エリザベス:ゴールデン・エイジのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エリザベス:ゴールデン・エイジ
 > (レビュー・クチコミ)

エリザベス:ゴールデン・エイジ

[エリザベスゴールデンエイジ]
Elizabeth:The Golden Age
2007年【英・仏・独】 上映時間:114分
平均点:6.08 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-02-16)
公開終了日(2008-08-06)
ドラマシリーズもの歴史もの
新規登録(2008-01-30)【カラバ侯爵】さん
タイトル情報更新(2019-05-09)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シェカール・カプール
キャストケイト・ブランシェット(女優)エリザベス女王一世
ジェフリー・ラッシュ(男優)フランシス・ウォルシンガム
クライヴ・オーウェン(男優)ウォルター・ローリー
サマンサ・モートン(女優)スコットランド女王メアリー
リス・アイファンズ(男優)ロバート・レストン
ジョルディ・モリャ(男優)スペイン国王フェリペ二世
アビー・コーニッシュ(女優)ベス・スロックモートン
エディ・レッドメイン(男優)トーマス・バビントン
アダム・ゴドレー(男優)ウィリアム・ウォルシンガム
トム・ホランダー(男優)アミアス・ポーレット
高畑淳子エリザベス女王一世(日本語吹き替え版)
大塚明夫ウォルター・ローリー(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子ベス・スロックモートン(日本語吹き替え版)
土井美加スコットランド女王メアリー(日本語吹き替え版)
勝部演之フランシス・ウォルシンガム(日本語吹き替え版)
脚本ウィリアム・ニコルソン
マイケル・ハースト[脚本]
音楽クレイグ・アームストロング
A・R・ラフマーン
撮影レミ・アデファラシン
製作ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ジョナサン・カヴェンディッシュ
メアリー・リチャーズ(共同製作)
ワーキング・タイトル・フィルムズ
製作総指揮マイケル・ハースト[脚本]
デブラ・ヘイワード
リザ・チェイシン
配給東宝東和
特撮ガイ・ヘンドリックス・ディアス(共同視覚効果スーパーバイザー)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ギョーム・ロチェロン(照明技術監督)
美術ガイ・ヘンドリックス・ディアス(プロダクション・デザイン)
フランク・ウォルシュ[美術](美術監督スーパーバイザー)
衣装アレクサンドラ・バーン
編集ジル・ビルコック
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
プロテスタントの女王として即位したエリザベスだが、内部ではカトリック派のスコットランド女王メアリーとの政争が深刻化していた。また外部ではスペインがイングランドを征服しようと企んでいた。しかし成長したエリザベスは、優秀な側近たちと共に着実に敵を滅ぼし、女王としての地位を不動のものとしていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.英国史に馴染みのない人にとってはハードルの高かった前作からは一転して、本作はアルマダ海戦という大きな山場に向かって一直線に走る内容だったので、かなり見やすい作品となっています。物語は徹底的にシンプルにまとめられており、エリザベス女王の苦悩を描き出すことのみに専念。さらには、王族出身者ならではの苦悩という特殊事情は控えめとし、仕事をバリバリこなしているもののプライベートでは孤独を抱える女性という切り口に徹して現代の観客にも共感可能なドラマを目指しており、観客にかなり配慮して作られた作品だということが伝わってきました。
しかし映画とは難しいもので、こうした配慮が概ね裏目に出ており、かえってドラマ性が薄まっています。イングランドを王族同士の婚姻を通じて飲み込もうと迫ってくる周辺諸国と、「結婚する気はございません」の一点張りでのらりくらりとかわすエリザベス。彼女が背負っていたものは現代のキャリアウーマンのそれとはまるで異なるため、これを大衆的な価値観で理解しようとすることにはそもそも無理があったのです。ここは定石通りに当時の国際情勢や、彼女の母・アン・ブーリンが辿った末路といった切り口から彼女の心情に迫る方が分かりやすかったはずなのに、おかしな形で一般化しようとしたためにかえって感情移入が難しくなっています。
また、ウォルター・ローリー卿と侍女・ベスとの三角関係にも、特に感じるものがありませんでした。自由に恋愛ができないエリザベスは、侍女の恋愛話を聞くことで自分自身の欲求をごまかしていたのですが、その侍女の一人がよりにもよって意中のローリー卿に手を出した。彼女からすればやってられない状況なのですが、前述した通り「なぜエリザベスは恋愛をしないのか」という政治的な背景が描かれていないために、パブリックな立場とプライベートな感情の間で板挟みになった彼女の苦しみがピンとこないのです。
当時の国際情勢が描かれていないため、山場となるアルマダ海戦にもさほどの興奮が宿っていません。弱小国だったイングランドが、世界最強のスペインから仕掛けられた喧嘩に受けて立って大勝利したというドラマチックな戦だったはずなのに、当時のスペインがいかに強かったかという煽りや、イングランド側が戦いを受けて立とうと決意するまでの過程、絶望的な戦力差の中でいかにしてアルマダを破ったのかという戦略面での説明などがことごとく抜け落ちているのです。これは勿体ないと思いました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2016-12-26 19:08:31)
36.史実とは、きっとあまり符合していないのだと思うが、芸達者の俳優の演技に納得感のある映画。 続編ではあるが、前作とは造りが違っているので、前作が好きな人には、この作品はいまいちと感じるだろう。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-04 12:44:21)
35.《ネタバレ》 この女王だったからこそ強大な敵を倒せた、ということが全く伝わってこず、
結局何が言いたいのかがよくわからない。
誰が女王をしていてもその戦いの結果は同じことだったのでは?としか思えない。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2012-03-26 17:38:31)
34.>2012.01/21 鑑賞。丁度竹田いさみ著「世界史をつくった海賊」を読んでいる最中でこの映画とピッタリ一致。英国のエリザベス時代の発展の内幕と内外の対応。でもウォルター・ローリーが書かれていないのが何故か?ちょっと疑問(1/22 171pにこの映画の紹介も含め記述あり)。映画はかなり史実に沿っているようだが少し愛の比重が高いのに不満、政治色を前面に出して欲しかった。ウォルシンガムは007の諜報機関親玉の元祖らしい、面白いね。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-21 18:59:49)
33.前作の「エリザベス」と比べたら数段落ちるのではなかろうか。前作は歴史ドラマとして見ることができたが、これはもう歴史ドラマではない。歴史に沿っているのは、メアリー女王を処刑したことと無敵艦隊を破ったことくらい。エリザベス1世の内面を捕らえたものかもしれないが、英国万歳だけを叫んでいるようにすら思える。ケイト・ブランシェットの健闘には悪いが・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 4点(2011-07-27 15:49:41)
32.《ネタバレ》 オープニングから置いてけぼりな感じで違和感を覚えたのですが、続編だったのですね、投稿時に気がつきました。前作を見ていないとつらいかもしれません。
ないとれいんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-06-06 13:47:57)
31.いやぁ、ケイトブランシェットのエリザベスは凄いな~。もちろん演技もすばらしいけどあの形相は迫力満点。違う映画でメデューサ役とかやらせたら超怖そー。
珈琲時間さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-05-07 21:45:28)
30.前作に比べると幾分落ちる。面白くない。
のははすひさん [DVD(字幕)] 3点(2010-12-01 22:56:00)
29.これでは『エリザベス:ゴールデンエイジ』ならぬ『エリザベス:ザ・メロドラマ』ではないでしょうか。やたら大げさな音楽をかぶせて思わせぶりなショットを連発し、ケイト・ブランシェットも力んだ大芝居だし、この映画のスタッフは監督マイケル・ベイ、製作ジェリー・ブラッカイマーじゃないかとマジで思いました。海戦シーンなんかモロ『パールハーバー』のパクリですしね。エリザベスが甲冑を着て前線に現れるところなぞ、おまえはジャンヌ・ダルクかと画面に思わず突っ込みを入れてしまいました。これじゃあ、オスカー衣装デザイン賞を獲るために作った映画としか思えません。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2010-11-01 20:29:13)
28.《ネタバレ》 おっと失敗しましたね、続編なんて作っちゃって。
これはもうどう考えても前作の質をキープできなかったし、「1」の面白さは「不遇なエリザベスが逆境をはねのけ王位を確固たるものにするまで」という絶好のシチュエーションが可能にしたところが大きかったのです。「2」はそういう意味でドラマ性においては「1」を超えることはできませんし、なおかつ脚本も演出もヤル気が感じられない。全然。
必死に吠えているのはブランシェットのみ。もう、こんなテキトーなことでいいのかしらと思います主役が彼女じゃなかったら、最後まで見る気はしなかったでしょう。
フェリペ2世をひたすら悪魔のような悪者として出すあたり、バカとしか言えない脚本演出。…バットマンとか子供向けのアニメじゃあるまいし、なんだと思ってるんだ客を。
ワイルドで色気のある男を登場させよう…といってわざわざクライブ・オーウェンを出す。はっきり言って、ローリーはいなくてもいい役です。ミエミエです。
メアリ・スチュアートはひたすら無力であまり賢くない女にされてます。なんのために。
結局、「悪いスペインが滅んで、神が味方した女王のイギリスが栄えましたとさ」というラストへ収束させるために。つまり、エリザベス一世の一人勝ちを強調するために。バカじゃないのか。
こんなアホらしいラストも珍しいです。本気でやっているんでしょうか。これならば、バッキンガム宮殿限定で上映するために作ったとしても不思議じゃない。
もしも日本人が、元寇を追い払ったのは良い天皇に神が味方したからです、なんて終わり方をする映画を作って世界に配給したならば、正気を疑われてしまいます。なんでイギリスなら許されるのか?
そもそもスペイン人はどう思っているのだろ。いや~そういう意味で滅茶苦茶なだけでなく脚本演出もテキトー、どうしたものか。ブランシェットよ、脚本を読んだ段階で断れよな…。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-05-20 00:08:08)
27.《ネタバレ》  こういった歴史物映画ではよく自由が安売りされますが、この映画で扱われてる自由こそ、当時のカソリック=反宗教改革側=スペインがどのような性格の存在であったかを考えば、文字通り本当の意味での自由であり、この映画で扱われる戦いは本当の意味で自由・独立を守るための戦いであると言えます。
 そういった知識があれば、完全にイギリス=エリザベス側に感情移入して、充分楽しめる作品でした。
 あと、一人の女性としての苦悩を乗り越えて、女王としての自分を選ぶエリザベスが見事に描写されていたと思います。
ケイト・ブランシェット、全然美人でも可愛くもないんですが、一人の人間としてカッケェーと思いました。
脇のクライヴ・オーウェンも、むさくるしいほどの男らしさがいい!
 恋愛至上主義の映画が多い中で、ほとんどの登場人物が個人的感情を乗り越えていくのにも好感がもてました。
 ただ、難を言うなら、スペインの強大さが充分表されてなかったこと、海戦場面がちょっとしょぼかったことで、それぞれ-1点です。
平成23年9月10日追記 実を言うと、宗教的な非寛容性に関しては、決して新教側も負けてはいないんで(例えばこの同じ国でのクロムウェルのカトリック弾圧とか)、そのあたりの描写は少し公平さにかけるかなとも冷静になれば思えますが、半分フィクションとしてみれば、ブッシュ的な(おっと、こいつはもろ新教だw)宗教的ドグマにより、全世界を支配しようとする強大な帝国、国王対自由と寛容を重んじる脆弱な新興国の女王という構図が上手に描かれてたので、自分でも馬鹿だなとおもいつつ、宗教、とりわけ宗教的ドグマが大嫌いな自分としては、どうしてもかなりエリザベスの方に肩入れして見てしまいました。上手な映画だな
rhforeverさん [DVD(字幕)] 9点(2010-02-22 13:24:34)
26.《ネタバレ》 エリザベスを演じるケイト・ブランシェットが素晴らしい! この一言につきる映画だと思います。音楽・撮影ロケーション・衣装 すべてが重厚な雰囲気を醸し出し歴史大作といっていい内容でありました。  が、海戦部分があっさりだなぁ+最後の陸地での馬上からの激励場面の人の少なさはやっぱりちょっと気になってしまいました、、、予算の問題だったのかな?まあ、あえてシンプルな描写にしたと解釈してますデス
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-13 22:38:17)
25.まず何にビックリしたかというとケイト・ブランシェットの渋さ。素晴らしい女王の威厳にただただ敬服。久しぶりに脚本も美術も音楽も映像も演出も、映画が内包するあらゆる要素を存分に楽しませてくれる映画でした。ところで前情報ナシに観たのでクライヴ・オーウェンが出てきたときはビックリした。
DeVanteさん [DVD(字幕)] 8点(2009-09-12 02:59:38)
24.個人的には前作のほうが好きです。ケイト・ブランシェットは変わらずすばらしい。しかしなんだか可哀想なエリザベス、という感がなんだか強かった気がして、もっと強いところとの対比がはっきりしていれば素直に見れたかもしれない。美術、特に服飾の美しさにため息が出ました。
しゃっくりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-05-05 02:46:52)
23.前作のドロドロ感はなくなりましたね。続編というのはいつも華やかさが増し重厚感が減るように感じる。どちらかというとエリザベスの人物像中心、だからなのかスペインとの海戦シーンもなにかあっさりとしていた。見せ場は女王として、一人の女としての葛藤でしょうか。ケイト・ブランシェットは見事に演じきったと思います。
クライヴ・オーエンもハマリ役、ジェフリー・ラッシュ演じるウォルシンガム、優秀な側近、策士、いいですねぇ。
ただラストへ行くにつれて見せ方が唐突といいますかイメージの世界のようになっていったのが残念。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-02-27 18:18:43)
22.《ネタバレ》 気高くて孤独で痛々しい女王でした。1人の女として生きるか、それともお国のためにわが身を捧げて生きるか、そういう葛藤が分かりやすく描かれていたと思います。「政治家エリザベス」を支える側近たちにもスポットライトが当てられており、とくにジェフリーラッシュが演じるフランシスが面白いキャラでした。陰気で忠実な男です。彼は女王の側近として秘密警察のようなことをやっている男で、今でいうとCIAの長官のような存在でしょうか。この男が色々な場面で暗躍するが、なぜか女王からは好かれない。たとえばメアリーの処刑。あれは明らかに権力争いです。エリザベスにとってメアリーは手強い政敵でしたので、側近たちに促されて処刑を実行します。こういう政争を通して、エリザベスを支える取りまきたちの実力も垣間見ることができます。彼女はフランシスのような謀略家を毛嫌いしていたと思いますが、権力者であり続けるためには、魑魅魍魎然とした人間たちもそばに置いておく必要があったのだと思います。エリザベスが「光」ならばフランシスは「闇」。政治とはその両方があってはじめて機能する。女王は良くも悪くも百戦錬磨の政治家でした。それなのに彼女は恋愛に関してはまるで子供なのです。彼女の孤独感がかなり痛々しい。女王であるがゆえに気軽に相談できる相手もいないので、1人でクヨクヨしたり、みっともなく取り乱したりして痛い女を演じている。女王はたしかにスペインの無敵艦隊には勝ちました。しかしたった1人の侍女に完膚なきまでに負けたのでした。エリザベスの人間としての強さと弱さ、政治家としての光の部分と影の部分、そういう対極の部分を本当にうまく表現したいい映画だと思います。これぞ人間劇。ラストシーンは切ない。恋敵の侍女の産んだ赤ん坊に祝福を与えるシーンです。女性にとって何が幸せなのかは分からない。しかし悟りを開いたような彼女の清清しい表情に少し安堵する。歴史なんて関係ありません。そんな知識がなくても楽しめます。これは1人の女性の決意の物語。

花守湖さん [DVD(字幕)] 10点(2009-02-25 19:17:14)(良:1票)
21.もっと濃密なドラマを期待したが、それほどでもなかった。アルマダ海戦のくだりはCGの出来がひどく、特にやる価値はないと思う。もっと人々の心の動きに焦点を当てて欲しかった。
枕流さん [DVD(字幕)] 4点(2009-02-14 14:21:23)
20.前作があった事と、歴史に詳しくなかった事が災いして、理解出来ない部分があった。もっと戦争のシーンが多いと思ってたので、少しガッカリしました。
真尋さん [DVD(吹替)] 3点(2009-02-12 01:48:34)
19.《ネタバレ》 続編だということに全く気がつかず最後まで見てしまいました。よってローリーとの関係なんかが唐突のように感じられ…。たぶん1作目から見ていたら、もっと楽しめたと思います。次回1作目をしっかり見ますので暫定でこの点数を。
TINTINさん [DVD(字幕)] 5点(2008-11-23 15:32:21)
18.《ネタバレ》 前作と一緒に見た。貫禄と支配を身に着けた女王が久しぶりに恋した男に、愛を懇願する姿が切ない。
mimiさん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-30 23:17:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 6.08点
000.00%
100.00%
212.70%
338.11%
4513.51%
538.11%
6924.32%
7821.62%
8410.81%
938.11%
1012.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.40点 Review5人
2 ストーリー評価 5.71点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.83点 Review6人
4 音楽評価 5.40点 Review5人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2007年 80回
主演女優賞ケイト・ブランシェット候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞アレクサンドラ・バーン受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2007年 65回
主演女優賞(ドラマ部門)ケイト・ブランシェット候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS