秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヒ行
 > 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~

[ヒミツケッシャタカノツメザムービーソウトウハニドシヌ]
2007年上映時間:70分
平均点:7.00 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-03-17)
コメディシリーズものパロディCGアニメ
新規登録(2007-08-31)【負犬】さん
タイトル情報更新(2023-10-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督FROGMAN
FROGMAN
脚本FROGMAN
製作電通(THE FROGMAN SHOW劇場版製作委員会)
テレビ朝日(THE FROGMAN SHOW劇場版製作委員会)
プロデューサー谷東
配給東宝(配給協力)
作画FROGMAN(キャラクターデザイン・FLASH)
録音FROGMAN
はたしょう二
あらすじ
世界征服を企むベンチャー秘密結社・鷹の爪はある日、大家による家賃の取立てから夜逃げをしたが誤って宇宙へと飛び出してしまう。世界中の要人が集う宇宙ステーション「ピースボール」にたどり着いた彼らは、独裁者フェンダーミラーと対決する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 バカバカしくて好きです。【だみお】さんの言っているように、エンドクレジットの後、衝撃の事実が明らかになるので、必ず最後まで見てください。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-01-16 23:13:52)
13.《ネタバレ》 2015年頃のFROGMAN作品と比べると、まだこなれていない感じがビシビシと伝わってきました。大家が啖呵を切ったところは良かったです。
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 3点(2016-01-10 22:14:09)
12.《ネタバレ》 吉田戦車の不条理ギャグ漫画が大好きな自分は、この馬鹿馬鹿しい低予算のアニメも昔から大好きだった。でも、大人になって日々の忙しさに忙殺されているうちに、この『鷹の爪団』のこともすっかり忘れていたのだけど、最近たまたま同じ作者による島根県の自虐カレンダーが売れているというニュースを知り、「あぁ、懐かしい……」と思わずこの作品をツタヤでレンタル。うーん、馬鹿馬鹿しい……(笑)。良いですね、このまったく意味なんかない下らない面白さって。大人社会のストレスで圧殺されかかっていた僕の心が、大分癒されました。吉田くんのひねくれ方って大好き。そして、大家さんの燃え上がる女の部分に大爆笑。まぁ、社会の大多数の大真面目な人たちには全く受け入れられないだろうけど。ぜひ、宮崎駿さんに観てもらってその感想を聞いてみたい(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-13 17:34:53)
11.《ネタバレ》 apple のプレゼントで無料ダウンロードして視聴。前から気にはなっていましたが、金出してまで見る気には至らず、今回プレゼントで初めて観ました。鷹の爪団の世界制服の目的をはじめて知りました。制作費グラフのステイタスバーは面白かったですね。「うんこ野郎」連発に沈黙して見守るクローンたちの姿が頭から離れません。エンドクレジットが始まってもすぐにストップしないでください。
だみおさん [インターネット(字幕)] 5点(2013-04-07 08:56:14)
10.《ネタバレ》  レンタルでは我慢できず購入しちゃいました。
 パロディや時事ネタ、ウィットに富んだジョークに軽快な掛け合い等とにかく終始ニヤニヤしながら見てました。
 話のテンポも非常に良く、時々起こる無茶苦茶な展開もレオナルド博士の圧倒的ポテンシャルで無理なく、尚且つ面白く納得させられてしまいます。
 確かに画のアニメーションとしては群を抜いたショボさだが、決して『手抜き』や『下手』等ではなく『個性』や『味』として楽しめ、時にはそのショボさを逆手にとった演出や笑いも秀逸。
 登場キャラも個性(アク)が強くそれでいて愛着が持て最高(がんばれフィリップ!!)。
 画に惑わされ食わず嫌いせず是非視聴をお勧めします。
 今のところ最も続編を楽しみにしている作品です。
ムランさん [DVD(邦画)] 9点(2010-12-04 18:30:58)
9.《ネタバレ》 シュールな道をひた走る作品で個人的にはとても好きです。キャラクターの性格の曲がり方や作品のタッチなど、全く万人受けしないでしょうが、一度好きになるとなかなか嫌いにさせてくれません。制作費のバロメーターがオープニングでがっつり減るとこなんて、もうツボでした。
woodさん [DVD(邦画)] 7点(2010-06-26 18:42:29)
8.バカバカしさ全開でアニメで真面目につく立った姿勢は凄い。シンプルで安っぽいんだけどそれを面白さに変えて何でもアリの世界はツッコミ入れ邦題で笑いが止まらん。ブッシュやん!きむじょんいるやん!安倍さんやん!!おやー、風刺してる内容がなんかかっこいいなぁ~。デラックスファイターなんて何もしてねぇのに面白いのも結構惹かれました。シュール過ぎて何回見ても笑えそう。島根県を映画全体でアピールするのはなんでやろか?(笑)
M・R・サイケデリコンさん [DVD(邦画)] 7点(2010-05-06 01:43:37)
7.《ネタバレ》 こういうのって、新しい方から先に見ちゃいけませんね。公開当時にリアルタイムで見ていたら、もっと楽しめたと思うのですが、最新作を見てからこちらって流れなので、バジェットゲージの変化の仕方や広告の入り方がジミだとか、まだ映画としてこなれてないとかが気になってしまって。カットがちゃんと繋がってない部分が何箇所か見受けられましたし。それに『スター・ウォーズ』を元ネタにするっていうパターンは、物語にあまり広がりが生まれないのがツラいところ(宇宙トラックはむしろ『スペースボール』的ですが)。しかし、デラックスファイターの黒さや総統と大家さんの関係など、やっぱり笑わせてもらいました。フラッシュアニメ独特の安っぽさを逆手に取った実は3DCG(ただし予算浪費しまくり)なんてネタも楽しく、だけど時事ネタがほんの3年ほどで恐ろしく古びてしまっているあたりに、この即時性アニメの長所と短所とが同時に表れておりました。これ、ナマモノ映画ですね。
あにやん‍🌈さん [DVD(邦画)] 6点(2010-01-21 19:26:11)
6.《ネタバレ》 製作費メーターの考え方とか素晴らしい。オープニングの無駄なCGのつくりこみでガメーターガンガン減っていくとこが最高でした。
コダマさん [映画館(邦画)] 7点(2009-11-14 21:32:48)
5.私が鷹の爪から学んだこと。瓜にツメあり爪にツメなしということ。夜中を過ぎたら子供たちに甘いものをあげるのは非常識だということ。クマの容姿をしている生き物の本性は、やっぱりクマだということ。梅宮アンナ以外にも、父親のDNAの存在を感じさせない子供がいるのだということ。ベンチャー企業の経営は、どこも楽ではないということ。「お慈悲をください」や「キリングミーソフトリー」という言葉を今まで口にせず生きてきた自分は、とても恵まれているのだということ。いきなり必殺技を繰り出す正義の味方には、わびさびの精神を学んで欲しいということ。予算配分は慎重にすべきだということ。島根は結構良さそうな所だということ。恋をしたなら、それが恋の始まりだということ。大家さんの説教に感動してしまったこと。総統、吉田くん、フィリップ、博士や菩薩峠くんと一緒に「た~か~の~つ~め~」とやったら、いつでも笑顔になれるということ。そして一番大切なこと。ダメなヤツは何をやってもダメだということ。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 8点(2008-06-28 19:55:42)(良:1票)
4.シュールでブラックなギャグ。そしてチープなつくりは人を完全に選ぶ作品。しかし何かしら惹きつける魅力があるのも確か。終わってしまうと何も印象に残らないが、テンポ良いバカバカしげなストーリーは退屈しない。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2008-05-31 22:41:21)
3.《ネタバレ》 キャラクターの表情の変化はないのですが、絵柄が個性的でいいです。
妙に壮大な舞台と人物が意外に小物でギャップが大きくて面白い。
漫才のような掛け合いも笑えました。ちょっと内輪受けのような部分も感じないではないですが、十分楽しめました。
飴おじさんさん [地上波(邦画)] 7点(2008-05-24 14:16:28)
2.テレビからの大ファンです。
flashで製作されたいかにも金かけてない安っぽさ溢れる作りがまたいい感じ。
老若男女全ての声が作者一人ってのもまたいい。
シュールな小ネタ満載で、ありえない感じのコントです。
個人的に島根県のファンになりました。
劇場版第二弾も是非期待してます。
ひで太郎さん [DVD(邦画)] 10点(2008-05-09 12:45:52)
1.最近のアニメの繊細な画質には驚かされるが、この作品はアニメの持つもう一つの魅力であるシンプルさが最大に生かされている。キャラクター達はきまった表情しか繰り返さないが、非常に人間味にあふれている。これをほぼ一人で作り上げたうえに、吹き替えまで行った製作者には驚かされる。TVシリーズを見ていないと話が分かりずらいが、満点。
負犬さん [映画館(邦画)] 10点(2007-09-24 18:30:07)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
317.14%
400.00%
5214.29%
617.14%
7642.86%
817.14%
917.14%
10214.29%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS