博奕打ち いのち札のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 博奕打ち いのち札
 > (レビュー・クチコミ)

博奕打ち いのち札

[バクチウチイノチフダ]
1971年【日】 上映時間:106分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションドラマシリーズものヤクザ・マフィア
新規登録(2009-11-13)【なんのかんの】さん
タイトル情報更新(2014-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下耕作
助監督清水彰
キャスト鶴田浩二(男優)相川清次郎
若山富三郎(男優)小林勘次
水島道太郎(男優)岩井東五郎
安田道代(女優)静江
渡瀬恒彦(男優)フーテンの猛
遠藤辰雄(男優)お祭り徳
天本英世(男優)金原
林彰太郎(男優)床屋の秀
平沢彰(男優)ノリ場の安
阿波地大輔(男優)竹内
内田朝雄(男優)大竹重吉
有川正治(男優)石浜
川谷拓三(男優)野原
野口貴史(男優)鮫州の政
正司照枝(女優)お米
天津敏(男優)天野良平
八名信夫(男優)猪子鉄治
脚本笠原和夫
音楽木下忠司
撮影吉田貞次
企画俊藤浩滋
橋本慶一
配給東映
美術吉村晟
編集宮本信太郎
録音堀場一朗
照明和多田弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 任侠映画への「哀歌」。

監督山下耕作+脚本笠原和夫+主演鶴田浩二で制作された「博奕打ち」シリーズの9作目。
大傑作「博奕打ち・総長賭博('68)」から3年経った後の制作に当る。
旅先で出会った男女が1年後の再会を期して別れたものの、逮捕・投獄の為
かなわかった男が5年の刑期を終えて知った事実、それは女が自分の居る組の
組長の後妻となっていた事、そして組が敵対組織の襲撃を受け組長は殺され、
彼女は未亡人(姐さん)となってしまっていた事であった。

任侠映画というのは苦悩する主人公が堪忍(任侠道やら因習やら理不尽な敵のやり方とか)
を重ねた上での爆発が主題と思うが、この作品は主人公の苦悩のメインが「結ばれなかった恋」
なのが珍しい。近年出版された笠原和夫の脚本集にも記載されてるのだから、代表作の一本だろう。
ただこの作品が受け入れられない点がまさにそこで「組長の奥さん、実は私の元カノです」という
んな馬鹿な、というストーリー展開に観客が耐えられるかどうかにかかってると思う。
鶴田浩二の「いつものやせ我慢」+「叶わない慕情」時の切なさ儚さ、これを堪能してもらいたい。

今回廉価版のDVDが出たのと合わせて笠原和夫の脚本集を読了したが、実はラストの
殴り込みシーン、「血の海での殴り込み」と記載されてなかったのは意外だった。
て事はこれ、監督山下の演出オリジナルだった事になる。
「こんな世界から、この渡世から出てゆくんだ」と呟き、女を抱きかかえながら
血の海の中を切り結んだ挙句、盃杯を叩き壊す主人公。
邦画界の経営没落と合わせて、実録・エログロ路線に走りつつあった
ヤクザ映画に対しての監督なりの意思表示であったんだろうな。
(この後役者・脚本家みな時世に上手くシフト出来たのに、山下監督だけは
 あくまでも任侠映画にこだわって生涯を閉じた事を踏まえて哀しくなってくる)

あとは黒づくめの天本英世と時代を感じる若い衆、渡瀬恒彦に注目。
Nbu2さん [映画館(邦画)] 7点(2021-08-29 10:07:44)★《新規》★
1.やくざの弱さを鶴田浩二が口にしてしまう。女が一緒に逃げましょうと言うのに「俺には、この岩井一家しかない」と言う。やくざというものが、けっきょく家を飛び出して自立できぬ者たちの共同体=偽家であることがよく分かるが、鶴田浩二には女にそんな弱音を吐いてほしくはなかった。それを覚悟して受けとめるから荘重な悲劇になるのであって、『総長賭博』も、家を守ろうとして出す手出す手が次々と家の崩壊を導いていくところに感動があったのだ。でも本作も最終的には運命悲劇の線は守られていて、任侠映画史の到達点シリーズとしての価値はある。海辺を女がフラフラ歩いたりして、ちょっと流れてしまうところもあるが、全体としていい。若山富三郎の役どころが重要で、家の代表でもあり、また世間の噂の代表ということで内在する外界でもある。ラストの血の海の花道は、私はあまり買わない。あくまでリアルな情景で様式美を追求したのが仁侠映画だったはずだ、まあそれだけ仁侠映画がもう熟し切ってそれ以外の表現を必要とするまでになってしまった、ということでもあるのだが。それにしても当時の東映映画俳優陣の厚みは素晴らしいものだった。これ以後彼らは実録路線に合ったもの(文太やピラニア軍団)と合わなかったもの(高倉健や鶴田浩二)にと分離し、他ジャンル映画でも活躍の場を広げていくが、仁侠映画における自在な輝きはもひとつ感じられない。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 7点(2009-11-13 12:08:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
72100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS