チェンジリング(2008)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チェンジリング(2008)
 > (レビュー・クチコミ)

チェンジリング(2008)

[チェンジリング]
Changeling
2008年【米】 上映時間:142分
平均点:7.61 / 10(Review 192人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-02-20)
ドラマ犯罪ものミステリー実話もの
新規登録(2009-01-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-03-22)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
演出バディ・ヴァン・ホーン(スタント・コーディネーター)
キャストアンジェリーナ・ジョリー(女優)クリスティン・コリンズ
ジョン・マルコヴィッチ(男優)グスタヴ・ブリーグレブ牧師
ジェフリー・ドノヴァン(男優)J・J・ジョーンズ警部
コルム・フィオール(男優)ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長
ジェイソン・バトラー・ハーナー(男優)ゴードン・ノースコット
エイミー・ライアン(女優)キャロル・デクスター
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)レスター・ヤバラ刑事
ピーター・ゲレッティ(男優)タール医師
デニス・オヘア(男優)ジョナサン・スティール医師
フランク・ウッド(男優)ベン・ハリス
ガトリン・グリフィス(男優)ウォルター・コリンズ
湯屋敦子クリスティン・コリンズ(日本語吹き替え版)
壤晴彦グスタヴ・ブリーグレブ牧師(日本語吹き替え版)
内田直哉J・J・ジョーンズ警部(日本語吹き替え版)
平田広明ゴードン・ノースコット(日本語吹き替え版)
脚本J・マイケル・ストラジンスキー
音楽クリント・イーストウッド
編曲カイル・イーストウッド
レニー・ニーハウス
撮影トム・スターン〔撮影・照明〕
スティーヴン・S・カンパネリ(カメラ・オペレーター)
製作クリント・イーストウッド
ブライアン・グレイザー
ロン・ハワード
ロバート・ロレンツ
製作総指揮ガイヤー・コジンスキー
配給東宝東和
美術ジェームズ・J・ムラカミ(プロダクション・デザイン)
衣装デボラ・ホッパー
編集ジョエル・コックス〔編集〕
ゲイリー・ローチ
録音ジョン・T・ライツ
グレッグ・ルドロフ
その他レニー・ニーハウス(指揮)
あらすじ
愛息のウォルターと2人静かに暮らすクリスティン。ある日、彼女は仕事に追われるあまり、息子との大切な約束がありながら帰宅が遅くなってしまう。しかし、そこには待っているはずの息子の姿はなかった。彼女は警察に相談するが、警察は十分に取り合ってくれない。絶望と悲しみに打ちひしがれるクリスティン。半年後、そんな彼女のもとに警察から吉報が。ウォルターが見つかったと言うのだ。しかし、駆けつけた彼女を待っていたのは明らかに別人の男の子だった…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
192.面白かった。最初から最後まで引き込まれた。警察を裁判沙汰にするところなんてアメリカの素晴らしいところだと思う。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-09-14 19:59:49)★《新規》★
191.《ネタバレ》 とてつもなく見るのが億劫な作品でした。あらすじを見る限り、不条理ドラマか、ユーモアミステリーみたいなんだもん。そんなの、苦虫噛み潰したようなクリントイーストウッド監督の撮るジャンルではないじゃないですか。いや、見てみたら面白かったですよ。しかし、改めてあらすじをみると、やっぱりそんなバカみたいなことあるのだろうかと。世界仰天ニュースじゃないんだから。うーん。
なたねさん [DVD(字幕)] 4点(2018-08-05 23:12:34)
190.《ネタバレ》 アンジェリーナ・ジョリーがあまりにもひどい仕打ちを受けて、それでもぐんぐん話に引き込まれて見続けてしまう。ラストは子供は帰って来ず悲しいものだったけど、犯人捕まって良かったね。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-28 13:29:08)
189.《ネタバレ》  好みで言えば間違いなく好みではないのですが、この面白さはなんなんでしょう。希望をもたせるような終わり方なんですが、やはりハッピーエンドとは言いがたいし。ウォルターの生死は結局わからないし。ラストまで見てもスッキリしない映画は本来苦手なのですが、観終わった後のこの満足感はいったい。
 それにしても怖い作品です。殺人鬼。警察。精神病院。そのどれもが圧倒的な暴力と悪意に満ちています。この三者に共通するのは、自己の利益のみを追求していること。結果、警察と精神病院の責任者は司法によって裁かれ、殺人鬼もやはり司法によって死刑となる。それがこの映画の『救い』です。それが見終わったあとの満足感につながっているのかな・・?
 殺人鬼や精神病院は自分にとってもはやホラーの世界。怖い怖い。本当に怖い。精神病院からの救出劇や、ラストで語られる殺人鬼からの脱出劇は、ホラー映画のハッピーエンドバージョンを見たときに近い安堵を感じます。ついでに言えば、体裁を保つために身代わりの子供を用意するなんて発想を警察がしちゃうってのも怖いシチュエーションです。不服を申し立てれば精神病院送り。否を認めるまで有無を言わさぬ監禁・拷問が続くわけですか。やってることは殺人鬼の彼と変わりませんね。
 今の時代にも怖いことはいっぱいありますが、怖さの質が全然違う気がします。この時代のほうが善悪の基準が混濁していて、その不透明さゆえの怖さを感じます。なので、グスタヴ・ブリーグレブ牧師が立ち上がり、クリスティンを救い出し、敏腕弁護士と共に反撃を始めたときに感じるカタルシスは凄い。
 この作品で唯一難を言うならば、猟奇殺人、公権力との戦い、人間ドラマとそのどれもが高いクオリティで盛り込まれちゃったため、焦点がどうしても一定しないことでしょうか。それにやっぱり苦手な結論ということもあって、個人的には満点はつけられないのですが、映画の出来としては満点を超える作品です。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2018-02-18 11:38:29)(良:1票)
188.警察のやり方は衝撃的でした。
へまちさん [インターネット(邦画)] 7点(2018-02-10 12:15:07)
187.随分理不尽でムカつく話ですがヒロインはよく頑張った。100年も前の事だからなんて思っていると、今でも真実は曲げられるってことを忘れてしまいそう。                                                                                                                        
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2018-01-23 22:46:35)
186.観始めた時に想像していたよりも奥深い映画だった。
淡々とした雰囲気ではあるが、引き込まれる重さが続く。思ったようなカタルシスがあるわけではないが、評価されるべき作品だと感じる。
simpleさん [地上波(吹替)] 8点(2018-01-07 19:49:55)
185.《ネタバレ》 ヘビーで意外なストーリー展開に打ちのめされた。
主人公が感じたであろうやるせなさを身体全身で感じ取った。
非常に上手く構成された映画であると感じた。

主人公にとっては何も解決せずに事件は幕を閉じてしまう。
それでも希望を捨てずに、自らを奮い立たせ息子を探し続ける主人公の姿に勇気を与えれた。
クリント・イーストウッドの作品の中でもっと評価されるべき映画の一つだと思う。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-05-01 23:04:11)
184.どうでもいいけど、電話交換手ってローラースケート使っていたのね。
たろささん [インターネット(字幕)] 8点(2017-02-04 12:17:31)
183.《ネタバレ》 昔はホンマ何でもありなんやなー、と思った映画。母親が自分の息子のかおを見間違うわけがないとおもうのだが、面倒を避けたいからと、警察でも相手にしない。精神病院にまで強制送還され、精神異常者扱い。信じられないですが、実話だそうです。怒りと恐怖を覚えました。うまく作られた映画だと思います。
SUPISUTAさん [ビデオ(字幕)] 8点(2016-07-09 12:12:31)
182.《ネタバレ》 事件の生存者が見つかったときに、何か分かるかもしれない、という期待感、警察署へタクシーで行くアンジェリーナ・ジョリー。そのタクシーの黄色さ!どこかモノトーンの映画にまぶしいほどの黄色のタクシー。さすがイーストウッド。その希望は消え入りそうになるんですが、最後まで希望の余韻を残しながらエンディングを迎えます。美しいエンディングだったと思います。
Keytusさん [DVD(字幕)] 7点(2015-06-14 11:26:54)
181.《ネタバレ》 アンジーが息子の死を知るちょっと前に、観客にはその悲劇的事実を示す。主観的に演出を出来るシーンをここであえて引いて描く。逆に生き残った子のエピソードのように感傷的に描くシーンは多い。システムが汚職を生み腐敗を呼んで引き起こされたあり得ないような事件を語るにはあまりにも主観でも客観では語れません。それほど怒りのやり場がない事件でした。だからこそイーストウッドは希望をそっと代わりに残します。怒りを希望に。悲しみを希望に取り替える。あくまでそっと。
システムこそが人を蝕み人と人を傷つけ合わせますが、人を救うのは人であると思います。しかしそれは頑張れ、前を向け、それを息子も願っているはずだという強烈な励ましの中に埋もれる、あくまで自分のペースでと気さくに食事に誘う同僚や上司のような励まし。希望なんてない事件に、あえてかつそっと、希望を残しエールを送る今作は声を大にして好きだと言えます。エンドロールは人が歩き、電車が通る平凡な街を画面いっぱいに映す出す。ただそんな平凡の日常であるが奇跡的な日常をアンジーを願っていたかと思うと言葉がありません。
うーさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-06-13 22:00:33)(良:1票)
180.イーストウッド映画のグラントリノそしてこのチェンジリング、2008年公開の2大巨塔ですな。
1900年代初頭とはいえ、今の時代ではありえない古さと
人権も整備されていない理不尽な時代背景がひしひしと伝わります。
実話なので感情移入もしやすかったかも。また、母親の愛と執念をうまく演じたジョリーの名演光ります。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 9点(2015-05-07 13:03:50)
179.《ネタバレ》 面白い。シリアスで、感情移入してしまう。予想通りのもどかしさで、警部には心底腹が立った。街中で見かけたら一発お見舞いしてやるつもりだ。それほど役にリアリティーがあった。警部に関わらずどの人も。
lalalaさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-02-01 12:10:46)
178.《ネタバレ》 アンジェリーナ・ジョリーの熱演に支えられているものの、なんか物足りない、精神性に乏しい作品だと思った。イーストウッドらしくもない。彼も事実そのものの奇抜さに追いつけなかったのかもしれない。陰鬱な雰囲気だけは出ていた。 あえてイーストウッドらしさを探せば、最後の最後になって事件の全貌がほぼ明らかになっても、アンジェリーナが何の迷いもなく、息子の生存を信じて探し続けることか。絶望の中の希望?
さん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-24 23:02:40)
177.《ネタバレ》 物語は終始特に盛り上がるでもなく淡々と語られていく。
アンジェリーナ・ジョリー演じるクリスティンは時々怒りで叫んだりするが、基本的には劇中の黒のハイコントラストのような重々しい沈黙を選択する事が多い。
それはありのままを見せるドキュメンタリーといった記録がそうであるように、イーストウッドもあくまで実際の事件の再現に務めている。
真の対象は、事件そのものではなく事件によって人生を狂わされた人々の、怒りを抑圧する事を迫られる苦痛だ。
実際に起きた警察の不祥事、事件ごと揉み消されそうになる人間の実在、そして明かされる連続殺人の影・・・次々に真相が解明されていく瞬間の一瞬“ゾッ”とする感じがたまらない。
クリスティンが子供を捜してもらおうと電話する場面。こっちは急いでいるのに「24時間待って下さい」と言われる瞬間の焦り、恐怖、苛立ち。
誰よりも子供の肌に触れてきた母親が記録や記憶によって疑念が確信に変わる瞬間。
アメリカで“割礼”が拡く普及するのは第二次大戦後の1945年。
息子の捜索はやがて警察との全面対決へと変わっていく。
息子を見つけるため、何より母親としての自分や他人を否定した総てのものを許さないために。
クリスティンを助けてくれたキャロルの辛い過去もまた、彼女に戦わせる力を与えただろう。
今まで消極的な部分が多かったクリスティンに闘志が宿る。電気椅子なんざもう怖くない。
また、クリスティンのために粘り続けたブリーグレブ神父、それに警察として己の正義を貫くヤバラ刑事!
警察の腐敗した部分だけでなく、責任を果たそうとする人間など多面的な部分も描かれていて良い。
ゴードンもまた、自分が“くびり殺される”事など考えていない男だった。
警察も何度サンドバックにされようと歪みがない。
「ミスの批判よりも解決した事を評価して欲しい」じゃあ肝心のミスとやらを失くしてみろよファ●キュー。
論点をすり替え続けた警察がそうであったように、この映画は「自分がそうされたらどうしよう」なんて考える奴はほとんどいない。みんな自分が可愛くて、他人に睨まれるのが怖くて何も言えなくなってしまう。クリスティンは、そんな社会から逃げる事をやめた人間の一人だ。
神父は「神の力だ」とクリスティンに語るが、本当は神とか愛する我が子を心の支えにして戦い抜いた人間の奇跡なんです。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-10-11 01:25:28)(良:1票)
176.グラントリノを見た時と全く同じ印象。
しっかりした脚本としっかりした映像。
きちんと映画になっていていいんだけど
すべてが古い。新しい何かを生み出していない。
18-19世紀に飛躍的に発展したクラシック音楽が、現代では新しい音楽を追い求めることもなく、10世紀以前から続く長い音楽の歴史に目を向けることもなく、ある限られた数百年の音楽だけを異常に高く評価する変な状況。
まさにイーストウッドの映画のよう。素晴らしい映画を見た満足感はあるものの、これまでにないもを創り出してやろうという野心的な思いがまったく伝わってこない古典には、ゾクゾクさせられない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-06 10:39:46)
175. 重苦しい話なので見ているのが辛い部分もあります。が、脚本・演出・配役・美術・音楽・撮影、全ての映画の要素が調和した素晴らしい作品でした。
海牛大夫さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2014-08-26 08:01:17)
174.《ネタバレ》 警部もすり替わった子供も、犯人も精神病院の人々も、適度に不快で誰が浮いているという事もなく調和が取れていて、皆良い演技だったと思います。未解決事件は好みですが、少々物足りなかったです。
DAIMETALさん [DVD(吹替)] 5点(2014-08-19 08:00:18)
173.何度コリンズ夫人は傷つけられたらいいのかというくらいの酷い仕打ちを最後の最後まで受け続けていたなあ。悪意のある人があまりに多くて、こっちまで心やられてしまった。イーストウッドらしい抑えた画が格調高かったけど、警察病院犯人があまりに極悪過ぎて楽しめないままに終わった。僕も良くできた作品だと思うし評価はするけど、2度目見るのは辛いなあ。
タッチッチさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-12-07 18:50:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 192人
平均点数 7.61点
000.00%
100.00%
200.00%
321.04%
410.52%
5105.21%
62412.50%
74322.40%
86634.38%
93116.15%
10157.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.16点 Review18人
2 ストーリー評価 8.23点 Review26人
3 鑑賞後の後味 7.42点 Review26人
4 音楽評価 7.54点 Review22人
5 感泣評価 7.47点 Review23人
chart

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
主演女優賞アンジェリーナ・ジョリー候補(ノミネート) 
撮影賞トム・スターン〔撮影・照明〕候補(ノミネート) 
美術賞ジェームズ・J・ムラカミ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2008年 66回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)アンジェリーナ・ジョリー候補(ノミネート) 
作曲賞クリント・イーストウッド候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS