世にも奇妙な物語 映画の特別編のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヨ行
 > 世にも奇妙な物語 映画の特別編
 > (レビュー・クチコミ)

世にも奇妙な物語 映画の特別編

[ヨニモキミョウナモノガタリエイガノトクベツヘン]
2000年【日】 上映時間:130分
平均点:4.94 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-11-03)
ホラーサスペンスSFコメディ時代劇オムニバス歴史ものロマンス小説の映画化TVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督落合正幸第1話「雪山」
鈴木雅之(監督)「ストーリーテラー」/第2話「携帯忠臣蔵」
星護第3話「チェス」
小椋久雄第4話「結婚シュミレーター」
キャストタモリ(男優)中年紳士(「ストーリーテラー」)
山本耕史(男優)大学生風の青年(「ストーリーテラー」)
佐藤隆太(男優)ロッカー風の青年(「ストーリーテラー」)
相島一之(男優)サラリーマン風の男(「ストーリーテラー」)
谷津勲(男優)老人(「ストーリーテラー」)
正名僕蔵(男優)カップルの男(「ストーリーテラー」)
矢田亜希子(女優)木原美佐(第1話「雪山」)
中村麻美(女優)近藤麻里(第1話「雪山」)
大杉漣(男優)山内義明(第1話「雪山」)
宝田明(男優)真辺春臣(第1話「雪山」)
中井貴一(男優)大石内蔵助(第2話「携帯忠臣蔵」)
奥菜恵(女優)かる(第2話「携帯忠臣蔵」)
戸田恵子(女優)りく(第2話「携帯忠臣蔵」)
小林すすむ(男優)幕府役人(第2話「携帯忠臣蔵」)
池田謙治(男優)赤穂浪士(第2話「携帯忠臣蔵」)
勝地涼(男優)大石主税(第2話「携帯忠臣蔵」)
森田直幸(男優)吉千代(第2話「携帯忠臣蔵」)
八嶋智人(男優)男(第2話「携帯忠臣蔵」)
武田真治(男優)加藤晃(第3話「チェス」)
甲本雅裕(男優)友田誠一(第3話「チェス」)
照英(男優)黒スーツの男(第3話「チェス」)
石橋蓮司(男優)老人(第3話「チェス」)
稲森いずみ(女優)高城千晴(第4話「結婚シミュレーター」)
柏原崇(男優)徳永有一(第4話「結婚シミュレーター」)
高樹沙耶(女優)高城小枝子(第4話「結婚シミュレーター」)
浅野和之(男優)医師(第4話「結婚シミュレーター」)
北村有起哉(男優)カップルの男(第4話「結婚シミュレーター」)
小西真奈美(女優)カップルの女(第4話「結婚シミュレーター」)
茅島成美(女優)有一の母(第4話「結婚シミュレーター」)
原作清水義範「識者の意見」(第2話「携帯忠臣蔵」)
脚本三谷幸喜(「ストーリーテラー」)
落合正幸(第1話「雪山」)
君塚良一(第2話「携帯忠臣蔵」)
星護(第3話「チェス」)
相沢友子(第4話「結婚シミュレーター」)
音楽配島邦明(第1話「雪山」/第2話「携帯忠臣蔵」/第4話「結婚シュミレーター」)
佐橋俊彦(第3話「チェス」)
浅梨なおこ(選曲)
作曲配島邦明(テーマ音楽)
撮影藤石修(第1話「雪山」/第4話「結婚シミュレーター」)
栢野直樹(第2話「携帯忠臣蔵」)
高瀬比呂志(「ストーリーテラー」/第3話「チェス」)
製作武政克彦(製作総括)
島谷能成(製作総括)
東宝
日活
ポニーキャニオン
フジテレビ
IMAGICA
プロデューサー関口大輔(アソシエイトプロデューサー)
石原隆〔製作〕
市川南〔製作〕(宣伝プロデューサー)
制作東映(第2話「携帯忠臣蔵」)(制作協力)
配給東宝
特撮渋谷紀世子(デジタルコンポジター)
美術清水剛(「ストーリーテラー」/第1話「雪山」/第3話「チェス」/第4話「結婚シミュレーター」)
吉田孝〔美術〕(第2話「携帯忠臣蔵」)
鈴村高正(装飾)(「ストーリーテラー」/第1話「雪山」/第3話「チェス」/第4話「結婚シミュレーター」)
編集田口拓也(「ストーリーテラー」/第2話「携帯忠臣蔵」)
日下部元孝(フィルム編集)
録音小野寺修(「ストーリーテラー」/第1話「雪山」/第2話「携帯忠臣蔵」)
白取貢(第1話「雪山」(録音助手))
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
志田博英(音響効果)
渡部健一(音響効果)
照明粟木原毅(第1話「雪山」/第4話「結婚シミュレーター」)
長田達也(第2話「携帯忠臣蔵」)
金子康博(第2話「携帯忠臣蔵」(照明助手))
加瀬弘行(ストーリーテラー/第3話「チェス」(照明助手))
その他IMAGICA(協力)
白組(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》 「雪山」ホラーテイストだが、ラストがわかりにくい。
「チェス」盤上ゲームと人生をリンクした物語。発想はいいのだけど、あまりストーリーに引き込まれない。
「携帯忠臣蔵」歴史上の人物と携帯でつながっての取材から、思わぬ側面が見られることに。実際にもバイアスのかかった解釈による歴史上の人物像は多いのかも。
「結婚シュミレーター」わかりやすくまとまったラブストーリー。
人気ドラマシリーズの映画化だが、これらをあえて映画にする必要を感じないし、映画館で観たいとは全然思わない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2014-07-07 18:20:08)
79.「もっと!」とせがみそうになります、好きなのは「忠臣蔵」のお話であとはちょっとつたなくみえてしまいました。タモさんも若々しいけれどあまり変わらないのがうれしいです。みなさんがおっしゃるようにTVでも、と思いますが、映画になって残るのもいいものかも。ということで5点にさせていただきました。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2013-08-02 15:51:37)
78.人気テレビドラマの映画化で、4つのエピソードから成り立っているオムニバス。
こういった形式は外国映画でも時々見かけるのだが、大ヒットという話はあまり聞かない。
各エピソードのクォリティーが要求されるだけに、しっかりしたプロットの作品を用意しないと、
逆に印象が悪くなるのかも。
映画だけに当然制作費はかかっている訳だが、お話の内容自体はさほど出来が良いとは思えない。
これならこれまでテレビ放映された中から評判の高かったベスト4を選び、
違うキャスティングで撮り直しをした方が、全然良かったと思う。
まあ、テレビと同じく普通には楽しめると言った程度の作品。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 3点(2011-07-26 03:52:53)(良:1票)
77.《ネタバレ》 別に大したことのないオムニバス作品だが、自分は「世にも奇妙な物語」が嫌いでもないので、この点数にしました。
しかし当時これを映画館にまで見に行った人なんて、そうとうに「世にも奇妙な物語」フリークスの人たちだったんだなぁ、、、テレビじゃ飽き足りず、映画館にまで足を運ぶなんて。。。その精神に脱帽です。
いや、本作をDVDレンタルしている自分だって、相当にマニアック精神なんですが。。。
1話目の「雪山」は死ぬほど怖かった、、、マジで引くわ。寒気が走ったし、夜眠れんよ。
携帯の話はつまらなかった。『携帯忠臣蔵』だっけ?コメディはいらん。
あとこのシリーズには感動系もいらん。『結婚シミュレーター』感動したけど。
テレビでお馴染みのオムニバスですが、映画としてみると、ちょっと違うと感じる。
それにしても、最近の「世にも奇妙な物語」はちょっと甘いような感がするなぁ。
なんて偉そうなこと言ったりして。ごめんね。
ゴシックヘッドさん [DVD(邦画)] 4点(2010-01-02 00:39:52)
76.《ネタバレ》 TV版との違いはない。オムニバスなので各話の評価は違ってくるので5点ということで。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 5点(2009-04-28 18:39:46)
75.「携帯忠臣蔵」は短編としてのまとまりがあるものの、他はだいたい世界観を披露しただけの代物。
諸々の平均点として・・・2点。
カラバ侯爵さん [DVD(邦画)] 2点(2007-12-13 17:46:21)
74.「雪山」ガキの頃に流行ったオチなので今さら感全開。全く楽しめず。「携帯忠臣蔵」めちゃめちゃおもろい。「チェス」オチがお粗末すぎ。武田真治はテレビでやってたクローンネタの方が怖かった。「結婚シミュレータ」設定もオチもありきたりすぎ。
えいざっくさん [地上波(邦画)] 4点(2007-03-23 16:26:51)
73.《ネタバレ》 第一話の「雪山」は前半にオチは読めたけど、結構怖かったかも。「チェス」は他の人もいってるけど、ある洋画の内容にそっくり(爆)第一話以外は全然つまらなかったですね。テレビで放送されてるやつのが、ずっと面白い。
civiさん [地上波(字幕)] 3点(2006-05-11 14:05:42)
72.TVシリーズの良さが上手く生かされていて面白い。「どうせ邦画だし」と邪険にしないで騙されて見るだけの価値はある。人気TVシリーズの映画版で何度も裏切られている人にもお勧め。特に『世にも奇妙な物語』ファン推奨。
HILOさん [地上波(字幕)] 8点(2005-11-09 21:17:20)
71.各エピソードの区切り方やタモリの登場の仕方も含め、TVの2時間スペシャルと全く同じ雰囲気。そんなのをわざわざ劇場公開してどうする。「雪山」はまあまあ。「携帯忠臣蔵」「チェス」は微妙。「結婚シミュレーター」のオチには激怒。そんな感じです。
とかげ12号さん [地上波(吹替)] 2点(2005-11-03 16:12:35)
70.《ネタバレ》 「雪山」は公開時期的に「ブレアウィッチ~」の影響を受けたんだろうなあという気はしたけど、凄く怖かった。リアルに痛そうなのでイヤだった…(T△T) チェスは同様に某映画のオチをちょっと髣髴とした。携帯忠臣蔵は最後に未来の事務所みたいなのが映らないほうが良かったかな…と思う。恋愛シミュレーターは一番「世にも~」っぽかった。
えむぁっ。さん [ビデオ(吹替)] 7点(2005-10-27 01:36:38)
69.「世にも奇妙な物語」は数年前までよく見ていた。なんと言っても不気味なタモリとテーマ音楽がいいね。さて、本作はその劇場版であるわけだが、「雪山」が怖かったのと「結婚シュミレーター」が面白かったことくらいしか覚えていない。そこそこ面白かったとは思うけど、なんで映画化したのか分からない。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 5点(2005-03-27 22:28:33)
68.矢田亜希子のやつが一番怖かった。それ以外あんま記憶にないわ。
アンナさん 5点(2004-10-24 17:41:17)
67.『テレビ番組の映画版=テレビ版より面白い』なんて方程式は何を見ようと成り立たない訳で、キャストがいつもよりチョット豪華なだけ。何だかのっけから辛口批評じみてるけど、「世にも奇妙な物語」は、幼い時は毎週のように見ていた番組♪色々トラウマみたいに脳裏に焼き付いちゃってるシーンがある位好きでしたね。で、映画版。イキナリ「雪山」の緊迫感で客の注意を引くのは◎。コメディ「携帯忠臣蔵」には「へぇ~」のあのヒトがいたのねぇ。でも、私的に「結婚シミュレーター」だけは失敗作。4作の中でどれ?って聞かれたら、武田真治in幻想ワールド「チェス」が好き。やっぱり「世にも奇妙な物語」では何でもアリ!な世界を堪能するのがいちばん楽しいし、ホラーにしろコメディにしろ、意味不明な電波作品にしろ…やっぱり物語だから★★☆
SAEKOさん 6点(2004-10-23 17:54:02)
66.「雪山」と「携帯忠臣蔵」が面白かった。と言っても映画でやる必然性は感じないですね~。
A.O.Dさん 5点(2004-09-19 23:12:11)
65.映画版だから特別ってことはなかったですね。テレビで放映した中から歴代のベスト作品を4本収めた方がまだ良かったのかもしれませんね。この中では雪山がまあましな作品でした。
カーマインTypeⅡさん 6点(2004-08-14 14:51:27)
64.《ネタバレ》 点数の如くの評価です。「携帯~」は小説が断然面白い。「雪山」のようなホラーは本とは違う雰囲気を味わえるからいいですね。あとの2つはどっちもどっちかな。とにかく「携帯~」の小説版はほんとに素晴らしいです。興味があるなら是非一度読んでいただきたいです。
ぶるぅす・りぃ。2さん 5点(2004-08-01 18:03:14)
63.「携帯忠臣蔵」、「チェスに殺される」が7点、「雪山」が6点「恋愛シュミレーション」が5点。て事で平均6点という事で(^^;傑作!ってのは無かった気が。設定はみな面白かったですが。
トシ074さん 6点(2004-07-07 23:33:41)
62.それぞれドラマとしては良くできていますが、映画として観たら足りないですね。
たかちゃんさん 4点(2004-07-07 15:03:50)
61.どの話もイマイチ。個人的には特に「チェス」のオチには怒りを通り越して殺意すら覚える。「携帯忠臣蔵」がまだ一番いいかなあ。「雪山」は全然怖くないし、「結婚シミュレーター」もなあ・・・。
ばたあしさん 3点(2004-07-03 15:52:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 4.94点
022.50%
111.25%
222.50%
31012.50%
41316.25%
52227.50%
62025.00%
756.25%
833.75%
911.25%
1011.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.25点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 4.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS