遠い一本の道のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 遠い一本の道
 > (レビュー・クチコミ)

遠い一本の道

[トオイイッポンノミチ]
1977年【日】 上映時間:110分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1977-09-11)
ドラマ
新規登録(2009-10-13)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2009-10-17)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督左幸子
キャスト井川比佐志(男優)市蔵
左幸子(女優)里子
市毛良枝(女優)由紀
小松方正(男優)
西田敏行(男優)
大滝秀治(男優)
吉田義夫(男優)
金内吉男(男優)
殿山泰司(男優)
長塚京三(男優)
今井和子(女優)
野村昭子(女優)
撮影瀬川順一
製作左幸子
企画左幸子
美術育野重一
編集浦岡敬一
あらすじ
国鉄の保線工として30年以上勤務した男と、その妻の半生を追った作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 国鉄に勤務して30年。
保線工として人生を鉄道に捧げた男の一生を描いた作品。

伝記的な面白さがあり、しかも実際の国鉄職員の証言と思われるナレーションも入るので、セミドキュメント的な趣きもある作品である。

国鉄という組織で一生働くことの過酷さ、その過程で起る数々の出来事。
一人の男と、その妻の半生がたっぷりとリアルに描かれている。

現在は観光地化してしまった長崎の離れ小島、通称「軍艦島」をロケーションにして、ラストの数十分が描かれ、貴重な歴史的資料としても存分に楽しむことができる。

ストーリーとは全く関係なく、「軍艦島」の30年前の姿を映像として観たい方は必見の作品。
そして又、国鉄に永らく勤務していた方も必見の作品である。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 7点(2009-10-15 01:41:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS