飢える魂のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 飢える魂
 > (レビュー・クチコミ)

飢える魂

[ウエルタマシイ]
1956年【日】 上映時間:79分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1956-10-31)
ドラマモノクロ映画ロマンス小説の映画化
新規登録(2008-09-28)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2010-06-14)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督川島雄三
キャスト三橋達也(男優)立花烈
南田洋子(女優)芝令子
轟夕起子(女優)小河内まゆみ
大坂志郎(男優)下妻雅治
金子信雄(男優)味岡礼司
小杉勇(男優)芝直吉
高野由美(女優)味岡道代
桑野みゆき(女優)味岡章子
小林旭(男優)小河内昭
渡辺美佐子(女優)泉谷のり子
脚本柳沢類寿
川島雄三
音楽真鍋理一郎
撮影高村倉太郎
製作坂上静翁
日活
配給日活
美術中村公彦
衣装森英恵(衣装デザイン)
編集中村正(編集)
録音橋本文雄
照明大西美津男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.川島雄三監督作品という理由で鑑賞。
前後篇に渡る大作だが、その分、間延びした感は否めない。
ただし、安心して観ることのできる安定した人情劇・恋愛劇となっている。

南田洋子の美しさを見るにつけ、近年テレビ放映された、認知症を患った彼女の、死ぬ間際のあの痛々しい姿が恨めしい。

こんな姿を見てしまうと、長門裕之の妻であった南田洋子は、まるで本作での彼女の役柄の様に不幸であったと感じてしまいざるを得ない。
だけど、私の本名の下の名前は、長門裕之を大好きな父親が、長門裕之の名をもじって命名したものだから、まるで自分自身の名前を否定するようで、やや複雑(苦笑)。
いや、長門裕之は私生活ではダメダメだったけど、役者としては素晴らしかった、と思うことにしよう!
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-06-13 14:08:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS