D-WARS ディー・ウォーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 テ行
 > D-WARS ディー・ウォーズの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

D-WARS ディー・ウォーズ

[ディーウォーズ]
D-War
2007年上映時間:90分
平均点:3.83 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-11-29)
アクションドラマサスペンスSFファンタジー特撮ものモンスター映画
新規登録(2008-11-04)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2019-03-21)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シム・ヒョンレ
演出バッド・デイヴィス(スタント・コーディネーター)
キャストジェイソン・ベア(男優)イーサン・ケンドリック
ロバート・フォスター(男優)ジャック
クリス・マルケイ(男優)フランク・ピンスキー
エリザベス・ペーニャ(女優)リンダ・ペレス
ホームズ・オズボーン(男優)催眠療法士
デレク・ミアーズ(男優)賞金稼ぎ
脚本シム・ヒョンレ
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影ヒューバート・タクザノウスキー
製作総指揮キム・ウテク
シム・ヒョンレ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
編集ティモシー・アルバーソン
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラカー・ドライバー)
あらすじ
龍になり天に帰ることが叶わなかった伝説の大蛇。500年の時を経て、今再びその機会が訪れるが、またもや邪悪な大蛇とその一味が邪魔に入る…。一方、伝説の大蛇を天に帰すべくこの時代に生まれ変わってきた者たち。今ここに、時空を超えた凄絶な戦いが始まる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.まさかのヘビ三昧にちょっと興奮。ドラゴンウォーズじゃなくて大蛇戦争ヘビウォーズ。人間と大蛇が共存してしまったファンタジックで不思議で変な世界観。嫌いじゃないです 好きですさ。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-02-21 23:59:23)
11.《ネタバレ》 字幕では「韓国」と訳されていたが、これは「朝鮮」と訳すべきだ。韓国(大韓民国)という国が出来たのは1948年であり、500年前には存在しない。それはさておき、作品自体の感想だが、とにかく苦笑するしかない。これだけCGに力を入れるなら、何故もっとマシな脚本を作れなかったのか。そもそも朝鮮に伝わる言い伝えならば、500年後の生まれ変わりも朝鮮人にすべきだろう。その二人がたまたまロサンゼルスに住んでいたという設定で良いと思う。これって、なんか日本人顔負けの白人コンプレックスなのだろうか。出てくるキャラのデザインもスターウォーズをイメージしすぎてるし、主人公達の名前も、有名なハリウッド映画を連想してしまうのはボクだけだろうか。大蛇たちが、女主人公を襲うときにメチャクチャ手加減するのは良いとして、男主人公にまで何故手加減するのか不明。案の定、ラストでしっぺ返しを食らうのだが、コレも含めて物語の整合性がまるでなっていないのである。同じ韓国のモンスター映画でも「グエムル」の方がずっと面白いと思う。
へろへろさん [地上波(字幕)] 1点(2014-04-14 20:33:23)
10.《ネタバレ》 新鮮味も意外性も見当たらない作品。どっかで見たよね?の連続。全体の構成が良くないのか、テンポがいいようでいて、ただ単にご都合主義なだけ。FBIが何でそこまで解っちゃうの?とか。
場面場面では迫力あって面白いのに、繋げるとダメってのは、やっぱり監督さんの問題なのかなぁ?
まっ、予告編につられてレンタル借りてしまったのがいけないのかな?だけど、予告編てば違い過ぎるんだもの… 宇宙侵略SFモノかと思っちゃいましたよ。
タコ太(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 3点(2010-03-08 01:56:50)
9.DVDのパッケージをチラ見して、想像してたストーリーとは違ったのでなんだかガックリ。LAでのヘリVS怪獣のみに、この点数を差し上げます。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2009-11-22 02:50:51)
8.《ネタバレ》 なぜか本国韓国では歴史的大ヒット。
この映画、ほとんど韓国人が登場しない。登場しても昔話で出てくるぐらい。
韓国映画が(映像面で)すごい力をつけているのはよくわかるが、それに付随する脚本とかそういったものが追いついていないのが悲しい。
でもなんで韓国はモンスターパニック物が流行るんかな?
まえのグエルムでもそうやったし。よーわからん。
テイスト的には米国版ゴジラだし。


とにかくストーリーのテキトー加減がすさまじぃ。
現代戦にも関わらず、両群並び立ってからの突撃は、指輪物語かよ!と思った。
遮蔽物の多い都心部で戦っているにもかかわらず、大草原で突撃してるかのような安定感w


メインのモンスターであるヘビが意外と脆く、アパッチのミサイル攻撃にひるむのはちょっと残念。
軍団戦になるのはいいとして、その前に、もしくはあとにヘビが圧倒的威圧感を持って米軍を当たり散らかす様を入れて欲しかった。


CGが凄いというのはよくわかるのだが、その見せ方があまりよくないのが難点。
空対空で何をやっているかわからんのは、トランスフォーマーでも抱える永遠の難題なのだろうか?

地上戦はうん・・・米軍戦車なにやってんの?という展開。
なんかほとんど大砲じゃなくてマシンガンで戦ってないか??
相手は4足歩行のトロルが大砲背負ってきたようなやつらでひたすら撃ちまくるのに・・・


最後は指輪物語ラストか!!??と思わせるような場面に。
あそこから主人公はどうやって帰ったのだろう??


結局主人公が今までひたすら逃げつつ米軍がやられることによりゲージを貯めて、米軍を全滅させた暗黒の軍隊をゲージマックス版ソニックハリケーンで全て一撃で壊滅。

最後のヘビは、シルドラを召還して乙。
ヘビ対決はどっちがどっちかさっぱりわからんかったが、とりあえずシルドラのほうを元気玉で回復させりゃいいんじゃね?みたいな安直な展開がさすが。
実写版ドラゴンボールを思い出した・・・おかしいな・・・あのドラゴンボールには元気玉なかったはずだが・・・かめはめYA・・・うう頭痛が痛い。

とりあえず最後、ヘビ対決で逃げずに現代兵器で対抗してほしかった。
魔力とか超必とかを反撃のきっかけにしてさー。
みーちゃんさん [DVD(字幕)] 3点(2009-09-20 10:10:01)
7.《ネタバレ》 中世ヨーロッパの甲冑を纏った騎士団が現代兵器と戦うおバカ映像をテレビ番組で観た記憶があり、思わず借りてしまった。……不覚だった。

あらすじをそのまま映像化したのではないかと疑わしいほどの足早な展開は、とてもじゃないがプロの仕事とは思えない。それなりの見せ場になりそうな部分でも必ずなにかしら仕出かしては着実に台無しにしていく。日本のヒーロー戦隊ものの匂いがそこかしこにするのだけれど、それらより一回りも二回りも薄っぺらいドラマを創り上げているのは驚異としか言いようがない。確かに特殊効果は努力が感じられるのだが、それ以外があまりに不毛だ。

若手芸人並みのオーラしかない出演者達には、鑑賞しながら同情の念が湧いてきた。どうしてこんなことに? いったいどこでこの人たちの人生は狂い始めたんだろう? クライマックスでのヒロインの台詞(「わたしが死んでも愛は永遠よ」)に、別の意味で涙腺が決壊しかけた。

監督は元コメディアンだというから、もしかするとこれは手の込んだジョークなのかもしれない。しかしそう思ってネット上でインタビューを見つけ出してみたら、怪獣映画への情熱をそれはまあ嬉しそうに語っていて、なんというかもう、頭を抱えた。C級ホラー『案山子男』のメイキング(本編よりホラー)を観てしまったときにも似たような感覚になった。監督は製作のトップに携わろうなんて欲は抑えて、特殊効果の専門家として腕を磨いてはどうだろうか。
no oneさん [DVD(字幕)] 2点(2009-07-06 18:31:03)(笑:1票)
6.《ネタバレ》 予告編を観て面白そうだったのでレンタルしてみました。

う~ん、、、想像してたのとかなり違いました。
まずストーリーが分かりやすそうでとても分かりづらい、、、要はどんな問題が起きても深くは追求せず、無理やりストーリーを進めちゃった感じです。観てる人のことはお構いなし!そんな監督の潔さが伝わります。
あとCGが所々荒いのも目につきます。せめてCGだけでも綺麗だったらまだ観れたんですが、、。
見所も都市での戦闘シーンだけ。てかこのシーンが撮りたいがために作った映画なのかもしれません。笑
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 4点(2009-06-11 19:35:44)
5.《ネタバレ》 うぬぬ~~~なんか無理ある&難解な映画だなぁ 500年前の韓国のことと現在のLAをからめること自体かなり「?」です 戦闘シーンはまあ、それなりにではありましたが。最後までイマイチ何が言いたかったのか分かりづらい内容でしたね(苦笑) かーなーり唐突な展開多数で正直付いていけませんデシタ
Kanameさん [DVD(吹替)] 3点(2009-06-06 22:54:53)
4.CGがCGらしすぎて・・・

宇宙からの侵略者のお話かと勝手に思って劇場へ。
韓国のお話だったんですね。
もうハリウッドには題材が無いのだろうか?
Pea Shanさん [映画館(字幕)] 4点(2008-12-17 21:31:38)
3.《ネタバレ》 ハッキリ言ってアホみたいな映画です。映画としての粗を笑って楽しめる人(僕はそのタイプです)にはかなりお勧め出来ますが、良い映画が観たいって人には間違っても勧められる内容じゃありませんでした。話のジャンルとしては一応ファンタジーに入るのでしょうか。まあラスト20分位のLAでのドラゴンとの攻防戦パートの為だけにある様な映画です。他のパートは本当に出来が酷いです(良い意味で)。まず韓国のお話が、現代のLAで巻き起こるってのも無理のある話ですし、一組のカップルが友達の家でイチャイチャし出した瞬間にイムギに喰われたのには安直過ぎて抱腹絶倒モノでした。FBIが韓国の伝説を知る理由が「オカルトの専門家に教えてもらった!」ってあり得ないでしょ(笑)。敵のイムギはヒロインを二、三回も追い詰めてるのに中々喰おうとしませんし、推測するに彼はジェントルマンなイムギだったんでしょうね。そしてラストシーンに唐突に登場する善のイムギ、こいつにはホントに「お前は今まで何処で何をしていたんだ」と云いたい。
と駄文を撒き散らせて頂きましたが、ネタで観るには非常に優れた映画でした。B級おバカ映画が好きな方には是非観て頂きたいです。
あと、ただバカな丈では無くLAの戦闘シーンやラストのイムギ二匹による対決は結構燃えますよ。
民朗さん [映画館(字幕)] 4点(2008-12-07 22:53:14)
2.《ネタバレ》 この映画はストーリーや辻褄とか、考えちゃだめですね。
戦闘シーンは大迫力で、特に怪獣VSアパッチヘリの戦闘は
手に汗握ります。キングコングのオマージュっぽい展開も
ニヤリとさせられました。
最後の善の龍VS悪の龍はまるでゴジラVSXXXのようですが、
こちらもCGががんばっていて見応えがあります。
お子様方には大満足かと・・・。
その反面ストーリーはいい加減で、稚拙なものです。
なぜ、韓国の500年前の話が現代のL.Aで起きるのか?とか、
最後に主人公たちがいた場所は一体どこなのか?とか
聖なる洞窟の話は何だったのか?とか、
善の龍は街が破壊されたり、運命の女性が襲われたりしても
最後まで助けに来ないのは何故か?とかアラを探せば
いくらでも出てきます。
この内容ならば、むしろ前半部の運命の女性捜しとか削って、
最初から悪の軍団が大暴れしちゃう位ぶっ飛んでても良いと思います。
単純に怪獣とのドンパチだけを楽しむ映画ですね。
おなやさん [映画館(字幕)] 3点(2008-12-01 18:09:08)
1.《ネタバレ》  TVリポーター・イーサンは、幼い頃に聞かされた話を思い出す。ドラゴンになるため善悪の大蛇が500年前に闘うも決着がついていなかった。ドラゴンになるには肩に龍のタトゥーがある運命の女性が必要。LAに多数の怪物が出現し、その女性を巡る闘いが始まる・・という話。

 ドラゴンになるとか言いながら、手下には西洋ドラゴンが一杯出てきます。ここでいっているドラゴンは中国龍のこと。あの玉を咥えたヤツです。
 スターウォーズやロードオブ・・のような微笑ましい造形の敵たちが多数出てきて、戦闘シーンはなかなか見ものです。500年前の朝鮮バトルは圧倒的な戦力差で怪物軍圧勝。なんたってロケット砲を背負った怪物の砲撃が凄くてまともに闘えません><
 LAではトランスフォーマーばりの空中戦を含む米軍の戦闘が結構頑張ってたので、もうちょっと見たかったんですが^^; 
 大蛇はCGだし、いちいち鎌首をもたげたり威嚇したりで時間稼ぎするので、毎度毎度逃げおおせますw でも、西洋ドラゴンが吐く火で遂に・・。
 最後はどっか異世界の祭壇で生贄にされそうになり・・鱗ペンダントが光り・・二匹の大蛇が・・・と太王四神記の一話みたいな映像です^^ で、イーサンそこからどーやって家に帰るんだ?

あさうさう、主人公のジェイソン・ベアは米ドラマ「ロズウェル」や「THE JUON」以来、ほんとに久し振り。またどこかの作品で会えることを祈ってますw
尻軽娘♪さん [試写会(字幕)] 6点(2008-11-14 18:41:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 3.83点
000.00%
118.33%
218.33%
3433.33%
4325.00%
500.00%
6216.67%
718.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 1.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS