Menu
 >
 >
 > 3時10分、決断のとき

3時10分、決断のとき

3:10 to Yuma
2007年【米】 上映時間:122分
平均点: / 10(Review 75人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスウエスタンリメイク小説の映画化
[サンジジップンケツダンノトキ]
新規登録(2009-06-20)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-07-31)【+】さん
公開開始日(2009-08-08
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・マンゴールド
助監督ニコラス・マスタンドレア(第1助監督)
キャストラッセル・クロウ(男優)ベン・ウェイド
クリスチャン・ベール(男優)ダン・エヴァンス
ローガン・ラーマン(男優)ウィリアム・エヴァンス
ベン・フォスター[男優](男優)チャリー・プリンス
ピーター・フォンダ(男優)バイロン・マッケルロイ
ヴィネッサ・ショウ(女優)エマ・ネルソン
アラン・テュディック(男優)ドク・ポッター
グレッチェン・モル(女優)アリス・エヴァンス
ダラス・ロバーツ(男優)グレイソン・バターフィールド
ルース・レインズ(男優)ウェザース保安官
レニー・ロフティン(男優)グレン・ホランダー
ジョニー・ホイットワース(男優)ダーデン
ケヴィン・デュランド(男優)タッカー
ルーク・ウィルソン(男優)自警団 ジーク
山路和弘ベン・ウェイド(日本語吹き替え版)
檀臣幸ダン・エヴァンス(日本語吹き替え版)
桐本琢也チャーリー・プリンス(日本語吹き替え版)
有本欽隆バイロン・マッケルロイ(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕アリス・エヴァンス(日本語吹き替え版)
原作エルモア・レナード(原案)
脚本マイケル・ブランド
デレク・ハース
音楽マルコ・ベルトラミ
撮影フェドン・パパマイケル
製作キャシー・コンラッド
ライオンズ・ゲート・フィルムズ
製作総指揮スチュアート・M・ベッサー
美術アンドリュー・メンジース(プロダクション・デザイン)
衣装アリアンヌ・フィリップス
編集マイケル・マッカスカー
録音ポール・マッシー[録音]
その他スチュアート・M・ベッサー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
アレクサンダー・マッケンドリック(サンクス)
あらすじ
「3時10分発、ユマ行き」の列車で、刑務所へと護送される事になった悪名高き強盗団のボス、ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)。200ドルの報酬で護送役を引き受けた貧しい牧場主ダン(クリスチャン・ベール)。護送の道中、それまで全く異なる道を歩んできた二人の男の間には、次第にある種の連帯感が芽生えてゆく。ベンの手下たちは、ボス奪還を狙い魔手を伸ばす。列車到着時刻午後3時10分まであと僅か。二人が下した「決断」とは?デルマー・デイヴィス監督異色秀作ウエスタン『決断の3時10分』(1957)のリメイク。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
75.《ネタバレ》 いい線いってるんだけどところどころで「?」があって感情移入が難しかった。
まず護送の違和感がある。3時10分を迎える前に本気を出せば貧弱な護衛を振り切って脱走できた場面は多く、ダラダラとつきあってる感あり。
また、ラストの妙な友情芽生えた感じが強引だったなぁ。いまさら?そこで?みたいな。
一緒に汽車まで逃げる銃撃戦はなんか情けなかった。女抱いて捕まってダラ~と護送の旅して最後は仲間打ち。
そりゃ無いぜボス。
ダンが息子にみせた親父の勇敢な姿。リスペクトの代償高すぎ。
UFC196.さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-07-29 23:31:35)
74.《ネタバレ》 いまどきめずらしい骨太の西部劇で、ガチで面白い傑作映画。

1957年のリメイク版なわけですが、このリメイクで追加された要素が息子との関係性。
これが完全に成功していて、オリジナルをしのぐ面白さだと思います。
つかオリジナルを観たのは大昔なので細部は全然覚えてないんですが、この映画から息子との関係性をはずしたら、すごいありふれた話になると思うんですよね。
主人公の動機付け的な意味でも「父ちゃんがんばって列車に乗せたね」のラストまで含めて、この息子との関係性は映画の中で非常に重要な意味があります。

正義の味方として頑張る父ちゃんが実は結構底の浅い小市民で、護送される悪人が人間的な面でも大物であるというのはありがちなパターンなんですが、護送する道すがら、そんな2人がお互いに影響しあっていくのは一種のバディ物のよう。

最後、味方が誰もいなくなった街。
あそこでベンがダンとともに助け合いながら列車に走るシーン。
あそこマジかっこよすぎ。
これぞ西部劇。
あそこで手に汗握らずにこの映画を観てる人がいたら、たぶんちょっと仲良くなれそうにありません。

そして最後の馬。
あぁもうかっこいい!!
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-11-15 16:11:13)
73.《ネタバレ》 どストライクな映画です。しょーもない牧場主のダンが、息子に対して無理して尊敬される父親になろうとしてがんばるところがいじらしい。そんな父親に反抗しながらも、タイミングよく息子が助けに来てくれます。たしかにラッセルクロウはかっこいいが、この映画は父とこの映画である、と断言してよい。そんな父親像に、幼少期両親に捨てられたベンは共感し、うわべだけの子分たちとの縁も切っちゃったんだろう。西部劇でここまで感動するとは…。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-06-14 21:04:03)
72.二人の男をかっこよく描きたいのは分かりますが、嘘くさいキャラクターや説得力の無い行動に消化不良です。今回のキャストやオリジナル作品が良かっただけに無理矢理感のある不自然なシナリオが残念です。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 4点(2016-02-10 23:34:03)
71.男同士の意思がつながりあう、そういった映画。
こんなことあるかな〜、と思うけど、面白いと思う。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2016-02-07 21:58:47)
70.ダンは痛すぎるのだが、それに同情するベンの心情変化の描写が弱いというか無理があるかな。西部劇で感動するぐらいなら高倉健の仁侠映画見ろよって話なんだけど。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2016-01-21 23:08:31)
69.《ネタバレ》 ジェームズ・マンゴールドによる「ウォーク・ザ・ライン」「17歳のカルテ」「アイデンティティー」に並ぶ傑作。
今後もマンゴールドの最高傑作の1つとして語られる作品だと思う。

「決断の3時10分」のリメイク。
前作を遥かに上回るメリハリとテンポの良さ、充実したガンファイト。
静かな前作も良かったけど、本作は娯楽にもドラマにも力が入った充実振り。
冒頭のシーンや仲間が集う場面もよりドラマティックとなり、鉱山での銃撃戦はかなりの見応え。
主人公が孤独な戦いに追い込まれていくシーンも説得力が増した。

ラッセル・クロウの二面性と葛藤を強く感じられる演技、
クリスチャン・ベールの素晴らしいチンピラ振り。
この二人が立場を超えた絆を結ぶやりとりは面白い。
何より二人共良い髭面!

ベン・フォスターの冷酷さ、
ピーター・フォンダの渋みのある演技も見事。

ただラストは意見が分かれると思う。
前作とあまりに違う顛末だが、主人公が最後まで孤独と向き合い、自分の正義を貫いたのは良かったと思う。
そんな映画。

世間的にも世界的にもリメイク版の評価の方が上のようだ。俺はどちらも好きだぜ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-09-14 07:59:58)
68.I don't remember exactly when was the first time I realized that Russell Crowe can play a villain perfectly although his Maximus image will haunt him almost forever. Almost same thing can be said to Christian Bale. May be that comes from their bad behavior records in the real world. ; p

Anyway, yes, this was a good, old western story shot in 21st century era.
keiさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2014-05-18 08:25:07)
67.《ネタバレ》 2周目視聴。やっぱ面白いですね~。まずさすが2007年に作られた西部劇というだけあってガンアクションシーンが凄い。主人公に弾は当たらないの法則はわかっていても緊張感がバリバリ伝わってきます。昔の西部劇のアクションシーンは撃たれて馬から転げ落ちたり馬から馬へ飛び移ったり個人の銃の扱いが凄かったりといった肉体的な凄さで魅せるのに対し、こちらはカメラワークや演出で魅せるものが多く、素人目にも映像技術の進歩ってすごいんだな~と思わせられました。
 そしてテーマはやはり「男の誇り」。これは西部劇お馴染みですね。っていうかリメイクだからお馴染みもなにもないけど。
 ダンは最初こそ200ドルを得るために護衛に志願するが、途中ウェイドから「1000ドルやるから見逃せ」と言われたあたりから、ほんとに欲しいのは金じゃないという意識を自覚し始める。「逃げても200ドルあげるし、誰も責めないよ」と言われても逃げ出さないのが決定的。さらには例えユマ送りに成功しても脱走されてしまうであろうことを知りますが、そんなことはもはや問題ではないのですね。ダン以外の周りの連中は皆自分の利益第一で、たとえウェイドを逃がしたって護衛を殺して金さえもらえりゃ良い、自分が死ななきゃ良い、という発想。もちろんそれも正しいっちゃ正しいのだけど、ダンは違う。そんなダンは金で何でも手に入るウェイドすら持たないモノ(誇り)を得ようとしており、そこに尊敬の念を抱き、最後のウェイドのあの行動に繋がるんですね。
 ウェイドについては、女を優先してあっさり捕まる点や「生きてたほうが地獄」という台詞から、逃げられたら逃げられたで良いし吊るし首なら吊るし首で良いし、別に何でもいいや的な発想が強かったのでしょう。宗教的な思想はよくわかりませんが、その辺も関係あったのかも?
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 8点(2014-02-16 17:15:56)
66.《ネタバレ》 強盗団のボスが不敵で魅力的。
破綻の崖っぷちにある牧場主との交流も引き込まれる。
3時10分に向かってどうなることかと思えば、ラストがいただけない。
ボスを助けようと駆けつけた手下たちに対してありえない行為。
忠誠を尽くすチャーリーよりダンとのにわかな友情が優先されるのか。
そういうストーリーにするなら、もっと説得力のある前フリが必要。
序盤にヘマをした手下をあっさり殺す場面はあったけれど、チャーリーらはボスに忠実だったのに。
ダンにそこまで肩入れする理由もベンの持つ過去と重ね合わせてくれたら良かったが、そこも弱かった。
やむをえないと思わせるだけの描写はなかったので腑に落ちない。
あれでは気に入らないものは何でも後先考えずに消してしまうということで、それまで器の大きさを感じさせたボスに対する好感が吹き飛んでしまった。
もともと一人だけ捕まったのも酒場の女と情事に耽っていたというヘマからなんだし、ボスとして筋が通っていないような。
また、クリスチャン・ベールはイケメンすぎて最初からダメ男には見えないのが惜しい。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2014-02-09 15:20:00)
65.ラッセル・クロウ扮する悪役のボスがなんといっても魅力的。細かい部分で引っ掛かる展開はあったけど、面白く観ることができた。でもラストだけは納得いかず減点です。
nojiさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-11-19 22:36:18)
64.何かが触れ合った男同士の映画は好きです。ラッセル・クロウは美しいものしか描かないんです。個人的に好きな映画です。
映画を単純に見る男さん [地上波(吹替)] 8点(2013-09-19 18:37:58)
63.ラッセルクロウかっこいい
ホットチョコレートさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-09-16 20:03:05)
62.うーむ、今一中途半端だったなあ。雰囲気はマカロニウェスタン風だが、現役バリバリでマカロニ観てたから、小汚い野郎どもにもさほど驚かされないしね。反抗期の長男坊をドラマに絡ませてくるから、説教臭い説明じみた西部劇に終わってしまったのね。おまけにこのタイトル!いかにもものすごい決意があるのかと思ったぜよ。タイトル負け!
ねこひばちさん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-09 06:49:53)
61.《ネタバレ》 1957年の西部劇『決断の3時10分』のリメイク作品。強盗団のボス(ラッセル・クロウ)と、その護送を引き受ける事になった牧場主(クリスチャン・ベール)との間に芽生えた友情を描いた映画。アクションシーンはなかなか迫力があるのだが、ストーリーやその他の部分で気になった点が多いので箇条書きで挙げていく。①.直前に腹を撃たれているのに囚人護送に乗り出す賞金稼ぎのジジイがアクティブすぎる。②.①のジジイのためにわざわざ医者(しかも獣医)が同行。③.酒場の女に欲情してる間に手下に置いていかれて一人だけ捕まるボスがドジっ子すぎる。④.序盤でボスに伏線ぽく意味ありげに殺されなかった賞金稼ぎのジジイが中盤で割と脈絡なくあっさりと殺される。⑤.④でジジイが死んでお役御免になったのにその後もなぜか付いて来てあえなく殺される医者(獣医)。⑥.命懸けでボスを助けに来たのに最近知り会ったばかりの奴(主人公)のために皆殺しにされる手下。⑦.クリスチャン・ベールの顔立ちが端正なので主人公があんまりダメ親父に見えない。⑧.強盗団の2番手の人のガンアクションが中二病っぽい。以上ここまでを要約すると、①②⑤から「ジジイと医者(獣医)が無理しすぎ」、③④⑥から「強盗団のボスが行き当たりばったりで自分勝手(手下が可哀想)」、⑦⑧から「ベールは男前で2番手は中二病」という結論になる。総評5点。で、何でこれ傑作とか言われてんの?
オルタナ野郎さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-30 21:45:04)
60.《ネタバレ》 好きな監督に、好きな俳優陣で製作された映画なんだけど、個人的にやっぱり西部劇って苦手。面白いとは思し、ラッセル・クロウも格好いいけど、やっぱりそんな乗り切れなかった。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-27 13:00:36)
59.《ネタバレ》 観終わった瞬間、めっちゃ萎えた。
評価は凄く高いので期待値って意味じゃすごく高かった。
列車まで護送するシーンだが、なぜウェイドは協力するように全力で逃げる?
部下のチャーリーも上手に仕切るだろうから立ったまま、堂々としてれば良い。
まぁ、有象無象まで巻き込んで自分が撃たれると思ったかも知れないけど、だったら身を護って屈んでも協力して走って列車に急ぐような事はないだろう。
銃撃の時にダンは隙だらけだったろが?
おまけに忠実な部下のチャーリー以下を撃ち殺すって、部下としての忠義に厚い彼らを撃ち殺すって意味が分からん。
うーん、列車の着く街に到着するまでは凄く良かったんだけど。
―――と、思ってたが色々フラッシュバックして考え直す。
まず、ウェイドは生きる事に執着しているし頭が良い。
アウトローに属しても義も知ってる。
反してダンは、ある意味死に場所を探している…家族との平和を求める反面、花道を飾れる散り際を探してる男だとラスト近くで理解。
それを念頭に置くとウェイドの不可思議な行動に説明もつく。
頭が良くて欲望の赴くままに生きてきただけど、ある意味、拘りは持つのは女を口説く所とか身に付けてる物で分かる。
最初の金品強奪のシーンでも相手を殺す事なく済ませている…勿論プライドを傷つけられたら激情に任せて惨殺までするが、飄々としても熱い男…それが彼なんだろう。
反面、ボスの場所を聞き出す為とは言え、相手を馬車ごと焼き殺すような部下達…「ボスになり変わる」とまで言う者まで居る。
ウェイドにとってダンは初めての「ブレのない信念の男」だったんじゃないか?彼の似顔絵を聖書に描いたのはそのメタファーと思える。
そんな尊敬した彼が、死に場所を探す覚悟を見せた事に(後で脱獄するけど)捕まってやろう、と思ったのかも。
あと部下惨殺については裏切りや、勘違いした者が出ないよう周期的に入れ替えてる…もしくは、すぐに殺し走り暴徒と化す事に対し、ベンと接して「こいつらじゃないや」と思ったか…まぁ、どっちか分からん。
ともあれ、矛盾は補完できるんで、それらを演出で盛り込んでたら間違いなく傑作だった。
けど(俺が当たってるかどうかは兎も角)このテの娯楽作で後から観てる奴に理由付けさせるのは良ろしく無いと個人的に思ったので、この点数。
映画の奴隷さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-01-28 09:14:00)
58.《ネタバレ》 ○オリジナル観賞済み。○オリジナルの大きな特徴であった、時間軸が映画の上映時間とリンクしている部分だが、一切なくなっていた。少し期待していただけに残念。○やはり大きな見どころはラッセル・クロウ。こういう西部劇で映える俳優なんだな。男臭い作品だが、なかなか面白かった。また西部劇作ってほしい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-06 21:31:05)
57.《ネタバレ》 なかなかおもしろっかったですがやはり過去の西部劇と比べると出てくる俳優達の顔に魅力を感じられませんね。そんな中でもラッセル・クロウは良かったです。彼が出てくるだけで画面が引き締まりますし何を仕出かすか分からない残忍さを持っていながら同時に優しさまで併せ持っている男を好演していました。ここ最近の西部劇の中ではかなり出来の良い作品なのではないでしょうか。
キリンさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-02 00:06:15)
56.《ネタバレ》 演技派のラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルが魅せてくれた骨太な西部劇。ラッセル・クロウが悪人ながら、カッコ良過ぎて痺れました。ラストにベンが口笛で合図すると馬が汽車を追いかけて行きますが、あれはすぐに脱出するということでしょうか?だとしたら、ちょっと残念な気がします。
ぽじっこさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-12-29 11:56:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 7.09点
000.00%
100.00%
200.00%
322.67%
422.67%
51114.67%
61216.00%
71114.67%
82330.67%
91013.33%
1045.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review6人
2 ストーリー評価 6.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.14点 Review7人
4 音楽評価 6.80点 Review5人
5 感泣評価 6.60点 Review5人

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
作曲賞(ドラマ)マルコ・ベルトラミ候補(ノミネート) 
音響賞ポール・マッシー[録音]候補(ノミネート)(音響調整賞)

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS