紳士は金髪がお好き(1953)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 紳士は金髪がお好き(1953)
 > (レビュー・クチコミ)

紳士は金髪がお好き(1953)

[シンシハキンパツガオスキ]
Gentlemen Prefer Blondes
1953年【米】 上映時間:92分
平均点:6.53 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
コメディミュージカル小説の映画化戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-06-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ハワード・ホークス
キャストマリリン・モンロー(女優)ローレライ・リー
ジェーン・ラッセル(女優)ドロシー・ショー
チャールズ・コバーン(男優)フランシス・ビークマン卿
トミー・ヌーナン〔1921年生〕(男優)ガス・エズモンド
マルセル・ダリオ(男優)判事
ハリー・ケリー・Jr(男優)(ノンクレジット)
ジョージ・チャキリス(男優)(ノンクレジット)
ノーマ・ヴァーデン(女優)ビークマン夫人
マーニ・ニクソン
向井真理子ローレライ・リー(日本語吹き替え版【フジテレビ/テレビ朝日】)
来宮良子ドロシー・ショー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塩田朋子ドロシー・ショー(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
高木均フランシス・ビークマン卿(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中庸助フランシス・ビークマン卿(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
多田野曜平アーニー・マローン(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
広川太一郎ガス・エズモンド(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
緑川稔判事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
東美江(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
上田敏也(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
清川元夢(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加藤正之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤本譲(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲木隆司(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石森達幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
沢たまきドロシー・ショー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石川進ガス・エズモンド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本チャールズ・レデラー
音楽ライオネル・ニューマン(音楽監督)
リー・ハーライン(ノンクレジット)
ハーバート・W・スペンサー(ノンクレジット)
作詞レオ・ロビン〔作詞〕"Bye Bye Baby","Diamonds Are a Girl's Best Friend"
ジュール・スタイン"Bye Bye Baby","Diamonds Are a Girl's Best Friend"
ハロルド・アダムソン"Anyone Here for Love","When Love Goes Wrong"
作曲ホーギー・カーマイケル"Anyone Here for Love","When Love Goes Wrong"
ジュール・スタイン"Bye Bye Baby","Diamonds Are a Girl's Best Friend"
編曲ハーバート・W・スペンサー
製作20世紀フォックス
特撮レイ・ケロッグ〔特撮〕(特殊撮影効果)
美術ライル・ウィーラー(美術監督)
振付ジャック・コール〔振付〕
衣装トラヴィーラ
チャールズ・ル・メイル(衣装監督)
編集ヒュー・S・ファウラー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.マリリン・モンローの赤い赤過ぎる唇。アレは男を取って喰う口です。ジェーン・ラッセルも相当なもんだけど(オリンピック選手団のムキムキ男をみんな喰ってしまいそうな)、いやむしろコチラの方がオソロシゲなんだけれど、ブルネットの彼女よりは、ブロンドのマリリン・モンローの方が、赤い唇のインパクトが強く、福笑いの顔みたいに唇が浮かび上がってます。で、二人が身も蓋も無い内容の歌を歌いまくり踊りまくり、彼女たちの前には現実もひんまがってひれ伏すしかない、まさにハチャメチャミュージカル。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-11-09 09:26:36)
37.私はマリリン・モンローのファンである。愛してやまないと言っていいくらいの。で、この作品、なにしろこの世紀の大女優を美しく撮るために全力を挙げているカメラ、衣装、演出であるから、もう眼福至極である。輝く金髪と真っ赤な唇、良く笑い、驚き、きょとんとしてみせるキュートで多彩な表情。彼女の纏う色とりどりの色彩に目が釘付けだ。
ラストの舞台の色演出はなんと濃いピンクのドレスの背景に赤、である。目が一瞬拒否しそうな強すぎる取り合わせなところに、マリリンの金髪と白い肌、それにメンズの黒が差し色として機能し、忘れ難い印象を与える名場面となっていてこの作品の美術担当は天才かと思う。
お話自体に意味は無い。そこにマリリン・モンローがいれば良いのだ。私にとってはそんな一作。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 6点(2014-11-05 00:34:56)
36.マリリン・モンローの映画は5本目の観賞になりますが、人間臭くてなかなか楽しいミュージカルでした。全体を通して歌のシーンが少ない映画ですが、一部吹き替えがあるにしても彼女の歌は意外と良かったです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-10-27 21:23:48)
35.ストーリーはいたってシンプル。
退屈するかしないかは、マリリンやジェーン・ラッセル、華やかなミュージカルの魅力に引き込まれるかどうか。
自分にとっては引っかかるものがなく少々退屈だった。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-08 14:01:06)
34.《ネタバレ》 コンパクトにまとまっていて、可愛いくて楽しい映画。大好きです。二人の女優が素晴らしいのは皆様書いてらっしゃる通り。個人的に楽しめたぽポイントは、カラフルでモードなファッションの数々! 1953年っていったら、うちのオカンが赤ん坊の頃ですよ! 最初の、紺のコートに豹柄のマフなんて、今日、伊勢丹のショーウインドウに飾られていても、全く違和感が無い。それに最後のショッキングピンクのドレス。女なら、一度は着て見たいと思う華やかさ。東洋人には絶対に似合わないけど。残念!
ともともさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-02 21:48:29)
33.《ネタバレ》 法廷シーンでモンローでないことに気付かなかった俺にこの映画を批評する資格は無い!
さわきさん [地上波(字幕)] 6点(2013-09-02 23:46:47)
32.マリリン・モンローの映画は初めて見た。彼女に対して今までは「セックス・シンボル」というどこか神がかったイメージしかなかったが、こんなにチャーミングでかわいい人だったのかと驚くと同時に、その存在をすこし身近に感じられた。彼女目当てで見たが、共演の女優も素晴らしかった。裁判所でのやりとりと終盤のマリリンのショーは、何度みても楽しめそう。
プライドだらけさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-04 14:21:34)
31.《ネタバレ》 「利口そうに振舞うと、おとこのひとはヤな顔するでショ?」とニンマリ笑うマリリンに、服従せざるを得ないオトコの性がかなしい。天晴。
aksweetさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-21 00:27:18)
30.《ネタバレ》 楽しくて、おもしろくて、笑えるミュージカル。いや途中船に乗っているときはミュージカルだということを完全に忘れていた。それほどコメディになりきっていたということか。
金髪のローレライと黒髪のドロシーのコンビが実によい。髪の色だけでなく性格もずいぶん違うけど、親友というのがよく分かる。ずっとローレライの方が目立っていたけど、法廷ではあっと驚くドロシーの変身。いやーびっくり、金髪にだまされた。
途中10点満点つけようかと思ったけど、最後のまるく収まったのがどうもピンとこなかったのと、厳粛な法廷を汚したのでマイナス。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2011-08-27 15:17:56)
29.《ネタバレ》 ミュージカル・コメディとしては、まあまあ面白かった。見終わって「あ~、面白かった」と言って、すぐに忘れてしまいそうな映画ですね。しかし、ローレライが実は単なるバカではなかった(?)と思わせる結末はよかったと思います。個人的には、モンローよりジェーン・ラッセルに魅力を感じます。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-05-03 20:10:53)
28.マリリン・モンローをただ可愛く撮っているだけではなく、その天然キャラの素養を上品に引き出したところにこの作品の価値がある。見ているだけで楽しくなってくるカラフルな色彩構成も強力。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-04-27 04:07:15)
27.美人女優の2人に頼った映画と言えます。この2人の魅力なしには、映画自体が成り立たないでしょう。ミュージカルとしては曲の魅力に欠けますし、コメディとしては可笑しさが今一つ。しかしながら、あまりにも魅力的なJ・ラッセルとM・モンローのお陰で、とても華やかな映画となってます。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-04-24 23:02:20)
26.華やかでエンターテイン性満載。何度見てもすてき。「ムーランルージュ」の「ダイヤモンド♪」はここからきています。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-04-24 10:49:48)
25.マリリンは見事に演じていますね。十分に楽しませていただきました
doctor Tさん [DVD(字幕)] 6点(2009-04-22 00:37:35)
24.《ネタバレ》 ここに登場する男達が揃ってバカで魅力に欠けるので、逆にそれでいいんかい?とも思うのですが(もちろん、お金のあるなし関係なく総じて)、あくまで二人のイイ女の映画ですからね。マドンナの「マテリアルガール」みたいな(いや、こっちがオリジナルだ)超有名なミュージカルシーンでマリリンが歌います。“女が年をとれば 男は冷たくなるわ 年をとれば 女の魅力はなくなるわ でもダイヤモンドは決して形が変わらない”マリリンは既にかなり前にこの世の人ではなくなってしまいましたが、こうして当時のままの彼女の魅力が焼き付いてずっと変わらずに今も触れることができて、だから映画もまたダイヤモンドみたいな輝きと価値を持ったものなのですね。こういうステキなモノがずっと残ってゆくのって、いいな。
あにやん‍🌈さん [DVD(字幕)] 8点(2009-04-07 23:11:15)
23.《ネタバレ》 楽しいですね~。音楽に歌にダンスにこの頃の映画の持つ楽しい雰囲気に、マリリンのコメディエンヌとしての魅力が満開。もうそれだけで十分です。本作でも見せてくれる彼女の陽気でどこか子供っぽさを残した可愛らしさが大好きです。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2009-03-15 14:45:40)
22.《ネタバレ》 マリリンの天然ボケとダイアモンドの映画でした。内容はまぁすっごい面白いと言う事はなかったけど、女性が結婚相手にお金を求めるのは、男性が女性に容姿を求めるのと同じだとかいう屁理屈は何だか妙に納得した次第です。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 5点(2008-10-29 17:54:12)
21.マリリン・モンローの映画は初めて観たのですが、その役者っ振りが想像とかけ離れててビックリ!今までただのお色気要員だと思ってました、すみません……。
主人公のバカっ振りを見事にコミカルに演じきっています。バカ可愛かったです(そんな言葉あるのか)
民朗さん [地上波(字幕)] 7点(2008-09-24 09:12:41)
20.オツムの軽いモンローがとてもチャーミングでした。内容はたいしたことなかったけども。
ギニューさん [DVD(字幕)] 6点(2007-06-22 22:38:04)
19.マリリン・モンローってこういういかにも馬鹿っぽい女性を演じさせたらピカイチだなあ!とそう思えて仕方がないぐらいに本当にどうしようもなく馬鹿な女性を演じつつも、けして、嫌味がなく、可愛い上に異性だけでなく、同姓からも好かれる。「紳士は金髪がお好き」って、このタイトルだけで借りてきてしまった。だってさ、私は金髪の女性に弱いんだもんよ!男なら解るでしょ!って、そんな私ははっきり言ってちっとも紳士なんかじゃない。そんな中、この映画はストーリー自体は特別凄いとは思わないものの、やっぱりマリリン・モンローの魅力だけで最初から最後まで引っ張るだけの力の持った映画だと思う。そりゃあ、この映画の中の男達がマリリン・モンローにメロメロになるのも解るよ!
青観さん [DVD(字幕)] 7点(2007-03-29 22:05:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 6.53点
000.00%
100.00%
200.00%
312.63%
425.26%
5410.53%
61231.58%
7923.68%
8821.05%
925.26%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS