Menu
 >
 >
 > モンスターVSエイリアン

モンスターVSエイリアン

Monsters vs Aliens
2009年【米】 上映時間:94分
平均点: / 10(Review 26人) (点数分布表示)
アクションSFアニメ
[モンスターバーサスエイリアン]
新規登録(2009-04-13)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-07-26)【+】さん
公開開始日(2009-07-11
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロブ・レターマン
コンラッド・ヴァーノン
リース・ウィザースプーンスーザン・マーフィ
セス・ローゲンボブ(B.O.B.)
ヒュー・ローリーコックローチ博士
ウィル・アーネットミッシング・リンク
キーファー・サザーランドW.R.モンガー将軍
レイン・ウィルソンギャラクハー
スティーヴン・コルバートハサウェイ大統領
ポール・ラッドデレク・ディートル
ジェフリー・タンバーカール・マーフィ
エイミー・ポーラーコンピューター
レネー・ゼルウィガーケイティ
ロブ・レターマンシークレット・サービスの男その1他多数
クリス・ミラー 〔男優・監督〕コール/ジョーンズ陸軍指揮官
マイク・ミッチェル[監督]ウエッジ
リサ・スチュワート[製作]花嫁付添人 キャンディ
コンラッド・ヴァーノンシークレット・サービスの男その2他多数
ベッキースーザン・マーフィ(日本語吹き替え版)
内田直哉コックローチ博士(日本語吹き替え版)
山路和弘W.R.モンガー将軍(日本語吹き替え版)
乃村健次ミッシング・リンク(日本語吹き替え版)
森川智之ハサウェイ大統領(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕コンピューター(日本語吹き替え版)
高島雅羅ウェンディ・マーフィー(日本語吹き替え版)
日村勇紀ボブ(日本語吹き替え版)
原作ロブ・レターマン(脚本原案)
コンラッド・ヴァーノン(脚本原案)
脚本ロブ・レターマン
ジョナサン・エイベル
グレン・バーガー
音楽ヘンリー・ジャックマン
ハンス・ジマー(音楽総指揮)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕(編曲スーパーバイザー)
挿入曲ジャーニー"Who's Crying Now"
ハロルド・フォルターメイヤー"Axel F"
製作リサ・スチュワート[製作]
制作ドリームワークス・アニメーション
配給パラマウント・ジャパン
録音アンディ・ネルソン[録音]
あらすじ
ニュースキャスターと婚約して幸せいっぱいなスーザンは結婚式当日、式場近くに落下した隕石が直撃して巨大化してしまう。軍によって秘密基地に幽閉されたスーザンは、そこで身の毛もよだつモンスター達(巨大昆虫怪獣、半魚人、ゴキブリ人間、ジェル状生物)の仲間として生きるハメに。しかし、宇宙人が巨大ロボットを使って侵略を開始、軍はそれに対抗させるべく、スーザンを始めとするモンスター部隊を出撃させるのだった・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 SFモンスターコメディ。(PIXARアニメのような)可愛い最優先のキャラクターと違って、ちょっとグロい。メインキャラはもちろん、大統領まで「お馬鹿」で楽しい。●エンディングもちょっと凝ってるし、本当に楽しい映画。最初から、ワクワクした。モンスターはみんないい奴だけど、半魚人が地味にいい奴だね。■監督・脚本が『ガリバー旅行記』と同じ、ロブ・レターマン。アニメから「すぐ」実写に行く監督が増えた印象。★8点!
パルプンテ未遂さん [DVD(吹替)] 8点(2014-06-22 21:54:56)
25.往年の東宝特撮映画、もしくは往年のアメリカモンスター映画を沢山観てきた人たちにとっては、楽しい映画であることは間違いないだろう。
主人公自体のキャラクターや、味方となるモンスターたち、悪役エイリアン、そして司令基地のデザインに至るまで、過去の特撮映画のありとあらゆる要素が詰め込まれている。
特に、日本の怪獣映画ファンにとっては、クライマックスのあるシーンはいやがおうにも“アガる↑”ことだろう。

特撮映画マニアのスタッフが、子供と一部の特撮映画マニアの大人たちのために作った映画であり、その部分が楽しければ問題ない映画だとは思う。
ただし、正直“それだけ”の映画であることも間違いない。
過去作に対してのリスペクトを込めたオマージュ作品であることは明らかだが、悪く言えば既存のアイデアを組み合わせただけで、目新しい“工夫”の無い映画だとも言える。

個人的には特撮映画ファンではあるけれど、オマージュ的要素を生かした上でのストーリー的な“新しさ”が無かったことは、最後の最後まで今ひとつ乗り切れなかった要因となってしまった。

主人公も含め、あらゆる“モンスター”たちが、徒党を組んで地球防衛に献身するという構図は楽しいものだったけれど、それぞれのキャラクターの中身が乏しく、行動の理由があまりに軽薄だったと思う。
“アメリカ人”に一方的に捕らえられ、半永久的に閉じ込められているにも関わらず、何の疑問も示さず彼らの言いなりになっている姿は、とても安直に見えた。
主人公においては、結婚を目前にした普通の人間の女性である。そんな女性が、隕石がぶつかって突如巨大化したからといって、その瞬間に捕縛され、強制的に“生物兵器”扱いされるのは、あまりに非人道的だし、三週間やそこらでその現実を全て受け止めて「これからも地球を守ろう!」なんてことになるわけがない。

そういう基本的な人間描写においては、あまりにも“乙女心”が分かっていない製作スタッフの“オタク魂”が過剰に出過ぎてしまった結果だと思った。

まあ、そういったあからさまな“ほつれ具合”も開き直って「味」として認めれば、全然問題はないのかもしれないけれど。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-28 15:29:41)
24.キャラがまず可愛くない。アップも気持ち悪い。ストーリーも普通。半魚人いる?
とまさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-03-31 22:02:43)
23.《ネタバレ》 安心のブランド、過不足のない笑いと感動、そしてベッキー。パロディがいっぱいで未知との遭遇のシーンではニヤニヤした。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 7点(2010-12-16 15:04:56)
22.今度は、東京で暴れてほしいな。
センブリーヌさん [DVD(吹替)] 6点(2010-09-02 03:25:01)
21.ふむ。普通ですな。
ムシザウルス以外のキャラクターにあまり魅力を感じられなかった。
Yuさん [DVD(吹替)] 5点(2010-08-31 22:28:24)
20.《ネタバレ》 予告で見た主人公が大好きな「Mr.インクレディブル」の奥さんに似ていて、勝手に好感を持っていた。劇場へ行けなかったことを悔やんでいたけど、結果からいうと行かなくて正解だった。序盤から、主人公の必要以上にオーバーな表情の付け方に悪い予感を覚える。その表情も含めて、いつまでも悪ノリを繰り返すシナリオに疲れが溜まって行く。過去の名作からキャラを拝借するのは構わないが、彼らをちゃんと描かないまま探査ロボットが出てきてどんどんアクションが進む構成の粗さがとても気になった。出演させるならもう少し描写しないと、リスペクトしていることにならないでしょ。彼らの間の友情も同類相憐れむと云う以上のものでは無く、婚約者のTVキャスターをことさら酷い男に堕としめることでそれを強調する安直さ。これは、かなり中味の薄い作品でした。日本語吹き替え版を観ましたが、宇宙船のコンピューター役の田中敦子さんのとぼけた上手さは際立っていましたね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2010-08-19 23:09:22)
19.《ネタバレ》 こういう、過去の作品に多くを負っているものは、評価が難しいですねぇ。パロディとかオマージュといえば聞こえはいいですが、要するによそからアイデアを借りてきたわけですから、二番煎じ感は否めません。本作に関してはパロディ要素てんこ盛りで、ここまで詰め込めばむしろご立派だと思います。いろいろなところから引っ張ってきて、無理なく一本の映画にまとめた手際も鮮やかかと。なんといっても、蠅男・大アマゾンの半魚人・人喰いアメーバ・モスラがチームを組んで戦うという発想が楽しいです。惜しむらくは、前半巨大ロボットとの戦いはかなりよかったのですが(特に金門橋は名場面!)、それに比べると後半の敵円盤内での展開がいまいちでした。わかりやすいテーマを軽くさらっと入れて、基本的に娯楽に徹したのも結構でした。小難しいことを考えず、90分間気楽に楽しむにはもってこいです。CGアニメはあまり好みではないのですが、これは見て損をしませんでした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-08-07 16:52:34)
18.《ネタバレ》 地球の危機とか、町が壊されるとか、イカ型宇宙人とか、安直すぎる。キャラの造形もシナリオもギャグも、決定的にオリジナリティに欠けるのだ。お笑いは、ゼリーモンスターがおいしいとこ取りだったが、他のキャラは笑えなかった。ただムシザウルスが蝶に変身して皆を助けにきた場面だけは感動しました。このアイデアは新鮮でした。■他の映画のパロディはもう飽きましたよ。スーザンが自己犠牲で再び巨大化するところが感動どころでしょうが、予定調和に惰してます。危機が危機には感じられない。どこかで見たような場面ばかり。■婚約者とのやりとりも感心しない。この手のものは、やはり恋のハッピーエンドにした方が後味がよい。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 5点(2010-03-04 11:19:26)(良:1票)
17.《ネタバレ》 ハイ、なかなか面白かったです♪ 映像の緻密さは充分堪能致しました 各キャラの面白さも言うまでもありません 、、、でも、観終わって特に印象が残ってないのも、正直な感想で(苦笑) 映像技術の進歩を実感した次第でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 5点(2010-03-03 23:04:55)
16.キャラクターは魅力的だし、細かな演出も凝っていて、パロディも満載。
僕の大好きなタイプの作品なんですけど、どうも満点というわけには行かない感じでした。
やっぱり肝心のストーリーが淡白だったように感じます。
仲間たちと打ち解けるまでのエピソードとか、敵エイリアンの背景が薄っぺらい印象でした。
その辺りをもう少し練って作り直せば名作になるだけの素材だと思うので、もし続編があるなら期待したい。
エスカルゴジラとの激闘を見てみたかったですね。
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2009-12-11 18:54:50)
15.《ネタバレ》 絵もキレイでストーリーも面白い。
大人でも十分に楽しめる作品だと思います。
字幕版を1人で観た後、吹き替え版も子供達と観ました。
皆さん書かれていますが、吹き替えのバナナマン日村さんが意外にも(失礼!)とても良かったです。
ベッキーはイマイチだったかな。もう少し経験すればいいと思いました。
個人的には、俳優・芸人が吹き替えをするのはキライなんですが、本作は違和感無く楽しめました。
子供達も楽しんでましたよ。
かずまるさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2009-11-24 14:36:23)
14.3D版を見ました。最近子供向けと思われる作品によく感じるんだけど、これもやっぱり子供連れの大人に向けた作品のように感じた。かといって「子供向けですから」と逃げをうつことができる作品。例えばゲップとかオナラとか、古典的なボケとツッコミとか、ドアに挟まれてぺちゃんこになっちゃうとか、もっと単純なのだとただずっこけるとか、そんな単純な笑いがもっと欲しい。その単純な笑いを提供してくれるのがゼリーみたいなボブだけというのが面白くない。一方、大人に向けたサービスということなのだろう『未知との遭遇』やら『E.T.』やら『ビバリーヒルズ・コップ』やら『ザ・フライ』やら『モスラ』やらのパロディもなんかムリヤリ。あと、「3D」に関してはもっと凄いのを期待していたので拍子抜け。
R&Aさん [映画館(吹替)] 5点(2009-08-27 15:07:46)
13.国際線搭乗時に機内で鑑賞。なんと言っても将軍のキーファー・サザーランドの声が素晴らしかったです。絵もとてもきれいでよく動くし、ひねりの効いたパロディやギャグ満載で、大人の鑑賞に十分堪える傑作でした。3D版がどのような印象なのか、体験してみたいですね。
ジャッカルの目さん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2009-08-16 17:42:52)
12.3D版の鑑賞だが、正直通常版でも良かったかな…(値段設定高いし)。というのも、3D云々を抜きにしても充分面白い映画だったからだ。さすが『シュレック』を放ったドリームワークス。モンスター愛に満ちた佳作に仕上がっている。吹き替えのベッキーとバナナマン日村がまたウマイ。ガラガラの劇場でひとり笑いを堪えていました。
フライボーイさん [映画館(吹替)] 7点(2009-08-04 09:37:45)
11.《ネタバレ》 子供(6歳)と鑑賞。飽きさせない笑いがいっぱーーいのアニメ、絵も綺麗で見とれてしまう。ストーリーもまあまあってことで。8点です。★声優に日村さん入れてあげないと、かわいそう、うまかったですよー★
HRM36さん [試写会(吹替)] 8点(2009-08-01 12:06:32)
10.何も考えず素直に楽しめました。個性あるキャラクターがキモ可愛くて良かったです。リース・ウィザースプーンの声も魅力的でした。
ギニューさん [映画館(字幕)] 7点(2009-07-27 19:31:39)
9.《ネタバレ》 素直に笑えた。
ミサイルにET GO HOMEと書いてあるあたりとか・・・

モンスター並みに大きいけど、女の子っぽいか弱さが残っているスーザンが、自己中な旦那を乗り越えて成長するあたり、意外と深いな、などと思った。
チェブ大王さん [映画館(字幕)] 7点(2009-07-26 15:21:50)
8.個人的に3D映画は好きなので映画館へ見に行ったのだが、残念ながら子供向けの域を出ていない。
デジタル3D仕様の映像、目の前まで迫ってくる迫力の立体画像は一見の価値ありで確かに凄い。
でも正直言って30分も見ると3Dに目が慣れてしまい驚きも半減。となるとストーリーの稚拙さはいかんともしがたい。
隕石の影響で巨大化した女性が、4匹のモンスターを連れてエイリアンと戦う展開。しかしこの女性もモンスターもエイリアンも、思い切り没個性。
全く地味な登場人物が、実にありきたりな戦闘を繰り広げるだけ。
いい大人が見る映画じゃないのは確かだが、入場料は大人2000円子供1500円で割引無し。こりゃどう考えても高い(笑)

テツコさん [映画館(吹替)] 2点(2009-07-16 23:31:32)
7.《ネタバレ》 何より言っておきたいことがある。「吹き替えなら吹き替えと言ってくれ!」 どこで見逃したんだろうと思ったが、どこにもそんなことが書いてない。たしかに3Dで字幕を見せるのは辛いところはあるのだが、吹き替えであると断ってくれれば、それなりの覚悟をしておいたのに。のけっから、そういうショックを受けていたので、ちょっと入り込めなかった面はあるが、普通の作品というところか。【以下、ネタバレ】それほど悪いところがあるわけでもないけれど、展開がオーソドックスすぎる気がする。うまく元に戻れたけど、友達のために再びモンスターになるなんて、いつの時代の脚本?と思わざるをえない。↓3Dの評判がよいようですが、やっぱり主流にはなれないだろうな、と思っています。
mohnoさん [映画館(吹替)] 6点(2009-07-16 01:06:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 6.31点
000.00%
100.00%
213.85%
300.00%
427.69%
5415.38%
6726.92%
7623.08%
8519.23%
900.00%
1013.85%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 4.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS