十戒(1956)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 十戒(1956)
 > (レビュー・クチコミ)

十戒(1956)

[ジッカイ]
The Ten Commandments
1956年【米】 上映時間:220分
平均点:6.93 / 10(Review 70人) (点数分布表示)
公開開始日(1958-03-15)
ドラマ歴史ものリメイク
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-06-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督セシル・B・デミル
キャストチャールトン・ヘストン(男優)モーゼ
ユル・ブリンナー(男優)ラメシス
アン・バクスター(女優)ネフレテリ
エドワード・G・ロビンソン(男優)デイサン
イヴォンヌ・デ・カーロ(女優)セフォラ
デブラ・パジェット(女優)リリア
ジョン・デレク(男優)ヨシュア
ニナ・フォック(女優)ベシア
ヴィンセント・プライス(男優)バーカ
セドリック・ハードウィック(男優)ファラオ・セティ
H・B・ワーナー(男優)アミナダ
マーサ・スコット(女優)ヨシャベル
ヘンリー・ブランドン(男優)指揮官
ジュディス・アンダーソン(女優)メムネット
ダグラス・ダンブリル(男優)ジャネス
ジョン・キャラダイン(男優)アーロン
フレイザー・C・ヘストン(男優)幼いころのモーゼ
クリフ・カーネル(男優)エドミテの大使
リチャード・ファーンズワース(男優)戦車の操縦士(ノンクレジット)
ロバート・ヴォーン(男優)(ノンクレジット)
ハーブ・アルパート(男優)シナイ山の太鼓叩き(ノンクレジット)
セシル・B・デミルナレーション
磯部勉モーゼ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)/ラメシス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小川真司〔声優・男優〕ラメシス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
深見梨加ネフレテリ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坪井木の実セフォラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田勝デイサン(日本語吹き替え版【テレビ朝日/フジテレビ】)
小山茉美ベシア(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小森創介ヨシュア(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩ファラオ・セティ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
有川博ナレーション(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木敏アーロン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中正彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村秀利(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷悟朗モーゼ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
勝生真沙子ネフレテリ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐々木優子セフォラ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
池田秀一ヨシュア(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加藤精三ファラオ・セティ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
安達忍リリア(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
京田尚子ヨシャベル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
竹口安芸子ミリアム(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
沼波輝枝メムネット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
久米明神の声(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
矢島正明ナレーション(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
若本規夫(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
北村弘一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加藤正之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
島香裕(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
弥永和子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石井敏郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
筈見純(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
家中宏(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小室正幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大山高男(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
滝沢ロコ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本ジェシー・ラスキー・Jr
音楽エルマー・バーンスタイン
編曲レオ・シューケン(ノンクレジット)
撮影ロイヤル・グリッグス
J・ペヴァレル・マーレイ(追加撮影)
ジョン・F・ウォーレン(追加撮影)
製作セシル・B・デミル
制作東北新社(日本語吹き替え版【テレビ朝日/フジテレビ】)
配給パラマウント・ピクチャーズ
特撮ジョン・P・フルトン(特殊撮影効果)
美術アルバート・ノザキ(美術監督)
ウォルター・タイラー(美術監督)
ハル・ペレイラ(美術監督)
サム・カマー(セット)
レイ・モイヤー〔美術〕(セット)
ジョン・ジェンセン〔美術〕(スケッチ・アーティスト〔ノンクレジット〕)
アーノルド・フライバーグ(美術監督補〔ノンクレジット〕&タイトル・デザイン〔ノンクレジット〕)
衣装ドロシー・ジーキンズ
イーディス・ヘッド
アーノルド・フライバーグ
ジョン・ジェンセン〔美術〕
ラルフ・ジェスター〔衣装〕
ヘアメイクウォーリー・ウェストモア
編集アン・ボーチェンズ
録音ローレン・L・ライダー(ノンクレジット)
スタントボブ・ヘロン(ノンクレジット)
あらすじ
旧約聖書中屈指の予言者モーゼはユダヤ人として生まれてエジプトの王女の養子となったが、実母が密に乳母となったため成人後もユダヤ人としての自覚とプライドを保っていた。しかし他民族を見下し他民族の文化や自主独立を認めない高慢なエジプト王との間に軋轢が生じ、自分の使命は実兄姉を含むエジプトの高い文明の洗礼を受けながら唯一絶対神を信奉するユダヤ人の一派をエジプトから脱出させてカナンの地に定住させることとだと考えるようになった。CGのない時代に巨額の費用と人員を投入して制作されたハリウッドの記念碑的大作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
70.前半の色彩豊かな神殿内での愛憎劇、普通に楽しめました。
後半は・・・宗教色一色で何だかなぁ。

それはそうとユル・ブリンナー、鋭い眼光に太い声、筋骨隆々の体、カッコいいです。
アン・バクスターも非常に美しく魅力的でした!
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2020-08-27 20:29:37)★《新規》★
69.《ネタバレ》 旧約聖書の話なのに、無駄な恋愛シーンが多い。こういうのは省いて、もっと全体に短くして欲しかった。それにしても、現在まで続くユダヤ人の困難は民族に課せられた宿命としか思えない。

※ 大昔なのに、王様はずいぶんモーゼに甘いではないか。現代でも、お隣の「北」では、こうはいかない?
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 6点(2020-06-21 07:44:32)
68.むかしむかしあるところに… ヘブライ人という人々が住んでいました…。とお話を始めるのが本来なら適当かと思います。本作品はエジプトナイル川のほとりで「ファラオ(王)がわたし達ヘブライ人の男の子を皆殺しにする命令を出したけれどこの子だけは。。。」と母と娘が生まれたばかりの男の子(後のモーゼ)をバスケットに入れて川に流すシーンから始まります。ヘブライ人(ユダヤ人)はナイル川の恩恵で生産性が上がったエジプトに労働力として移住してきたようですが、この民族は他民族と異なり、原始多神教ではなく唯一絶対神を信仰し、後年世界宗教となるキリスト教とイスラム教の間接的な始祖、ひいては法律や科学の基礎を築く民族になるのです。さて、お話しはほとんど終盤までユル・ブリンナー演じるファラオがこれでもかこれでもか、と言わんばかりにモーゼとヘブライ人を弾圧する内容に終始しますが、その過程でモーゼの杖が毒蛇に変わったり、モーゼが神の声に導かれたり等々、それはモーゼとヘブライ人達が「そうだ。われわれは神に選ばれている。われわれは世界の創造者たる唯一絶対神を敬う民なのだ!」と民族の自覚を獲得していく過程なのです。そして最後近くで神からの十ヶ条の戒めを与えられたモーゼが「規則なくして自由はない!」と宣言しますが、これこそ現在、宗教を問わず国家の基本となっている法治主義の起源なのです。数々の奇跡のスペクタクルが目を楽しませてくれる作品ですが、現在先進国に住むわたし達が当然と受け取っている考え方の源流を探ってみると面白いです。
かわまりさん [DVD(字幕)] 8点(2020-03-29 01:17:12)(良:2票)
67.●過去、テレビで何度か目にしたはずなんですが、海が割れる場面、十戒が書かれる場面を断片的に記憶しているだけでした。今回、旧約聖書の基礎を勉強してから通して鑑賞すると、3時間超えを忘れるほど面白く感じました。なるほど、あの記述を映像化したらこうなるんだと。●ユル・ブリンナーは今作では悪役で、最後の方は気の毒なほどですが、男前ですね!●登場人物中、モーゼの次に信念が強いのは、何度も奇跡を目の当たりにしながら隙あらば「エジプトに帰って奴隷に戻ろう!」と言い放つデイサンでしょうね・・・。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 10点(2020-03-18 19:21:47)(良:1票)
66.一神教の胡散臭いドラマですがファンタジーだと思えば我慢できます。壮大なスケールと相まって、語り継がれてきた神話の重みも伝わってきます。神の御加護には勝てっこないのに性懲りもなくモーゼに挑むラメシスが往生際悪過ぎでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-01-24 23:26:32)
65.まあ、自分が宗教嫌いのせいもあるんでしょうが、支離滅裂な理不尽のかたまりの映画に感じました。
もともとは旧約聖書の神=ユダヤ教の神を、一応は同一の存在とはされてるんですがかなり性質の違う新約聖書の神=
キリスト教の神とごっちゃにして、そこに現代アメリカ式の自由を無理矢理くっつけようとしたから破茶滅茶ですわ。
我々の神に従えって、一方的に命令されるファラオ、カワイソスw
この映画のラストシーンで自由、自由と叫んでるユダヤ人ご一行様が、その後何をやるかと言うと、
先住民の大虐殺ですからね。
まあ、この映画のいい加減さ、独善ぶりを推して知るべしです。
ただ、女優は全般に綺麗だったなあ。
特にアン・バクスター、他の映画も観たくなりました。
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-10-02 18:11:05)(良:1票)
64.モーゼの髪とヒゲが突然伸びてから ありえへん話になっていった。それまでは良かったんだけど・・・。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-09-13 16:48:26)(良:1票)
63.全般的に話に起伏がなく進行が単調。そのため特に前半は飽きてきます。モーゼとネフレテリの関係もメロドラマ風で、気宇壮大な本筋とは合っていないと思います。やはり見どころは特撮で、後半モーゼが奇跡を行うあたりから面白くなってきますが、話としてはやはり単調なので、それほど面白さは感じられません。聖書は何度か読もうとしてみましたが、いつも早々に挫折してしまいます。結局「お話として面白くない」のだということを、改めて実感します。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-03-26 11:40:16)
62.《ネタバレ》 まぁとにかく壮大。莫大な人数がとにかく迫力満点。画面に映ってる人数がとにかく多いよね(ほんとスゴイ)。漠然とした知識しかなかったのでモーゼのことがよくわかり勉強になりました。この内容ならこの時間も納得(仕方ないとはおもいつつ正直長いw)でもちょいと宗教色が強かったかな?  モーゼ役にドンピシャなチャールトン・ヘストンのナイスキャスティングに7点
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-23 20:13:01)
61.舞台セット、映像はよかったけど。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-06-25 05:38:24)
60.《ネタバレ》 私は宗教に関しては標準的なニッポン人(初詣は神道、葬式は仏教、オシャレな結婚式はキリスト教)なので良く分からんのですが、アチラの方は本作を旧約聖書を映像化した「ありがたい宗教映画」として見たのだろうか? それとも、優れた特撮に彩られた「スペクタクル映画」? モーゼの戒律として見せられるユダヤ教の教えに霊験を覚えない(多神教にして偶像崇拝しまくりのニッポン人な)ので、出エジプトはずっと後の中東問題の原因になったとしか映りませんでした。なんだか、一民族に都合の良い歴史を見せられたような、欺瞞さえ覚えてしまいました。たぶん、長尺な割りに言ってることは多くなくて、意義は別にして、面白くなかったからでしょう。まっ、スタンダードなニッポン人的宗教観を持つヤローの個人的感想ってことで…。ちなみに、期待した<失われた聖櫃>は見せて貰えませんでした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-03-25 02:35:11)
59.人種がヒトを隔てる理不尽さを見せつける、モーゼがエジプトを追われるまでは見応えがありましたが、それ以降は苦痛に耐えての鑑賞でした。やられたらやり返す、正当防衛と言わんばかりに殺してしまう。そんな神さんが起こす奇跡に崇高さは感じられずオカルトチックなご都合主義に萎えました。老若男女、アヒル、羊、牛等の大移動のド迫力の映像とエドワード・G・ロビンソンのお姿を拝めたところに加点。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2014-02-04 01:59:23)
58.《ネタバレ》 導入部は単調なやりとりでかったるいと感じていたのですが、モーゼが宮廷を追放されてからがやっとこさ始まり始まりですね。とりあえず、出エジプト記の内容が整理して理解できたのは、ためになりました。あと、セフォラとかリリアは、結構魅力的なキャラクターだと思っていたのですが、最後の方はほったらかされ気味だったのがちょっと残念でした。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2013-08-05 02:11:02)
57.《ネタバレ》 神々しい230分の超大河ドラマ。モーゼをチャールトン・ヘストンが迫力ある好演。ユル・ブリンナーもエジプトの暴君にハマってました。前半の王室ドラマは見応えあり引き込まれました。今観ると不自然な神や裂ける海の描写には拍子抜けです。奴隷生活から一転、黄金漬けのバカ騒ぎに怒れる神サマでようやく長い物語に終曲。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-07 00:29:45)
56.1958年度外国映画興行成績1位の一大史劇スペクタクル。
金がかかっていて、上映時間がすごく長い。ストーリーは山あり谷あり。
展開の妙味というものはないが、大河ドラマ好きの人なら満足できる内容。
演出はまあまあ。チープなシーンもあるけど、まあ昔の映画なので。
ユル・ブリンナーの頭は、相変わらずツルツルだった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-14 06:30:00)
55.この映画を見たのは小学校か中学校のとき、もしかしたら学校でまとまって見に行ったのかもしれない。画面の美しさ音響のすばらしさ、映画の圧倒的な迫力。私の子どもの頃は白黒の日本映画が普通で、カラーの映画(その頃は総天然色映画と言っていた)や外国映画は珍しかった。
この映画に匹敵するのは「風と共に去りぬ」、この2つの映画は何度もリバイバルで上映され、何度も鑑賞した。
「十戒」も長編だが、特撮技術を駆使し、見る者を飽きさせない。子どもながらに最後までおもしろく、目が釘付けになった。
内容の理解も、見る回数を重ねるうち徐々に深まっていった。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 8点(2011-03-01 06:56:14)
54.主演がチャールトン・ヘストンの史劇ということで、どうしても「ベン・ハー」と比較してしまいがちで部が悪いのですが、かなりの力作です。高校生くらいの時にリバイバルの劇場で見たので、海が割れるシーンも迫力映像でしたが、不自然さ(逆回しにしているのかな?)と粗さがちょっと気になりました。
きーとんさん [映画館(字幕)] 7点(2010-07-20 00:37:01)
53.後半宗教的なエピソードに入ったあたりから、確かに一歩下がる自分はいました。とはいえ、映像的にも現代に全く引けをとらない迫力で、時間の長さを感じることなく最後まで楽しむことが出来ました。音楽も秀逸です。
njldさん [DVD(字幕)] 8点(2008-05-31 01:24:16)
52.宗教学について語るのは控えさせて頂いて(妙な日本語だ)名作ですね。十戒って他のキャストでも映画化されたものがあった記憶があるのだが、、、気のせいだろうか。あ、ググればいいか。
成田とうこさん [地上波(吹替)] 9点(2008-04-06 13:42:54)
51.随分昔の話で恐縮なのですが、私が高校生の時にリバイバルで上映していた映画館で鑑賞しました。映画の内容はよく覚えていないのですが、当時大好きだった女の子が偶然にも同じ映画を見に来ていて、非常にドキドキした思い出があります。私が映画好きになったのも映画好きの彼女の影響が大きく、この映画がきっかけの一つのでもあるので満点を献上したいと思います。
ポテトさん [映画館(吹替)] 10点(2007-07-27 22:35:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 70人
平均点数 6.93点
022.86%
100.00%
200.00%
322.86%
434.29%
5912.86%
61115.71%
71825.71%
8710.00%
968.57%
101217.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 8.16点 Review6人
5 感泣評価 6.00点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
作品賞 候補(ノミネート) 
撮影賞ロイヤル・グリッグス候補(ノミネート) 
視覚効果賞ジョン・P・フルトン受賞 
美術賞サム・カマー候補(ノミネート)装置
美術賞ハル・ペレイラ候補(ノミネート)美術
美術賞ウォルター・タイラー候補(ノミネート)美術
美術賞アルバート・ノザキ候補(ノミネート)美術
美術賞レイ・モイヤー〔美術〕候補(ノミネート)装置
衣装デザイン賞ラルフ・ジェスター〔衣装〕候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ドロシー・ジーキンズ候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞イーディス・ヘッド候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ジョン・ジェンセン〔美術〕候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞アーノルド・フライバーグ候補(ノミネート) 
編集賞アン・ボーチェンズ候補(ノミネート) 
録音賞ローレン・L・ライダー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1956年 14回
主演男優賞(ドラマ部門)チャールトン・ヘストン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS