ビバリーヒルズ・チワワのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ビバリーヒルズ・チワワ
 > (レビュー・クチコミ)

ビバリーヒルズ・チワワ

[ビバリーヒルズチワワ]
Beverly Hills Chihuahua
2008年【米】 上映時間:91分
平均点:6.17 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-05-01)
ドラマコメディアドベンチャーファミリー動物ものロマンス
新規登録(2009-03-23)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラージャ・ゴスネル
キャストパイパー・ペラーボ(女優)レイチェル
ジェイミー・リー・カーティス(女優)ヴィヴ
ホセ・マリア・ヤスピク(男優)バスケス
マーガリート・モロー(女優)ブレア
ドリュー・バリモアクロエ
アンディ・ガルシアデルガド
チーチ・マリンマヌエル
ポール・ロドリゲス[男優・1955年生]チコ
プラシド・ドミンゴモンテ
エドワード・ジェームズ・オルモスディアブロ
ロレッタ・ディヴァインデルタ
ルイス・ガスマンチューチョ
永田亮子レイチェル(日本語吹替)
黒田福美ヴィヴ(日本語吹替)
松重豊デルガド(日本語吹替)
後藤哲夫マヌエル(日本語吹替)
石住昭彦チコ(日本語吹替)
大木民夫モンテ(日本語吹替)
黒沢かずこデルタ(日本語吹替)
大島美幸セバスチャン(日本語吹替)
村上知子ビミニ(日本語吹替)
小森創介(日本語吹き替え版)
音楽ヘイター・ペレイラ
挿入曲グウェン・ステファニー"Rich Girl"
カイリー・ミノーグ"Wow"
撮影フィル・メヒュー
製作デヴィッド・ホバーマン
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮スティーヴ・ニコライデス
特撮ティペット・スタジオ(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 チワワがわんさかチワワワワ。チワワがいっぱい。犬いっぱい。まさかチワワの大量発生。101匹チワワちゃん?
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-14 15:15:52)
5.古くはラッシー、ベンジーを思い出す、21世紀版わんこ活躍物語。ディズニーですからそこそこアクシデントありの冒険活劇はお手の物。ヒーローあり悪党あり友情も自我も芽生えます。ターゲットは小学生でしょうから、いい年した大人が観て楽しいかどうかは・・。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-01-21 01:50:23)
4.イヌかわいい。
Yuさん [DVD(吹替)] 6点(2011-09-15 00:50:39)
3.この作品、犬の冒険モノが好きな人なら気に入ると思う。
10年以上前の作品である「奇跡の旅」に似たような感じ。
上流チワワが外の犬の世界に放り出されて、外見がどんどん泥まみれになっていくのが、ちょっと笑える。
ベルラド(だっけ?)がいい奴だなぁ~。列車で別れるはずが、やっぱり着いていく!と決めて列車に乗り込もうとするシーンとか、まるで人間ドラマみたい。
犬同士の友情が見ものだと思う。
犬の口パクや涙流すのにCG使ってるのがバレバレというのが、ちょっと気になりはしたが・・・。
字幕よりも、日本語吹替えで見たほうがテンポの良さに楽しめるはず。
ひまわりさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2011-01-09 13:51:40)
2.《ネタバレ》  ビバリーヒルズの豪邸に住むチワワのクロエは超セレブ犬。ハリー・ウィンストンのダイヤの首輪をはじめブランド品に囲まれた毎日。しかし、ある日旅行先のメキシコで誘拐され、たった一匹で外の世界に放り出されてしまった。そして、闘犬プロモーターにつけ狙われて・・という話。

 監督は、「ホーム・アローン3」「スクービー・ドゥー」等のラジャ・ゴスネル。「スクービー・ドゥー」で動物モノ&CGは実践してるので、今作もお手の物なんじゃないですかね? 出てくる犬たちはもちろん実在のタレント犬を使い、監督の演出に合わせてトレーナーが演技指導する。カットを組み合わせ、しゃべりや顔の微妙な表情はCG処理に。基本的な何でもされるがまま言われるがままの犬たちはとっても大変だったでしょうね^^;
 
 主人公クロエは真っ白なチワワ。日本では今や○フトバンクのおとーさん犬役・カイ君の方が有名ですが、チワワなら過去某金融会社のCMで有名になった「くぅーちゃん」が先んじてましたよね^^ 爆発的に人気が出て価格も一気に暴騰しましたが今はやや沈静化。対抗する室内向け犬種が増えてきてるからでしょう。某社団法人の統計では、1999年5位、2000年に3位、そして2001年2008年まで不動の2位をキープしています(2008年1位はプードル)。

 作品自体は、最初の方でセレブな犬の羨ましい?限りの贅沢三昧、いかにもお金持ちの愛玩犬ぶりを見せるわけですが、盗まれて他犬と一緒に脱出した辺りからは、どこぞにありがちな冒険モノへ。なんかネズミやイグアナとか妙に人間臭い中途半端なCGキャラが出てきたりするんですが、やっぱりタレント犬の演技振りを見どころにしないといけませんよね。なので、犬たちに感情移入して最後に良かったね!とご主人が決まって胸撫で下ろし、ほんのりした気持ちになれるかどうかが分かれ目。でなければ単なるお子ちゃま映画としか見えないかもしれません・・。
尻軽娘♪さん [試写会(字幕)] 6点(2009-04-18 14:30:52)
1.《ネタバレ》 アメリカに出張に行った際、機内でみました。先行上映だったみたいです。ディズニー映画なんで勧善懲悪。安心してみていられましたね。犬好きにはたまらない映画です。犬が演技してるのが分かるのでオカシイんですよねぇ。
ゆみっきぃ♪さん [映画館(字幕)] 6点(2009-04-10 00:15:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
6350.00%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS