ディファイアンスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > ディファイアンス
 > (レビュー・クチコミ)

ディファイアンス

[ディファイアンス]
Defiance
2008年【米】 上映時間:136分
平均点:6.39 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-02-14)
ドラマ戦争もの実話もの
新規登録(2009-02-05)【Sgt.Angel】さん
タイトル情報更新(2017-01-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ズウィック
助監督ダン・ラーナー〔監督〕(第二班監督)
キャストダニエル・クレイグ(男優)トゥヴィア・ビエルスキ(ユダヤ人三兄弟の長男)
リーヴ・シュレイバー(男優)ズシュ・ビエルスキ(ユダヤ人三兄弟の次男)
ジェイミー・ベル(男優)アザエル・ビエルスキ(ユダヤ人三兄弟の三男)
アレクサ・ダヴァロス(女優)リルカ
アラン・コーデュナー(男優)ハレッツ(ノバグルドクの森から逃げてきた男)
マーク・フォイアスタイン(男優)イザック(ノバグルドクの森から逃げてきた男)
トマス・アラナ(男優)ベン・ジオン
ジョディ・メイ(女優)タマラ
ジョージ・マッケイ〔男優・1992年生〕(男優)アーロン・ビエルスキ
ミア・ワシコウスカ(女優)ハイア(アザエルの妻となる女性)
マーク・マーゴリス(男優)ユダヤ人の古参
小杉十郎太トゥヴィア・ビエルスキ(ユダヤ人三兄弟の長男)(日本語吹き替え版)
浪川大輔アザエル・ビエルスキ(ユダヤ人三兄弟の三男)(日本語吹き替え版)
原作ネカマ・テク「ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟」(ランダムハウス講談社)
脚本エドワード・ズウィック
クレイトン・フローマン
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ジェフ・アトマジアン
ブラッド・デクター
撮影エドゥアルド・セラ
製作エドワード・ズウィック
ピーター・ジャン・ブルージ
製作総指揮マーシャル・ハースコヴィッツ
配給東宝東和
特撮ウィリアム・メサ(視覚効果スーパーバイザー)
衣装ジェニー・ビーヴァン
ヘアメイクトレフォー・プラウド(ヘアデザイナー/メイクアップデザイナー)
編集スティーヴン・ローゼンブラム
録音ロン・ベンダー
アンディ・ネルソン[録音]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.ダニエル・グレイグ目当てでの鑑賞ですが、期待した「ダニエル感」は感じられず
もう少しナチスから逃れる迫真に迫るドキドキ感が欲しかったように思いました。
昭和の代表さん [DVD(字幕)] 5点(2017-12-07 22:20:11)
17.《ネタバレ》 最後のドイツ軍弱すぎ、主人公に都合よすぎな展開にがっかり。
途中までリーダーの苦悩とか描いてて、良かったのに残念。
草のつるぎさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2017-07-18 11:21:13)
16.《ネタバレ》 実話ものならではな重さと暗さ。こういう雰囲気の内容にダニエル・クレイグは合うなぁ~。なかなか見応えのあるものでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-05-02 08:16:43)
15.《ネタバレ》 予備知識なしで、なんとなく鑑賞していたんですが、始まって数分で目が離せなくなりました。ラストの展開には少々違和感を感じましたが(笑)、すっきりした終わり方でよかったです。ダニエル・クレイグかっこいい!
たけたんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-17 13:26:33)
14.《ネタバレ》 ○リアリティある演出故、最後に兄弟がうまいこと助けに来るところが浮いて見えたが、当時の悲惨さは十分伝わってきた。○見せ場こそあるが、少し地味すぎたか。ダニエル・クレイグもボンド役のイメージが強すぎるな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-01-17 10:21:14)
13.こんなダニエル・クレイグも新鮮。いかに自分が恵まれた時代を生きてるか痛感。
Mighty guardさん [地上波(字幕)] 6点(2015-11-19 00:20:07)
12.《ネタバレ》 さしずめインテリが肉体労働しながら「戦う力は必要だ。だが、他にも考える事が・・・”共同体”」と主人公を諭すあたりから話が面白くなってくる。インテリと武闘派の板ばさみ。その他強者と弱者の扱い等々、共同体を維持していくためにリーダーとして只管苦悩し続ける。で、戦争映画の体裁を取った、政治というか共同体の話に転換していく。様々な苦渋の決断を下しながらも追い詰められていく主人公。次男の方もソ連軍に加担するものの、人はイデオロギーではなく感情で動く事を思い知らされる。そして終盤ギブアップ寸前になった主人公はもはや混乱状態で決断ができなくなる程の機能不全に陥る。この辺は映画にありがちな強力なリーダーや英雄ではない人間らしさがあってよいです。が、エンディングに向けて成長した3男の励ましやら、仲違いした次男の助けによって困難を切り抜けて終了。「奇跡は起きない、起こすんだ!」とやっておきながら、結局奇跡的に助かってしまうのかよ!とツッコミを入れたくなります。制作上仕方ないのかもしれませんが、この辺はかなりご都合主義で、「やっぱ兄弟愛!」みたいになってしまって、これまでの緊張感を台無しにするくらいラストで脱力してしまうのですが、よく解釈すれば不完全ながらも弟たちから信頼され、愛され続けた兄だからこそ、救世主たりえたわけであり、これはこれでよいのではないのかとも思えてきます。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-05-18 12:25:01)
11.こういうユダヤ人、ホロコースト系の映画もあるのか。あの厳しい環境や軍隊に対抗してあれだけの数が生き残るなんてほんとうに凄い。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-04-11 23:51:57)
10.《ネタバレ》 第2次大戦下、ナチス及びその協力者からの迫害を逃れ、生き延びるために森の中にユダヤ人コミュニティを作り上げた三兄弟のお話。まず緑の森が印象的に描かれた後、冬の訪れにより森が雪景色となり、生活も厳しいものになっていくと、はたして彼らは無事に春を迎え、あの緑を再び目にすることができるのか、という気持ちになってきます。もっとも、春が訪れたところで無事に暮らせる訳ではないのだけど……。本作で特に描かれるのは、三兄弟の長男で、リーダーである主人公の、矛盾と苦悩。武闘派の次男に対し、穏健派の長男(それとて一度は復讐に手を染め、その虚しさを知ればこそ、なのであるけれど)、しかし意見の対立から殴り合いの喧嘩になったとき、石を手にし相手を撲殺しかねなかったのは、長男の方であった時の衝撃。ユダヤ人たちが集まり組織が大きくなるにつれ、統制も取れなくなっていく。捕えられた無抵抗のドイツ兵をユダヤ人たちがリンチする場面、我々は主人公がこれを止めることを我々は期待するのだけど、彼はその光景を虚しく眺め、無力に立ち去っていく、その時の絶望感たるや、物凄いものがあります。もはやそれほどまでに、明日が無い身である、ということ。神をいくら信じても、現実には奇跡は起きない、ということ。その絶望感を、最終的には兄弟愛が救う、というのが、出来すぎたヒューマニズムかも知れないけれど、本作が提示する「救い」として、やはりそれは美しいと思うのです。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-01-11 09:00:41)
9.エドワード・ズウィックという人は、重めのテーマをエンターテインメントのオブラートに包んで見やすく提供する技術に長けていて、「ラスト・サムライ」や「ブラッド・ダイヤモンド」ではそれが遂に全面開花していたんだけど、この作品はどうもそのセンスが裏目に出ています。実話ベースの実在の登場人物ということで、得意の好き勝手な創作も自粛したのか、それによって演出はこぢんまりとまとまってしまい、他方で銃撃戦なんかは十八番のこだわり大展開をしているので、進めば進むほど、リアリティは失われ、話が空中浮遊する感じになっているのです。森林に隠れた生活というのが主軸なんだから、もっと日常生活の1つ1つをじっくりと見たいところでした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-12-22 02:58:53)
8.《ネタバレ》 ハリウッドで定期的に製作されるホロコースト映画にはプロパガンダ臭がするため、私はそれらに対して懐疑的な姿勢を持っています。本作についても「どうせいつもの『私達は被害者です』映画だろう」と高を括って観ていたのですが、前半を見終わって、これはホロコースト映画ではないことに気付きました。ユダヤ人の被害者意識が殊更には強調されていないし、ナチスによる残虐行為もほとんど登場しません。それどころか、ユダヤ人の中にも仲間を苦しめる者がいたことや、捕虜となったドイツ兵にリンチを加える場面がきちんと描かれていて、ユダヤ人寄りの映画ではないことがはっきりとわかります。本作のテーマはホロコーストではなく、森で数年間立て篭もらざるをえなくなった人々の戦いという、恐ろしく単純なものだったのです。ダニエル・クレイグ演じるトゥビアの、リーダーとしての苦悩に対して特にスポットが当てられるのですが、リーダーシップに関する考察としては興味深い内容となっています。立て篭もったユダヤ人達は食うにも困る状態にあり、そんな中では「自分さえ良ければ」という風紀が横行しがちとなります。自分の生存すらままならぬ状況では、他人を思いやる余裕などないからです。だからこそ、集団を維持するための強力なリーダーシップと厳格な規律付けが求められるのですが、ここでトゥビアはひとつの大きな問題にぶち当たります。いよいよ状況が極まり、規律を無視する者が現れた時、リーダーとしてこれにどう対処すればよいのか?ある者は、「食糧は全員で平等に分配する」という規則を破り、貴重な食料を独り占めしようとしました。ある者は、「妊娠をしてはならない」という規則を破り、子供を作ってしまいました。トゥビアは、前者に対しては死を与えましたが、後者は無罪放免としました。しかし、規則違反という点では後者に対しても何らかの罰が与えられるべきではなかったのか?ここに集団維持や規則というものの難しさがあります。例外を認めると規律は崩壊してしまうし、かといって厳格すぎると形式が先行して規律が破綻してしまう。結局、トゥビアはこのジレンマを乗り越えることができず、クライマックスではリーダーとして機能不全に陥ってしまいます(運よく援軍に救われただけで、あのままでは全滅していました)。「こんなオチ、ありなの?」とも思ったのですが、なかなか興味深い着地点だとも思いました。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2011-12-19 01:59:34)
7.《ネタバレ》 とにかくダニエルクレイグのはまり役で、復讐やリーダーとしての苦悩、家族との
絆など単調だが飽きさせない内容でかなり引き込まれました。映像もきれいで美しい森の景色の中でたくましく生きる人々が描かれており、まさに自分の中で、あつく燃える何かを感じさせてくれました。傑作です。
けっとうさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-17 00:10:48)
6.今まで、この作品の類いは表面しかみていなかった事を実感した。視点を変えて見ると様々事が見えて勉強になりました。
映画さん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-08 14:52:10)
5.《ネタバレ》 ダニエル・クレイグなんて007シリーズでしか知らないので、意外と演技派だったりするのねと新たな一面を垣間みた様な気分。敵に追われて一面に広がる湿地に出た時、仲間達からあーだこーだ言われて「トゥヴィア、どうするでんか!?」みたいに言われている時の、指揮官の苦悩に強い共感を覚えましたね。決して悪い作品ではないと思います。ただ、じゃあ見終わってなにかずしりと心に残るものがあったかといわれると、う~ん、、、。やはり基本的には娯楽作品ですからね。派手なドンパチシーンは見ものでしたが、ラストの間一髪のところで助けにくる兄弟という展開に、ある種の陳腐さを感じてしまうのも否めないところ。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-04 23:27:14)
4.機関銃掃射だろうが焼夷弾投下だろうがまったく弾が当たらない、
不死身の三兄弟なのね。D・クレイグはボンドより断然こっちのほうがいい。
J・ベルが相変わらず可愛くて安心した。
mimiさん [映画館(字幕)] 6点(2009-03-18 16:18:31)
3.《ネタバレ》 悲壮感たっぷりに苦悩しまくるキャラという点ではクレイグ版ジェームズ・ボンドとほとんど同じような性格だが、クレイグはこちらの方が服装、作品の雰囲気等を含めよく似合っている。ジェイミー・ベルもなかなかいい育ち方をしているし、彼の相手役の女優さんもすごくきれいだった。他の俳優陣の熱演はもちろんのこと、この作品は映像の美しさだけでも十分に観ていられる。森の風景はどこを取っても素晴らしいが、特に雪解けの場面は幻想的なまでに美しい。
戦闘シーンは新鮮味には欠けるものの、手堅く演出されいるし、戦争映画というよりビエルスキ兄弟のドラマがメインなのでこの辺りは大して気にならない。
ただ、この作品は同じくエドワード・ズウィック監督作の『ブラッド・ダイヤモンド』ほどの衝撃は得られなかった。監督が真摯に忠実に原作を映像化しているので、感情的な演出は排しているのだけれどもそれが良くも悪くも作用している。落ち着いた美しい映像が撮れた代わりにやや物語が羅列されただけで終わってしまった感がある。事実を語ることに終始して監督が語りたいことが薄まってしまったのかもしれない。
ビエルスキ兄弟はシンドラーと違ってあまり知られていない人物なので、こういう人々がいた、ということを伝えるだけでも十分に映画化する価値は有ると思うが、それ以上でもそれ以下でもない出来になってしまった気がする。
Sgt.Angelさん [映画館(字幕)] 6点(2009-03-03 00:14:26)
2.《ネタバレ》 なかなか見応えがありました。ダニエル・クレイグの演技が素晴らしかったですね。リーダーとしての苦悩や決断などを見事に演じていました。ラストに実際の兄弟の写真が映し出されたときはジーンとしましたね。
ギニューさん [映画館(字幕)] 8点(2009-02-23 20:11:34)
1.《ネタバレ》 ナチスに追われるユダヤ人の集団を通し、戦争によって翻弄されてゆく人々の姿を描いています。そして同時に国家や民族、宗教の対立はおろか、共同体や家族の間でさえ諍いは絶えず、理解しあい、平等の下に暮らしてゆくのは大変に困難であるという映画でもあり、そこから戦争を起こす事の根源的な要因、それを回避するために必要な心を突き詰めようとしているのかな?と思いました。美しい森の中で、絶望と生への執着に足掻く人々の姿が印象的な映画です。しかし、中盤は流れを失い、エピソードが羅列される状態になってまとまりに欠け(ついでに近くの席の女性が5分くらい延々携帯メールを打ち始め、集中力ぷっつり切れちゃって。お願いですから上映中は携帯の電源を切って下さい、メールしないで下さい、それが無理ならDVD出るの待って家で見て下さい)、更にクライマックスでハリウッド娯楽映画風な展開と「え?それで終わっちゃうの?」という潔すぎな幕。それまで描いた重さに比べて、なんてスッキリ爽快なエンディング・・・。重さ苦さ、メッセージまでをも忘れ去らせてしまうようなケリの付け方に、むむぅ・・・と頭をヒネりながら映画館を後にしたのでした。あと、いくらアメリカ映画だとは言え、今から68年前のベラルーシの人間が「オーマイゴッド!」とか「ファック!」とか言うのってアリなの? それにしても、音楽とか集団の描き方とか戦闘描写とか、一体いつになったら世界の映画作家はスピルバーグの『シンドラーのリスト』と『プライベート・ライアン』の呪縛から解き放たれるのでしょう?
あにやんさん [映画館(字幕)] 6点(2009-02-14 20:27:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 6.39点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5316.67%
6950.00%
7211.11%
8422.22%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
作曲賞(ドラマ)ジェームズ・ニュートン・ハワード候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS