茄子 スーツケースの渡り鳥<OVA>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > 茄子 スーツケースの渡り鳥<OVA>
 > (レビュー・クチコミ)

茄子 スーツケースの渡り鳥<OVA>

[ナススーツケースノワタリドリ]
2007年【日】
平均点:5.14 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
ドラマアニメシリーズものスポーツもの漫画の映画化
新規登録(2007-11-19)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2019-04-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高坂希太郎
演出高橋敦史
大泉洋ペペ・ベネンヘリ
山寺宏一ジャン・ルイージ・チョッチ
大塚明夫マルコ・ロンダニーニ
坂本真綾豊城ひかる
江川央生レジオ
平田広明フランキー
坂口芳貞パオパオビール監督
安元洋貴
原作黒田硫黄「茄子」
脚本高坂希太郎
音楽本多俊之
岡田こずえ(音楽プロデューサー)
作詞星野哲郎「自転車ショー歌」
主題歌忌野清志郎「自転車ショー歌」
製作マッドハウス(「茄子 スーツケースの渡り鳥」製作委員会)
アスミック・エース(「茄子 スーツケースの渡り鳥」製作委員会)
制作マッドハウス(アニメーション制作)
作画高坂希太郎(キャラクターデザイン)
古屋勝悟(原画)
編集瀬山武司
録音三間雅文(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.前作同様、非常に質の高い自転車アニメ。
監督の出自からしてジブリ感満載…てかヘタなジブリのアニメよりはるかに質が高く、レースシーンの作画や演出はそこらのジブリものより断然上。

しかし悲しいかな、かつての「モーニング」や「アフタヌーン」風ストーリーのありがち小品のため、話自体の面白さは今一歩で佳作の域を出る事はないっていう。

それでも前作含め「弱虫ペダル」がブームになったときなんかに再評価されてもおかしくないと思うんですけど…ほとんど世間で存在を知られてないですよね、もったいない。
あばれて万歳さん [インターネット(邦画)] 7点(2019-08-26 21:08:52)★《新規》★
13.《ネタバレ》 佳作。主人公(ペペ)以外がプロの声優なのはよかったが、その分、ペペに違和感がある。【ネタバレ注意】前作(アンダルシアの夏)に続けて鑑賞。前作に比べて、レース中の駆け引きみたいなものがある点は評価できる。ただ、ザンコーニの“オーラ”演出は何だったのだろう。そもそも最後じゃないのにスパートして(周回が残っているのに)優勝したみたいなパフォーマンスしてリタイアするって、現実でもあったことなんだろうか。理由も説明されなかったし、意味がわからなかった。
mohnoさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-10-23 16:45:25)
12.前作に比べて、レースのリアリティ、緊張感がなかった。
へまちさん [インターネット(邦画)] 4点(2017-12-27 19:33:20)
11.《ネタバレ》 前作の完全な続編だがこれは茄子繋がりが必要か? 原作を未読なのでちょっとわからないが無理矢理すぎる レースシーンは前作より緻密に描かれているが前作ほど人間模様が無く、主人公のペペがむしろ邪魔に思えた この話はチームメイトのジャン中心に描かれるべきだ ラストもジャンの為にペペが走るがペペのフューチャーが強過ぎてジャンが薄くなっている この話を完全にジャンのエピソードにしたらもっと面白くなったはず ジャンの親友のマルコの話とか、なによりもザンコーニの存在とかが謎すぎる ギャグのつもりなのか だったらもっと面白く描いてほしい マルコが生前にサウナと我慢大会をしたエピソードもジャンの最後の我慢にまったくシンクロしなかった ペペ以外のキャラの描き方が弱すぎるのにロードレースファンの少年の出番が多過ぎてこの子供の存在はイランってマジメに思った レースの展開はよくわかるが今ひとつ盛り上がりに欠ける 日本が舞台のせいか前作ハンパ無かった旅情感が皆無 オーソドックスなスポコン物になっているのが一番の不満だった 前作とはまったくテイストが違う タイトルも最低で茄子もまったく関係無い チームが日本人の様に普通に話したり、チームの日本に対する旅情もほぼ無くて、異国情緒で突っ走った前作のイメージを期待したら完全に裏切られた ただのロードレース物としてみればまぁまぁだが、制作者が前作の何が良かったのかを判って作ったとは到底思えなかった
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2014-08-24 22:50:20)
10.《ネタバレ》 『アンダルシア』に続編があったことをそもそも知らなかった。前作借りたときも全く気づきませんでした。GEOの棚に並んでたんですが、相当古かったのか管理が悪かったのか、ジャケットの背表紙が日に焼けて文字がうっす~~・・・くなっていたせいで気づくのに時間が掛かりました(苦笑)

さておき内容はというと、はっきり言って面白い。個人的にはほぼぺぺ一人の話に終始した『アンダルシア』よりも、チームで戦うロードレース的展開だった『渡り鳥~』のほうが良かったというのもあります。何よりも、ぺぺ以外のキャラにも焦点が当てられた話というのは人間ドラマとして良いと思った。チョッチみたいな若手渋めキャラだったり、あと名前忘れましたが敵の超つええオッサンだったり。個性が立っていてああいうの嫌いじゃないです。
あと、『カリオストロ~』の影響か、ぺぺの見た目やノリがどうしてもルパンと被ってくる・・・(笑)それも私的にはアリだからいいのですが、見る人によっちゃ×かも。

前作もそうでしたが、自転車乗ってる人なら観る価値ありですねー。「興味ある人」じゃなくて「乗ってる人」じゃないと彼らの情熱は伝わってこないと思う。
また続編出ないだろうか。いま絶賛自転車ブームだし。ああ、茄子食べたい・・・。
TANTOさん [DVD(邦画)] 8点(2013-10-12 22:19:31)
9.《ネタバレ》 続編として前作楽しめた方なら今作も無難におもしろいです。
ろにまささん [DVD(邦画)] 6点(2012-02-28 20:09:00)
8.レース部分の演出は拘りを感じる良い仕上がりになっているんだけど、やっぱり現実のレースに勝るわけじゃなくて、肝心の人間ドラマの方がイマイチだと作品としての評価も下げざるを得ない感じです。
知らないおっさんが死んだとか言われてもピンと来ないわけで、その辺りをもっと深く掘り下げるとかしないと感動は沸いてこない。
無理矢理な感じの脇キャラも違和感があった。
あと、オーラがあるということを映像で表現してしまうのは如何なものか。
台詞だとか仕草といった演出でオーラを感じさせて欲しかった。
声優陣が素晴らしかっただけに残念でした。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2009-01-11 15:55:10)
7.前作よりサラッと仕上がってます。良質の作品であることは確かだと思います。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-11-25 22:56:49)
6.原作のマンガは、前作(アンダルシア)よりもコミカルな作品になっているのですが、その要素をほとんどそのまま取り込んで、でも、アニメのほうは、メインストーリーを、シリアスっぽい作りにしてしまっているので、何が描きたいのか、全然分からない映画になってしまっています。無意味な子供キャラの挿入も不快。自殺した「マルコ」の登場も、自転車ファンを喜ばせるつもりでもあったのかもしれないですが、わざとらしすぎて、とても不快。
かねたたきさん [DVD(邦画)] 2点(2008-07-05 18:38:05)
5.《ネタバレ》 心地の良いテンポ。今回はアスリートの持つ苦悩や葛藤に焦点を当て前作とは違う深みを感じさせる。「アンダルシアの夏」ではあまり意識していなかったけど、接戦になるとかかるあの曲がどうやら僕は好きなんだと認識。しかし尺が短いのはなんでだろう?舞台がヨーロッパのほうが個人的には好きです。
マリモ125ccさん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-19 10:52:19)
4.自転車レースにかけた男たちの青春。肩凝らずに楽しめるから好きです。強敵は意味不明でしたが・・
東京ロッキーさん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-15 18:47:31)
3.相変わらずのテンポのよさと丁寧な美術は流石。しかし、欲を言うならもう少し黒田硫黄っぽいマヌケで無骨なスピード感が、欲しいところ。チャリンコ好きなスタッフの熱意も理解できないわけではないが、続編作るならいっそ原作の「茄子」自体をオムニバスで作るべきでは?と感じました。面白いんですけどね。
aksweetさん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-10 20:55:08)
2.自転車競技における人間ドラマを見事なアニメ表現で描いた良作「茄子 アンダルシアの夏」の続編……ってこれはなんで劇場公開されなかったのだろう。
前作に負けずよくできた作品だと思う。

自転車に人生を捧げるアスリートたちの精神世界での葛藤と苦悩を、シンプルに、実に巧みに描ききっている。
日本ではなじみの薄い自転車レースの競技としての”熱さ”とそこで繰り広げられる人間模様の“熱さ”が、レベルの高いアニメーションでもってしっかりと伝わってくる。

大泉洋が前作に引き続き主人公の声をユーモアと人間性を溢れた表現で好演している。

劇場公開でないこともだが、もう少し長い尺で作り込んでも充分に魅力的な映画になると思うのだが……。
鉄腕麗人さん [DVD(邦画)] 6点(2007-11-22 14:47:26)
1.多くのドラマを盛り込もうとしているものの、どれもが脈略なくムードだけで解決させてしまっている素人的作品。
前作もそうだったけど、今回は要素が増えた分、更に散漫になってしまったという欠点もつく。
カラバ侯爵さん [DVD(邦画)] 0点(2007-11-21 11:39:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 5.14点
017.14%
100.00%
217.14%
300.00%
4214.29%
517.14%
6750.00%
717.14%
817.14%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS