Menu
 >
 >
 > レスラー

レスラー

The Wrestler
2008年【米・仏】 上映時間:111分
平均点: / 10(Review 119人) (点数分布表示)
ドラマスポーツもの
[レスラー]
新規登録(2009-03-11)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-03-21)【TOSHI】さん
公開開始日(2009-06-13
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ダーレン・アロノフスキー
キャストミッキー・ローク(男優)ランディ・ロビンソン
マリサ・トメイ(女優)ストリッパー キャシディ
エヴァン・レイチェル・ウッド(女優)ランディの娘 ステファニー・ロビンソン
マーク・マーゴリス(男優)レニー
アジェイ・ナイデュ(男優)医者
脚本ロバート・シーゲル
音楽クリント・マンセル
作詞ブルース・スプリングスティーン"The Wrestler"
マドンナ"Jump"
主題歌ブルース・スプリングスティーン"The Wrestler"
挿入曲マドンナ"Jump"
ガンズ・アンド・ローゼス"Sweet Child O'Mine"
撮影マリス・アルペルチ
製作ダーレン・アロノフスキー
配給日活
美術ティム・グライムス(プロダクション・デザイン)
衣装エイミー・ウェストコット
編集アンドリュー・ワイスブラム
その他スチュアート・ローゼンバーグ(追悼)
あらすじ
中年レスラーのランディ〈ミッキー・ローク〉が人気の絶頂を誇ったのはすでに20年も前のこと。今ではスーパーでアルバイトをしながら、衰えた肉体を押してドサ回りの興業に出場していた…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.ミッキー・ロークかっこえぇー!!
90年代に猫パンチなどと揶揄され、日本を失笑の渦に巻き込んだボクサーへの転向、
その後、俳優としてもパッとせず随分長い間影を潜めていた彼でしたが。。

それがし、今作品の彼はすごく輝いてみえます。勿論、当の本人の事なぞ経歴程度しか知らないわけですが、彼が幼少時代の頃に両親が離婚し母親に引き取られた時分の事と本編における父娘との関係、そしてプロレスラーとし全盛期だった頃との比較などなど、本人の人生とダブってみえてしまった。それが役にピタっとはまったのかまさに適役。

整形を繰り返したが故のボロボロの顔も一層渋くみえ貫禄すら漂う。スクリーンに映る彼の佇まいには哀愁すら感じました。
自分にはこれしかないという決意を胸に“生きた証”を残した彼から勇気を与えられた。
落ち込んだとき観ればまだ自分はがんばれるって言い聞かせられる。

ミッキーには、彼しか演じられない個性ある俳優人生を今後も続けてほしいと願う。
応援してるよミッキー・ローク!
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 9点(2010-01-30 20:30:02)
38.《ネタバレ》 華やかな80年代のプロレスやロックの世界が忘れられない夢の亡者たちに向け、夢の世界でしか生きられない男の因果な生き様を静かに熱く描いた傑作です。そして、この20年の間、知らぬ内にいろいろなものが失われていってしまったことに気付かされました・・・・・。

 とにかく、ミッキー・ロークの体を張った演技が素晴らしかったです。完全にレスラーになり切っていて、全く違和感は感じられませんでした。

 しかし、ガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O' Mine」が流れた瞬間に涙腺が崩壊してしまったんですが、この曲が懐メロ的に使われる時代になったんだなあ・・・・・・

 時折、痛々しい描写があるのとプロレスの舞台裏が赤裸々に描かれすぎているのがちょっとアレですが、本当に良い映画でした。
TMさん [DVD(字幕)] 9点(2010-01-30 02:09:01)
37.良かった。男の顔は履歴書というが、ミッキーロークはいい顔している。「ナインハーフ」の頃のたらし屋の顔ではない。ストリッパー役の女優(マリサ・トメイ)はきれいなのに、あんな役までやらされて、それでも演じちゃう。ああいうストリッパーって日本よりも敷居が低いのかな?客とはちゃんと一線ひくし。まあ、なにせ凄い。最後の「みんながオレの家族だ!」というセリフ、いい事言うと思ったが、ちょっと寂しい感じもした。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-28 20:34:55)
36.不器用な生き方しかできない男と女、そして娘 みんな不器用で傷つきながらも懸命に生き場所を探す。いい映画だった。
東京ロッキーさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-24 17:50:13)
35.《ネタバレ》 勝利のためでも、栄光のためでも、金のためでも、愛のためでもない。死の危険があろうが「リングで戦う事」こそが彼の生きるための唯一の道であっただけなのだ。現実での孤独な戦いと比べたら、リング上では怖い事なんか何もない。
男にとって、人間にとって一番大切な事は、やはりその時々の状況によって変わって当然。身も心も痛々しさと生々しさが全開で描かれ、ある意味消去法的に道を選んだようにも見える男の話だが、全く嫌な気分にならない。これが生きるって事なんじゃなかろうか。
すべからさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-24 01:43:14)(良:2票)
34.泣き死にするかと思った。ドキュメンタリーのような撮影はリアルすぎ。ため息、ボイラーの音など生活感を感じさせる一つ一つを丁寧に披露音響は見事。十分良い女だがあえて年齢を感じさせるように撮られたマリサ・トメイも良い。そして何よりぼこぼこの顔、不器用そうな指、体のパーツ全てで役を表現しきったミッキー・ロークには感服。傑作。
GOさん [DVD(字幕)] 10点(2010-01-24 01:15:10)
33.《ネタバレ》 「ナインハーフ」で演じた優男からは想像もつかないマッチョでそして衰えたM・ロークには驚き。年齢を重ねる事は悪くはないけど、レスラーとストリッパーには確かにちょっと辛いのか。劇中で語られる80年代のグラマラスなロックは90年代に入りニルヴァーナで代わり、そして衰退したのは事実。音楽は華やかでポップでなければいけない。現在の洋楽の衰退はここにある。音楽に限らず全てのエンタテイメントはこれに当てはまると思う。
kaaazさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-22 23:31:40)
32.ファンにも同僚にもこよなく愛され、一面では幸せな人生と言えるんでしょう、ランディは。パサパサの長髪でうらぶれ感を醸すミッキー・ロークがたまりません。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 9点(2010-01-22 18:55:57)
31.なかなか、リアルで良かったです..前評判が高かったので、もっと泣かせるコテコテのヒューマンドラマかと、想像していたのですが..意外と物語は淡々と進み..どうしようもない侘びしい現実を、1人の男の生き様を通して、シリアスに正直に、描いた作品でした...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2010-01-18 12:40:38)
30.ボロボロで痛々しい体でリングに向かう
戦うしかないんだよな人生

中途半端なドキュメンタリーぽい取り方がちと気になったなあ
どっちかに振り切って欲しかった。
ラストは一瞬へっと思ったけど、これはこれでいいかなって後から思えてきた。
srprayerさん [DVD(字幕)] 7点(2010-01-18 01:12:29)
29.実はミッキー・ロークという俳優が以前から大好きで、ここ最近『シン・シティ』や『ドミノ』等で活躍する彼の姿を見ては、密かに復活を喜んでいた。80年代はセクシー俳優としてもてはやされていたが、いつの頃からか全く売れなくなり、それでも愛犬のチワワ片手に映画界にしがみついていたロークの姿は、本作のランディと驚くほど似ており、その痛々しいまでの変貌ぶりと繊細な(演技を越えた)演技は、ある程度人生経験を積んだ男性諸氏の心の琴線に触れまくるのだ。オープニングから彼の背中を執拗に追うカメラワークに引き込まれ、ラストカットからB・スプリングスティーンの主題歌へと繋がる間も素晴らしく、まんまと泣かされてしまった。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 9点(2010-01-17 17:21:23)(良:1票)
28.作品内容以上に、ミッキー・ロークの俳優魂に感銘!
リングに命を賭けるランディを通して、舞台に命を賭ける俳優・ミッキーを見た。
こういう「仕事バカ」が、廻りの人々を熱くさせ、山が動くのである。どんな仕事でも。
つむじ風さん [映画館(字幕)] 7点(2009-11-19 22:26:48)

27.《ネタバレ》 簡単に言えばミッキー・ロークがあまりにも辛い"男の意地"を見せる映画。女性には中々理解されにくいテーマをマリサ・トメイ演じるパムを通じて表現できている点が素晴らしく感じた。レスラーは自分の体を痛みつけてまでリングに立つ。歳を取り、肉体が悲鳴を上げても戦い続ける。それが自分である証明なのだから。これはストリッパーのパムにも共通する点だ。客からは「俺の母親みたいだ」と茶化され、ステージで踊っても誰も自分を観てくれない。それでも子どもを育てる為に踊り続ける。
ここまで似通っている二人が結ばれないのは悲しすぎる現実だ。しかし結ばれると彼等は彼等では無くなってしまう。よくプロレスを「所詮は見世物、嘘のドラマだろ?」とか「わざわざ痛い思いして何が面白いんだ?」と評価する人がいる。でも自分が自分であるために何も恐れずに舞台に立つ彼等を馬鹿にする権利は誰も持っていない筈だ。
民朗さん [映画館(字幕)] 9点(2009-09-12 01:05:48)
26.筋肉と長髪主人公の男性ホルモン活かすのは家庭でもなく女でもない。 リングの上だけ。そこまでにたどり着く描写は、少し弱かったように感じた。結構良い人に描かれているからだろうか・・。
チューンさん [映画館(字幕)] 5点(2009-09-11 19:18:16)
25.男としてこういう生き方に憧れる一面もあるが、人としてこうはなりたくないと思った
ひで太郎さん [映画館(字幕)] 6点(2009-08-19 11:49:19)
24.《ネタバレ》 作り物とはどこか思えず、実際に存在するキャラクター・ストーリーとしか思えないほど、なにもかもがリアルだった。
自分はプロレスをそれほど好きではないが、普通の人よりは多少知っているレベルだ。
最近でも、68歳のアブドーラ・ザ・ブッチャーと65歳のタイガー・ジェット・シンが戦い、両者反則負けという壮絶な試合をしたそうである。
本作を見ると、自分の世界でしか生きられない男は果たして不幸なのかということを考えざるを得ない。家賃を払う金もなく、愛すべき娘に嫌われて、相手にしてくれるのはストリッパーくらい。全身は傷だらけで、心身ともにボロボロ、まさに満身創痍という状態。リングの下では明らかにカッコいいとは思えない。しかし、いったんリングに上がると、あれほどカッコいい男がいるだろうかというほど輝いている。
不器用で無様で愚直な生き方とも思えるが、その無様な姿も貫き通せば、カッコよく見えてくる。
また、自分の道を貫き通せば、後悔することはなく、自分自身が納得できるのではないか。他人と同じような生き方ができなくても、普通の人が見られる世界ではないものを味わえるはずだ。
自分の世界でしか生きられない男は決して不幸ではなくて、やはり多くの人の憧れであり、カッコよくて、ある意味で幸せな男なのである。
全うな生活を送らなくてはいけないということを頭では分かっていても、心は拒絶してしまうものでもある。
それにしても、娘との食事の約束をすっぽかす理由が、ヤクをキメて、女とヤッていたことが要因になっているということがなんとも泣かす。誰かを助けていて約束を守れなかったり、プロレスの大事な試合と天秤に掛けるという特別な事情ではなくて、リアルに約束を忘れるということが重要な気がする。
自分の世界で生きる男は、やはり全うな生き方はできないのである。
全てを捨てており、頭と心にあるのは、その世界のことだけなのかもしれない。
その分、多くの代償を払う必要があるが、きっと後悔はしないだろう。
プロレスラーだけではなくて、スポーツ選手、歌手、お笑い芸人、俳優など、かつてはスターだったのにこの世界にしがみついている人たちがいる。
明らかに全盛期を通り過ぎているにも関わらず、無様にもがき続けている。
そういう人たちを見る目が本作によって変わるかもしれない。
大切な精神を失わない限り、きっと彼らの輝きは失われないだろう。
六本木ソルジャーさん [映画館(邦画)] 8点(2009-08-02 23:29:22)(良:2票)
23.《ネタバレ》 「親父の背中」という言葉がある。子供はそれを見て育ったり、それを追いかけたりする。しかし、いつの間にかそれは小さくなってしまう…。それに気づくのは、悲しくそして少し誇らしい瞬間だ。この映画が映すのも「その背中」である。

カメラの視点はランディの背後から彼を映すことが多い。歩いている彼、座っている彼。こんなにも背中が語る映画は初めてだった。その小山のように盛り上がった背中が大きくなることもあれば、小さくなることもあるから不思議だ。映画を通じて、彼の気持ちは現実世界と仮想世界(プロレス)の間で揺れ動くのだが、その心の動きが背中にもにじみ出ている。

僕がこの映画を特に好きなのは、この映画が「リアル」を映し出しているからだ。「グラン・トリノ」もそうだが、主役のランディは、決して「正しい」人間ではない。いい奴なんだが、家族への責任は果たせないし、単純だし、頭はプロレスのことでいっぱいだし。でも、彼の生き様を見ていると、なぜか心を揺さぶられる。少なくとも彼は小賢しくない。自分の生き方を真面目に追求している。その選択が正しいかどうかは分からない。でも、その態度に僕は感動した。最終的に彼はある選択を迫られるのだが、そのあたりのシーンの描き方は最早神がかっている。映画史上に残るシーンになるだろう。

巷では、ランディの姿をこの映画で劇的なカムバックを果たしたミッキー・ローク自身の姿と重ね合わせて語る節もあるようだが、そんなことは全く不要だ。一本の映画としてこの映画は素晴らしいし、そのように評価されるべきだと思う。
枕流さん [映画館(字幕)] 9点(2009-08-02 00:42:43)(良:2票)
22.対戦相手である前に、仲間なんですね。対戦後、お互いを気遣う場面は、とても和ませられました。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 7点(2009-07-30 15:25:48)
21.前半の試合のシーンは迫力満点。後半のドラマは切なく悲しくなります。老いたと言うには早すぎる年齢ですが、現役ではなくなるときの寂しさが良く描かれています。若い人よりも、ある程度年輪を重ねた人の方が、共感できるのではないでしょうか。ラストはニュー・シネマっぽいと思いました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 8点(2009-07-23 21:30:52)
20.《ネタバレ》  大絶賛です。久々に、男の生きざまを感じました。評価の割に、イマイチと思う人やミッキー・ロークの駄目っぷりに共感できない人もいるでしょう。が、あのラストのスプリングスティーンの曲を聞いたら、10点です。「あしたのジョー」の葉子と丈を思い出しました。中年男性には、グッとくるセリフ(ゲームとかロックなど)もたまりません。
 レスラー仲間は、みんないい奴ばかりで、作品のプロレスLOVEも感じました。余談ですが、ミッキー・ロークの愛犬のチワワの話を知り、またミッキー・ロークを好きになりました。ランディのように、また落ちぶれても、俺は応援する。
とりのすけさん [映画館(字幕)] 10点(2009-07-13 20:47:00)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 119人
平均点数 7.23点
000.00%
121.68%
210.84%
321.68%
400.00%
5108.40%
61411.76%
73529.41%
82924.37%
92117.65%
1054.20%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.12点 Review8人
2 ストーリー評価 7.46点 Review13人
3 鑑賞後の後味 7.64点 Review14人
4 音楽評価 7.83点 Review12人
5 感泣評価 7.72点 Review11人

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
主演男優賞ミッキー・ローク候補(ノミネート) 
助演女優賞マリサ・トメイ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2008年 66回
主演男優賞(ドラマ部門)ミッキー・ローク受賞 
助演女優賞マリサ・トメイ候補(ノミネート) 
主題歌賞ブルース・スプリングスティーン受賞“The Wrestler”

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS