地獄(1979)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 地獄(1979)
 > (レビュー・クチコミ)

地獄(1979)

[ジゴク]
1979年【日】
平均点:7.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1979-06-02)
ドラマ
新規登録(2009-01-21)【amicky】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督神代辰巳
矢島信男(特撮監督)
キャスト原田美枝子(女優)水沼アキ/生形ミホ
林隆三(男優)生形幸男
西田健(男優)生形竜造
田中邦衛(男優)生形雲平
栗田ひろみ(女優)生形久美
岸田今日子(女優)生形シマ
石橋蓮司(男優)生形松男
加藤嘉(男優)山尾治
稲野和子(女優)浪江
岡島艶子(女優)
広瀬義宣(男優)赤塚作次
笹木俊志(男優)谷地登
福本清三(男優)メカニック
木谷邦臣(男優)トレーナー
丸平峰子(女優)中年女
畑中伶一(男優)村人
波多野博(男優)村人
大前均(男優)
原田力(男優)
毛利菊枝(女優)懸衣嫗
浜村純(男優)懸衣翁
佐藤友美(女優)尼僧
天本英世(男優)茶吉尼天
金子信雄(男優)閻魔大王
和歌林三津江(女優)老女
脚本田中陽造
音楽真鍋理一郎
撮影赤塚滋
企画日下部五朗
松平乗道
翁長孝雄
配給東映
美術鈴木孝俊
録音溝口正義
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.かなり昔に一度観たきりでしたが、改めて観る機会があったので観てみました。すごいカルト映画です(褒め言葉)。当時は横溝映画のヒットもあり、おどろおどろしい邦画というのが結構ありましたが、その影響が強いです。役者も濃いですね。田中邦衛さんなんて「八つ墓村」に続いて嘔吐シーンがあったのが印象深いです。原田美枝子さんという女優さんてすごいですね。当時20そこそこだそうですが、すごいパワー・勢いを感じました。何と言うか内側からにじみ出る妖気とでも言うのでしょうか、今の俳優ではこの役はできないでしょうね。あと特撮がチャチ(褒め言葉)なのも怪しさ倍増でよかったです(「西遊記(TV)」と同じ年代なので納得です)。しかし冒頭の赤子の人形丸出しはたまげました。いやあの人形丸出しはわざとだと思います。あれによってラストの生まれ変わり?の赤子のシーンがより感動的になっていると思います。
あのラストにはジーンとして涙が出ました。本当です。
金田一耕助さん [地上波(邦画)] 8点(2017-06-17 16:49:39)
4.《ネタバレ》 全体に終始漂う不協和音的雰囲気と、登場人物全員の救いようのないどろどろっぷりが、見る側を常にぐいぐいと先に引っ張っていく。大体、最後は全員が本当に地獄で再会って、そういう製作発想を持つこと自体が凄いが、それを実際に映像作品として完成させてしまう執念も凄い(加藤嘉まで悪人役っていうのは、珍しいのでは?)。その妄執ぶり(ほめ言葉)が、セットの安っぽさも特撮のチャチさもすべて吹き飛ばす。それにしても、原田美枝子は21歳でこの設定負けしない演技をしているというのも驚き。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2012-04-02 02:51:28)
3.本当に鬼が出てくる映画はそうない。そのほかの描写も、地獄をあまりにリアルに描こうとするためのシーンとしてはやむを得ないと思う。日常が非日常に徐々に変わり、最後は地獄にまでなってしまう。人間の性(さが)を考えさせられる映画である。当時の世相を反映した、青春映画の一種だったと思っている。印象に残る浜村純のセリフ「行け地獄は闇のかなた・・・」は、青年達に困難を克服してみろという応援メッセージに聞こえた。
けん124C41さん [地上波(邦画)] 8点(2010-12-12 01:46:59)
2.《ネタバレ》 本当の地獄は人間のいるこの世…とかいう寓話的なお話かと思いきや、「マジ地獄」なのでちょっと驚きました。登場人物は全員罪人で誰一人感情移入できない(させようとしていない)あたりのメーターの振り切り方が、今の日本ではなかなかできないでしょうねえ。原田美枝子の淫乱っぷりはなかなか面白いが、これまた今の日本ではウーマンリブとかに怒られそうな感じ。80年代に入る直前の、日本映画のあだ花としてご覧いただくのがよろしいかと思います。個人的には非常に気に入った一本。
ケルタさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-04-14 00:58:01)
1.山村の旧家、ドロドロした人間関係、加えて、岸田今日子、おまけに歌は山崎ハコ。
これ以上は無い程条件は整い、おどろおどろしい雰囲気で話は進む。
”愛欲”という”人間の業”がテーマだからか、見終わった後に何かしらインパクトを与える不思議な作品。
amickyさん [インターネット(字幕)] 7点(2009-03-10 22:53:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7360.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS