Menu
 >
 >
 > 迎春閣之風波

迎春閣之風波

The Fate of Lee Khan
(迎春閣之風波)
1973年【香・台湾】 上映時間:105分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションカンフー時代劇
[ゲイシュンカクノフウハ]
新規登録(2008-01-14)【鱗歌】さん
タイトル情報更新(2009-09-27)【カニ】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督キン・フー
演出ハン・インチェ(武術指導)
サモ・ハン・キンポー(武術指導)
ウー・ミンサイ(武術指導助手)
キャストリーリー・ホア(女優)
アンジェラ・マオ(女優)
シュー・フォン(女優)
パイ・イン(男優)
ロイ・チャオ(男優)
ハン・インチェ(男優)
ティエン・ファン(男優)
フー・チン(女優)
ウー・ミンサイ(男優)
サモ・ハン・キンポー(男優)
コク・リーヤン(男優)
チャン・ナン(男優)
フォン・ジンマン(男優)
リー・マンチン(男優)
脚本キン・フー
音楽ジョセフ・クー
製作キン・フー
レイモンド・チョウ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 香港映画界の巨匠キン・フー(胡金銓)が手掛けた究極の武侠映画。
ブルース・リーの師匠みたいなもんだし、何よりサモハン・キンポーが武術指導。そこにキン・フーの静と動の演出を撮り抜く演出。
それは日本で言えば伊藤大輔や黒澤明のような重厚さがあり、尚且つマキノ雅弘や山中貞雄のような肩の力を抜いて楽しめるシャープでスピーディーな・・・まあ理屈をこねても仕方ない。とにかく面白れえ。
モチロン、アクションだけ関して言えばブルース・リーやジャッキー・チェンといった後続の方が洗練されているだろう(キン・フーの場合はブッ飛びすぎ)。
ただ、個性豊かな登場人物やドラマの面白さは今の中国映画なんぞより遥かに面白い。
冒頭15分はそんな丁寧でコミカルなドラマで楽しませてくれる。
「迎春閣之風波」は中国は明の時代が舞台。
お上の殿下率いる田豐たちと朝廷に反旗を翻す朱元璋一門の戦いを描く。
舞台は朱元璋一門の門派が密かに開設した料理屋「迎春閣」で繰り広げられる。
「迎春閣」に訪れる奇妙な客たち、それを迎える武闘派姉ちゃん・姉さんたち。
博打をやる者、飯を食う者大歓迎、ただし強盗連中は容赦なく滅多打ち。
序盤のドタバタした楽しいやり取りを見ていれば解るだろう。機密文章だとか、敵味方が誰か解らないとか、怪しげな美女とか、キン・フー映画に其の辺のスリルは皆無です(褒めてます)。
いや、いつ誰が刃を抜き放ってもおかしくないという肌を刺すような緊迫感は「龍門客棧」の方が圧倒的だ。だが楽しさは断然コッチだろう。
そこから中盤はシリアス一色になってくる。緊迫したやり取りや次々と血に染まる「迎春閣」、そしてラストのダイナミックなバトル、バトル、バトル!ラストバトルの壮絶さ、華やかより男勝り・女傑振り!愛嬌より度胸!それがキン・フーの女たちだ。
しかしコレで驚いていてはいけない。
「大酔侠」や「忠烈図」はもっとブッ飛んでるから(スタントマンじゃなくて猿が飛んでんじゃないかってくらい)。
個人的にキン・フーの最高傑作は「忠烈図」と「侠女」だが、一番好きなのはやはり「大酔侠」と本作だ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-06 03:45:01)(良:1票)
1.元の時代も末期。乱世の中、立ち上がる抵抗勢力に対し、これを抑えようとするリー閣下。繰り広げられる戦の裏ではスパイ活動も盛んに行われている。折りしも、抵抗勢力からの機密文書横流しの情報を受けたリー閣下、彼の一行は、文書の受け取りに向かうが、そこにあるのは、“迎春閣”なる一見の安宿。と、ここまでが冒頭のナレーションによる前置き。この迎春閣が、実は抵抗勢力側のアジトであり、女将、美人(?)女給たちも、まあ一種の秘密エージェントみたいなもんですな。というわけで、以降、映画のほとんどは、迎春閣が舞台となり、ここにアヤシイ人々が次々に現れるのですが、まあ、あんまし物語に関係ない人も多く(笑)、そのゴチャゴチャぶりが結構面白い。いかにも安宿らしい、不味そうな料理、酒、そして博打。その庶民的カオスの中、繰り広げられる小競り合いと諜報活動、しかし、リー閣下の到着により事態は一変、そして・・・。クライマックスのカンフー活劇は、なかなか見応えありですが、それにしてもリー閣下、強すぎ、悪役のくせに一人で大活躍。彼を取り囲み、よってたかって襲い掛かる主人公たちの方がなんだか卑怯者に見えてきて、どちらが善玉でどちらが悪玉やら。という盛り上がりを見せ、映画は大団円をむかえるのでありました。
鱗歌さん [地上波(字幕)] 7点(2008-01-20 08:29:57)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
9150.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS