Menu
 >
 >
 > スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー

Stand by Me
1986年【米】 上映時間:89分
平均点: / 10(Review 564人) (点数分布表示)
ドラマ青春もの小説の映画化ロードムービー
[スタンドバイミー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-12-12)【イニシャルK】さん
公開開始日(1987-04-18
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロブ・ライナー
助監督アービー・スミス(第1助監督)
キャストウィル・ウィートン(男優)ゴーディー・ラチャンス
リバー・フェニックス(男優)クリス・チェンバース
コリー・フェルドマン(男優)テディ・デュシャン
ジェリー・オコンネル(男優)バーン・テシオ
キーファー・サザーランド(男優)エース・メリル
ブラッドレー・グレッグ(男優)アイボール・チェンバース
マーシャル・ベル(男優)ゴーディーの父
ブルース・カービイ(男優)食料品店の店主
リチャード・ドレイファス(男優)成人したゴーディー(小説家)
ジョン・キューザック(男優)ゴーディーの兄 デニー
土井美加ゴーディー・ラチャンス(日本語吹き替え版【DVD】)
高山みなみクリス・チェンバース(日本語吹き替え版【DVD】)
水原リンテディ・デュシャン(日本語吹き替え版【DVD】)
亀井芳子バーン・テシオ(日本語吹き替え版【DVD】)
森川智之エース・メリル(日本語吹き替え版【DVD】)
野島昭生成人したゴーディー(小説家)(日本語吹き替え版【DVD】)
真殿光昭(日本語吹き替え版【DVD】)
坪井智浩ゴーディーの兄 デニー(日本語吹き替え版【DVD】)
高木渉(日本語吹き替え版【DVD】)
稲葉実(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木勝彦(日本語吹き替え版【DVD】)
定岡小百合(日本語吹き替え版【DVD】)
長島雄一(日本語吹き替え版【DVD】)
堀内賢雄(日本語吹き替え版【DVD】)/(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加瀬康之エース・メリル(日本語吹き替え版【BD】)
原康義成人したゴーディー(小説家)(日本語吹き替え版【BD】)
岩田光央テディ・デュシャン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
井上和彦エース・メリル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
樋浦勉成人したゴーディー(小説家)(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
島田敏(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林修(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作スティーヴン・キング「スタンド・バイ・ミー」
脚本レイノルド・ギデオン
ブルース・A・エヴァンス
音楽ジャック・ニッチェ
アンソニー・マリネリ(音楽プログラマー)
作曲ベン・E・キング"Stand By Me"
主題歌ベン・E・キング”Stand By Me”
撮影トーマス・デル・ルース
ゲイリー・B・キッブ(カメラ・オペレーター)
製作アンドリュー・シェインマン
ブルース・A・エヴァンス
レイノルド・ギデオン
コロムビア・ピクチャーズ(共同製作)
配給コロムビア・ピクチャーズ
特撮ウィリアム・メサ(視覚効果〔ノンクレジット〕)
美術J・デニス・ワシントン (プロダクション・デザイン)
編集ロバート・レイトン〔編集〕
録音ロン・ベンダー
ジョン・T・ライツ
デヴィッド・E・キャンベル
グレッグ・ルドロフ
字幕翻訳菊地浩司
動物クズ鉄屋マイロの飼い犬 チョッパー
スタントジャック・カーペンター
その他スティーヴ・ニコライデス(プロダクション・マネージャー)
ジェフリー・ストット(プロダクション・スーパーバイザー)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング・ディレクター)
ジェーン・ジェンキンス(キャスティング・ディレクター)
あらすじ
オレゴン州に住む内気なゴーディーは、フットボールで優秀であった兄が少し前に亡くなってから、両親は未だ悲しみに浸っていた。そんな両親を見て、自分が代わりに本当は死んだ方が良かったんではないかと日々考えていた。そんな時、汽車の事故で死んだ少年がいると聞き、まだ死体は発見されていないと言う。そこで、利口でしっかり者のリーダー格のクリスと、喧嘩っ早く軍隊を夢見るテディと、ノロマで、いつも皆のパシリ役にさせられているバーンの4人で線路伝いに死体を捜し、勲章を貰おうと旅に出た。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526272829
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
504.この映画は、初見が小学生の時か否かで、点数が5点分くらい変わってくると思う。
カップリさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-25 23:43:04)
503.確かに少年期ならではの甘酸っぱい思い出が蘇ったりするという意味で高い評価なんだと思いますが、公開当時わたしは18歳でしたので、そういうノスタルジックな感情が沸き起こらなかった分、このくらいの評価です。ただし、少年期に似たような冒険をしたこともあるし、当時大のキングファンだったわたしはサントラを買うほど好きな映画でした。キング原作の中では、かなりよい映画だと思います。
HAMEOさん [映画館(字幕)] 7点(2010-02-09 15:27:36)
502.感想としては、映画より歌のほうが印象強いです。
シトロエンさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-29 17:33:47)
501.今から20年以上前の小学校の卒業式を思い出した。あの時は親も交えて最も仲が良かった親友達と桜の木の下で卒業証書を見せ合いながら、なんともいえない気持ちになっていた。既に別々の中学校に進む事が決まっていたが、もうこの友達とも頻繁に会う事はないだろうなと12歳の自分でもどこか寂しい気持ちで分かっていた。今思い返すと、楽しかった出来事だけでなく、ケンカした事や泣かせてしまった事、大人になったらやる事すら憚られる悪戯を一緒にしたことなども大切な思い出として一緒に脳裏に甦る。中学高校で知り合った友人の中には、一生の親友になる人もいるが、小学校までで離れ離れになった友人というのもまた違う形として心の中で大事な存在である。疎遠になった友人の大人になった姿は想像すらできないが、そんな昔の思い出と今を重ねて不思議な気持ちで思い出す事ができた。強がって、悪さして、ふと2人きりになった時に本当の自分を出して泣いてみたり、あの感覚は大人になってからはやろうと思ってももう出来ない。人生の中において、ある意味しがらみ等を考えずに好き勝手遊べる最後の自由な時間を切り取った名作だと思う。死体探しの冒険や4人の友情だけの映画というより、鑑賞した側が当時の自分の思い出と重ね合わせる事で、更にこの作品が宝物のように感じられるのではないかとも思った。大人になってから観返すのもまたいいものだ。パイのゲロまみれだけは厳しいが…。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-22 23:24:02)
500.《ネタバレ》 スティーブン・キングの言わずと知れた名作。少年時代のある夏の日のはかない思い出を活き活きと描いていました。若くして命を落としたリバー・フェニックス、まだあどけない姿だがひしひしと感じられるそのカリスマ性からは将来を予感させるものを感じました。友への率直な想いを綴ったベン・E・キングの主題歌はいつまでも耳に残るでしょう。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 8点(2009-11-17 21:04:32)
499.失った少年の心を懐かしく眺め・・キングはこれだからやめられない!
わさびさん [DVD(字幕)] 9点(2009-08-19 16:00:59)
498.《ネタバレ》 よく少年時代の佳き思い出の映画みたいな紹介がされているけどとんでもない!
だいたい宝探しでなく死体探しでっせ。
冒険のワクワク感よりもどこか負の雰囲気をメンバー全員が持っていたことのほうが印象深い。
少年時代の悪夢、不満、純粋さゆえの汚すぎる会話・・・たいていの人が少年時代を思いだすとき避けてしまう部分が主役の映画やと思う(この点は原作のほうがより顕著に描かれていた)
その上で「あのような友を持つことは二度とない・・・二度と・・・」なんよ。
そっと・・・チタラダさん [DVD(字幕)] 9点(2009-08-02 18:53:49)(良:1票)
497.飽きずに見れたけど、ここまで評価の高い理由はわからん。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 6点(2009-08-02 17:24:41)
496.《ネタバレ》 23年前に映画館で観たときには、少年たちのこころの痛みに、痛いほど共感できた。23年たってDVDでみると、表現されていることはよく理解できたが、こころの痛みを思い出すことすら難しくなっていた。長く生きるということは、そういうことらしい、とこの映画に教わった。
みんな嫌いさん [映画館(字幕)] 7点(2009-07-24 12:21:14)
495.大人になってから観たので残念でした。ただ、雰囲気は伝わってきました。
アフロさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-16 15:01:36)

494.《ネタバレ》 非常にストレートなロードムービー。「男子三日会わざれば活目して見よ」といった内容で、旅を通じて主人公が成長する過程を丁寧に描いている。兄の死を乗り越える主人公はとても魅力的ですが、他の仲間の三人もそれぞれにキレイにキャラ付けがされてあって飽きさせません。特に戦争で戦った父親を誇りに思っているテディが、スクラップ屋のオヤジに激昂する場面では少し目頭が熱くなりました。
彼等はお互いに譲れない何かを持っている、だからこそ本気で笑いあったり、慰め合ったりすることが出来る。凄く良い関係ですよね。
男子なら一度はこういう時期があるのではないでしょうか?私は凄くノスタルジィに浸ることができました。
民朗さん [DVD(字幕)] 9点(2009-07-09 17:29:17)
493.《ネタバレ》 リバー・フェニックスのとコリー・フェルドマンの演技力。そして、若かりしキーファー・サザーランドの馬鹿具合が良い。主人公のウィル・ウィートンはというと、まったく魅力がなかったですね。この作品にはそぐわない描写が気になります。ヒルで減点、ゲロで大幅に減点です。キャラとしてはクリスよりもテディの方が子供らしくて好き。「あの12歳の時のような友だちはもうできない、もう二度と・・」は名言ですが、若い私にはしっくりこない。
マーク・ハントさん [ビデオ(字幕)] 5点(2009-06-06 08:13:31)
492.《ネタバレ》 二十歳そこそこのころ、映画館にて一人で見ました。
全編通じて私的な美しさを持つよい作品だけに
あの’ゲロ’シーンは場違いでそぐわなかった。
それだけが残念です。

確かその年のGWに向けての公開でした、
当時の予想は、『入らない』映画として映画館からも冷眼視されていたようですが
ふたを開けてみるとロングランの嵐だったのを覚えています。
バッハバッハバッハさん [試写会(字幕)] 8点(2009-05-06 16:46:35)
491.観終わった後、「あいつはどうしているだろう?」と子供の頃の友人を懐かしく思う。ノスタルジックな名作ですね。
映画を単純に見る男さん [DVD(吹替)] 7点(2009-05-05 16:45:54)(良:1票)
490.《ネタバレ》 子供が死体探しの旅に出るため、家を抜け出して冒険をする。

言葉にしてしまえばとても陳腐で、面白みもなさそうな映画ですが、
映画の世界の雰囲気に一度触れてしまえば、その世界にずっぽり入ってしまう。

友達と夜中に家を抜け出して線路の上を歩いたなー。

今みたいに監視カメラづくしだと大問題で怒られてたんだろうけど。

小学生ー中学生の間に観ておかないと本当に駄目な作品だと思います。

リバー・フェニックスよりコリー・フェルドマンの方が好きだった。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 10点(2009-04-09 00:20:41)
489.クリスの言葉の数々は、大人になった今だからこそ、意味のあるものに思える。「かけがえのない日々」を送った12歳の少年たち。あの頃のような友達をもつことはもう二度とできないかもしれないけれど、いまを生きているこの一日一日もまた「かけがえのない日々」のひとつなのだと気づかされた。もうちょっと背筋を伸ばして生きてみよう。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 10点(2009-04-06 22:55:52)(良:1票)
488.《ネタバレ》 妻投稿。図書館で見た作品です。私はこの映画に「青春の懐かしい冒険」「もう二度と帰れない日々」というのとは違うものを感じました。この映画は汽車に轢き殺される恐怖、虐待や大人の裏切りというものが描かれています。それらを乗り越えてやっと手にしたものは死体・・・。まさに人生そのものです。人間は人生において恐怖と裏切りと絶望を経験し、その果てにあるものは死なんです。なのにどうしてこんなにすがすがしい気持ちになれるのか・・・。それは愛する仲間がいるからではないでしょうか。私はそれがこの映画が名作である理由なんだと思います。
はち-ご=さん [レーザーディスク(字幕)] 9点(2009-03-31 17:30:45)
487.主題歌がいいだけで、ストーリーは意外と退屈。途中、ダレてしまう。
たっけさん [DVD(字幕)] 5点(2009-03-22 13:07:43)
486.《ネタバレ》  死体は探さなくても、キャンプという名の野宿して連れと馬鹿話。
蚊に刺されまくって朝を迎えれば、忘れられない思い出になる。
歳を経てふと、この事を思い出せばまたひとつ背中に郷愁が滲み出るという物。
 鑑賞した歳によって、評価が大きく変わるであろうこの作品。
私はいい時期に観たと今でも信じている。
R・フェニックスさんに合掌。
翼ネコさん [DVD(字幕)] 10点(2009-02-25 23:00:02)
485.《ネタバレ》 さすがに死体探しには行ったことはないけれど、観る度に少年時代の友達とつるんでのちょっとした冒険や遠出が懐かしく思い出されます。もう何度も観たけれど、それでもまた繰り返し観たくなります。初めて観た時、僕はまだ10代だった。それがいつの間にかオジサンの年齢になってしまった。子供の頃がどんどん遠い日々になっていきますが、年齢を重ねるにつれてこの映画のことがもっと好きになっていくんですよね。今が嫌だという事ではないけれど、やっぱり楽しい事ばかり考えていた子供の頃は良かったなあ・・・。
とらやさん [映画館(字幕)] 8点(2009-02-15 03:09:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526272829
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 564人
平均点数 8.16点
010.18%
100.00%
230.53%
361.06%
4142.48%
5335.85%
6478.33%
76812.06%
810218.09%
911921.10%
1017130.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.37点 Review27人
2 ストーリー評価 7.88点 Review44人
3 鑑賞後の後味 8.37点 Review45人
4 音楽評価 9.20点 Review54人
5 感泣評価 7.42点 Review28人

【アカデミー賞 情報】

1986年 59回
脚色賞レイノルド・ギデオン候補(ノミネート) 
脚色賞ブルース・A・エヴァンス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS