Menu
 >
 >
 > お熱いのがお好き

お熱いのがお好き

Some Like It Hot
1959年【米】 上映時間:120分
平均点: / 10(Review 159人) (点数分布表示)
ドラマコメディモノクロ映画ヤクザ・マフィアロマンス
[オアツイノガオスキ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-26)【イニシャルK】さん
公開開始日(1959-04-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ビリー・ワイルダー
キャストマリリン・モンロー(女優)シュガー・ケイン・コワルスキー
ジャック・レモン(男優)ジェリー/ダフネ
トニー・カーティス(男優)ジョー/ジョセフィン/ジュニア
ジョージ・ラフト(男優)スパッツ・コロンボ
ジョー・E・ブラウン(男優)オズグッド・フィールディング3世
パット・オブライエン〔1899年生〕(男優)マリガンFBI捜査官
ネヘミア・パーソフ(男優)リトル・ボナパルト
ジョアン・ショウリー(女優)スイート・シュー
ビリー・グレイ(男優)ポリアコフ
向井真理子シュガー・ケイン・コワルスキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
愛川欽也ジェリー/ダフネ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
中尾隆聖ジェリー/ダフネ(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
広川太一郎ジョー/ジョセフィン/ジュニア(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
落合弘治ジョー/ジョセフィン/ジュニア(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
大木民夫スパッツ・コロンボ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
広瀬正志スパッツ・コロンボ(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
大平透マリガンFBI捜査官(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
雨森雅司リトル・ボナパルト(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
永井一郎チャーリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
坊屋三郎オズグッド・フィールディング3世(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
千田光男オズグッド・フィールディング3世(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
塩見竜介ビーンストック(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
脚本I・A・L・ダイアモンド
ビリー・ワイルダー
音楽アドルフ・ドイッチ
作曲ハーバート・ストサート”I wanna be loved by you”
ジェイ・リヴィングストーン"I'm Through with Love"
挿入曲マリリン・モンロー”I wanna be loved by you”/"I'm Through with Love"
撮影チャールズ・ラング〔撮影・1902年生〕
製作ビリー・ワイルダー
I・A・L・ダイアモンド(製作補)
ドーン・ヘリソン(製作補)
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術エドワード・G・ボイル(セット装飾)
テッド・ハワース(美術監督)
振付ジャック・コール〔振付〕(ノンクレジット)
衣装オリー=ケリー
編集アーサー・P・シュミット〔編集・1912年生〕
スタントキャリー・ロフティン(ノンクレジット)
あらすじ
失業中のミュージシャン、ジョーとジェリーは、偶然に殺人を目撃し、追っ手から逃れるために、女装して、女性だけのバンドに紛れて列車でマイアミに向かう。ところが、その先でギャングの集会が開かれ、彼らは再びピンチに陥る。ジョーとシュガー、ジェリーと大富豪オスグッドとの”恋”の行方はいかに? なりすましによるシチュエーション・コメディを堪能ください。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
159.「情婦」と並ぶワイルダーの最高傑作。
コメディー映画に必要な要素として、主人公のキャラクターや演技力はもちろん、
やはり綿密に練られたシナリオが一番重要ということが良く分かる。
てれってれーRさん [DVD(字幕)] 10点(2017-07-16 20:41:55)
158.映画史上のベスト○○を選ぶとき、プロの批評家さんがコメディ作品を選ぶことはあまりないだろう。自分としては本作をベスト○○に値する傑作と評価する。
禁酒法時代のギャングの抗争を描き、聖バレンタインデーの虐殺やマフィアの親分役G・ラフトの出演等々、パロディ要素はあるものの隠れたギャング映画という見方もできる。ケーキから出て機関銃を乱射するシーンひとつとっても迫力満点。
J・レモンとT・カーティスが女装してドタバタを繰り広げ、笑いを誘いながら最後は人生哲学の名セリフにたどり着く展開がいい。
石油会社の御曹司に扮したカーティスとM・モンローの会話は実に愉快で大好きな場面だ。濃厚なキスで迫るモンローに対し、カーティスが不感症を装ってとぼける演技は抱腹絶倒。モンローのコメディエンヌぶりはもちろんのこと、二枚目ながらコメディーセンス抜群(ケイリー・グラントと双璧)のカーティスが面白い。          
ラストシーンの「完璧な人間はいない」・・・何と真理を言い当てた言葉か。女装した男(男と知るや知らずや)に対して大金持ちが求婚で吐くこのセリフは実に意味深長。何十年も前の映画なのに、LGBTが語られる現代だからこそなお輝き、今後も輝き続ける名セリフだ。
この映画に唯一不満があるとすれば、J・レモンの女装がルックスで物足りない点。そう、やはり「完璧な映画」はないのだよ。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2016-05-01 14:08:10)
157.My Best Movie の5本指に入ります!!!
戦後ハリウッドの巨匠ビリー・ワイルダーの映画作品では、
『アパートの鍵貸します』とツートップです!!!

オードリー主演の『昼下りの情事』で初タッグを組んで以降、
ワイルダーとI.L.A.ダイアモンドは数多くの名脚本を世に送り続けましたが、
本作の脚本は抜きん出た完成度だと思います!!!
単なる女装コメディで終わらず、
ジュリー(ジョゼフィン)の2役ならぬ3役など、
一枚も二枚も観客の予想を遥かに上回る展開を用意させるのには脱帽です!

キャストも皆、見事な配役ですね!
トニー・カーティスとマリリン・モンローは、
撮影当時、不倫の関係にあったことや、
モンローの精神不安定や流産など、
実に多くのトラブルがあったそうですが、
そういった出来事があったとは思えぬほどの
演技ができるのは、さすがプロなのでしょうか。
特に、ジャック・レモン扮するジュリー(ダフネ)の演技力は
ピカイチです!!!
どうして彼はあんなにも人を楽しませる才能に溢れているのでしょうか。
戦後最大のコメディスターと呼ばれるのも納得です!

劇中のタンゴダンスvs船上の熱いキスの場面や、
笑撃(!)のラストの名台詞などは非常に有名ですが、
何度見ても笑いが止まりません(笑)

本作は奇しくもアカデミー作品賞の候補にも挙がりませんでした。
(同年は、ワイルダーと名声を二分した巨匠ウィリアム・ワイラー監督の
『ベン・ハー』が11部門受賞)
ですが、2007年発表のAFIアメリカ映画ベスト100≪コメディ部門≫にて、
快挙の1位を獲得しています!

他にも褒めたい点は山ほどありますし、
評価の星も10個くらいつけたいのですが、
とにかく未見の方は、
私の稚拙なレビューを読む時間を、
是非とも本作の鑑賞に費やして、
もっともっと映画を好きになってほしいです!!!
ぶっちちさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2015-11-29 13:17:30)
156.この映画のマリリン・モンロー、ローマの休日のオードリー・ヘプバーン、裏窓のグレース・ケリーは
映画そのものの魅力も相まって、今見てもやっぱり別格。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2015-06-28 07:29:02)
155.《ネタバレ》 ビリー・ワイルダーの作品って評判ほど笑えないものも少ないのですが、これもそのクチ。当時はジャック・レモンが女装してるだけで大受けだったんでしょうけど。今見るとモノクロというのが致命的で、これは色々な意味でカラーでなければいけない映画ではなかろうかと思います。相手をだましてきたのにハッピーエンドとなるのも、好みに合いません。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-08 11:08:29)
154.マリリン・モンローって魅力的、ということはよく分かった。
映画自体もドタバタコメディで面白いと思う。特に、最後の展開の本当に最後のセリフは予想はしていたが凄くいい(笑える)。
単純な娯楽作品だけど、それなりか。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-11 12:22:58)
153.ここでの高評価に期待して観ましたが、それなりに面白いコメディでした。同じ監督・脚本コンビの「昼下がりの情事」も観賞しましたが、内容的には大差ない作品だと思っているのに、今作への自分の評価がそれほど高くないことに気付き、ヒロインに対する好みが映画の評価に大いに影響することを改めて自覚した次第です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-11 09:42:47)
152.三谷幸喜の作品を見ているような気がした。あの人、ビリーワイルダーを尊敬してるんですもんね。マリリン・モンローが魅力的でした。歌も、どっかで聴いたことある曲だし。
トニー・カーティスとジャック・レモンの女装で最後まで持って行っちゃったけど、仮に今リメイクしたら無理があると思う。
きっと昔見た人は大笑いしただろう。心の底から笑えなかった自分は世代が違うせいだろう。
女装なら「トッツィー」に限る。
因みに、DVDの特典映像は、トニーカーティスのインタビューも含めて、1時間くらい収録されている。
クロエさん [DVD(字幕)] 8点(2014-10-10 20:13:29)
151.大げさでもなんでもなく、びっくりしました。完全な偏見ですが、マリリン・モンローはただのセックスシンボルに過ぎない哀れな女性だと思っていたのです。鑑賞後に気づきました。ああー、セックスシンボルってのはそれだけで十分すごいことだった……と。40~60年代のアメリカ喜劇はあまり肌に合わないので避けてきましたが、さすがビリー・ワイルダーですね。すっごく面白い。名作は登場人物のキャラクターがビンビンに立ってるものですね、やっぱり。ギャグはバシバシ決まるし、テンポも良ければ落ちも良い。素晴らしい映画でした。何度でも見たいくらいです。
カニばさみさん [DVD(吹替)] 9点(2014-06-19 23:00:33)
150.《ネタバレ》 何かで読んだが、B.ワイルダー映画は良質な脚本が肝。あらためて得心。観る側になめらかな「話」と的確な「絵」で心を掌握してしまう。名匠たる所以だ。ただ、主役2人がどうみても余りにも「男」でね。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-24 14:04:24)
149.ビリー・ワイルダー監督なのでとても期待して観たのに、もともと好みじゃない女装のドタバタコメディだったのでがっかり。
女装の男性という設定だけをとっても古臭いコントのようで笑えない。
ビリー・ワイルダー&ジャック・レモンの作品は『アパートの鍵貸します』で感動したが、『あなただけ今晩は』ではドタバタテイストが少し気にかかった。
本作はドタバタに徹していたが、この監督はドタバタでない作品のほうが味わいがあって好きだ。
マリリン・モンローは魅力的だったけど。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-14 00:10:03)
148.七年目の浮気でビリー・ワイルダーのコメディは今ひとつかと思ったが、こっちでは成功だと思える。メインではないのだが、これはこれで存在感があっていい。
minさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-11 21:08:59)
147.最高でした。最初から最後までとぎれることのない疾走感が気持ちいい。俳優が魅力的だわ、粋な音楽で楽しませてくれるわ、展開もまったく飽きさせないわで大満足。観ている間幸せな気分になりました。古い作品なのにかなり笑えます。ビリー・ワイルダー初体験でしたが、もっと早く観ておけばよかったです。
海馬さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-09-21 00:19:46)
146.最後の名セリフにつきますね。やっぱりこのマリリンが一番好きだなぁ。可愛いったらない。映画も古臭くなく、いつの時代に観ても楽しい作品だと思う。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 8点(2012-08-29 01:18:42)
145.随分前に鑑賞したので、あまりよく覚えていないけれど、コメディでありながらどことなくジャックレモンから切なさを感じた。
kanekoさん [DVD(字幕)] 7点(2012-08-07 02:58:02)
144.これぞショー。身震いした。モンローのキュートさとドタバタのファンタジー。粋に殺す。終わらければいいのにと思える作品だった。
reitengoさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2012-08-05 14:05:54)
143.《ネタバレ》 私は女ですが、このマリリンに一発で恋しました。こんなにスクリーンで輝いている女優さんを、後にも先にも観た事がない。歴史に名を残すスターって一等星どころではなく、超新星爆発クラスの輝きなんだなあ。作られた偶像ではあっても、作り上げられ方が完璧。セックス・シンボルというフレーズが貼りついちゃってるのがとても残念。彼女の魅力は、キャンディボックスのような心ときめく愛らしさ。お話も面白いです。どたばた劇がするすると収束して、みんなハッピーエンド(J・レモンのみビミョー)に収まる手腕、さすがB・ワイルダー。男二人の女装はキモチ悪すぎてそれだけで笑っちゃうし、終盤の追いかけっこはトムとジェリーの実写版を観てるよう。ああ楽しかったー。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-07-15 13:26:54)
142. 面白いのだが・・・。
 引き込まれる要素があまり無かったように感じた。

 マリリン・モンローはとても魅力的だったが、どうにもジャック・レモンの演技が気に障るというか・・・。
タックスマン4さん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-30 01:09:39)
141.《ネタバレ》 「女装」というシチュエーションコメディとマリリン・モンローの色気で魅せる伝説の名作。女装の二人組、最初は笑えましたが物語が進むにつれ段々とケバケバしくなってゆきます。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-26 01:34:53)
140.彼女ら(!?)が奏でるジャズのように軽快で騒々しい。みなさんのレビューにもある通りモンローはセクシーというより実にキュートな娘さんだった!
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 9点(2012-03-20 11:00:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 159人
平均点数 7.95点
000.00%
100.00%
210.63%
300.00%
421.26%
5127.55%
6159.43%
72314.47%
84025.16%
93723.27%
102918.24%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.63点 Review11人
2 ストーリー評価 8.69点 Review13人
3 鑑賞後の後味 9.35点 Review14人
4 音楽評価 8.75点 Review8人
5 感泣評価 9.00点 Review1人

【アカデミー賞 情報】

1959年 32回
主演男優賞ジャック・レモン候補(ノミネート) 
監督賞ビリー・ワイルダー候補(ノミネート) 
撮影賞チャールズ・ラング〔撮影・1902年生〕候補(ノミネート)白黒
美術賞(白黒)エドワード・G・ボイル候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞(白黒)オリー=ケリー受賞 
脚色賞ビリー・ワイルダー候補(ノミネート) 
脚色賞I・A・L・ダイアモンド候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1959年 17回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞(コメディ映画賞として)
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)マリリン・モンロー受賞 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジャック・レモン受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS