あなたに降る夢のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あなたに降る夢
 > (レビュー・クチコミ)

あなたに降る夢

[アナタニフルユメ]
It Could Happen to You
1994年【米】 上映時間:101分
平均点:6.45 / 10(Review 87人) (点数分布表示)
ドラマコメディ実話ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・バーグマン
キャストニコラス・ケイジ(男優)警官 チャーリー・ラング
ブリジット・フォンダ(女優)ウエイトレス イヴォンヌ・ビアジ
ロージー・ペレス(女優)チャーリーの妻 ミュリエル・ラング
アイザック・ヘイズ(男優)新聞記者 エンジェル・デュプリー
シーモア・カッセル(男優)ジャック・グロス
スタンリー・トゥッチ(男優)イヴォンヌの夫 エディ・ビアジ
レッド・バトンズ(男優)ウォルター・ザクト
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ヴァーノン・ヘイル
チャールズ・ブッシュ[男優](男優)ティモシー
エミリー・デシャネル(女優)ペンキを投げつける反毛皮活動家
江原正士チャーリー・ラング(日本語吹替)
井上喜久子イボンヌ・ビアシ(日本語吹替)
久本雅美ミュリエル・ラング(日本語吹替)
辻親八ボー・ウィリアムズ(日本語吹替)
池田勝エンジェル・デュプリー(日本語吹替)
亀井芳子ヘス(日本語吹替)
塚田正昭ジャック・グロス(日本語吹替)
小室正幸エディ・ビアジ(日本語吹替)
稲葉実サル・ボンテンポ(日本語吹替)
石森達幸ウォルター・ザクト(日本語吹替)
有本欽隆C・ヴァーノン・ヘイル(日本語吹替)
定岡小百合判事(日本語吹替)
島香裕破産判事(日本語吹替)
田原アルノサン(日本語吹替)
石井康嗣パテル氏(日本語吹替)
田中敦子〔声優〕ミュリエルの客(日本語吹替)
鈴鹿千春(日本語吹替)
長島雄一(日本語吹替)
大川透(日本語吹替)
氷上恭子(日本語吹替)
音楽カーター・バーウェル
作詞アーヴィング・バーリン〔音楽〕挿入歌"Now It Can Be Told"他
アイラ・ガーシュウィン挿入歌"They Can't Take That Away from Me"
カーティス・メイフィールド挿入歌"You Must Believe Me"
フレッド・エッブ挿入歌"New York, New York"
作曲アーヴィング・バーリン〔音楽〕挿入歌"Now It Can Be Told"他
ジョージ・ガーシュウィン挿入歌"They Can't Take That Away from Me"
カーティス・メイフィールド挿入歌"You Must Believe Me"
ジョン・カンダー挿入歌"New York, New York"
ハリー・ウォーレン挿入歌"We're in the Money"
編曲ソニー・コンパネック
挿入曲フランク・シナトラ"Young at Heart"
デヴィッド・ローズ〔音楽〕"Holiday for Strings"
撮影キャレブ・デシャネル
製作総指揮クレイグ・ボームガーテン
配給コロンビア・トライスター・ピクチャーズ
美術ビル・グルーム(プロダクション・デザイン)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
ニーナ・サクソン(タイトル・デザイン)
衣装ジュリー・ワイス
編集バリー・マルキン
字幕翻訳古田由紀子
あらすじ
真面目で正直者の警官チャーリー。悪い人ではないが、お金大好きなチャーリーの妻ミュリエル。善人であるが故に、お金に困っているウェイトレスのイヴォンヌ。宝くじが当たったことをきっかけに、交わることのなかったチャーリー夫妻とイヴォンヌの人生が交錯し始める。絵本を読んでいるかのような味わいの心温まる物語。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
87.実話をもとにしたお伽噺の物語。人を愛する男女とカネを愛する男女がはっきりと色分けされて、それぞれの結末も想定通り。好演の4人のなかで登場した時から胡散臭さ漂うシーモア・カッセルが絶品。なかなかの良作。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 7点(2017-02-28 16:39:07)
86.《ネタバレ》 もうかなり前に観た切りで細かいとこは忘れてたロマコメです。
実際は揉め事もなく警官、ウェイトレスそれぞれの夫婦円満で仲良く半分ずつにしたらしい。
この実話こそファンタジーですな、さすが慈善大国アメリカ。
で、この内容での映画化に承諾したであろう器の大きさ大らかさに感心です。

とにかくブリジット・フォンダがかわいい
映画のほうはファンタジーに終始せず、現実的なとこもあるんですが
ハッピーエンドは間違いないとわかるので、ゆったり楽しめました
そうですねぇこれを単に不倫と一括りにするのはちょっと違うかなと。結婚生活て相手への情と赦しが
無くなったら離婚してなくてもそこで終わりですしね、一刀両断できることじゃないです
それより愛情も未練も無いうえ、裁判沙汰にして金返せ、金払えとのたまう
ロージー奥さんのほうが嫌いだなぁ、
ロージー奥さんも胡散臭いジジィとくっついてたんじゃ?あの人シーモア・カッセルですよね?

やっぱ、ニコラス・ケイジはコレとか「パラダイスの逃亡者」とか人のイイ善人役でコミカルな
作品が好きです「マッチスティック・メン」も良かった
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-06-29 12:37:14)
85.《ネタバレ》 あー宝くじとか当たっちゃうとこんななるんだーー、という映画ですな。奥さんを徹底的に悪役?に振った内容もすごいが、基本的に不倫だからこの二人には全く共感できませんな。地下鉄での場面では不快感マックス、でその後の展開も不自然でイマイチ。まぁ相性的な問題かとは思いますハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2015-06-19 08:02:11)
84.警察官側からの視点ならこんな感じなんでしょうね。現実にあった話って本当ですかね??
東京ロッキーさん [地上波(吹替)] 6点(2015-03-02 16:32:29)
83.《ネタバレ》 ブリジット・フォンダは可愛いというかキレイ。
そして結果は「素晴らしき哉、人生!」に近い。でも普通の映画で、感動するほどではないかな。恋愛モノとしても単調だと思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-02-06 22:58:24)
82.差し詰めフランク・キャプラの現代版と言ったところか。ジェームズ・スチュワートでなくニコラス・ケイジがやるとどうも嘘くさく見えてしまうのは偏見なのだろうか。人間大金を手に入れると人が変わってしまうのが常だが、変わらぬ人間もいるのだろうか。ファンタジーとしてはおもしろいが、実話をヒントにした作品と知って大変驚いた。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-15 21:52:47)
81.どの辺までリアルなのかわからないけどそれにしてもすこし嘘っぽい。感動もあまりできなかったな。法律上は不倫だし。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-06-30 14:13:15)
80.《ネタバレ》 サクセスストーリーは大好きです。不倫や浮気は嫌いです。ですが、人間なので、心の中で恋人や奥さん以外の人に心が惹かれてしまうことはあるかもしれません。チャーリーも間違いなく心惹かれはじめていました。でも、奥さんに離婚をつきつけられるまでは、奥さんに対して誠意を以って接していたと思います。少なくとも、奥さんを裏切る気はなかったと思います。良い話でしたが、正直で誠実な人ほど辛い目にあうリスクが高い現実を見てしまった気がしました。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-04 15:49:32)
79.約束したって言うけど、ちょっと約束とも違う気がします。あと宝クジに当たった後の慈善活動がちょっと唐突に感じられるし、あの使い方はあまり好きになれない。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-02 23:36:27)
78.キャプラタッチかもしれんが、どうも流れが澄み切ってくれない。主人公がチップの約束を守る、いうとこにいかにリアリティを与えられるかが勝負どころだろうが、成功してるとは言いづらい。妻の反応も、すぐ悲鳴を上げるのではなく、最初は笑い飛ばしてて、しだいに、本気なの、と変わっていくべきでは。ウェイトレスのほうにしたって、もっともっとからかわれてると心配すべきで、アイスクリームを振舞うのは早すぎる。その最初の仕掛けの部分の説得力が弱いので、しっかりと話が根付いてくれなかった。後も、もっと善意の行為に絞るべきであって、地下鉄をタダにするのはイヤミでしかない。この手の映画は好きなんだけど、ピタリと決めるのは難しいんだなあ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-08-07 09:50:27)
77.《ネタバレ》 楽しめたか否かと問われたならば、一応楽しめたんですが。 正直、実在される元奥さんの心境を察してみたくなるのは これ自然な事でしょう。だとしたなら、とても暖かい気持ちになんてなれやしない。実際、あのような成り行きで 例え、あのような形で別れる事になろうとも元愛した奥さんなんでしょ。ご自身たちの美談やハッピーエンドは世界中に発信出来て さぞや心地良かろうでしょうが、元奥さんは陰で泣いていらっしゃるのかもしれんでしょ。それを考えたならば、安易に面白かったなんて言えない。(例えば、奥さん承知の上で脚本練られているんであれば話は別なんですが、その辺真相定かではないんでやむを得ない) だいたいそもそも、あの二人の接近によってそのうち奥さんが邪魔になってしまうんだろうなと言うことは安易に推測出来たし、結局そうなってしまうわけだし、声が誰だこの声は?って思ったら久本だったし(や、それは関係ないか) とにかく、男であり、既婚者であるなら、例え可愛い女性、シングルぽっちな女性、気の毒な女性、救ってあげたくなってしまうような女性に出会ったとしても、必要最低限な会話に留めておいて極力その方との親密度が増していかないようにと“常に”努力をしておかなきゃイカンと思うの。そういう貞操義務観念をちゃんと心していないから お釣りの話から宝クジの話に至って 結果、ああだこうだとなってしまって やれ同じ部屋にチェックインなんて事になってしまうのです。なるべくしてそうなってしまっているのです。そんなわけで、もう今更説教しても遅いんですが、今後気をつけてくださいませよ ニコラス君。 でも、ブリジット・フォンダさん あんたほんとにニコラス君でいいのかね ちょっと早まってはいないかい。今でこそ彼はルックス良しの爽やか青年を装ってますが、3年後、彼はコン・エアーなんですよ。彼の頭には異変が起きてしまって とっても落ち武者ヘヤーになっちまってるんですよ。 いいのかい?
3737さん [地上波(吹替)] 5点(2010-03-31 21:51:06)(良:1票)(笑:1票)
76.《ネタバレ》 つまらない、というよりむしろ不快な映画という表現がしっくりくる。おもしろくなりそうな雰囲気で始まって期待してしまった分余計にショック。ニコラスケイジが好きな私でも、この映画は嫌。特にデートで地下鉄や映画館のチケット売り場で2人で金をばらまいて満足するシーンはイライラがピークに。チャーリーのお金に対する価値観と判断力は、観てて痛すぎる。どの辺が実話なのかはなんとなく分かるが、映画にするなら大人が観ても嫌味が無いように、もっとうまく演出して欲しい。残念。
爽やか林檎さん [インターネット(字幕)] 4点(2010-02-12 16:31:32)(良:1票)
75.実話がベースのようだが、皆さんのレビュー見てるとかなり脚色があるようですね。
当選金額も4億程度でそんなに多くもないし、あとは2億のやりとりの話で
まあ長い人生考えれば些細な金額の範疇かな。
約束が守られる事が美談なら、いかに約束が守られていないって事でしょか?
それはいいとしても、中盤以降はグダグダの不倫ものになってしまって、
最後に無理やり美談に持ってきたという感じで、主演女優の可愛さぐらいしか
見るべき点はないかな。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 4点(2009-11-14 16:29:53)
74.《ネタバレ》 ニコラス・ケイジ演ずるチャーリーに一つも共感できず、奥さんのイボンヌにしか共感できないのが痛い。お人好しにもほどがあるし、あげたウェイトレスと結婚するなんて奥さんから見たら発狂しそうなぐらいにマジでムカつくと思いますし、実話をもとにしてるようだけどあまりにもうまくいきすぎて実話らしくない実話になってるような感じがします。まぁ吹き替えで見たのですがイボンヌの声があの人なのはドン引きですね(笑)
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2009-11-13 01:09:58)(良:1票)
73.まさにニコラスが刑事(ほんとは警官だけど)
嫁さん役が久本。久本が地でしゃべっています。ヘタクソです。
顔出し俳優でまともに声優が出来るのは、わしの知ってる範囲では
村井国夫と中村獅童くらいですかな。
幸志さん [地上波(吹替)] 4点(2009-07-20 15:10:02)
72.この作品を奥さん視点で見ると、どう考えても美談とは思えませんね。
宝くじを買うように頼んだのは奥さんだし、それを勝手に半分あげちゃう約束するなんて酷い話だと思います。
しかも、浮気までされて、もうお気の毒様としか言い様がないですね。
200万ドルでいい女を買った旦那さんが勝ち組といった感じでしょうか。
オチに関しては、如何にもアメリカらしい着地点だなぁって感心しましたけどね。
もとやさん [DVD(吹替)] 5点(2009-03-23 15:42:53)(良:1票)
71.《ネタバレ》 何度観てもいい。
くじの半額・NY市民からのカンパ、いずれも彼の国なら実際にあったのかも。
旧き日本ならあったのかもしれませんね。

奥さんにペンキを投げた女性、エミリー・デシャネルのデビューシーンなんですね。
あのTVドラマBONESの・・・このサイトで初めて知りました。
hyamさん [DVD(字幕)] 8点(2009-01-15 18:22:39)
70.《ネタバレ》 有り得ない話だなぁ・・と思って観ていたのだが、最後に実話を基につくられていると知ってかなり驚いた。どれぐらい本当の話だったのか気になったので、少し調べたら奥さんはあれほど守銭奴で嫌な人物ではなかったらしい。う~ん、奥さんかわいそうです。映画化する際に、きっと文句も言わなかったのでしょう。本当に良い人は夫ではなく、奥さん??最後に決してこの映画を吹き替えで観てはならないと忠告しておきます。
あるまーぬさん [地上波(吹替)] 6点(2008-09-30 16:47:27)(良:1票)
69.格好つけてこんな約束してみたいけど、逆の立場だとそんなこと言われても困るな。限られた資産でささやかな幸せをかみしめているうちが一番幸せで、自分に合っている気がします。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-09-05 19:13:07)
68.そんなに現実で上手いこと行くわけがねーと思って観ていたら、実話だったことにビックリ!いい人っているものですね。
民朗さん [地上波(吹替)] 6点(2008-08-15 00:12:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 87人
平均点数 6.45点
011.15%
100.00%
233.45%
311.15%
478.05%
51416.09%
61314.94%
72124.14%
81719.54%
978.05%
1033.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.40点 Review5人
2 ストーリー評価 7.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 9.20点 Review5人
4 音楽評価 6.25点 Review4人
5 感泣評価 4.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS