クライヴ・バーカー ヘルゾンビのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クライヴ・バーカー ヘルゾンビ
 > (レビュー・クチコミ)

クライヴ・バーカー ヘルゾンビ

[クライヴバーカーヘルゾンビ]
THE PLAGUE
(CLIVE BARKER'S THE PLAGUE)
2006年【米】 上映時間:88分
平均点:4.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ホラー
新規登録(2008-01-16)【ぽこた】さん
タイトル情報更新(2009-11-13)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク(男優)
イワナ・ミルセヴィッチ(女優)
ジョシュア・クローズ(男優)キップ
ブラッド・ハント(男優)サム・レイナー
製作クライヴ・バーカー
あらすじ
世界中の9歳以下の子どもたちが、突然意識を失ってしまう。しかも、それ以後生まれてくる子どもたちにまで同じ現象が。そして、原因解明もままならず10年の年月が過ぎ去っていく。人々は子孫を残すことを諦め、人類の将来には暗雲が立ち込めていた。しかし、彼らは突如として目覚める。しかも、信じられない暴力によって大人たちを虐殺し始めたのだ。人類の未来はいったいどうなってしまうのか?! 「ヘル・レイザー」シリーズでも知られる、ホラー作家クライヴ・バーカーが贈る近未来SFホラー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》  変なホラー。変な設定。変な終わり方。
 ゾンビ好きな人へ。『もしかしたら結構面白いんじゃね?』という淡い期待は見事打ち砕かれます。
 序盤の子供たちの集団痙攣のシーン。意識が無いはずなのに、目線がちらちら動いている子供がいっぱい。
 物語中盤。絶命した直後にのどが動いちゃう人。でもそーゆーのは全部些細な問題とばかりにスルー。
 製作サイドの大雑把な性格が、作品のあちこちに出ちゃってます。
 原題はそもそも『伝染病』とか、そんな意味。だから厳密に言えば『ゾンビ』じゃない。でもこの邦題と、実際の映画のテイストはゾンビホラーを意識しているのは間違いありません。だから『ゾンビだー』って先入観やら期待やらもって鑑賞すると落胆します。
 ゾンビは人を喰らうという立派な目的があります。それに対しこれに出てくる子供たちはただ殺すだけ。
 でも、殺すだけではない何か別の目的を劇中で匂わせます。その隠された秘密とはいったい?気になって最後まで見た結果、結局何が何やらわからないまま終わります。『ええ!?』って感じで終わります。
 単純に『人を襲う子供たちから逃げ、街から脱出する』というエンターテイメントに徹してくれたら評価が変わったかもしれません。
 しょぼいくせに、思わせぶりな謎を無理矢理盛り込むから、2流で済んだのに、3流の烙印を押されるのです。
 人を襲うシーンはほとんどないし、あってもそのしょぼさ、歴代ゾンビ映画のワースト1になりそうなレベル。
 学校の中がちょっと面白かったかな。あそこは割りとオーソドックスなパニックホラーっぽくて、まあまあ面白い。
 1シーン、1シーンだけ見ると、緊張感の作り方なんかは上手なんですけどね。
たきたてさん [DVD(字幕)] 3点(2018-06-02 13:04:28)
3. 子供たちが突如として意識を失い、10年が過ぎて目覚めるとゾンビ化していた。という設定は面白いのだが、それがまっっったく活かされていない。
 中盤はただのゾンビ物で、相手が子供たちだというだけ。そして終盤は事件も問題も何の解決も無いままに終わる。原作はどうだか知らないが、この映画を観る限り、神父が残した日記なる思わせぶりな文章に、大した意味は見出せない。
 観終わった後「ああ、そうですか……」としか言いようが無い映画。
TERRAさん [DVD(字幕)] 2点(2010-08-28 16:44:43)
2.集団痙攣のシーンが気持ちわるくて、泣きそうになった。
センブリーヌさん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-20 00:47:55)(良:1票)
1.《ネタバレ》 邦題はちょっと酷いんじゃないですかね。まぁ、キリスト教的背景の下に描かれた作品なので、まるっきり外れとも言い難いのですが、それにしても酷いなぁ…
で、肝心の作品ですが、「光る眼」ですとか類似作と思わせられる作品は過去にもあったと思います。ただ、だからと言ってつまらない訳じゃないですよ。ツッコミどころ満載だし、好き嫌いはかなり分かれるでしょうけれど。私は、ちょっと、てか、かなり退屈しました。ストーリーと言うより演出ですね。やたら間が長い。間の取り過ぎ。そんなカットが多々見受けられます。だから短い作品なのに長く感じてしまう。これは損失です。演出次第では、もっとずっと楽しめる作品なのではないかと思うと少々残念。あと、結局は教訓めいたエンディングを迎えるのですけれど、もう少し考えさせてくれてもいいんじゃないかなぁ?いろいろ解釈できるような謎めきが欲しかったかも。甘目の5点献上です。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-17 00:30:30)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2125.00%
3125.00%
400.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS