シンドラーのリストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シンドラーのリスト
 > (レビュー・クチコミ)

シンドラーのリスト

[シンドラーノリスト]
Schindler's List
1993年【米】 上映時間:195分
平均点:7.77 / 10(Review 360人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものモノクロ映画歴史もの実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-08-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
演出山田悦司(日本語吹き替え版)
キャストリーアム・ニーソン(男優)オスカー・シンドラー
ベン・キングズレー(男優)イザック・シュターン
レイフ・ファインズ(男優)アーモン・ゲート少尉
キャロライン・グッドオール(女優)エミリー・シンドラー
エンベス・デイヴィッツ(女優)ヘレン・ヒルシュ
ノーバート・ウェイサー(男優)アルバート
マルゴーシャ・ゲベル(女優)ヴィクトリア・クロノーシュカ
アンジェイ・セヴェリン(男優)
フリードリッヒ・フォン・サン(男優)
マーク・イヴァニール(男優)
堀勝之祐オスカー・シンドラー(日本語吹き替え版)
上田敏也イザック・シュターン(日本語吹き替え版)
田中秀幸アーモン・ゲート少尉(日本語吹き替え版)
佐久間レイヘレン・ヒルシュ(日本語吹き替え版)
梅津秀行ポルデク・ペファーベルグ(日本語吹き替え版)
糸博ユリアン・シェルナー(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕ミラ・ペファーベルグ(日本語吹き替え版)
巴菁子カジャ・ドレスナー(日本語吹き替え版)
秋元羊介(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
清川元夢(日本語吹き替え版)
大滝進矢(日本語吹き替え版)
小室正幸(日本語吹き替え版)
幹本雄之(日本語吹き替え版)
小関一(日本語吹き替え版)
茶風林(日本語吹き替え版)
津田英三(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版)
伊藤栄次(日本語吹き替え版)
伊井篤史(日本語吹き替え版)
脚本スティーヴン・ザイリアン
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作スティーヴン・スピルバーグ
ジェラルド・R・モーレン
製作総指揮キャスリーン・ケネディ
特殊メイクマシュー・W・マングル(メイクアップ・アーティスト)
特撮ILM/Industrial Light & Magic
美術アラン・スタルスキ(プロダクション・デザイン)
エヴァ・ブラウン(セット装飾)
衣装アンナ・B・シェパード
編集マイケル・カーン
録音アンディ・ネルソン[録音]
チャールズ・L・キャンベル
スコット・ミラン
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
あらすじ
1940年代初頭のポーランド。ナチスの徽章を常に身につける羽振りのよいドイツ人実業家シンドラーはユダヤ人がナチスによって無差別に殺されていくことを残念に思い、ユダヤ人に払われるべき給与をナチスの親衛隊に支払うことを約束して技術を持つユダヤ人を自分の会社で合法的に雇用する。「自分の行為は利益のため。」と主張するシンドラーをユダヤ人たちは救世主のように慕う。だが、ナチス当局はシンドラーの行為が人道主義に基づいているのではないかと感づいた頃から態度を変化させる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
360.《ネタバレ》 ホロコーストは何度も見てきたがこの映画が1番良い。
モノクロが映し出す映像の美しさと卓越したストーリー。
決して善人では無かったシンドラーの人間臭さと、ナチス党員の彼の心境を変えるほどの凄絶な時代背景。
車やバッジでユダヤ人をもっと救えた。
最後痺れる場面です。人って変われるものだ。
伝わるもの、考えさせるもの。負の歴史に背を向けてはいけない。何かと響く映画なんです。
スピルバーグ最大の傑作と言っても過言では無い。
もう少しファンタジー路線外れたものにも力を注いでくれたらもっと名作が撮れたんじゃ無いかなぁ。
そのくらい思わせる作品。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-09-18 22:31:26)★《新規》★
359.《ネタバレ》 巡り合わせの妙を描いた映画でした。

元々のシンドラーは山師的な人物だったようで、仕事は長続きせず、
立ち上げた事業はすべて破綻。食い詰めて流れ着いた先がこの映画の舞台。

映画の中のセリフで、あなたは何の仕事をするのか?と問われ、「コネを作る」
=高級将校と遊び歩く、と答えたように、実務能力は皆無。器用な口先で立ち
回わることに長けた男だったようです。

そんな男が、戦時下という異常事態の中で、平素では決して出会うはずのなかった
有能で実直な会計士との出会いを得、事業を成功させます。

そして成り行きでユダヤ系の人々を助けることに。

どうやら故郷や知人の間では口だけの鼻つまみモノ扱いされていたようで、
そんな人間が成り行きとは言え、人を助け、感謝される喜びをしったのが、
シンドラーのリストに繋がったような気もします。

ゲート少尉に人を許してやれと説いたのも、
慈善と言うより、自己満足や承認欲求から来るもののように感じましたが、
それでも、やらないよりやったことの方が遙かに価値があるのは事実。

実際は,ユダヤ人を雇う際に金を巻き上げたり、
最後の逃亡の際には大金を持ちだしているそうで、
その辺の俗人っぷりも逃げずに描いて欲しかったと思います。

やや聖人君子的に描きすぎている面はあるとはいえ、
見事な力作でした。
kirieさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2018-02-19 15:52:48)
358.《ネタバレ》 人々を救ったのは紛れもない事実なんですよね。Wikipediaで調べた程度の知識ですけどね。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2018-01-31 13:16:18)
357.深い悲しい映画。
こんな時代があったのかと考えさせられます。
へまちさん [DVD(字幕)] 9点(2017-08-20 13:56:44)
356.《ネタバレ》 アウシュビッツのガス室もどこまで信憑性のある話か検証する事すら許されない
この世界でシンドラーのリストがどこまで実話なのかは分からない話ではあるものの。
単純に物語りとして良かったと思える。シンドラーは自ら進んで助けようとしたと言うより
本人の意志を越えてそうする事に逆らえなかったのだろうと思わせる所。
単純な善に命を注いだ人間として描きたくなりそうな物だろうが
偽善の中にも善はあり、また善の中にも偽善はある。最後の所で何を選ぶ人間なのかで
その人の価値が決まるのかも知れない。自分は彼のような決断は出来ないだろうな。
デミトリさん [DVD(吹替)] 7点(2017-04-09 23:28:12)
355.ラストシーンはちょっと蛇足かなぁ。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-04-11 20:59:18)
354.《ネタバレ》 派手にやられていくハリウッド映画において、淡々と行われる銃殺の描写に初めて衝撃を受けた。糸が切れたように崩れる人々、色の失われた世界で唯一着色された赤い服の少女、タイプライターで明記された名前、そこにはいつ零れ落ちるか分からない"命"が眼前に横たわっている。シンドラーは金儲けしか考えていない俗物だったが、だからと言って普通の人々が何の疑問を持たずに虐殺に手を貸す、その違いはどこにあったのか。見返りも一切なく、裏切り者として殺されるかもしれない、"偽善"と呼ばれても自分は救えるのかと聞かれると自信はない。ただ、結果的に1100人を救ったのは事実で、そこには打算などない。「お金があればもっと救えたのに」とシンドラーの懺悔とも言える台詞が最も胸に迫る。このシーンからの展開は、今思えば感動に走ってやり過ぎと感じなくもないが。暗いトンネルから抜け出したような青い空があまりにも眩しくて、鮮烈だ。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 9点(2015-09-24 00:20:44)
353.《ネタバレ》 イマイチ腑に落ちなかったのが、どうして主人公のオスカー・シンドラーはユダヤ人の救済に全力を捧げたのか疑問です。
彼のバックボーンが何も描かれていないから、確かにユダヤ人迫害は酷いことですが、リアルタイムであの現場に立って、自分がナチスだったら、自分の身を案ずるのが普通じゃないかって思うんです。
それを覆す正義感が見えないから高得点はつけられませんでした。
ウィッキペディアに書かれていましたが、シンドラーの婦人は本作について、偽善的すぎるという感想を持たれたそうです。
それから、シンドラーに正義と悪の葛藤があまり描かれてはいないようにも感じました。
ゲート少尉のメイドだった女性が、シンドラーの最後のリストに挙げられ、最後の墓参りで石を置いたシーンは感動しました。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-08-14 19:29:39)
352.自分の工場に必要と言うことで迫害を受けているユダヤ人を大量に採用するのだが,私財をなげうち事業そっちのけでユダヤ人に入れ込んでいく過程が不明瞭だ。ゲットー解体の際の赤い服の少女が象徴的に描かれているが、もともと楽天的で社交的な事業家シンドラーが変化していく過程、心境をもっと感じたかった。もちろん素晴らしい映画であることに異論は無い。映画の出来とは関係ないが、ついシンドラーと比較してしまうのが元リトアニア公使の杉原千畝だ。本国の命令に反してまでも公使権限の及ぶぎりぎりまでビザを書き続け結果的に6千人とも言われる戦争難民を救っている。よく杉原のことを「日本のシンドラー」という言われ方をしているが、僕に言わせればシンドラーこそ「ポーランドの杉原」だ!好み40/50、演出12/15、脚本8/15、演技6/10、技術8/10、合計74/100→7/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 7点(2015-07-02 23:07:15)
351.《ネタバレ》 重厚で見応え十分。自らもユダヤ系アメリカ人であるスピルバーグが構想10年でつくった渾身の一本。もうすごいとしか言いようがないです、ぜひご覧になって下さい。
Kanameさん [DVD(字幕)] 10点(2015-03-17 08:15:37)
350.史実に基づく系の映画は好きではないのだが、この映画はいろんな事を想像もさせてくれたので高評価です。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2014-12-09 22:45:29)
349.《ネタバレ》 自身もユダヤ系アメリカ人であるスピルバーグは、約10年の構想を経てこの大作を撮りあげたという。
スピルバーグの映画で最も長く、最も見応えのある映画の一つだ。
ヤヌス・カミンスキーによる撮影は、カラーのパートにおいても“黒”のコントラストを失わない。
それは市川崑と宮川一夫の「おとうと」から続く“銀残し”にも精通する彼の実力が存分に発揮されているからだ。
冒頭と終盤を除いて白黒で撮られた映像。
まるでアラン・レネの「夜と霧」のようにドキュメンタリータッチでユダヤ人の悲劇を描く時もあれば、
バッハ(劇中の“モーツァルト”は間違い)の「イギリス組曲第二番のプレリュード」が虐殺と共に奏でられる胸糞の悪さと芸術的な興奮すら感じさせる“憎たらしい”場面もある。
バッハ好き発狂間違いなし。
序盤の「暗い日曜日」だって陰鬱さは無い。
朝セ●クス後のアーモン・ゲートのクソ野郎が事後処理とばかりに狙撃するシーンも最高に胸糞が悪い&悔しいけどそそられる。これほど美人のおっぱい見て素直に喜べない映画も無いよ。
居住区と元住居の対比、ありとあらゆる場所に隠す財産・人、それすら見つけ嬲り者にするナチスの黒い影。
不気味な鉄ヘルメットの行進は、虐殺を愉しむように、家畜を殺すように引き金を引くのだ。人を治すためでなく殺すために使う聴診器、閃光が語る虐殺・・・。
白黒の画面の中を駆け抜ける赤い服の少女。観客とシンドラーだけが、あの少女に気付く。
そんなドイツ兵も“ロシア戦線”は怖いらしい。冬将軍恐るべし。
列車のシーンは見る度に絶えず絶望感を拭えない。“手違い”でアウシュビッツに送られるシーンの恐怖といったら。
同胞の死体を火葬しなければならない苦しみは彼らにしか解らない。
蝋燭に火を灯す場面からはじまるこの映画は、次々とその灯火が消えていく。その灯火を拾い集め、最後まで絶やさなかったのがオスカー・シンドラーという男だった。
彼は安い賃金で働くユダヤ人を“労働力”として社員集めをし工場に迎え入れる。
飼い犬を可愛がるように接していたが、面倒見が良すぎるシンドラー社長はやがて同じ“仕事人”として、一人の人間として惚れ込んでしまう。自分の総てを犠牲にしてでも“仲間”たちを守りたいと思うようになる。仲間の名前は一時一句総て覚えている。
「私はドイツ人だ。それがどうした?」
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-10-09 20:18:24)(良:1票)
348.《ネタバレ》 冒頭のシンドラーの登場シーン、自宅で身なりを整え、レストランでウエイターを買収し席につくもカメラは中々シンドラーの顔を写さない。主人公の顔を中々写さないことで、観客を焦らし惹きつけ、結果そのヒーロー性を高めるこの手法をスピルバーグ監督が他で用いたのは、僕が知ってる限りレイダースのインディ登場シーンだけです(僕の勉強不足かもしれませんが)。そしてこの手法は黒澤の用心棒の冒頭で三船演じる桑畑三十郎の登場シーンと一緒です(冒頭カメラは三船を背後から追い続けますが、中々顔を写しません)。スピルバーグ監督は黒澤大好きって公言してますしこれある程度狙ってやってますよね?…インディもシンドラーも映画史に残る非常にヒロイックな登場人物たちです。そして彼らの人物像に、僕の大好きな映画である用心棒の影響があることが非常に嬉しく思いました。元々素晴らしい映画なのですがこの嬉しさでプラス1点、9点とさせて頂きます。
がんばれ阪神タイガースさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-17 23:48:57)
347.《ネタバレ》 当時見ようと思って忘れていた映画なんですけど、今までいろんな映画を見てきましたが、ここまで涙が流れた映画はなかったです。シンドラーの心の動き、赤い少女、人間扱いされない犠牲者、忘れられないですね。いろんな意見があると思いますが、この映画を忘れずに心に留めていられれば人道を忘れることもないと思います。
そのくらい私は衝撃を受けました。ユダヤ系のスピルバーグじゃなかったらここまでの映画には出来なかったでしょうね。
上映の時に見なかった事をほんとに後悔することになった映画です。
zekeさん [ビデオ(字幕)] 10点(2014-08-07 00:29:45)
346.《ネタバレ》 想像通りの内容だったけど、想定の範囲内だったけど、それでも好評価を付けざるを得ないクオリティ。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-06 01:33:30)
345.《ネタバレ》 今までの人生の中で、最も短く感じられる3時間でした。あれだけ多くの出来事があって、残酷な描写があったのに、なぜ短く感じたのか?それはテンポの良さ、撮影技術の素晴らしさのおかげじゃないかと思います。今思い返せば、無駄なシーンがなかったのではないでしょうか。全てのシーンに意味がある。これは名作の条件ですが、3時間ですよ。3時間の映画がここまで完璧に作りこまれている。それ自体に敬服します。
物語も素晴らしく、シンドラーの変化は涙無くして見られません。ユダヤ人を労働者としか見ておらず、感謝されたことにすら激怒していたシンドラーが、最後はユダヤ人の胸の中で号泣する。その過程がとても感動的で、今までに見た映画の中で最も泣いてしまいました。
ユダヤ人が救われたという事実を映画化しているのですから、それに焦点が当たりがちですが、シンドラーという一個人の心境の変化を巡るドラマとしても素晴らしい。傑作と謳われる映画は多々あれど、ここまで完璧な映画はそうないと思います。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 9点(2014-07-02 22:02:14)
344.素晴らしい








pillowsさん [ビデオ(字幕)] 10点(2014-03-29 14:32:09)
343.《ネタバレ》 長さを感じさせない、間のとり方が素晴らしい。ダレ感を感じなく鑑賞できた。
映画としてみた場合、最後のカラーパート、つまり史実に基づいているのをアピールする部分は個人的に無いほうが良かった。
afoijwさん [DVD(字幕)] 6点(2014-03-09 19:06:07)
342.《ネタバレ》 ホロコーストの悲惨さが淡々と進むモノクロの画面からひしひしと伝わってくる。
金儲け主義でユダヤ人を利用しているにすぎなかったのに私財を尽くしてもユダヤ人を救おうとした主人公。
最初から聖人君主でないところが人間臭くて良い。
ただ、クライマックスとなるユダヤ人労働者へのスピーチは、それほど胸に染みてはこなかった。
嘘ではなくても演説で訴えると、見慣れた政治家の偽善のように感じてしまうからだろうか。
それでも史実の重みを感じる大作であるのは間違いない。
人を人と見なさない時、その相手にどこまで残虐になろうと害虫を駆除するのと同じで心に痛みは感じなくなるのだろう。

個人主義が行き渡ると他人はどうなろうと知ったこっちゃないという傾向になりがち。
人との関わりの中で自分のこととして捕らえることがどの範囲までに及ぶかで、その人のスケールが知れる。
自分自身とせいぜい家族まではその範囲であることが多いだろうが、友人、会社、共同体、果ては人類にまで及ぶ人もいる。
シンドラーは自分の会社に関わった人には最終的に全財産を投げうってでも責任を持った。
救えなかった犠牲者が600万人ということを考えれば無力感に襲われそうだが、あの時代での行動は素直にすごいことだと尊敬するしかない。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2014-01-12 20:26:55)(良:1票)
341.《ネタバレ》 シンドラーが金儲けから本気でユダヤ人を救おうと思うに至るまでの経緯が足りないという批評もありますが、僕はシンドラーが最初にユダヤ人大虐殺現場を目撃するシーン、あの迫力、まさに虫けらのように処分されてくユダヤ人、そして赤いコートの女の子、あの一連のシーンの演出が神がかっているのでシンドラーが決意する展開も無理なくできていると思います。その女の子が後に無惨な姿で発見されるシーンで一番泣きました。アーモンゲートがギャラリーゼロで粗末な絞首刑台に登らされてるシーンも印象的。傑作です。
セラーズさん [インターネット(字幕)] 10点(2013-12-16 12:12:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 360人
平均点数 7.77点
020.56%
141.11%
251.39%
382.22%
471.94%
5195.28%
6308.33%
75715.83%
87621.11%
97119.72%
108122.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.88点 Review25人
2 ストーリー評価 8.42点 Review35人
3 鑑賞後の後味 8.02点 Review36人
4 音楽評価 8.46点 Review26人
5 感泣評価 8.29点 Review34人
chart

【アカデミー賞 情報】

1993年 66回
作品賞 受賞 
主演男優賞リーアム・ニーソン候補(ノミネート) 
助演男優賞レイフ・ファインズ候補(ノミネート) 
監督賞スティーヴン・スピルバーグ受賞 
撮影賞ヤヌス・カミンスキー受賞 
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]受賞 
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
音響賞スコット・ミラン候補(ノミネート) 
美術賞エヴァ・ブラウン受賞 
美術賞アラン・スタルスキ受賞 
衣装デザイン賞アンナ・B・シェパード候補(ノミネート) 
脚色賞スティーヴン・ザイリアン受賞 
編集賞マイケル・カーン受賞 
特殊メイクアップ賞マシュー・W・マングル候補(ノミネート)(メークアップ賞として)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS