毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~
 > (レビュー・クチコミ)

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~

[ケガワノエロス]
FUR: AN IMAGINARY PORTRAIT OF DIANE ARBUS
2006年【米】 上映時間:122分
平均点:6.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマ伝記もの
新規登録(2008-02-15)【ひよりん】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・シャインバーグ
キャストニコール・キッドマン(女優)ダイアン・アーバス
ロバート・ダウニー・Jr(男優)ライオネル
タイ・バーレル(男優)アラン・アーバス
ハリス・ユーリン(男優)デヴィッド
ジェーン・アレクサンダー(女優)ガートルード
エミリー・バーグル(女優)アランの新しい助手
音楽カーター・バーウェル
編曲カーター・バーウェル
撮影ビル・ポープ
製作スティーヴン・ファイアーバーグ
製作総指揮エドワード・R・プレスマン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
衣装マーク・ブリッジス[衣装]
録音ユージーン・ギーティ(サウンドデザイナー)
その他カーター・バーウェル(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 えっと、この際、狼男のほうのことはどうでもいいです。
とにかくニコール・キッドマンです。
今回 彼女が見せたさまざまな表情にいちいちキュンとしてしまった。
でもこの時彼女四十歳手前ですね でもどうかしたらば今回の彼女は四十手前でも少女のように見えたその表情やしぐさが幾つもあった いやぁ、よかったですよニコールが。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-05-05 16:00:36)
5.作品としては冗長で、惹きつけられるファクターに乏しい。鍵やらフリークスやら子どもやら親やら、思わせぶりなものはたくさん出てくるが、それらが絡んでこないため、ほぼニコール・キッドマンの独壇場になっている。二コール自体はこういう役をやらせると非常に上手いだけに、逆に予定調和的な印象さえ与えてしまう。波乱を、もっと波乱を。
Balrogさん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-01 02:01:28)
4.《ネタバレ》 なかなか良かったです。変態じゃない人も一度は見ていただきたい作品。
ダイアンが己の変態性と向き合うシーンとか、独特で面白い。
変態性と、淑女としての尊厳は両立するのだというところが、微妙なバランスで描かれていてそのへんは非常に面白い。
変態趣味と日常生活が自分の中で共存できるというところが…面白い女性だったんだなあと。
さてロバート・ダウニーJrを選んだことは大正解でした。
あの目ねえ。
あの状態でちゃんと演技できるから大したものだなあ。お面被っているようなのに。
私生活はボロボロでも、やっぱり彼は才能があるなあと。
感情を抑えたハイソサエティの女性をニコール・キッドマンというチョイスは普通に正解なのだが…個人的には違う女優でも良かったかもと思う。クロエ・セヴィニーとかどうだろ。
さてめでたくロバートは多毛症の人を演じた2人目の役者さんになったのだった。
1人目はミシェル・ゴンドリーの「ヒューマン・ネイチュア」でパトリシア・アークエットが演じている。
…しかしこれで、男優と女優が揃ったということで、よくわからないがなにか良かったような気もするのだった。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-08-02 23:57:57)(笑:1票)
3.この映画、なぜダイアン・アーバスはフリーク写真にこだわったのか、という問いには触れていない。当然の前提となってるみたい。フリークらの不思議の国への探訪記として展開していて、そう割り切ってみれば、多毛症男と親しくなるまではけっこう面白かった。配水管がアリスの落ちるウサギ穴に見立てられているようで、アパートの迷宮感がワクワクさせる。でもフリーク世界への案内人として多毛症男が絡んでくると、三角関係ばなしみたいになり、ちょっと映画がしぼんだ。もっとも、亭主が精いっぱい顎ヒゲをはやかしても「俺は普通の男だ」と引け目を感じるあたりに、奇妙なおかしさはあるのだが。誰だって悪趣味なものへのひそやかな興味はある。でも、おおっぴらに悪趣味を誇示されると辟易させられるし、へんに芸術ぶって提示されてもどういう態度をとっていいか困惑する。映画において悪趣味ほど扱いが難しいものもない。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2008-03-24 12:21:09)
2.「記憶の棘」に続き、最近の二コールの出演作選択の迷走ぶりを象徴するような怪作。何の知識もないまま、この作品を見た自分は全編「おっ?おおっっ?うおおおっ???」の連続。鑑賞し終わった後、ヒロインが実在するダイアン・アーバスという有名な写真家だっていうのを知るに及んで、ようやく一連の彼女の奇矯な行動と、一種異様な欲望が何となくではあるが理解出来た次第。「毛皮のエロス」というより、これは「毛のエロス」。二コールがロバート・ダウニー・ジュニアの○○を、真面目くさった顔して丹念に処理するシーンは名珍シーンとして映画史に残りそう(笑)。それにしても二コール・・・、この手の作品に覚悟して出演するならするで、後ろ姿でもヌードはスタンドイン使ったらいけないんでないかい?ある程度ダイアン・アーバスという人間の人となりを知らないと、邦題タイトルからついエロを期待してしまう人には、不可解極まりない作品かと思います。二コールは近作、「ライラの大冒険」でようやく王道コースに戻ってきたようで一安心。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 4点(2008-02-18 14:23:19)
1.写真家ダイアン・アーバスのオマージュとして作られ、彼女の心の軌跡を象徴的に描いたフィクションという解説で始まる作品です。アーバスについてなにも知らずに見終えて、後でアーバスのことについて調べました。できれば、みなさん"DIANE ARBUS PHOTOGRAPH"でググれば彼女の写真が見られるので、それを見てから映画を鑑賞された方がよくわかる思います。作品は彼女の心の有り様を表現しているのですが、ニコール・キッドマンの演技は素晴らしく、肉体的、精神的なマイノリティに惹かれていったアーバスの心の動きを巧みに演じています。ほとんどキッドマンの一人舞台といった感じの作品です。原題は毛皮(Fur)で、作品を見れば何のことかすぐにわかります。邦題は毛皮のエロス。この邦題の是非については賛否別れるところでしょうね。
ひよりんさん [DVD(吹替)] 6点(2008-02-16 13:19:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
5116.67%
6233.33%
700.00%
8116.67%
9116.67%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS