アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~
 > (レビュー・クチコミ)

アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~

[アンティークセイヨウコットウヨウガシテン]
Antique
(서양골동양과자점 앤티크/西洋骨董洋菓子店 アンティ-ク)
2008年【韓】 上映時間:111分
平均点:7.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-04-18)
ドラマサスペンスミステリー漫画の映画化
新規登録(2009-11-03)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2012-12-15)【鉄腕麗人】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストキム・ギュリ〔女優・1979年8月16日生〕(女優)ジニョクの彼女4(特別出演)
原作よしながふみ
配給ショウゲート
字幕翻訳根本理恵
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 原作も日本ドラマも見ていないが、皆さんのレビューでの比較を読んで、見たくなった。

チュジフンとキムジェウクが、この世の男とも思えないカッコ良さ、まさにCool!と言いたい。チュジフンは「宮」ではハマらなかったので、この映画のでのこなれブリが、感性に合ったのだと思う。軽快感は良いが、途中のミュージカル、やるならもっと徹底的に、中途半端なら、ない方がよい。観ていて気恥ずかしい。
大好きなユ・アインが、まだまだ荒削りながら頑張っている。不思議な人。小柄だったり(チュジフンの隣だからか)大人だったり子どもだったり。この時21歳。なんか高校一年生みたい。

ドラマにしろ映画にしろ「成功した」韓国作品は、「まあ成功した」日本作品と、どこが違うのだろう。お金のかけ方?時間のかけ方?気合いの入れ方?日本ドラマ視聴が楽しみだ。
LOISさん [DVD(字幕)] 7点(2016-02-03 12:23:07)
4.原作未読、日本のドラマも未見。ファンタスティックな味付けでテンポよく進み、楽しめました。誘拐事件もトラウマもゲイも変に深刻に掘り下げず、あくまでも風味程度に軽く、パイのようにサクサク。フランス人とのいちゃいちゃ場面は、正直こってり胃にもたれそうなムースでしたが。にしても小気味いいファンタジー、キュートな一口マカロンのようでした。
泳ぐたい焼きさん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-05 02:23:55)
3.原作未読。日本版ドラマ未見。予備知識なく見たけれど、なかなか良かった。韓国映画独特の映像の美しさ。主演ジフンもカッコイイ。日本人俳優ではクサすぎると思える演出もさらりとこなしてスタイリッシュ。背景となる事件とその顛末が今一つ消化不良だけれど、それは原作のせいか?
フラミンゴさん [インターネット(字幕)] 5点(2012-11-12 05:51:04)
2.《ネタバレ》 いったいどうやってエピソード満載のマンガ4冊をこの時間に・・・。とおもったら案外見終わった感触は原作に忠実でした。うまいな・・・・。日本のドラマ化したときよりずっといいです・・・・。
エピソードの選び方がすごくうまいのでかなり割愛されてるのですが全体的に原作のイメージが壊れてない。
漫画で言うと小野の役の人(ドラマコーヒープリンス一号店に出てきた日本語しゃべれる人ですよね?)が気持ち悪くなく魔性のゲイ(笑)の役をできてました!ちい役(映画ではスヨン)の人がマッチョすぎるような気がしますが・・・・。
なによりケーキがみんなおいしそう!
私は何度も漫画を読んでいるので足りないところは脳内でまなかっているかもしれないので、漫画を見てない人にはどうなのかわからないので-1にしました。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 9点(2010-12-19 00:17:41)
1.良い。
“よしながふみ”による原作漫画は、隠れた傑作である。それを“真っ当”に映画化してみせた良い作品だと思う。

原作の持つ表面的な軽妙さと核心的な深刻さが混ざり合った独特の世界観を、映像化することで、ある部分においては見易く、ある部分においては思慮深く表現することに成功している。
とても「微妙」なテーマ性を内に秘めた作品なので、実はとても取り扱いが難しい素材だったと思うが、映画としてのエンターテイメント性も保ちつつ、作品としてまとめあげており、見事だ。

かつて同原作から、安直というかまったく「別物」のチープなテレビドラマしか生み出せなかった日本と比べると、改めて韓国の映画製作における本質的な巧みさを感じずにはいられない。

韓国俳優たちのバラエティーに富んだ演技もとても良く、決して漫画のキャラクター像に縛り付けられることなく、映画作品としての新たなキャラクターを表現していたと思う。
その辺りも、「漫画の映画化」となると、ことごとく原作のキャラクターを内面・外見ともになぞるだけの多くの日本映画とは、明らかな「差」を感じた。

非常に大好きな原作漫画の映画化だっただけに、自分の中でのハードルは高かったはずだけれど、それをひょいっと越えてみせた韓国映画の相変わらずの力強さに脱帽。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 8点(2009-11-05 00:52:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7120.00%
8120.00%
9120.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS