最高の人生の見つけ方のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 最高の人生の見つけ方
 > (レビュー・クチコミ)

最高の人生の見つけ方

[サイコウノジンセイノミツケカタ]
The Bucket List
2007年【米】 上映時間:97分
平均点:6.60 / 10(Review 139人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-10)
ドラマコメディロードムービー
新規登録(2008-05-12)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2017-12-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロブ・ライナー
助監督フランク・キャプラ三世
キャストジャック・ニコルソン(男優)エドワード・コール
モーガン・フリーマン(男優)カーター・チェンバーズ
ショーン・ヘイズ(男優)トマス
ロブ・モロー(男優)医師 ホリンズ
ノエル・グーリーエミー(男優)
勝部演之エドワード・コール(日本語吹き替え版【DVD】)
坂口芳貞カーター・チェンバーズ(日本語吹き替え版【DVD/テレビ朝日】)
志村知幸医師 ホリンズ(日本語吹き替え版【DVD】)
天田益男(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木睦(日本語吹き替え版【DVD】)
水内清光(日本語吹き替え版【DVD】)
野沢由香里(日本語吹き替え版【DVD】)
内海賢二エドワード・コール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤原啓治トマス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村治学医師 ホリンズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山像かおり(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鳳芳野(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
乃村健次(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山野井仁(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小松史法(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
音楽マーク・シェイマン
編曲ジェフ・アトマジアン
挿入曲エディット・ピアフ"La vie en rose"他
撮影ジャック・シュワルツマン
製作フランク・キャプラ三世(共同製作)
ロブ・ライナー
製作総指揮ジェフリー・ストット
制作ブロードメディア・スタジオ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクマシュー・W・マングル
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
自動車工として地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)と一代で莫大な資産を築き上げたエドワード(ジャック・ニコルソン)は、入院先で相部屋となり知り合う。末期がんで余命宣告を受けた2人は、死ぬまでにやりたいことを実行するため、ともに旅に出る…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
139.《ネタバレ》 余命との向き合い方が世界訪問とはやや深みに欠けるが、二人の老齢の男性の交流が温かいものでよかった。
美しく描きすぎな部分もあるけれども、「後悔がないように人生を全うするべし」というメッセージは受信できる。
アカデミー賞常連というジャック・ニコルソンの映画は初めてだが演技力の高さに驚いた。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-07-22 23:45:11)★《新規》★
138.《ネタバレ》 爺さん名優の二人がさすがです。どっからどう見てもニコルソンとM・フリーマンなんだけど、すぽんとその役に入れる技術は玄人の熟練技を見ているようで、全く安心して見ていられる。ただ、物語はわりと深みに乏しく、重鎮二人のネーム負けしています。
人生の辛酸を経て、終盤に差し掛かった二人が最後にやりたいことが世界各地の名所巡り、とはちょっとがっくりしますよ。インドやらピラミッドやらに行きたいって若者の自分探しか。
観光名所をつなげるのは尺稼ぎにはなるでしょうが、”やりたいことリスト”は話の肝なのですからここは脚本家にもっと考えて欲しいところ。
でも主演の二人とニコルソンの秘書がとても良いのです。”猫のフン”コーヒーで爆笑してるシーンと、山頂に遺灰を持ってきたのが秘書氏だった、という意表を突くラスト。この二場面は、他のアラを補って余りあるものでありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-12-31 00:49:16)
137.たまに見たくなる。最高の人生はまだ見つけられそうにない。
がらんどうさん [DVD(字幕)] 8点(2017-10-07 22:51:18)
136.《ネタバレ》 死ぬまでにやりたいリストを作成しようと思ったことがあったが、「これだけやったら死んでもいい」と思えるようなリストは出来上がらなかった。
思えば、物欲といい、家族との人間関係といい、今が気持ちよく、なおかつ、これからも希望があるところに満足があるのであって、明日死ぬという運命の上では、どんな財宝も慰めにはならないであろう。
しかし、人間はいつか死ぬのであって、いわば我々全員が多かれ少なかれこの映画の主人公である。
とすれば、人生というものは、死に向かっていく破滅への一方通行の行進なのであろうか。
いや、そうではない、と断言したい。
そうではない、と(心から)確信できる人が、ある意味悟った人と言えるのではないだろうか。

といった事を考えさせてくれたので、ストーリーは陳腐だが7点(笑)
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 7点(2017-10-02 13:23:58)
135.《ネタバレ》 伏線がずっとあって、それを最後にうまく回収していく展開は見事。
ただちょっと登場人物にリアリティがない。
あれだけヒステリックに怒鳴っていた妻が、帰ってくるなり理想的な妻になるなんてどうかしてる。
またずっと会っていなかった肉親が自分をすんなり受け入れてくれるのも現実的じゃない。
どんなに金を使って世界を自由に旅行しても、家族の愛にはかなわないのだというところがミソなので、この矛盾は減点要素。
上映時間が短くまとめたのはとても良いと思った。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-09-03 19:49:12)
134.いずれ終わる人生を考えた時、観る価値がある映画だと思う。
現実的でないエピソードも、つまりはイメージの問題だ。人生の終盤の時期に最高の時が来るかどうか。実際には難しいが物語としてはありだろう。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-08-30 22:30:23)
133.《ネタバレ》 タイトルを知らないまま鑑賞、15分ぐらいで面白そうだなぁと思いながらスルーしていた作品かと気が付きました、リストの回収のされ方が心地よいですね。金持ちめー!。。。てのは見なかったことにして楽しみましょう。「LIFE!」に似た感じですね(逆だけど、僕が見た順番なのでw) それなりにやりきった形で死を迎えたいですね。
ないとれいんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-08-29 13:30:18)
132.《ネタバレ》 うまく伏線があり、それを上手に回収し、ブラックジョークも効いていて、よく出来た映画。よく出来たお話。すごく真面目なストーリーです。でも少しだけ真面目すぎて退屈でした。せっかく余命わずかの爺さんなんだから、もっとはちゃめちゃにやって欲しかったな。
Keytusさん [ビデオ(字幕)] 5点(2017-08-15 01:56:20)
131.原題の「The Bucket List」の方が絶対によかったと思います。
商業的にナシなのでしょうが…。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 9点(2017-07-17 01:15:26)
130.こういう映画を見たときに、自分って単純にできててよかったなあと思います。
プラネットさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-04-09 19:56:38)
129.《ネタバレ》 オーソドックスで深刻なテーマながらも、手軽に手堅くまとめた佳作。この手の話は予定調和で締めるが、冒頭のナレーションで鑑賞者をミスリードしたり、「最高の美女にキスをする」の顛末も粋だったりと、脚本のお手本を魅せてくれる。一番はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの対照的な二人。映画と現実の人生を交錯させるような、肩の力を抜いた深みのある好演が映画全体の質を向上させている。賛否両論はあれど邦題は好き。
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 7点(2016-12-09 23:18:51)
128.《ネタバレ》 余命宣告されてからの「やりたい事リスト」というテーマ自体は目新しくはないが、モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンという二大名優の共演が見所の本作。
印象に残るのはピラミッドでのワンシーン、死んだ後で天国の扉の前で問いかけられるという二つの質問をモーガンがジャックに投げかける。一つは「人生に喜びを見つけたか」もう一つは「他者に喜びを与えたか」。ジャックは二つ目の質問に答える代わりに、疎遠になっている娘の話をする。それを聞きモーガンはあることを決意するわけだが、このあたりは本作の邦題である「最高の人生」には、他者にどれだけ喜びを与えたかということも深く関連していることを象徴するシーンだった。

もうひとつ、ジャックとの旅でモーガンは忘れていた妻に対する愛情を取り戻す。夫婦の倦怠は誰しも訪れるわけだが、身近な大切な人との結びつきこそが「最高の人生」に不可欠であることも思い出させてくれる。

ジャックもラストで首尾良く「世界一の美女とキス」できたり、エベレストのくだりも含めて、意外な形で二人の「棺おけリスト」は成就していくわけだが、こうした意外性の中に人生の重要なテーマを印象に残すことに成功している佳作。  
田吾作さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-11-20 13:28:29)
127.観客の立場によって評価が変わる。生死に切実に向き合っている人にとってはこの作品の問いかけはこころに響くものがあるだろう。もちろん、名優二人の心に訴える演技があってこそ。モーガンフリーマンの安定した演技はもちろん、ジャックニコルソンの表現はまことに素晴らしいものであった。題材としては見たことある感があっただけに。ロードムービーとしての良さもあるが、やっぱり友情ものだなあ。この作品は。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 8点(2015-09-29 18:15:04)
126.《ネタバレ》 冒頭で雪山を歩く人物は、エドワード(J.ニコスソン)に手向けるカーター(M.フリーマン)のナレーションだったので、てっきりカーターだと思っていたら最後でネタバラシ。エドワードの秘書が二人の夢リストの仕上げをするというオシャレなラスト。
そつなくまとまっているウェルメイドな作品だけれど、心は動かされない。粗削りで下手だけど感動できる印象的な映画もあるが、これはその逆のタイプ。冒頭で騙されて意表はつかれたものの、肝心のストーリーが凡庸だし、感情移入もできない。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-09-11 01:13:48)
125.キャスティングの面白さという意味では、実生活でも大金持ちの二人に、映画でもゴージャスな旅をさせては一つも面白くありません。彼らの実生活をこれ見よがしに見せつけられているようで、これは余命宣告された二人の生涯最後の旅です、と言われても残念ながらほとんど感情移入ができませんでした。そして内容以前に、このセンスのない邦題には毎回辟易する。たかが邦題、されど邦題。過去の名作を見ればあきらかだが、基本はやはり直訳が理想的だろう。「バケットリスト」ではさすがに厳しいが、もう少し作品の個性を感じさせる題名を思いつかないものか。二大名優の共演、この映画はそれだけに尽きると思う。
タケノコさん [映画館(字幕)] 4点(2014-10-30 16:20:14)
124.特段共感できる部分がある訳でもなく、
教訓を得ることもない。
普通。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-06 10:07:34)
123.コメディとしてはそこそこに面白い映画でしたがあまり共感できませんでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-14 21:46:22)
122.《ネタバレ》 名優二人によるとても充実の前半から、急に世界各国をお金にまかせて旅する姿はある意味「イヤミ」に満ちていてちょっとどうなの?と思ってしまうかな~やっぱり、、、まぁお金持ちは正直うらやましいけどね(笑)。でもそういいつつリストに書いた部分をクリアしていく過程の描き方は上手く、「泣くほど笑う」や「世界一の美女にキスをする」はよかったな~。そして、の、最後の登山シーン。これは誰かと思いきやあの秘書さんでしたね、リストの最も最初に書いた「荘厳な景色を見る」をここでクリアでしたか、、、お見事なラスト、そして秘書さんご苦労様でした。このラストにプラス3点でゴザイマス
Kaname🌟さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-03-15 23:41:51)
121.《ネタバレ》 設定的にはいい感じでしたが結局金にモノをいわせたただけの憧れるけどできないやること
リストだよね。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-19 08:00:20)
120.《ネタバレ》 ○ただお金を持っていたからこそできた話で、それを超えた感動はない。○役柄が示すように、ジャック・ニコルソンもモーガン・フリーマンも新作ではたくさん見ることができないと思うと寂しい。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-12-08 18:24:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 139人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
200.00%
353.60%
496.47%
52115.11%
62316.55%
73827.34%
83122.30%
9107.19%
1021.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.20点 Review20人
2 ストーリー評価 6.94点 Review19人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review19人
4 音楽評価 6.94点 Review17人
5 感泣評価 7.16点 Review18人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS