ミネハハ 秘密の森の少女たちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミネハハ 秘密の森の少女たち
 > (レビュー・クチコミ)

ミネハハ 秘密の森の少女たち

[ミネハハヒミツノモリノショウジョタチ]
The Fine Art of Love: Mine Ha-Ha
(L' Educazione fisica delle fanciulle)
2005年【伊・英・チェコ】 上映時間:102分
平均点:4.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスミステリー同性愛もの小説の映画化
新規登録(2008-05-01)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2016-01-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・アービン〔監督〕
キャストジャクリーン・ビセット(女優)校長
ウルバーノ・バルベリーニ(男優)公爵
ナタリア・テナ(女優)ベラ
エンリコ・ロー・ヴェルソ(男優)
原作市川実和子(訳)
脚本アルベルト・ラトゥアーダ
美術ダンテ・フェレッティプロダクションデザイン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 俗物です。エコールの神秘性が70%カットされています。エコールの関連作品とすれば本作は4点です。時間がとても長く感じた、、、疲れた~。
僕はイレーネに恋をしました。イレーネが美しかったから最後まで見れました。
しかし、まず僕はこの作品の主演女優たちを「少女」とは認めません。ですからこの作品は少女映画ではありません。だから少女映画の名作エコールとはまったくの別物として良いでしょう。
13から15歳くらいの少女でやらないと、この作品は良いものにならないと思います。と、ロリコンの僕は思う訳です(もちろんエコールを好きな人が絶対にロリコンという訳ではない)。
オープニングではバレエダンスの足元が映されています。これは非常にドロドロとしていて生々しく痛々しくて、物語中の様々な物が込められているのでしょうか、、、とても直視できません。ゲロ吐きそうです。気分が悪くなりました。
それに残念なのが、エコールでは「子どもの目線」(純真な目線?)で描かれていたのに、このミネハハでは「大人の目線」(現実に染まった目線)で描かれているところだ。
エコールの学校はとても神秘的な雰囲気で、この世のものとは思えない感じがあったが、ミネハハではとても普通の学校といった感じで、「なぜ少女達がそこで学んでいるのか?」「それがどういう場所にある学校なのか」という不思議さも感じられない。。
エコールでは「謎の権力者」という存在がなかなか見えなくて、とても不思議な感じであったが、ミネハハではあまり不思議という感じがしないし見え見えな感じだと思う。
滝を「ミネハハ」と名づける、おそらくは名場面らしきシーンですら糞です。
エコールよりも暴力的で残酷、猥褻卑猥、下品、安直、重い、苦しい、暗い、グロい、短絡的、即物的、、、、。
もちろんエコールと別物とすれば素晴らしいです。
映像も音楽も並以上のものです。情景的に美しい場面が多々ありました。
この物語は悲劇というしかありません。
イレーネに関しては、、、。多分この作品は「純真」「無垢」というところからは程遠いでしょう。少女が純真でも、制作側の心が映ってしまうからです。
エコールとは別物と考えるべきでしょうが、「原作が同じ」「パッケージが酷似」「関連付けられている」などなどありますので、なかなかそう考え難いです。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 5点(2009-10-07 02:37:46)
3.《ネタバレ》 私もビデオ屋で「エコール」のDVDの隣にこれが置いてあったんで借りてみた口なんですが、ただ単に少女達が閉鎖された学校で繰り広げる寸劇という設定が似ているだけで、なんの関連性も無い全くの別物ですよ。たぶんエコールが話題になったからついでにこれもみたいな感じて置かれてたんでしょうけど、関連性がないのに比べられるのもなんだか気の毒のものです。こちらの方はもっと生っぽいお話。空気感もおっぱいもみんな生々しい。そにしても映画でレズ物というと、どういうわけか悲劇のお話になるものが多いね。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 5点(2008-09-07 00:35:48)
2.《ネタバレ》 私「エコール」に9点付けて「満点に限りなく近い作品」とかレビュー書いちゃったんです。だから同じ原作をモチーフにしたこの作品にも相当の期待を込めて鑑賞したのですが、はっきり言って「駄作」でした。

まず「エコール」にあった少女達の純粋さやイノセンスがありません。勿論隔離された森の中の女の子だけの集団が規律を学ぶ展開は同じなのですが、非常に俗っぽいです。品が無いというか「男性目線の欲望そのもの」という感じです。森の中の閉鎖的な空間独特の『空気』が非常に現実的で、ここはきっと演出的にも物足りない部分です(「エコール」は女性監督だったことも違いの1つかもしれません)。

そして中で起きる様々な事件を直接的に見せる部分もあったり、最後にお偉い方に連れていかれた少女がレイプされたりと、この題材にその直接的な描写はいらないだろー!と叫びたくなりました。

そして「あのあと、少女達はどうなったのかな?」と観客に想像させる部分を残して終わった方が作品としての後味も格段にいいという事も再認識しました(そういう意味では「エコール」の噴水部分はすばらしい)。「ミネハハ」⇒「エコール」の順で見るならアリですが、「エコール」⇒「ミネハハ」の順で見ると相当ガッカリすると思います。こういった「開き直ったロリコン映画」はただでさえ非常に評価が分かれるところですが、私は好きではありません。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 2点(2008-05-20 14:03:43)
1.《ネタバレ》 閉ざされた森にある全寮制学校でダンスと音楽を学びながら、どこからか連れて来られた美しい少女達について書かれた物語です。
美しい映像、衣装も閉鎖された学園とはいえ、清潔感が穢れを知らない少女達に合っています。しかしながら、最後に背筋がぞっとする怖さが後を引きます。人間って恐ろしい・・・。『エコール』を観られた方が次にこの映画を観て、二つの映画が全然違うことに失望されるちいうケースが多いみたいですが、私は先にこの映画を見てしまいましたから、もう同じような思いをするのはいやなので、『エコール』は観ません。
さらさん [DVD(字幕)] 6点(2008-05-12 13:44:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
2125.00%
300.00%
400.00%
5250.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS