ドラえもん のび太の宇宙小戦争のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドラえもん のび太の宇宙小戦争
 > (レビュー・クチコミ)

ドラえもん のび太の宇宙小戦争

[ドラエモンノビタノリトルスターウォーズ]
1985年【日】 上映時間:98分
平均点:7.33 / 10(Review 88人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-03-16)
SFコメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものファミリーTVの映画化漫画の映画化パロディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督芝山努
演出原恵一(演出助手)
大山のぶ代ドラえもん
小原乃梨子のび太
野村道子しずか
たてかべ和也ジャイアン
肝付兼太スネ夫
潘恵子パピ
三ツ矢雄二ロコロコ
千々松幸子ママ
加藤正之パパ
松原雅子しずかのママ
白川澄子出木杉
中尾隆聖部下
屋良有作ドラコルル長官
金井大ゲンブ
八名信夫ギルモア将軍
島田敏
塩屋翼
原作藤子不二雄
脚本藤子不二雄
音楽菊池俊輔
作詞武田鉄矢『少年期』
楠部工『ドラえもんのうた』
作曲菊池俊輔『ドラえもんのうた』
編曲菊池俊輔『ドラえもんのうた』
主題歌武田鉄矢『少年期』
大杉久美子『ドラえもんのうた』
撮影三沢勝治(撮影監督)
東京アニメーションフィルム
製作楠部大吉郎(監修)
プロデューサー木村純一
別紙壮一
制作小学館
シンエイ動画
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ(制作協力)
シャフト(制作協力)
山田俊秀(制作担当)
配給東宝
作画本多敏行(レイアウト)
富永貞義(作画監督)
末吉裕一郎(原画)
堤規至(動画)
大塚正実(原画)
木上益治(原画)
美術野中幸子(色指定)
川本征平(美術監督)
編集井上和夫
録音浦上靖夫(録音監督)
その他東京現像所(現像)
小林清志(予告編ナレーション)
あらすじ
スネ夫(声・肝付兼太)たちに対抗して、特撮映画を撮ることにしたのび太(声・小原乃梨子)とドラえもん(声・大山のぶ代)は、小さな人間パピに会う。彼は小人の星・ピリカ星の大統領で、反大統領組織の長官・独裁者のドラコルルに追われているのだった。ドラコルルはしずか(声・野村道子)を人質に取り、パピの引渡しを要求。ドラえもんたちはピリカ星に乗り込むが、スモールライトを奪われ、もとの大きさに戻ることが出来なくなってしまった……。劇場版第7作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
88.《ネタバレ》 冒頭からの入りがスムーズやなぁって思いましたが、効き目が永遠に続く薬なんてないのかも知れへんけど、だからと言ってスモールライトの効き目が切れるのは。。。もうちょっと捻って欲しかったな。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2018-04-30 23:10:10)
87.《ネタバレ》 今作ではやはりスネ夫の勇気が見処でしょう。
男の子は女の子を守るもんだ!ってゆーのに感動したものですが、たかだか30年で、女の子のなんと強くなったことか。
またコンプライアンス的な観点からも、命を張ることや正義の大義名分的なものも変わりつつあるような気がします。
久しぶりの観賞でなんだか不思議な気分になりました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2018-03-24 22:39:50)
86.《ネタバレ》 序盤のウサギと特撮のなんともアンバランスなドラえもん味がたまらず、
そこへ小さい宇宙の敵?らくしょーらくしょ、と思わせつつ(ジャイアンの投石は素晴らしい)も
同じ小さい身体での戦いを強いられることになってハラハラ。

途中から2つのパーティに分かれるところ、特にしずかちゃんに勇気を鼓舞されたスネオが
身を挺してしずかちゃんを助けるシーンは胸が熱く、
その後は敵がいくつきても倒してくれそうな安心感と気分の高揚感。

パピが微妙にかわいくなかったり、ロコロコがうるさかったり、
何回みても飽きないキャラの味付け。

スモールライトなし、、、からのちょっと無理のある展開も目をつむり、
こうして大人になった今もあの頃と同じ、それ以上の感動を得てしまう。
元祖さん [インターネット(邦画)] 8点(2017-03-11 11:26:20)
85.「効き目が切れたから」って言われてもねぇ。。。
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2015-02-21 19:16:40)
84.《ネタバレ》 これはたぶん、公開当時リアルタイムで観た時の記憶が一番ハッキリ残っている作品。
一番印象に残っていたのが、建物の肖像画の中の動く目玉。
チーターローションの効果が落ちてバテバテになっているのび太をボスに睨まれながらジャイアンがおぶって助けるシーンなんですが、あの時のギリギリハラハラドキドキ感を30年ぶりに体感できたのが嬉しかった。
それと、倉庫の中でおびえているスネ夫を尻目にしずかちゃんが「私だって怖いんだから」と言って戦車に乗り込むシーンに、オイ!スネ夫~何やってんだ~!と歯軋りする思いで見ていた記憶が舞い戻ってきたり、もし壁紙秘密基地があったらどこに貼ろうかなぁと自分の部屋を見渡して空想を膨らませていたりするなど、毎年のように観ていた長編ドラえもん映画の中では特に印象深い作品なのです。
久しぶりに観てみて、今回も凝りに凝ったオープニングも楽しかったし、一人で牛乳風呂に入るしずかちゃんに迫る危機感もなかなかのものだったし、ただ笑わせるシーンが他の作品と比べて少なかったのが残念ではありましたが、やはり今回も楽しく懐かしく観る事が出来ました。
本作に出てきた一番好きなアイテムは、勿論チーターローションと壁紙秘密基地でしょう。これは文句なし。
もっつぁれらさん [映画館(邦画)] 8点(2015-02-07 13:51:57)
83.ドラえもんの中では普通の出来
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-12 01:22:03)
82.《ネタバレ》 この作品と言えば『少年期』。

何をおいても『少年期』。

子供の頃から『良い歌だなぁ』と思っていましたが、大人になってから聞くともう・・・。

ただ、大人になってから改めて見ると『何でさっさとビッグライト使わないの?少なくともピリカ星に潜入した時点でビッグライト使えば、ドラえもんとのび太とジャイアンだけで簡単に制圧できんじゃね?』と冷静に考えてしまい、素直にドラえもん達の冒険と活躍を楽しめないスレた自分がいてちょっと自己嫌悪・・・。

でも、そんなことを言いながらもやっぱり面白いですよね。


ダイスさん [地上波(邦画)] 8点(2011-11-05 17:28:16)(良:1票)
81.《ネタバレ》 DVDをまとめて借りると安くなる、という事だったので目に入った「ドラえもん」の中からチョイス。小さい頃に見たことはありましたが、はっきりと内容までは覚えていませんでした。
で、鑑賞。まずストーリーですが、よくよく考えるとめちゃくちゃ。小さい宇宙人相手に小さくなって戦おう、というのはどう考えてもおかしい。そもそも通常時のジャイアンでさえ苦戦していたのに…。でも、そこはドラえもん。「プラモデルで戦おう!」という意見が出た時に「よし、そうしよう!」という流れになることは、冒頭からの映画撮影のくだりで説得力を持たせることに成功している。
迫力ある映画の主人公になれる!いざとなれば元の大きさに戻ればいいんだから。その楽観的な考えが後々活きてくる。特にスネオ。彼だけは地球を出る前から行くべきではない、と反対していた。彼だけは現実を見ており、どうしようもなくなったときにビビって隠れてしまうのは少年として一番正しい行動。しかし、仲間を助けるために立ち上がったスネオ。これがまた主題歌の「少年期」と相まっていい!
最後のセリフもスネオのセリフで締められる。今回の主人公は間違いなくスネオだった。そして見ている側もどちらかというと現実に近い彼を見て(のび太やジャイアンは行動力がありすぎる)一回り「大人になる」んでしょう。
HIGEさん [DVD(邦画)] 9点(2011-07-14 10:55:34)
80.《ネタバレ》 妻投稿■2011年11月8日再投稿■ハイール・ヒトラーや北朝鮮や前のリビアや中国でどういうことが起こっているのか。それを私が何となくイメージが出来るのはこの映画のおかげなんです。しかも、こうした題材(一日中蛍に監視される、肖像画が国民を監視する、独裁者の見せしめのために死刑にされるといった現実的に世界で存在する部類の恐怖)を「人形のダンスパーティーに参加する」「おもちゃの戦車で悪者退治に乗り込む」というくるみ割り人形みたいなおとぎ話と矛盾なく融合させてしまう作り手のセンス! 私の子供時代そうだったんですけど、男の子のロボット戦争ごっこと女の子のお人形ごっこが友達の家で合体した時は、めちゃくちゃ面白かった記憶があります。そうした楽しい記憶を、悪魔や魔女みたいな絵本の中の怖い悪役ではなく、現代政治史実に確かに存在した「独裁者」と対決させる(つまり大人の「こくさいせいじがく」とも合体させる)事で仕立て上げられた「現代のおとぎ話」が宇宙小戦争なんだと思います。■しかもこの映画が作られた1985年なんて日本の周りは全部独裁国家で、民主主義国はほかにアメリカとヨーロッパの端っこくらいしかなかった時代です。そんな時代にこういうおとぎ話が出来ちゃうなんて、ドラえもん侮りがたしです。■ラストシーンは運に頼った部分もあるけど、そもそも個人の英雄行為で独裁国家が壊れるなんて自体が嘘なのであって(そういう物語を作って自身が次の独裁者になるやつとかも現実にいるし)、監視の目の中を必死で走り回って地下室に眠っているのび太君やロコロコ、恐怖に打ち勝ったスネ夫といった名もなき勇者が少年時代のメロディの中に現れるシーンにこそこの映画の価値があるのだと私は思います。大好きな映画。
はち-ご=さん [レーザーディスク(邦画)] 10点(2010-03-18 00:25:25)
79.スネオの勇気にジャイアンのやさしさ、そして主題歌の少年期と歴代ドラえもん映画の中でも間違いなくトップクラスです!
アフロさん [DVD(邦画)] 8点(2009-06-20 01:36:24)
78.《ネタバレ》 長編六作目にしてドラえもん映画史上最も激しいアクションが繰り広げられる、ガチのSFアニメ。他のドラより、寄り道が少なく、全編しっかりとした戦争映画となっております。このメンバーが挑んだ最も過酷な戦争は子どもが手を出せる代物ではなく、スネオのビビり方が一番正しい。それだけにスネオの勇気にはテンションが爆上がりです。
他にも最高の主題歌「少年期」、ホントに悪い悪役、サブキャラの魅力などなど、全く隙のない布陣で固まっていて隙がない。
それだけに、いかにスモールライトを奪還するかにかかってると思いきや…ドラえもん最初と言ってることが違うよ…と突っ込みたいのはヤマヤマだし、そこだけが惜しまれるのだが、クライマックスはいやがうえにも盛り上がったので水に流そう。
面白かった!!
すべからさん [DVD(邦画)] 8点(2009-05-06 10:22:40)
77.なんと言っても主題歌がいい
承太郎さん [地上波(吹替)] 8点(2009-05-04 09:55:40)
76.面白かったです。だけど前半に無理やりな展開が多かったように思います。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-04-25 22:11:14)
75.《ネタバレ》 久しぶりに見て改めて感じた事の一つ8歳にして大統領とはすげ〜な!しずかちゃんの入浴シーンでのサービスカットは大人向け?いや、子供向けだよねと初めて見た時は友達と会話したのを思い出します。しずかちゃんと飯のどっちが大事だとスネ夫に食ってかかるジャイアンの言うことは正しい。どんな状況でも立ち向かおうとするジャイアン、今作でもジャイアンは相変わらずかっこ良い。かっこ良いと言えば何時もは逃げ腰なスネ夫がかっこ良い。しずかちゃんの為に頑張るスネ夫の姿が見られる作品としても忘れられないドラえもん映画!忘れられないと言えば、既に何人もが書いてるけど武田鉄矢の歌う少年期が素晴らしすぎる。ドラえもん映画史上最高の音楽だ!
青観さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-11-09 08:43:51)
74.BSでやってたのを久々に観たんですが、今観ても面白かった。
真尋さん [地上波(邦画)] 7点(2008-09-08 03:21:17)
73.《ネタバレ》 スネオの玩具の戦車で戦ったり、しずかちゃんの牛乳風呂など、少年時代の夢を掻き立てるストーリーは素晴らしいかったです。あと周知の通り、主題歌の「少年期」の出来が秀逸すぎます。
でも何度考えてもラストに大きく戻ってそれで終わりってのはどうかと思いました。どんでん返しが素晴らしいって言ってる人がいますけど、あれではどんでん返しっていうより、最後の展開が思いつけなかったからああしてしまったとしか思えませんでした。
民朗さん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-08-05 15:17:28)
72.20年ぶりに見返しました。しずかちゃん、露出度高すぎですね。とっても良かったです。
よしふみさん [DVD(邦画)] 6点(2008-06-10 08:56:28)
71.《ネタバレ》 本作最大の失策は、のび太たちの参戦理由が“お遊び気分”に見えることだと思います。不遇なパピに共感して(義憤に駆られて)一緒に戦ったという側面はあるものの、大半は“スターウォーズばりのカッコイイ宇宙戦争の世界に浸ってみたかった”ように見えます。じゃなきゃ、圧倒的体格の優位性を自ら放棄する必然性がありません。のび太たちからアドバンテージを嫌味なく奪う仕掛けが欲しいと思いました。また、少々悲壮感が強すぎたのも残念。スネ夫やしずかちゃんが泣き出してしまっては、観ているこっちが戸惑ってしまいます。このあたりのさじ加減は微妙ですが、子ども向け娯楽映画としてはやや行き過ぎた表現ではないかと。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-23 00:18:44)
70.一番好き!
Yoshiさん [DVD(邦画)] 7点(2008-03-19 22:32:27)
69.それ単独でも紛れもない名曲の「少年期」だが、自由同盟の地下アジトのシーンに流れると、抱える悲愴感に物凄くマッチして哀愁が倍加。こういうクーデターやレジスタンスなどを、幼い子供にも充分に理解させる藤子・F・不二雄先生の手腕に脱帽。
丹羽飄逸さん [地上波(邦画)] 8点(2007-01-02 00:55:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 88人
平均点数 7.33点
000.00%
111.14%
200.00%
311.14%
411.14%
5910.23%
61213.64%
71618.18%
83337.50%
966.82%
10910.23%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review5人
2 ストーリー評価 7.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 8.87点 Review8人
5 感泣評価 7.00点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS