フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石
 > (レビュー・クチコミ)

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石

[フールズゴールドカリブカイニシズンダコイノホウセキ]
Fool's Gold
2008年【米】 上映時間:113分
平均点:5.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-31)
アクションコメディアドベンチャーロマンス
新規登録(2008-05-15)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2016-12-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンディ・テナント
助監督アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
キャストマシュー・マコノヒー(男優)ベンジャミン・“フィン”・フィネガン
ケイト・ハドソン(女優)テス・フィネガン
ドナルド・サザーランド(男優)ナイジェル・ハニーカット
アレクシス・ジーナ(女優)ジェマ・ハニーカット
ユエン・ブレムナー(男優)アルフォンズ
レイ・ウィンストン(男優)モー・フィッチ
ケヴィン・ハート(1979年生)(男優)ビッグ・バニー
マイケル・マルヘレン(男優)エディ
宮本充ベンジャミン・“フィン”・フィネガン(日本語吹き替え版)
安藤麻吹テス・フィネガン(日本語吹き替え版)
大木民夫ナイジェル・ハニーカット(日本語吹き替え版)
花輪英司ビッグ・バニー(日本語吹き替え版)
中博史サイラス(日本語吹き替え版)
原作ジョン・クラフリン(脚本原案)
ダニエル・ゼルマン(脚本原案)
脚本アンディ・テナント
ジョン・クラフリン
ダニエル・ゼルマン
音楽ジョージ・フェントン
撮影ドン・バージェス
製作ドナルド・デ・ライン
スティーヴン・ジョーンズ[製作](共同製作)
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ウィンク・モードーント
配給ワーナー・ブラザース
特撮アニマル・ロジック社(視覚効果)
美術チャールズ・ウッド[美術](プロダクション・デザイン)
ダミアン・ドリュー(美術監督)
衣装ナイラ・ディクソン
編集トロイ・タカキ
トレイシー・ワドモア=スミス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.いつまでたっても話がもたもたして前に進まないし、盛り上げるべき部分はつぎはぎみたいで盛り上がらないし、ケイト・ハドソンは劣化が進んでいるしで、見るべきところがどうにも見当たらない空疎な作品でした。海の青さだけは堪能できるので、点数はそこに対して。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-07-11 23:43:43)
4.TVで見るぐらいが丁度いいかる~~いアクションアドベンチャー。自由人の主人公にお堅いヒロイン。抜けてる敵にいざという時には味方になるライバル。というフォーマット通りの登場人物。内容的にはお宝があまり魅力ないんですよね。お宝の背景を説明してましたけど、いまいち説明しきれていないというか、ワクワク要素がかなり薄かったです。ですが最後までそれなりに楽しめたのは、脇がいい仕事していたからでしょう。主役の二人は残念ながらあまり魅力がなかったです。というかある程度キャリア持っているのに今更こういう作品に出ますか~。正直この二人じゃなくても良かったし、せっかく二人が揃ったのなら普通のラブコメ作って欲しかったかな。あと可哀そうだけどケイトの水着はNG。もっと頑張ってくれよケイト!
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 5点(2009-03-26 21:27:42)
3.《ネタバレ》 見終わってすぐに忘れちゃいそうな作品ですけど、見ている最中はまぁまぁそれなりに楽しめましたよ。離婚したお二方の夫婦漫才をメインに、お馬鹿キャラの大富豪の娘さん。おまぬけでどうにも憎めない悪キャラの人たち。始まって瞬時に、この二人はまた結ばれ、お宝もきちんと発見されハッピーエンドになるんだろうという事が見え見えの、まさに教科書通りの王道ストーリーなわけですが、まあとにかく気楽に見れる小ぶりなエンターテイメントムービーです。
あろえりーなさん [DVD(吹替)] 6点(2008-11-24 23:17:38)
2.《ネタバレ》 主演、マシュー・マコノヒーの魅力がたっぷり味わえる冒険映画。
近作の「サハラ」と比較されることも多くなるだろうけども、こちらの作品のほうがストーリーも無理がなく脇を固める俳優陣も安定していると思う。
最初からハッピーエンドで終わることが想像できるだけに、そこい行き着くまでいかに見せるかがポイント。その点、この作品は十分に工夫されていて魅せてくれる。
綺麗な海と夫婦仲、親子愛、男同士の友情などなどヒューマンストーリーもしっかりあって退屈はしません。
こういった作品を見るとマシューの日本での評価が不当に低いのではと思えるのです。
ゆたさんさん [映画館(字幕)] 7点(2008-06-02 09:01:12)
1.《ネタバレ》 アクションとしてもラブコメとしても中途半端だったなぁ。わざわざマシューとケイトの名コンビを組ます必要もなかったような気もする。特にケイトの魅力が全然出ていなかった。
ギニューさん [映画館(字幕)] 6点(2008-06-01 19:51:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
5120.00%
6240.00%
7120.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2008年 29回
最低主演女優賞ケイト・ハドソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS