パッセンジャーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パッセンジャーズ
 > (レビュー・クチコミ)

パッセンジャーズ

[パッセンジャーズ]
Passengers
2008年【米・カナダ】 上映時間:93分
平均点:5.99 / 10(Review 75人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-03-07)
ドラマホラーサスペンスミステリー
新規登録(2009-01-21)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-11-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロドリゴ・ガルシア〔監督〕
キャストアン・ハサウェイ(女優)クレア・サマーズ
パトリック・ウィルソン〔男優・1973年生〕(男優)エリック・クラーク(生存者の1人)
デヴィッド・モース(男優)アーキン(航空会社の代表)
アンドレ・ブラウアー(男優)ペリー・ジャクソン(クレアの恩師)
クレア・デュヴァル(女優)シャノン(クレアの患者)
ダイアン・ウィースト(女優)トニ(クレアの近所の夫人)
ドン・トンプソン〔男優〕(男優)
魏涼子クレア・サマーズ(日本語吹き替え版)
桐本琢也エリック・クラーク(生存者の1人)(日本語吹き替え版)
浅野まゆみシャノン(クレアの患者)(日本語吹き替え版)
竹口安芸子トニ(クレアの近所の夫人)(日本語吹き替え版)
音楽エド・シェアマー
撮影イゴール・ジャデュー=リロ
製作ショーン・ウィリアムソン〔製作〕(ライン・プロデューサー)
製作総指揮ジョー・ドレイク
ネイサン・カヘイン
配給ショウゲート
編集トム・ノーブル
あらすじ
航空機事故生存者のPTSDのケアのため派遣されたクレア。患者たちの症状は様々であり、グループ治療は困難な運営状況にあった。一方、グループ治療を拒絶するエリックは、積極的に個人的にクレアに近付いていく。そして、生存者たちを見つめる飛行機会社の男。実はその事故にはいくつもの秘密が隠されていたのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
75.《ネタバレ》 前半は、中途半端に恋愛が入り、もっとサスペンスなものを期待していたので、退屈であった。最後の方で結末が分かったときには、すっとんきょんな感じでずっこけた。全部が中途半端で、何が伝えたいのかもよくわからない内容だった。
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 3点(2020-05-18 00:49:42)
74.《ネタバレ》  あー、もう、これははっきりダメなタイプの映画。
 まず最初の1時間が驚くほど退屈。どう料理しても面白くなる題材なのに、なぜこんなに退屈にできるのか不思議。オチに乗っかりすぎて、ドラマ性もサスペンス要素もすべてが中途半端になっています。そのうえでオチがこれじゃあ良いところがアン・ハサウェイのお顔しかないです。
 それに他の類似作品と比べても、これは途中でオチがわかっちゃう作品。もしかして・・・と思いつつも、そうじゃなきゃいいなあと。でも、空港内のデヴィッド・モースと対決するシーンで確信。
 ただ私は、『クレアが乗客。クレアが精神鑑定、カウンセリングを受けている。催眠治療の途中』みたいなもんを想像していたのです。実際には全然違ったわけですが、『現実世界ではない』というのは当たっていたわけです。これ大事。夢オチなんです。そう、夢オチ。私がいっっちばん嫌いなタイプのストーリー。
 とりあえず、幽霊のくせに睡眠とるのはやめてほしいものです。
 こーゆー作品のニーズって結構あるみたいですね。定期的に見かける気がします。特に『飛行機墜落系』は多い気がする。手に取らないよう気をつけねば・・・・・・!でもどうやって気をつけたら良いのでしょう・・・。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2020-05-07 14:45:02)
73.《ネタバレ》 最後のシーンではとてもおだやかな気持ちになれた。けど、このテーマだけで最初から最後まで引っ張るのは無理があった。もっといろんなイベントがないと。ただ長いだけの映画という感じ。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 5点(2019-06-21 00:51:12)(良:1票)
72.《ネタバレ》 終盤のまさかの展開にびっくりしました。色々と突っ込みどころがありそうなのですが、なんというかそれでも最後の真実が明らかになったあとの映画の雰囲気は自分にとっては心地よいものでした。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-03-10 10:21:23)
71.《ネタバレ》 「手法」「オチ」「どんでん返し」「二番煎じ」などの言葉が舞っていて、手厳しいレビューも多いですね。しかしこの映画は明らかにヒューマンドラマです。そういった意味ではパッケージや宣伝の人の罪は大きいですが、映画というものは変に勘繰らず素直に没入したほうが作り手の意図する流れに乗れて幸せです。ネタバレすると面白さが半減しますのでレビューなど見ずに鑑賞することをお勧めします。

【ここからネタバレ注意】
そもそも題名からしてネタバレしていますが、まさかこういう方向だったとは・・ なかなか意外です。死んでなおしばらくの間は普通に生活している(気づかずに)であろうという説は聞いたことがあります。しかし死後の世界は検証不可能なので自分がそこへ到達するまではそれが事実かどうかは判りません。そういった意味ではがっつりファンタジーだともいえます。

この映画は人間が突然不慮の死を迎えた時の無念さや寂しさなどがよく表現されています。特にネタバレ後のエピローグ的な部分がとても素晴らしく、機内での最後の描写があるおかげで映画全体がより一層哀愁あるものに昇華しています(そして伏線回収も一気に行われます)。 本来なら無事に飛行機が着陸し、その後あったであろうその人の人生・理想を彼女は生きたわけですが(まあ死んでいるけれども)、エピローグがあったおかげで観客も本人と一緒に走馬燈のように映画をおさらいできたのは高評価です。いやむしろラスト10分で評価が一気に上がりました。

「ありふれた手法だし陳腐なネタだ」と切り捨てる前に、深くこの映画を理解すればどんでん返しに主軸を置いていないことに気付くでしょう。誰も生きている人は出てきませんが、非常に暖かい映画であったといえます。バランスよくまとまっていてとても素晴らしい作品です!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 9点(2018-07-16 10:45:09)★《更新》★
70.《ネタバレ》 最初からオチを想像して見ると、面白さ激減です。カウンセリングを受けるメンバーが1人1人消え…ああそうだったのね、と気づかされる。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 7点(2018-05-04 16:57:45)
69.《ネタバレ》 ○終盤のネタばらしで「この手の映画」として受け入れられるかにかかっているような作品。○事故後に関わった人物が自分の人生で役割を演じた人物であるところはややご都合主義か。○役者陣はある好演。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-03-26 20:10:53)
68.主人公がこういう状況下の自分を受け入れるまでのドラマは他の映画でもあるのですが、
その状況が明らかになるまではいずれの場合も不条理に感じることが多い。
美しくもどこか暗さのある作品の空気と、その中にいるアン・ハサウェイがとても良かった。
最初は何かを隠ぺいしようとしているようなデヴィッド・モース演じる男の使い方や、
少々気味が悪いおっせかいなダイアン・ウィ―スト演じる近所のおばさんに何の意味があるのか?など
この手のドラマはその状況が明らかなった後、いかにそれまでの出来事がスッと受け入れられるかだと思います。
垣間見えてくる、事件に関する辻褄が合わない点。それは、自らの置かれている状況そのものでもある。
アン・ハサウェイが自分の状況を穏やかに受け入れられるよう導かれていく終盤の流れも良かったと思います。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-02-26 21:39:18)
67.《ネタバレ》 映画の展開がとても冗長で退屈です。
一応「サスペンス」や「ミステリ」ジャンルの映画だと思いますが、そうであるならもっと話に緊迫感をもたせて観客に興味を持たせてくれないといけません。
映画を観ながら、あまりに退屈で登場人物達に全く興味が持てないんですからサスペンス映画としては致命的です。
だって興味が持てない人がどうなろうと、ぶっちゃけどうでもいいじゃないですか。

そしてオチ、映画の途中で夢の中のように不自然でつじつまが合わない事が多く発生するので「なんかそういう事なんだろうな」と思ってたら案の定そういうオチ。

てか結論出てから先も長い。
この情緒的な雰囲気展開いる??
最後に姉出す必要ある?

…とまぁ、いちいちダメなところばかりが引っかかるダメ映画でした。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-01-28 22:04:47)(良:1票)
66.《ネタバレ》 お?ん?? (!!) そういうことね。。。  なかなかよくできてるな~これは。このテのものは他にもあるけど、これは独特の作風でありましたね。あ、アンは相変わらず美人でしたハイ 
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-09-17 22:33:26)
65.《ネタバレ》 まったく予期していなかった、突然の人生の終わり・・・。そりゃ悔いも残るだろうし、そのまま天には召せないよぉ!って抗いたくもなりますよね。この話、そういう目に遭った本人の無念さだけでなく、残された人たちの気持ちを癒してくれる映画なんだと思います。

このような題材を、「このサスペンスの真相は!?」とか「アン・ハサウェイ主演のラブロマンス!」など、興行成績を上げるための「一般ウケ」するカタチに当て嵌めてしまったために、鑑賞ポイントを間違えた人も多いようで、もったいないですね。

ラストにたどり着くまで、全体的にテンポ感やメリハリに欠けた印象で、せっかくのいいネタなのに、もっと上手い料理法で味わいたかったです。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-09-08 15:09:30)
64.まったく予想外のオチに驚きました。途中から、単なる事故ものやサスペンスものではない怪しい雰囲気は漂わせていました。ストーカー男とあっさり恋愛関係になるとか、なかなか登場しない姉とか、不気味すぎるマンションのオバサンとか。ずっと雨模様なのも変。しかし私の想像力では、姉が事故の犠牲者か、または本人が事故の生存者で、精神に支障を来して妙な世界を形成しているのかなと。「シャッターアイランド」的な話かなと先読みするのが精一杯でした。
そんなチンケな想像を見事に裏切ってくれたわけで、「そんなアホな」と思う反面、案外あり得ない話ではない気もします。特にラスト付近、アン・ハサウェイの〝横向き〟の大きな瞳が印象的。勉強一筋の地味な生活で、恋愛経験も乏しいという設定が効いています。仕事も恋愛も、最後に〝夢〟を叶えたわけで、悲劇でありながら一種の爽快感に包まれるという、ちょっと不思議な印象をいただきました。
眉山さん [インターネット(字幕)] 9点(2017-07-29 16:39:48)
63.予備知識無しで視聴。
サスペンスだと思っていたら、そっち系の話だったか!

プロット自体はもはや珍しくはないけれど、オチへの持って行き方がなかなか良かった。
アン・ハサウェイの魅力が詰まった映画です。
賛否あるようですが、素直に楽しめました。
Bさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-07-16 02:00:37)
62.《ネタバレ》 地上波で放送されたときに最後の部分しか観れなかったので改めてビデオを借りて見直しました。
結末が分かった上で最初から観賞したので、結末の意外性や驚きは随分と薄くはなってしまった
のが非常に残念ではありましたが、それでも十分楽しむことができました。

クレアや5人の乗客の体験が果たしてこの世の出来事なのか、それとも死ぬ直前の一炊の夢ようなもの
なのか、物語自体にはやや無理があるとは思いますが、伝えたいことは十分感じ取れたと思います。

人間だれしも突然訪れた死の瞬間には、それを受け入れることが出来ずにもがき苦しむのでしょうし、
色々な思いが脳裏を駆け巡ると思います。
クレアも事故発生から死までの間の一瞬の間に、生きていれば訪れたであろうセラピストとしての
充実した仕事やエリックとの恋、そして姉との関係修復などの様々な生への執着や後悔があのような
物語となって頭をめぐったということなのでしょうか。

そんな苦悩をこのような形で描いたこの映画はやはり心に残る映画の一つになると思います。
キムリンさん [DVD(吹替)] 8点(2017-06-11 21:03:21)
61.《ネタバレ》 なんの予備知識もなく見たので、予想以上にいい映画でした。
こういう映画を見ると、自分ってシンプルにできててよかったーと思います。
先読みとかして、心から映画を楽しめるかってーの!
プラネットさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-03-19 22:14:10)
60.《ネタバレ》 アン・ハサウェイの魅力が120%詰まった作品。勝手な思い込みだが人柄の良さが顔ににじみ出てるんだよなぁ。終始見とれてました。お話は「えっ?そっち系?」だが、監督の腕が良いのかちゃんとみれた。最後に登場するお姉さんが切ない。
ぴのづかさん [ビデオ(字幕)] 7点(2016-09-08 21:16:38)
59.《ネタバレ》  もし身近な人が突然の事件・事故に巻き込まれて亡くなってしまったら。
 どれ程苦しく、怖かったのか。最期に何を思ったのか。考えては涙し、長い間悲嘆に明け暮れるでしょう。
 とある昔、古めかしいメモを目にしました。
 よれよれの文字が書かれており何の気なしに読み進めたところ、飛行機事故で亡くなられた方の遺書だと気付き、幾度も読み返しました。
 その時の衝撃は、この映画の謎が明かされる場面に感じたものと似ています。たかが映画、作り話じゃないか、と切り捨てないでください。
 映画が公開された2008年から現在まで、まだ10年も経っていないのに、さまざまな出来事がありました。もしかしたら自分がその場にいたかもしれない、馴染み深い地での悲しい出来事もありました。
 亡くなった人々がどれ程苦しく、怖かったのか。最期に何を思ったのか。残された多くの人が知る術の無い答えを、この映画が教えてくれている気がします。
 そしてエリック。彼のような人は本当にいるんです。死ぬかもしれない時に他の人を励ましたり気遣ったりできる人が。自身の親兄弟や子供を案じて心が張り裂けそうなのでしょうけれど、目の前の怯える人達を見捨てない。
 後の行動がはっちゃけ過ぎてキザなナンパ野郎に映るかもしれませんが、実際はいい人だと酌んでいただきたいです。
ぱいなぽさん [地上波(字幕)] 8点(2016-06-24 02:28:51)(良:1票)
58.《ネタバレ》 こんなに切ない結末だったとは!
お迎えでごんす、だったとは!

ペリー先生は、クレアに、数名の乗客のトラウマを解消して成仏に導くという使命を提供するのと同時に、クレア自身を成仏させるために依頼したのね。
事故の救助シーンが一切なかったり、エリックが人の船に忍び込んでも平気なところなどで何か変だなーと思ったけれど、最後まですっかり騙されました。

先に亡くなっている大好きな人たち(犬含む)が迎えに来てくれて、それぞれ一応納得した後、穏やかに旅立てるというのは、とても良いなー実際そうだったらいいのになーと思いました。
nina09さん [インターネット(字幕)] 8点(2016-04-12 18:52:11)
57.《ネタバレ》 死ぬならガンがいいらしい。ゆっくり死ねるのでいろんな事ができるから。死に際で後悔するのはやはり「家族との和解」なんだな。無念でない死などあるはずもないだろうが、特に事故死や突然死は何もできずにある日突然命が奪われるので無念極まりないのだろう。で、成仏できずに彷徨う。テーマは悪くないのに、変な恋愛要素を盛り込んだり、サスペンス系とかドンデン返し系にしてしまった事により、類似作品と比較され低評価されてしまう残念な作品ではある。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2015-07-09 11:51:42)
56.《ネタバレ》 死んでも恋ができるなんて、最高にすばらしいことではないか!
JFさん [DVD(吹替)] 5点(2015-06-01 09:09:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 5.99点
011.33%
100.00%
222.67%
334.00%
456.67%
51722.67%
61722.67%
71621.33%
8912.00%
956.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.11点 Review9人
2 ストーリー評価 6.33点 Review12人
3 鑑賞後の後味 7.25点 Review12人
4 音楽評価 7.11点 Review9人
5 感泣評価 6.18点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS