隣のヒットマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 隣のヒットマン
 > (レビュー・クチコミ)

隣のヒットマン

[トナリノヒットマン]
The Whole Nine Yards
2000年【米】 上映時間:99分
平均点:5.96 / 10(Review 120人) (点数分布表示)
コメディシリーズもの犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-01-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・リン
助監督デヴィッド・L・スナイダー〔美術〕(第二班監督)
キャストブルース・ウィリス(男優)ジミー・"チューリップ"・チュデスキ
マシュー・ペリー(男優)ニコラス・"オズ"・オゼランスキー
ロザンナ・アークエット(女優)ソフィ
マイケル・クラーク・ダンカン(男優)フランクリン・”フランキー・フィグス”・フィゲロア
ナターシャ・ヘンストリッジ(女優)シンシア
アマンダ・ピート(女優)ジル
ケヴィン・ポラック(男優)ヤンニ・ゴーゴラック
磯部勉ジミー・"チューリップ"・チュデスキ(日本語吹き替え版)
水島裕ニコラス・"オズ"・オゼランスキー(日本語吹き替え版)
高島雅羅ソフィ(日本語吹き替え版)
塩田朋子シンシア(日本語吹き替え版)
音楽ランディ・エデルマン
撮影デヴィッド・フランコ〔撮影〕
製作ドン・カーモディ(共同製作)
ジェームズ・A・ホルト(共同製作)
トレイシー・スタンリー(共同製作)
製作総指揮エリー・サマハ
アンドリュー・スティーヴンス
配給20世紀フォックス
美術デヴィッド・L・スナイダー〔美術〕(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
120.何故か安心して観られる娯楽映画。凄い作品とは思わなし具体的にどこがいいとか言いにくいいけど、いいんじゃないの、こういうのも。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2021-09-24 17:26:40)★《新規》★
119.古典的なコメディ。出てくる女優さんがみんなきれいで、監督さんいいセンスです!
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2019-01-19 19:16:05)
118.《ネタバレ》 まともな登場人物が1人もいない。
唯一まともなはずの主人公の歯科医の男も気が付けばあちらの世界にどっぷり。
そうなるに至る過程も実に面白いです。
ある程度登場人物を絞り、男も女も、皆のキャラが見事に立っています。
全員が何らかの形で愛し愛され、殺し殺されの関係でつながり不要な登場人物がいない。
結構ぐちゃぐちゃで殺伐としたそれぞれの関係ではあるのですが、それをあまり感じさせず
挿入されるべたなギャグも効果的で、少々ブラックで笑えるドタバタコメディでありラブコメになっています。
序盤はドツボにはまっていく主人公の男ですが災い転じて福となす、
最後はブルースさんと揃ってうまくハッピーエンドとなりました。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-01-26 16:50:41)
117.《ネタバレ》 これどなたかも書いてますけど、日本的なボケツッコミの感覚のコメディなんですよね。
あちらのコメディでは意外とめずらしいパターンですが、日本人にはなじみやすいんじゃないでしょうか。

観る前は「隣に越してきた善良そうな男が実は実は凄腕の殺し屋だった」という水戸黄門的な話なのかと思っていたのですが、実際には開始早々から「こいつ殺し屋だ!」と主人公が慌てふためく想定外の展開。
そしてさすが殺し屋。驚くほど簡単に人を殺します。
これで主人公が殺されなかったのは本当に紙一重の運と人徳だったんだろうな、と。

映画を観た後の後味も良くて気軽に観られるコメディ映画の意外な佳作だと思います。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 7点(2017-01-11 00:13:45)
116.《ネタバレ》  前半は誰が本当のことを言っているのか、誰が味方で誰が敵なのか全くわからなくて面白い。
 後半、ある程度真相がわかってくると、オズ(マシュー・ペリー)がつっこみ役となり、コメディとして笑えるやりとりが増えてきます。今作のコメディ感覚は、日本のコントや漫才に通じるものがあると思います。それはずばり『ボケ』と『つっこみ』の温度差でしょう。
 唯一まともな感覚のオズがマイノリティーで、裏社会に生きる人たちがマジョリティを占めているため、なぜかオズが浮いている感じになっているのが面白おかしい。なのになぜか、普通の人で一番本件と無関係で、唯一殺人願望がないオズが、気付けばマフィアからもジミーからも重要なポジションをおおせつかっているこのシュールさ。
 『いったいこのストーリーでいったら、ラストはどーなんのさ?どーもなんなくね?もう無理じゃね?』と思っていたら、無理のない形でなぜか丸くおさまってしまってもうびっくり。とても上手い脚本でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2015-11-22 15:24:03)(良:1票)
115.なんかモヤモヤするシメだったなと。この2組のカップルは2年程度で破局しちゃうんじゃないだろうか、など変に考えてしまった。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2015-03-07 20:54:32)
114.《ネタバレ》 ミニマムな持ち味にくすっと笑えるドタバタコメディです。お隣に越してきたのは殺し屋。しかもマフィアから莫大な賞金をかけられていた。という困った状況に陥ってしまった小市民の歯科医が小狡く、でも間抜けな立ち回りで状況を引っかき回す。思いもがけぬ人物の乱入も相まって、それぞれの思惑が交差し、事態がどんどんややこしい方向へと転がっていきます。〆もこの手の話には珍しくまあ良い話で終わる、小粒ですが中々楽しい映画になっています。ふと思い出したのは三谷幸喜のマジックアワー。本来三谷幸喜がやりたかったのはこういったドタバタだったのでは? と思いました。
kirieさん [地上波(吹替)] 5点(2014-10-16 01:04:39)
113.《ネタバレ》 じわっと笑えるシリアスコメディで展開が魅力的。アマンダ・ビートは可愛かった。フランキーは最後可哀想でしたが、なんやかんやでハッピーエンド。続編も有るんですね。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2013-06-16 20:51:46)
112.《ネタバレ》 素直に面白いと思います。様々な登場人物の思惑が単純に(複雑にではなく)絡み合い大どんでん返しはないもののよく練られたストーリーでした。ついつい引き込まれて魅入ってしまいました。主人公にとても好感が持てます。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 7点(2013-04-27 01:34:04)
111.《ネタバレ》 なかなか面白い。あんまりドンパチものは好きじゃないけど、よく練られているストーリーですね。そしてキャスティングもナイス!ブルースはしっかり殺し屋に見えるし、相棒のマイケル・クラーク・ダンカンは怖いし(苦笑)。ホテルの部屋にクラーク・ダンカンいたら誰でもビビるよ!!。でも面白いのはマシュー・ベリー扮するオズの歯科医助手のジル。殺し屋で歯科医に潜入、おまけに憧れの人は「チューリップ」ジミー!なんちゅう無茶な設定や(笑)そこらへんの無茶振りを楽しめないとダメかもね。なんのかんの言いながらもド直球な幸せエンディングにホッとしました。しかしナターシャ美人だね~~あんな綺麗な女性(ひと)に会ってしまったらそりゃ惚れるわなー。なかなかでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-24 18:52:10)(良:1票)
110.設定も面白いし、小ネタもアメリカ映画んしては効いている。
のに、全体的にノリが軽すぎると言いますか。
ブルース・ウイルスは殺し屋に見えるし、特に問題はないのに、
こういう軽い作品には合わない気がする。個人的に。
誰が悪いというわけではないのに、何も残らない作品と言ってしまえばそれまで。
バニーボーイさん [ビデオ(吹替)] 5点(2012-10-09 15:51:42)
109.《ネタバレ》 フツーのスパイコメディ。設定は面白いのですが、物語にツイストが効いていない事が問題ですね。
民朗さん [地上波(吹替)] 3点(2010-06-28 21:52:27)
108.《ネタバレ》 応援出来る設定ではないものの(殺し屋だったり不倫だったり)みんなナイスキャラでストーリーも面白かったです。悪妻の証言が警察に全く信用されないのは、どうかと思ったがハッピーエンドのためには仕方ないか・・・。
よりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-08-01 23:36:12)
107.《ネタバレ》 前半のコメディパートから終盤のラブロマンス・サスペンスまで流れるような脚本。上手いと思いました。主人公がのっぴきならない状況へ追い込まれていくプロセスが絶妙です。突然隣家に越してきた殺し屋。マフィアからは賞金首がかかっている危険極まりない奴。でも付き合ってみれば悪い男じゃない。いつの間にかもう友達みたいだし。でもマフィアにヤツを売らないと、こっちの身が危ない事に。あれれ、今度はアイツの妻に一目惚れしちゃった。主人公と殺し屋の妻との関係はいわゆるダブル不倫です。通常であれば、応援する気など起きるはずもない。ところが、この“純愛”を実らせてあげたくなるから不思議。丁寧に2人の恋愛ドラマを描いている証拠だと思います。主人公が彼女を愛する気持ちは本物だし、彼女が徐々にオズに惹かれていく過程も納得できる。何より彼女のキレイなこと。ちょっと冴えない主人公に感情移入しやすいのもいい。オチは「こうあって欲しい」という祈りの完成形。どんでん返しがあるものとばかり思っていたので、心がほんわりしました。ヒネリのないラストもいいもの。2人ともお幸せに!
目隠シストさん [DVD(字幕)] 8点(2008-04-02 20:59:04)(良:2票)
106.《ネタバレ》 ころころ変化するシチュエーションは楽しく観れるのですが、主人公として配してある歯医者が終盤まで成り行きを見守るだけの存在に成り下がり、作品自体の方向性がどうにも判然としないままに進むので、つらい。
カラバ侯爵さん [地上波(字幕)] 7点(2007-10-10 09:55:12)
105.飛び抜けた感動はないが秀作。クライムやどんでん返しは味付け程度に、ヒューマニズムに重きを置いていて、全体のバランスが良い。コメディはこうでなくては楽しくない。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(字幕)] 7点(2007-07-16 03:37:53)
104.《ネタバレ》 クスリと笑えるクライム+コメディムービーってとこでしょうか。主人公のテンパリ具合が面白かったです。マイケル・クラーク・ダンカンが最後撃ち殺されちゃうのはなんか勿体なかったなぁ。
ライヒマンさん [地上波(字幕)] 6点(2007-03-18 22:48:38)(良:1票)
103.《ネタバレ》 いいですね。金はかかってないけどなかなかの良作です。
マシューペリーのキャラがいい感じでたってます。

手をガタガタ震わせながら、歯の治療をしようとするシーンで笑わせていただきました!患者は気が気じゃないよね!

ストーリーもよし。終わり方もよし。
マイケル・クラーク・ダンカンが死んじゃったのはもったいなかったけど展開上しかたなかったんだろうな。
湘爆特攻隊長さん [DVD(吹替)] 7点(2006-07-12 21:59:38)
102.「フレンズ」のマシューペリーが出てるという理由で観たんだけど、これが結構面白かった。ブルース・ウィリスの演技がとてもよく、マシュー・ペリーもよく笑いが取れててよかった。クールでブラックなコメディだったけど、結構よかった。おすすめ
ラスウェルさん [ビデオ(吹替)] 8点(2006-04-27 19:29:39)
101.《ネタバレ》 「全く」笑えない。マシューペリーとかいう俳優さんで「ぴくり」ともできない。これはいったい…。見る側の問題なのか。この話は「オズ」のすることに笑えないと、全く面白くないわけだ。そこで、過去にどういうもので笑ったか思い出してみる。ヒューグラントではいつも笑える。「ストーリーオブラブ」でもかなり笑った。「ブリジット1」のレニーでも笑えた。日本のお笑いではダントツでダウンタウンで笑う。マシューてほんとに笑えるの?口の形が台形になっているだけでは笑えぬ。なんか「間」のとり方もちょっと遅いよなあ。全然ボケきれてないしなあ。この人って、少年時代とかに周囲のお笑いレベルが低すぎて、おだてられて勘違いしちゃったとしか思えないけどな。とにかく私は笑えぬ。ロザンナのシワの多さに涙。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 3点(2006-01-09 18:08:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 120人
平均点数 5.96点
000.00%
143.33%
221.67%
386.67%
486.67%
52218.33%
62016.67%
73327.50%
81915.83%
921.67%
1021.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.80点 Review5人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS