もっとも、当作品は、同名原作小説の映画化であり、【文字情報】ならば【恐竜が生きているように見えるかどうか】という要素を抜きに楽しめるでしょう。したがって【恐竜が生きているように見えること】に興味が無い方は、原作小説をお読みになることをお勧めします。

 さて、私にとって当作品は、恐竜の名誉を回復してくれた作品であり、この映画を機に、日本でも、現在に至る【活発な恐竜像】がポピュラーになったのでは…と思っています。 
 私が幼児期・少年時代をすごした1960年代後半から1970年代の恐竜像と言えば…たとえフィクションでは怪獣のように勇ましく描かれたとしても、メディアでは「本当は身体が大きいだけでノロマ」「知能が低く、ある個体が動くと、それにつられて他の個体も何となく動くことはあっても、哺乳類のような群れの行動は出来なかったと考えられる」「劣った生物だったから、地球環境の変化に適応出来ずに滅んだ」と散々な言われようでした。実際には、私が産まれる前の時期にデイノニクスの化石が発見されて以来、【活発な恐竜像】を提唱する【恐竜ルネッサンス】という新たな研究の潮流が産声をあげていたようですが…少なくとも日本では一般的ではなかったのです。
 1980年代になると、一応、【尻尾は地面に引きずらずに水平に立てて、歩行時のバランスをとっていた】というスタイルが紹介され始めましたが…あくまで恐竜好きの一部の人々の間だけの情報に留まっていたようです。
 それだけに、当作品を映画館で観たときの、周りの観客さん達の感激ぶりは嬉しかったです。映画が終わり、劇場が明るくなった後のドヨメキと共に「すげー恐竜!」「カッコいいぞ、恐竜!」という声が次々と聞こえてきました。今なら“やばい”と表現されることでしょう。
 以降、【活発な恐竜像】は、NHK特集をはじめ、メディアで積極的に紹介されるようになり、現在に至ることは、皆さんもご存知の通りです。

 なお、特殊撮影についても【恐竜が本当に生きているように見える臨場感】を可能にしたCGが用いられた革新的な作品だったことは、私が詳しく言うまでもないでしょう。
 それ以上に私が貴重だと思うのは…当作品が発表されてもうすぐ30年近く経とうとしている今日にあって、CG技術は当作品に比べて格段に進歩しているはずなのに、当サイトでは、さほど【時代遅れ/チープ】呼ばわりされず、肯定的なレビューが寄せられていることです。単に【最新技術の映像だけが売りの見世物映画】だとしたら、急速に古びてしまうはずです。そうならなかったのは、たとえアラがあるにしても【娯楽映画としての普遍的な面白さ/恐竜への愛情】が詰まっている証ではないか…と思われます。

 さて、採点ですが…鑑賞環境は【映画館】とし、これまで申し上げた通り【活発な恐竜像をポピュラーにした/CGを本格的に取り入れた革新性】という歴史的な意義に加え【普遍的な面白さ/恐竜への愛情】が込められていることを踏まえ、10点を献上します。

~備考~

 私は、当作品へのレビュー投稿以前に、恐竜グワンジ(1969年)に10点を献上していますが、現在も、この点数には変わりはありません。CGが皆無だった時代に、暗さやスモーク等でごまかさず、サンサンと太陽光が降り注ぐ明るい画面で、活発な恐竜と人間の動きが見事にシンクロした特撮の数々は、私にとって、けっして色あせることは無いからです。
 キングコング(1933年)に感化された少年・ハリーハウゼン氏が大人になってグワンジをはじめとする恐竜・モンスターを産みだし、それに感化された子供達の中から【ジュラシックパーク】の作り手さん達が現れた…というように、世代を越えた“つながり”を感じながら、私は一連の作品群を観ています。
せんべいさん [映画館(字幕)] 10点(2020-07-26 17:31:08)(良:1票)
419.《ネタバレ》 映画史に残るであろう作品です。その後、続編がたくさん作られるわけですが、本作にどのようなアレンジが加えられるかというだけで、基本的には同じなのかなぁと思います。映画に一番大切なドキドキとワクワクがこの作品には詰まっています。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-07-26 00:11:50)(良:1票)
418.恐竜のテーマパークという斬新な設定がメインではあるけど、パニック映画としての完成度も高い。
次から次に展開する危険にハラハラドキドキさせられました。
ラプトルの出番が多かったけど、ラストを締め括ったティラノサウルスがとてもカッコよかったです。
もとやさん [地上波(吹替)] 8点(2019-10-03 22:09:08)
417.何十年かぶりに観たけど、凄い迫力でやっぱり面白いね。この一言に尽きます。
SUPISUTAさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2019-02-02 23:00:18)
416.《ネタバレ》 CGでこれだけリアルに恐竜を再現できるのかーと、改めて感心。子供から大人まで楽しめる超大作。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-02 09:33:46)
415.自分が唯一DVDを所持している映画。
新しいテレビを買ったときは、必ずこのDVDを流して赤と緑のバランスを補正している。
要するに、この映画が映像の標準だってこと。

それにしても、もう25年前かあ。早いなあ。
今、最新作として見ても、充分に通じる内容だしね。
モニターとか電話が古いのがご愛敬なだけ。
スピルバーグは、この映画の恐竜を「怪物ではなく動物として映し出したかった」そうだけど、今見ると、それを可能にしたのは、当時最高峰のCGというよりも、絶妙の脚本によるものだと分かる。
だから、怖い恐竜、憎たらしいデブの悪役、かわいらしい子供、正しい大人の主人公。みんな見事にキャラが立ってる。
「スピルバーグってやっぱりうまいなあ」と唸らされる傑作。
まかださん [DVD(字幕)] 9点(2018-01-13 23:17:57)(良:1票)
414.《ネタバレ》 昔から高評価だったので、今になって鑑賞しました。
何が面白いのか、さっぱりわかりませんでした。
起伏のないストーリー展開に途中で挫折しそうになりました。
私にとって、恐竜がリアルだとか、CGがどうのこうのって、映画の評価には全く関係はないんです。
そんなにアトラクションが見たければユニバーサル・スタジオに行けばいいんです。
最後まで見ましたが、恐竜と追いかけっこやって、恐竜同士で食いつきあって、ヘリコプターで脱出って何ですか?
サミュエル・ジャクソンがどうなったのかだけ気になりました。
続編が出来るなんて信じられません。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 3点(2017-12-03 17:43:27)
413.《ネタバレ》 恐竜好きには、たまらない映画でした。
CGも使いすぎず、使うべきところで使っているのが好印象。

前半のTレックスが出てくるまではワクワクします。
・・・が、後半は主人公バリア強くてちょっと興醒めになります。

あとは、ツッコミどころが結構あることかなぁ。
琥珀に閉じ込められていた蚊から、吸っていた恐竜の血液を採取、って化石になっているから液体はないんじゃ・・・、って思ったり。

あとはあとは、メインで出てくる恐竜って、白亜紀の恐竜なのよね。
みけらさん [地上波(吹替)] 7点(2016-10-17 23:36:45)
412.《ネタバレ》 『ジュラシック・ワールド』がほぼ人災のお話だったんですが、こっちもほとんど人災のお話ですね。この作品が発信した命題は明確で、「ジュラシック・パークは安全は否か」という問いが物語の切り口。各分野の専門家を召集し、施設の安全性を議論する。結局その安全性は崩壊するわけですが、そのきっかけを作ったのは内部の人間。研究資料を外部に持ち出さんとしたために起こった人災なわけですね。しかし「どれだけ管理しても予測不能な事態を起こる」という自然の偉大な力をチラつかせてる描写もあり、たとえ悪人がいなくても、いずれ安全性は崩壊していたことも暗示されています。それにしても「巨大な何かが近づいて来てる危機を、水面が同心円状に波打つことで示す」というアイデアは本作が初出なんでしょうか。これやられると分かっててもドキドキする。
Jar_harmonyさん [DVD(字幕)] 7点(2016-04-10 20:20:43)
411.久しぶりの観賞ですが、中盤までのワクワクする展開や大自然・セット・CGの見事な映像に、時を越えて高揚感を感じます。次第に娯楽色が濃くなってくる後半は、ネタバレしているからか、連続する危機一髪シーンの完璧なタイミングに思わず笑いがこみ上げてきます。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2016-02-08 17:16:19)
410.《ネタバレ》 10年ぶりくらいに鑑賞。特に前半らへんが記憶に無いシーンが多く、いろいろと復習できた。子供の頃に見た本作と、おとなになった今見る本作はやはり印象が異なる。恐竜をDNAレベルから復活させて、それをテーマパーク化して利益を得ようという考えは大変斬新だが、イアン博士が蚤→恐竜へと対象物を飛躍させすぎなのも気になる。そして、最も気になったのが、登場人物が身勝手な行動をとりすぎること。アラン・グラント博士がツアー中、急に車を降りだしたり、エリー博士は病気の恐竜が気になるから残ると言い出したり、子どもの女の子はTレックスを目の前にライトをわざわざ点灯する。プロットをすすめるための、かなりのご都合主義がそこに感じられ、どの登場人物にも感情移入することが難しい。頭をからっぽにすれば楽しめる映画だが、なかなかそのような細部に気が散ってしまった。収穫は、子供嫌いだったグラント博士が、今回の査察を通して子供と心を通わせるようになれた点だろうか。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 5点(2015-12-29 23:22:36)
409.《ネタバレ》 2度目の鑑賞。
もう20年以上なるんですか。
今出してもおかしくないCGはやはり凄い。
ストーリーはほとんど覚えていなかったのですが、観ているうちに便器に座ったおっさんが喰われるとか子役の女の子の演技が大袈裟だったことなどを思い出しました。
見終わって、邦画が20年前のハリウッドのテクノロジーに達しないのは寂しいなとふと思いました。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-12-28 13:51:36)
408.最高の映画の一つ、

小学生だったが、映画館にいけるとなった瞬間からのワクワク感と
実際に鑑賞できたときの喜び。映画体験として最高の一本。

映画でしか味わえない感情と思い出だったと思う。

内容も素晴らしい。
10点でもいいのですが、マイルールで10本だけと決めているので外しています。
病気の犬さん [映画館(字幕)] 9点(2015-11-11 20:13:24)
407.《ネタバレ》 久しぶりに再視聴。この映画でラプトルを知りました。これが一番怖い
pokobunさん [DVD(吹替)] 7点(2015-09-13 20:59:15)
406.《ネタバレ》 個人的には個性たっぷりの博士たちが好きで(≧∇≦)恐竜に愛情たっぷりの2人と皮肉屋さんが1人。そんな人たちに恐竜がエネミーとなってしまうとは´д` ;

でも映画全体で夢見るような作品だったなぁという印象です^ ^

映画館でドキドキワクワク(^O^)/いいですよね!当時そうでした!

ジュラシックワールドを映画館で観たばかりからの本作DVDでの鑑賞でしたが、当時を思い出しながら楽しく観ることができましたm(_ _)m
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-08-28 21:47:33)
405.過去の印象ではハラハラ、ドキドキの恐竜パニック映画との印象でしたが、
あらためて観ると、ストーリー展開の巧みさ、登場人物の個々の特徴、人間模様がすごく良く
描かれている素晴らしい映画であることが分ります。
スピルバーグ監督に拍手です。
cogitoさん [DVD(字幕)] 8点(2015-08-12 21:34:22)(良:1票)
404.《ネタバレ》 恐竜が動いてる!
あのときの感動ったら、なかったねぇ!
子役たちの演技もよくて、コメディ映画としてもパニック映画としても成立してます。

でも、喰われるのは悪いヤツや端役ばかりってのは、ある意味怖いですよね。
ま、映画!ですね。
ろにまささん [地上波(吹替)] 8点(2015-08-11 06:00:20)
403.《ネタバレ》 現在公開中のジュラシック・ワールドの前に鑑賞しようと録画しました。
喜怒哀楽が盛り込まれており、楽しめました。特に前半は、

・ジュラシック・パークに降り立ち、恐竜を目の前に感動する博士達
・その後、獰猛な恐竜も管理されている事を知り、不安になる様子

等が、丁寧に描かれており感情移入しやすかったです。
個人的にはほのぼのツアーをもう少し見ていたかったかな。後半の追われる展開が少し長いかなと感じました。

それにしても、コメディ要素を盛り込みながらも、人間が丸のみされたり、
腕が千切れたりする場面があり、子供が見るとなかなかの恐怖映画になり得ますね。
はりねずみさん [地上波(吹替)] 6点(2015-08-09 13:07:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 422人
平均点数 7.59点
010.24%
120.47%
230.71%
371.66%
471.66%
5204.74%
64510.66%
79422.27%
811928.20%
97317.30%
105112.09%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.26点 Review15人
2 ストーリー評価 7.46点 Review30人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review30人
4 音楽評価 8.00点 Review28人
5 感泣評価 5.23点 Review13人
chart

【アカデミー賞 情報】

1993年 66回
視覚効果賞デニス・ミューレン受賞 
視覚効果賞スタン・ウィンストン受賞 
視覚効果賞フィル・ティペット受賞 
視覚効果賞マイケル・ランティエリ受賞 
音響効果賞ゲイリー・ライドストロム受賞 
音響賞ゲイリー・ライドストロム受賞 
音響賞ゲイリー・サマーズ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS