あさき夢みしのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あさき夢みし
 > (レビュー・クチコミ)

あさき夢みし

[アサキユメミシ]
1974年【日】 上映時間:120分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
時代劇ロマンス
新規登録(2009-01-13)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2021-03-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督実相寺昭雄
キャスト寺田農(男優)霧の暁
岸田森(男優)阿闍梨
丹阿弥谷津子(女優)大宮院
東野孝彦(男優)近衛大殿
篠田三郎(男優)庶民男
大木正司(男優)庶民男
平泉征(男優)武士
樋浦勉(男優)武士
観世栄夫(男優)
奥村公延(男優)三条訪門
柴俊夫(男優)警護の武士
高野浩幸(男優)稚児
毒蝮三太夫(男優)平二郎左衛門
村松克己(男優)
小松方正(男優)善勝寺大納言
渡辺文雄(男優)富豪
原知佐子(女優)目井
星光子(女優)
三条泰子(女優)前斎宮
花ノ本寿(男優)
古今亭志ん朝(三代目)(男優)為家
撮影中堀正夫
製作ATG
企画葛井欣士郎
配給ATG
美術池谷仙克
編集浦岡敬一
あらすじ
鎌倉時代は、貴族と武家とのパワーゲームに揺れた世紀。この時代、17歳で法皇となって院に入った後深草天皇の愛人に、四条という女がいた。法皇が力を失うや、彼女の元にはよからぬ輩が言いより始める。力なき女が宮廷で生き延びて行くには、男に身を委ねるしかないのか…? 末世思想で荒れた世界を、ウルトラマンの実相寺昭雄が諦観を込めて撮り上げる。長時間の意図的なピントずれ、主役の四条に巨乳ハーフのジャネット八田起用…反骨監督・実相寺の真骨頂がここに結実。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.これは本当に美しい映画だった。スクリーンでなければ味わえないぎりぎりの暗さの美で、のちにDVDで再見したら全然違う映画のようになってたので、ここでは映画館で観たときの記録で書く。今様伝授の場。花ノ本寿と東野孝彦の烏帽子のシルエットのゆがみとか、ピン送りによる枝の撮影、膨らんだり縮んだりする感じ。外の宴の画面の上半分のにじみ。湖面のさざなみ。それを断ち切る舟の漕ぎ渡ったあと。こう書いていくと神経質っぽい映画と思われるかもしれないが、そういった神経質っぽい画像を塗り重ねることで、中世の宮廷の脱力感が出たように思う。勃興しつつある民衆の圧力への憧れもあるが、いまさら宮廷を飛び出す意志もない公家たち。その淀み切った気分が見事に美としてスクリーンに満ちた。志ん朝は定家のせがれをやっていた。偉大な父の跡取りの役。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 8点(2013-12-19 09:17:45)
1.終始、画面は暗いか、もしくは逆光。
これがまた観づらい。
ATGらしい実験的な試みだろうが、決して観ていて良いとは感じず、苦痛の2時間となった。
しかも、内容も分かりづらく、又、出演陣にも魅力を感じ得なかった。
ジャネット八田もなぁ・・・話し方からしてうざい。
ATGは低予算映画が多いが、大物の俳優・女優を使わなかった(使えなかった)ことは、確実にマイナスな方向にはたらいている気がする。

ただし、映像面で言えば、1974年という製作年から鑑みて、とても美しく、時代を超越しているようにも思える。
映像面に関しては、ATGの実験的精神が花開いていたのではないだろうか。
まさに時代を先行く映像美であった。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 3点(2009-08-20 06:37:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS