ラッシュアワー3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ラ行
 > ラッシュアワー3の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ラッシュアワー3

[ラッシュアワースリー]
Rush Hour 3
2007年上映時間:93分
平均点:4.64 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-08-25)
アクションサスペンスコメディシリーズもの犯罪もの刑事もの
新規登録(2007-07-04)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-12-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブレット・ラトナー
助監督コンラッド・E・パルミサーノ(第二班監督)
演出コンラッド・E・パルミサーノ(スタント・コーディネーター)
ジャッキー・チェン・スタントマンチーム(武術指導)
キャストジャッキー・チェン(男優)リー捜査官
クリス・タッカー(男優)カーター刑事
真田広之(男優)ケンジ
イヴァン・アタル(男優)ジョルジュ
マックス・フォン・シドー(男優)レイナール委員長
工藤夕貴(女優)ジャスミン
ロマン・ポランスキー(男優)レヴィ警視
チャン・チンチュー(女優)スーヤン
ツィ・マー(男優)ハン大使
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)ウィリアム・ディル
ジュリー・ドパルデュー(女優)ジョルジュの妻
ヘンリー・オー(男優)
ダナ・アイヴィ(女優)シスターアグネス(ノンクレジット)
ロゼリン・サンチェス(女優)イザベラ・モリーナ
石丸博也リー(日本語吹き替え版)
山寺宏一カーター(日本語吹き替え版)
伊藤静スーヤン(日本語吹き替え版)
岡寛恵ジャンビエーブ(日本語吹き替え版)
内田夕夜ケンジ(日本語吹き替え版)
浅野まゆみジャスミン(日本語吹き替え版)
中村正[声優]レイナール委員長(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしジョルジュ(日本語吹き替え版)
後藤哲夫レヴィ警視(日本語吹き替え版)
浦山迅ハン大使(日本語吹き替え版)
脚本ジェフ・ナサンソン
音楽ラロ・シフリン
撮影ジェームズ・ミューロー
製作アンドリュー・Z・デイヴィス
ジョナサン・グリックマン
ロジャー・バーンバウム
ニュー・ライン・シネマ(共同製作)
アーサー・M・サルキシアン
配給東宝東和
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ピクセル・マジック社(視覚効果)
衣装ベッツィ・ヘイマン
編集マーク・ヘルフリッチ
ドン・ジマーマン
スタントパット・ロマノ
J・アーミン・ガルザ二世スタントドライバー(カメラカー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.ジャッキーのアクションとクリス・タッカーの軽妙なトークが楽しめる、ラッシュアワーシリーズ第三弾。とは言っても、アメリカ映画の枠ではジャッキーもかつてのような危険過ぎるスタントは出来ないし、そもそもクリス・タッカーのトークって、面白いのか?という疑問。それは言わない約束か。
という煮え切らないシリーズながら、今回は何と、真田サンとの対決が見られる、と言うんだから、こりゃたまらん。実際、見ててちょっと、目頭が熱くなってしまうんですが、こんなので泣いてたらアホだと思い、泣きはしないワケです。
さらにはなんと、工藤夕貴とも夢の対決! いや、これはどうでもいいか。海外で活躍経験のある日本の俳優陣、全投入、といった感じで。これといって日本と関係ないオハナシなのに、ねえ。
さらにはさらにはなんと、マックス・フォン・シドーとジャッキーとの絡み! これもどうでもいいことなのかもしれないけど、これはこれでなんとなく、しみじみ。そしてなぜか、ロマン・ポランスキーまで。なぜなんだ。
と、まあ、何が見どころやらよくわからんけれど、とにかくあのエッフェル塔でのアクション、これを見せられたらもう、参りました、やっぱりアクション映画ってこうじゃないとね~なんて思わされちゃう。ここを楽しめただけでも充分、お釣りが来ます。
鱗歌さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-07-24 15:36:03)
41.《ネタバレ》  シリーズを重ねる毎に「ダブル主人公」ではなく「主人公のリーと、その相棒のカーター」って形に変化していった二人。
 自分としては元々リーの側に肩入れする気持ちが強かった為、さほど違和感を抱かずに済んだけど……
 これってカーターの方が好きな観客にとっては、結構辛かったんじゃないかって思えますね。
 前作のヒロイン格であるイザベラがリーと疎遠になったのも「カーターが悪い」って事になってるし、その辺ちょっと厳しいというか、ファンに優しくない作りだった気がします。

 そんな明確な欠点がある映画なんですが、2に続いて3でも魅力的な敵役を用意してみせた点に関しては、素直に評価したいです。
 本作でカーターの影が薄いのって、コイツのせいじゃないのかって思えるくらい、真田広之演じるケンジが魅力的。
 「主人公リーの弟分」「今は敵対し、かつての兄貴分に愛憎入り混じった想いを抱いてる」って設定だけでもオイシイし、日本刀を鮮やかに振るう姿も恰好良い。
 そんなケンジとの「エッフェル塔での戦い」は、間違いなくシリーズ屈指の見せ場だったと思います。

 リーが弟分のケンジから「孤独な男」と断じられた場面で「孤独じゃないわ」と女装したカーターが助けに来る場面はグッと来るし「やるじゃん、シスター」「任せて、ブラザー」ってやり取りも面白かったしで、こうして感想を書いてみると(あれ? 意外と良い映画だな)って、鑑賞後の印象とのギャップに、自分でも戸惑っちゃうくらいですね。

 では、何故そんな本作の「鑑賞後の印象」が悪かったかというと……
 やっぱり、終わり方のせいだと思うんです。
 本当、今観返してみても「唐突過ぎる」「呆気無い」「何でこんなブツ切りで終わらせたの」って、理解に苦しむくらい。

 ……ただ、上述の「唐突の終わり方」に関しては、劇場公開版&ソフト版に限った話であり、地上波放映版では、未公開だったラストシーンが追加され、グッと自然な終わり方になっていたりもするんですよね。
 劇中(扱いが酷いなぁ)と思えたイザベラに関しても、リー達と再会する場面が描かれ、しっかりフォローされていますし。
 狙撃されたハン大使が無事に退院した事も明かされ、文句無しのハッピーエンドになってる。
 そして何より「1や2と同じく、リーとカーターが休暇に旅立つ終わり方」「俺達は相棒じゃなく、兄弟だと認め合う終わり方」であった事が、本当に良かったです。
 残念ながらNG集は拝めないってマイナスを考慮しても、自分は地上波放映版の終わり方を支持したいですね。

 ちなみに、本作の劇中では「ケンジのタマ取って妹にしちゃえ」という台詞がありますが、ドラマ版(2016年)では実際にリーの妹が出てきたりもするので、気になった人は是非チェックして欲しいですね。
 「映画版と殆ど変わらないカーター」「寡黙な美男子という独自の魅力を出してるリー」という主人公二人の描き方も良かったし、最後も綺麗に終わってるしで、この手の「人気映画をドラマ化してみた」パターンの中では、かなり良く出来てる方だと思うので、オススメしておきたいです。
ゆきさん [地上波(吹替)] 6点(2022-06-24 09:24:48)(良:2票)
40.《ネタバレ》 そらまー真田広之さんが出てるなら、贔屓目になりますわな。
フランスを舞台にテンポよくわーわーやってましたわ、今作も。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-06-20 19:47:07)
39.《ネタバレ》  こーゆーB級バディムービー本来好きなんですけどね。
 さすがにジャッキーも歳をとっちゃって、カンフーアクションは必要最低限なぶんだけやってますという感じ。ここで物足りなさを感じる人は少なからずいるはず。やっぱジャッキー主演となれば期待しちゃいますもんね。
 で、ラッシュアワーシリーズといえば『テンポのよいコメディ』も期待するところ。実際コメディチックなアクションはそれなりに面白いです。ただ、全体的にいうと、今作の『笑い』はすべり気味。クリス・タッカーは相変わらず早口でよーしゃべってくれるんですが、失笑につぐ失笑。これはクリス・タッカーが悪いというより脚本の問題かもしれません。笑いのセンスがないんでしょう。
 で、アクションに求める爽快感。勧善懲悪によるカタルシス。これも薄い。もちろんライトコメディの分類ですから本格的なものは最初から期待していませんが、それにしても薄い。
 あと本筋と関係ないところに力いれすぎ。確かにこーゆージャンルは『道草』を楽しむものかもしれませんが、その『道草内容』がつまらないんですからどうしようもない。例えば、スーヤンに言われてスーヤンのロッカーを見にいったのに、そこで武館の人たちとバトルになる意味がわからない。こーゆー無理矢理なコメディ展開は嫌い。パリの空港での『プチ拷問』だって本編と関係なさ過ぎるうえにコメディとしても面白くない。
 こーゆージャンルの作品は、アクションとドラマとコメディが、かみ合うからこそ面白いのだということを、逆説的に証明しちゃってますね。
たきたてさん [DVD(吹替)] 3点(2019-07-20 15:20:41)(良:1票)
38.《ネタバレ》 ○本シリーズの良さである、やいやい言いながらのコンビプレーがほとんどなく残念。終盤少し垣間見えた程度である。○アクションもジャッキーらしさはあまり感じられなかった。ラストの旗をパラシュートのごとく脱出するシーンはハリウッドアクションであり、ジャッキーアクションじゃないんだよなぁ。もちろんこれはハリウッド作品なのだが。○ギャラの問題でもめたクリス・タッカーだが、そういう背景も知っていると余計に笑えない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-02-10 00:32:05)
37.《ネタバレ》 シリーズ第3作。1作目や2作目を見たのがもう10年以上前(ジャッキー・チェンの主演映画を見るのも10年ぶりくらい。)で今更見るのもどうかと思ったが、そんなにつまらなくはなかった。相変わらずジャッキーとクリス・タッカーのコンビのやりとりは見ていて楽しい(ただ、クリス・タッカーは山寺宏一の吹き替えも相まってやたらうるさく感じるのがやはり気になる。)し、50代を迎えたジャッキーのアクションも衰えをあまり感じさせないのがうれしい。今回は悪役で真田広之が出ていて、明らかに80年代にジャッキーや真田広之のアクションに魅了された世代が主なターゲットといった印象だが、ジャッキーはともかく今の真田広之はアクション俳優というイメージよりも演技派俳優のイメージが強いせいか、この共演は個人的にはイマイチ盛り上がらず、せめて真田広之がJACにいたころに実現していたほうがよかったのではと思ってしまった。工藤夕貴の使い方もなんかもったいない。でも、この二人の吹き替えが別人なのは思ったよりも気にならなかった。このシリーズ、4作目はもうないだろうな。
イニシャルKさん [DVD(吹替)] 5点(2013-08-30 21:48:34)
36.アメリカ大嫌いのフランスでのレビューが非常に気になる
カップリさん [DVD(字幕)] 5点(2013-02-02 16:16:36)
35.まぁ、良くも悪くもラッシュアワーでしたね。
やりたいこと自体は1作目でやってしまったのだろうし、続編は、ただジャッキーとクリスのコンビ芸を楽しむために有るようなもので、
ラッシュアワーが続編を作るたびに、つまらなくなったことを責めるよりも、
この手のアクション映画で3作とも世界観を壊さずブレてない感じが逆に自分は評価したい。面白みに欠けるのは事実だったとしても。
某・なんとかハードみたいに、もう1作目から比べると、続編重ねるごとに主人公がスーパーマンのようになってくよりは、よっぽど硬派で好きです。作風が硬派ではないので、そんなところ誰も注目はしてないんでしょうけど。
真田広之、工藤夕貴は思ったよりも出てて嬉しかったけど、吹き替えに参加するくらいの愛を作品に持って欲しいな。せめて。
それだけは少し不満。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 6点(2011-11-28 04:20:33)(良:1票)
34.《ネタバレ》 ラッシュアワー、 シリーズ通して見たことないのに、なぜだか今回放送してた3に限ってだけは2回も3回も観てしまっている気がする 全ては日曜洋画劇場の仕業なのだろうか、どうせだったら、1から順を追ってやってくれんかKBC、というか、テレ朝さん ‥‥ そんな3‥ 日本語吹替で観た場合、真田の声まで吹替だったことに違和感ありありやったですね ‥‥‥  で、工藤夕貴 ‥  あんな消え方ってアリなのだろうか ちょっと瞬きでもしてたならば見逃してしまってたんじゃないでしょうかねぇ 死に方を。 急に画面から消えていってしまったし、なんで急に居なくなってしまったのか腑に落ちない方もいらっしゃるんじゃないでしょうか 非常に不親切ではないのでしょうかねぇ あんな消え方は。(≧∇≦)アハハ!
==========ところで どなたかが尋ねてあった ジャッキーが選んだベスト3なんですが 
1位:プロジェクトA (1984)、
2位:レッド・ブロンクス (1995)、
3位:酔拳2 (1994)、でした。
1位のプロジェクトAについては、当然だと思いましたが、実はあの時、正直冷や冷やしながら聞いてましたよ  まさか1位がラッシュアワーなんて言い出すんじゃないのかと。^^;
3737さん [地上波(吹替)] 3点(2011-11-27 16:31:37)(良:1票)
33.久々にテレビをつけたら何となくダラダラ観てしまったけど、時間が足りないせいか、「1」「2」のダイジェスト、ジャッキーのインタビュー、おまけに前半のダイジェストなんかを挟んだ内容のない映画でした。一つ気になったのは、ジャッキーのインタビューで「カンフーはダンスを踊る気分でやること」なんだって。だからつまらないんだ…。それからジャッキーが選んだベスト3の1位が「プロジェクトA」であること。私は、そのシーンから観たので2位と3位がわかりません。だれか教えていただけませんか?
クロエさん [地上波(吹替)] 4点(2011-11-21 00:01:44)(良:1票)
32.《ネタバレ》 まぁ、ぶっちゃけ、1も2も3も一緒よね。そういう意味ではシリーズ通してブレてないってことですね。日本人としては見所は真田広之さんの頑張ってる姿でしょうか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-10-18 23:56:04)
31.真田広之が好きな人は見逃せない作品。とりあえずカッコ良い。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2010-09-07 23:24:38)
30.ジャッキーはもとより、、、工藤夕貴老けたな。。。
くまさんさん [地上波(吹替)] 4点(2010-06-26 05:44:29)
29.コメディ要素がいまいちだった。笑えるところもあるが全体的には微妙。しかも、そんな笑えない会話がやけに長くあるように感じる部分が多くて、若干くどく感じた。アクションに関してはやはりジャッキーに衰えを感じるが、まずまずと言ったところだろう。日本人と言うことで、真田広之はなかなかカッコ良くって良かったと思う。
スワローマンさん [地上波(吹替)] 3点(2010-06-25 23:02:44)(良:1票)
28.《ネタバレ》 妻投稿■ラッシュアワーに何を期待する・・・と聞かれてみれば期待していたものは出してくれている気がする結構良心的なシリーズだと思う。でもスーヤンはもっとさわやか系の女の子があっている気がする。
はち-ご=さん [DVD(吹替)] 6点(2010-02-26 18:27:59)
27.コメディアクションとして安心してみていられる。時間も短く内容も気楽に見れる。

Jane.Yさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-26 09:00:12)
26.パンチがない。
いや、パンチ、キックは多発してるけど、
そっちじゃない方のパンチがない
甘口おすぎさん [DVD(字幕)] 3点(2009-08-24 02:02:53)(笑:1票)
25.《ネタバレ》 とっても痛々しい映画だなあと思った。アクションもいまいち。ストーリーもなんだかぼやけて、コメディとしても中途半端・・・。どんな映画が作りたかったのかさっぱり分からない。何も考えずに楽しもうと思って借りて来たが、楽しむ所がほとんどなかった。。。
蝉丸さん [DVD(字幕)] 3点(2009-08-16 00:33:51)
24.日本になじみある人が意外と出演してたね
ぐらいの印象しか残らんね
この映画は
guijiuさん [DVD(字幕)] 4点(2009-05-02 04:54:43)
23.シリーズも3作目にして、やっとまともに観られる映画になったかな、という感じ。シリーズを通してのお約束はきっちりと守られて安定感もある。クリス・タッカーのウザい出しゃばりにも慣れてきたしね。w アクションシーンの比率は減ったが、今作が一番内容的に濃いんじゃないかな。老いたりとは言え、やはりある程度デキる相手と絡んだ時のジャッキーのアクションは楽しい。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-04-26 20:54:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 4.64点
000.00%
112.38%
212.38%
3819.05%
41023.81%
5921.43%
6921.43%
737.14%
812.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review6人
4 音楽評価 4.00点 Review6人
5 感泣評価 1.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS