涼宮ハルヒの消失のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 涼宮ハルヒの消失
 > (レビュー・クチコミ)

涼宮ハルヒの消失

[スズミヤハルヒノショウシツ]
The Disappearance of Haruhi Suzumiya
2009年【日】 上映時間:163分
平均点:6.88 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-02-06)
SFアニメミステリー青春もの学園もの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2010-02-12)【スワローマン】さん
タイトル情報更新(2021-11-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督武本康弘
石原立也(総監督)
演出山田尚子
杉田智和キョン
茅原実里長門有希
平野綾涼宮ハルヒ
小野大輔古泉一樹
松岡由貴鶴屋さん
桑谷夏子朝倉涼子
白石稔谷口
後藤邑子朝比奈みくる
高橋研二
原作谷川流
いとうのいぢ(原作イラスト)
脚本谷川流(脚本協力)
作詞谷川流「優しい忘却」(歌詞原案)
主題歌茅原実里「優しい忘却」
挿入曲平野綾「冒険でしょでしょ?」
製作角川書店(SOS団)
角川映画(SOS団)
京都アニメーション(SOS団)
クロックワークス(SOS団)
制作京都アニメーション(アニメーション制作)
配給角川書店
クロックワークス
作画いとうのいぢ(キャラクター原案)
山田尚子(原画)
武本康弘(絵コンテ/原画)
木上益治(レイアウト監修/原画)
石立太一(原画)
録音鶴岡陽太(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.意欲的な作品なのだが、主人公が好きになれないのと、冗長さが相まって、途中まで長くてダラダラした雰囲気に耐えられなかった。
終盤は流石にこの世界観を堪能できて良かったけど。
simpleさん [インターネット(邦画)] 5点(2020-08-09 18:22:32)
31.もう10年も前の映画になるんですね。初めて観たのは、劇場公開から数年遅れてDVDでの鑑賞。
今回、多くの方が亡くなられた京アニの放火事件を機にレンタルで再鑑賞。
全く酷い事件です。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

で、『涼宮ハルヒシリーズ』ですが、正直なところ原作は未読だし、TVのアニメシリーズもそれほど面白いとは思えなかったんだけれど、
まあ母校が舞台と言うことで全て見るには見ました。

ぶっちゃけて言うと、涼宮ハルヒというキャラにあまり魅力を感じない私には、むしろ映画の方が面白く観られました。
ハルヒが脇に回り、キョンをメインとした、けっこう骨太な時空SF。
しかもTVシリーズで張り巡らせた伏線を上手く回収していく、なかなかに練られた脚本。
まあ、『涼宮ハルヒ』シリーズ自体が、キョン目線、キョンの立場で語られる話ですから、キョンが主人公と言ってもイイんでしょう。
ハルヒは、メインヒロインでありながら、その並外れた発想力と行動力で事件を巻き起こしていく、いわば狂言回し的な役割。
そういう意味では、至極真っ当な作りでもあります。


シリーズを通じて、背景に描かれる風景も良く出来ていて、「ああ、あそこら辺だな~」と今は遠く離れてしまった故郷を懐かしく観られました。この辺でも京アニ作品の作りの良さに感心。
まあ、校舎は阪神淡路大震災以降、避難用(?)の外階段が付けられるなど大きく手が入ってしまったので、
自分が通っていた頃とは結構変わっちゃってるんですが……。
まあ、そんなことはともかく。

この映画一本を、独立した一つの作品として見た場合は、けっこう難アリですが、
まあアニメシリーズの完結編と考えれば、そこそこに良く出来たお話ではないでしょうか。
TERRAさん [DVD(邦画)] 6点(2019-07-19 17:55:50)(良:1票)
30.原作未読、TVアニメ未観、予備知識なしで 鑑賞..冒頭 ハズレ? って思ったら..途中から なかなか面白かった..これは、TVアニメを観てから 観たほうが良かったのか? 単体で観て良かったのか? ..少し後悔...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 8点(2019-06-24 00:38:59)
29.《ネタバレ》 アニメやドラマの続編ものが映画になるときに元ネタを知ってないと十分に楽しめないように
この作品も少なくとも2006年版TVアニメ全編と2009年制作の「笹の葉ラプソディ」を見てから
見ることをおすすめします。
尚、2009年のそれ以外が「エンドレスエイト」と「溜息」なので見なくてもいいです。

本編は2時間40分という非常に長尺ながら一気見してもすぐ見終わった感あるくらいです。
話としては物語の主人公キョンがある日を境にちょっと違う世界に紛れこんでしまうというもの。
ハルヒの作ったSOS団は存在せず、ハルヒと古泉がおらず、朝比奈は自分のことを知らない、
長門に至っては自分のことを知らないどころか性格まで全然違っている、といった具合。
さらには消えたはずの朝倉がハルヒの席にいて、シャミセン(猫)が日本語をしゃべらないせいで
キョンの妹には「お母さん、キョンくん頭(略」と言われる始末。
この孤独感は賞味20分の30分アニメだとぶつ切りにされてしまうため、映画になって本当に良かった。

最近のアニメにはタイムリープものがよくあるが、あれは同じ世界を何度も行き来することで
自分にとっての正解を導き出そうというものであるが、
ハルヒ世界のキョンは自由にタイムリープができるわけでもないし
そんなには繰り返し時間を戻ったりはしない、
のだが、今回はする。
しかも「あの日」に。
多分その日がハルヒが全能に近い力を手に入れた日で、
その手助けをなんだかんだで何度も行うのがキョンであり、
うるさいうるさいと思っていたハルヒやその他宇宙人やら未来人やら超能力者やらとのやりとりを
最も望んでいたのもまたキョンなのだ、という結論で終わるのだが、
どうやらアニメ三期は作られそうにないので、もうこの「消失」が
アニメハルヒの最終回でいいよとさえ思えてしまう。

尚、エンディングの長門の中の人の歌はあまり好きではないが、
この「消失」から派生した「長門有希ちゃんの消失」は漫画もアニメも大好きです。
SOS団がない状態がデフォルトで長門が消失みたいな性格だったら?という漫画で非常に好物です。

脱線しましたが、ハルヒファンなら見て損はないので、ハルヒ一期を見て面白いと思った人はぜひご覧ください。
(ネタバレ投稿にこんなこと書いてもあまり意味はないか)
にんじんさん [ブルーレイ(邦画)] 10点(2019-06-02 22:06:24)
28.中々おもしろかったです。
しかし少し長いかな。
TVアニメはなんとなーく覚えていたので、ついていけました。
TVアニメを観てないとよくわかんないと思います。
へまちさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-01-26 19:38:58)
27.TVシリーズに続けての鑑賞。なかなか面白かったです。皆さん書いておられますが、これだけを初めてみた人には理解しにくい場面も多かったのではないかと思います。恐らくこの映画のヒロインはナガトさんだと思うことでしょう。TVシリーズから見ている人間はそれに輪をかけて彼女に肩入れしてしまいます。2時間41分、良い時間を過ごすことができました。
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2014-09-14 12:00:51)
26.思ったより怖い!けいおんのように明るいものになるかと想像していたのですが、むむ、難しい内容でした。反芻します。
HRM36さん [DVD(邦画)] 5点(2014-04-21 10:56:04)
25.《ネタバレ》 かなり良い出来ですね!TVシリーズはこの映画のための伏線だったのかぁ、と言ってもいいくらいです。なので、原作やTV版を見ていないと、この映画の面白さは伝わらないと思います。話の展開そのものはだいたい予想の範囲内でしたが、長い時間もまったく気にならないほど引き込まれました。特に、長門有希のメッセージがパソコンに映し出されるシーンは最高でしたね。
ramoさん [DVD(邦画)] 9点(2014-01-20 18:20:56)
24.《ネタバレ》 テレビ版はすべて視聴済で評判も良かったので期待しての鑑賞。
映像がヌルヌル動いててめっちゃ良かったです。
話の方も良かった。異世界に来た主人公の孤独感がすごく伝わってくるし、袖を引く長門が反則気味でかわいかったし孤独だった主人公に仲間が集うシーンはテンション上がりました。ようやく元の世界へ戻れると見せかけてまだ戻れていなかった時はまだ続くのかと嬉しかったほど。
Dry-manさん [映画館(邦画)] 9点(2013-01-04 02:10:19)
23.《ネタバレ》 妻投稿■ハルヒはまったくノータッチで、この映画が初見。殺人少女は唐突だったけどそれ以外の登場人物設定はすんなり頭に入ってきたし、その世界が変わってしまったことによるキョンの恐怖と絶望を主人公と一緒に感じ、元に戻るキーワードを見つけた事で主人公と一緒に泣きそうになり、灰色の重たい坂道の住宅地で主人公と一緒に走り回った、手に汗握った。■所謂「非実在青少年」とここまで一緒にもがき苦しみ、一喜一憂出来たアニメ映画はあっただろうか。ターミネーター2? バック・トゥー・ザ・ヒューチャー? いや、彼らには常に助けてくれる最強の味方がいた。しかしキョンはたった1人で答えを見つけるために走り回らないといけない。たった1人で自分はどうするべきだったのか選択しないといけないのだ。その選択が「自分も当事者として世界に関わる」というものであるとキョンが意思表示をしたとき、涙がぶわっと出てきて来た。■いわゆる宇宙人や未来人や超能力者と友達になる一般人の求められる「勇気」って、多くの作品ではヒーローの手取り足取りになる勇気でしかない。しかしキョンは自分の意志で、仲間のヒーローの意志に反し、その責任を取る事も含めて選択したのだ。これが出来る男に感動しないわけにはいかないじゃないか!
はち-ご=さん [インターネット(字幕)] 10点(2012-07-03 03:54:22)(良:2票)
22.TVシリーズからの伏線が活かされたシナリオはとても面白かったです。
単純な続編ではなく、過去のエピソードにリンクする構成なのが良かった。
オープニングが冒険でしょでしょ?だったのも嬉しかった。
実際の尺ほど長くは感じなくて、かなり集中して鑑賞できました。
TVシリーズも6話くらいで1つのエピソードだったので、同じような時間感覚で良かったのかな。
それにしても、これは切ないラブストーリーですね。
これまでの長い長い蓄積があるだけに終盤はちょっと泣きそうになりましたよ。
エンドレスエイトも無駄じゃなかったのかもと思わせてくれます。
TVシリーズでは当たり前の光景だったことを改めて考えさせられる作品でした。
それぞれの再登場シーンで、ゾクゾクさせられたり、安心感があったり、ワクワクしたり、心を揺さ振られました。
もとやさん [DVD(邦画)] 9点(2012-05-16 17:41:17)
21.《ネタバレ》 文庫で出ている限りの原作は全て読んでいる。TVアニメも一応全部見た。
原作はわりと淡々とした印象の小説だが、映画化に当たってはストーリー上のポイントになる台詞が特に強調されていたり、また原作ではモノローグのようだった箇所に独自の映像が充てられているなど明らかに効用を増しており、かつ原作のストーリーの根幹も完全に保たれている。原作をいわば純粋な形で映像化したもので、そこまで含めてファンの期待通りである。
また、いわゆる“消失長門”に関してもファンが見たい映像の宝庫だろうと思う。個人的には別に消失長門フリークでもないのだが、それでも見ていて破顔というかニヤニヤしてしまうような場面が多かった。映画では、このキャラクターを象徴するアイテムとして、眼鏡のほかに膝かけが加えられていたのも要注意かも知れない。

ただし、この映画を一般の人が見てどう感じるのかはわからない。長編一冊分をまるごと映画化しているので一応のまとまりはあるわけだが、シリーズ開始以来の登場人物の微妙な変化が前提となって今回のストーリーがあることや、このエピソード自体がシリーズの一つの転機になっているといった背景事情がどの程度伝わるのかと思うと、一本の映画としては疑問があるのも確かである。
しかしそれでも、結局は見た本人がどう思うかが基本だろうから、一応のファンとしては、やはり見てよかったと開き直るしかない。

なお余談として、この映画ではTV第1期のオープニングテーマが復活していて嬉しいのだが、その直前に県立北高校の空撮映像があり、劇中の部室が校舎のどの位置に設定されているのかわかったので、Google Earthで目印をつけておいた。どうでもいいことだが。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-26 17:47:05)
20.《ネタバレ》 これ、微妙だね。基本的に原作かテレビアニメを見ていないと良く分からない作りになっているし、原作かアニメを見ている人からすれば、キョンというキャラクターが大幅にアニメ等とは思考や行動に異常があるという風にしか見えない作りになっている。京アニが作っているからとか、原作が人気だからという部分でこうした作りに気がつかない人が多いけど、正直まともな出来の映画では無いですよ。ファンは気にならないとかいうのも違いますよ。僕もこのシリーズの小説やアニメは面白いと思って読んだけど、この映画についてはあまり感心しません。むしろ、視聴者を馬鹿にしているんじゃないかという気さえしました。
奥州亭三景さん [DVD(邦画)] 3点(2012-01-03 01:45:30)
19.この内容では、「涼宮ハルヒ」を初めて見た人には何のことやらさっぱり分からんでしょうに。劇場版としては失敗だろうが、TVシリーズを観ている俺にとっては、まぁ楽しめたほうだ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 6点(2011-07-19 01:34:30)
18.そこそこ楽しめましたが映画として特別なものは無かったです。テレビSPと言っても納得します。
アフロさん [インターネット(字幕)] 5点(2011-06-15 00:55:43)
17.「可愛いのに、ちょっとイタくて残念なヒロインが主人公。だが、SFとしては良作。TVモノアニメとしては中の上」と評していたハルヒシリーズでしたが、いやあ、京都アニメーションの目論見通りか、すっかり堪能させられました。

一見さんにはちょっとツラい世界観と萌えっぷり(そして、拾いにくいエピソード)でしたが、まあ及第点はアッサリとクリアしていた印象です。

しかしながら、このシリーズ。「面白いけど、キャラ萌えになんかにゃ理解してやらないんだからね!」とツンデレ気味な公言を憚らぬ私でしたが...「文芸部仕様・長門」の、魂を抉るよーなか細い佇まいは強烈でした。改変された世界も、全然アリでした。プラス2点んんん!(一番イタくて残念な奴ァ、お前だ!)
aksweetさん [DVD(邦画)] 8点(2011-05-15 21:55:17)
16.《ネタバレ》 似て非なる世界にまぎれこんだきょんの胸中はいかほどのものか?
朝比奈さんと鶴屋さんのコンビに拒絶されるのは、
死にたくなるほどのダメージであったろうなと想像できる。
それゆえに集まるはずのない部室にSOS団の面々が揃う様はドラマチックだった。
おそらくエンターキーを押したあたりで、
夢オチなみにでも強引に終わらせておけば、満足できたような気がする。
そこからは説明が多かったり作業的な展開で退屈になる
(小説で内容を知っていたせいもあるかもしれない)。
しかも後半の解決方法だとなにやら矛盾を生み出しているようで、
すっきりと終わった気がしないのが残念だった。
映かったーさん [DVD(邦画)] 6点(2011-04-05 17:24:00)
15.長い。なぜこんなに長いんだろう。
特に終盤、どうみても話の決着がついているのに、そこからが長いので、かなりイラついた。
この手のお話は、サラっと終わらせて余韻を持たせるのが常識でしょう。
そのくせ、肝心の場面は説明不足。
登場人物の設定、なんてのは脳内補完できるからまだいい。
一番不足しているのは、ヒロインの行動原理。
ガマンにガマンを重ねて、みたいなエピソードとか伏線とか、あと5分でいいから入れていたら、全然印象違っただろうに。
お話自体は、いい話だと思うから、本当にもったいない。
時間を半分にして緩急きちんとつければ、傑作デートムービーを狙えるのに、なんでわざわざ原作マニア向けにしちゃうかなあ。
まかださん [DVD(邦画)] 5点(2011-03-22 23:10:47)
14.人気ライトノベルシリーズのアニメ、でその劇場版がコレ。涼宮ハルヒという破天荒な不思議系女子高生が巻き起こすドタバタ日常を描いております。この内容・世界観を理解している事がベースになっている映画なので、完全に一見さんはお断りのパッケージになっております。ただ少しでも涼宮ハルヒを知っている人ならマストな映画です(むしろこの映画を観るために数話アニメ版を観るのも良いと思います)。筒井康隆、星新一といったSF作家が好きで、映画『BTTF』シリーズが好きな好事家に観て欲しい。タイムスリップモノ・ジュブナイルモノに目の無いにオススメです。小生は、長門有希の残したプログラムを起動させた際、PCに出力される言葉のシーンで普通に泣きました。映画館で泣いたのは久々。
カイル・枕クランさん [映画館(邦画)] 8点(2011-03-13 23:30:04)
13.《ネタバレ》 この映画は好きです。「面白い」というよりも「好き」が強いんです。もし、なんらかの理由で自分を残したまま世界が変換してしまった場合、私は『元の世界が好きだった』『元の世界に戻りたい』とキョンほど強く思えないと思います。そこまで執着しないんじゃないかな。自分のこの半生が充実していないとは思いたくないけれど、そんな気がします。この映画は私としては長門映画でなくキョン映画として見ていました。キョン頑張れ!キョンあきらめるな!そう思いながら見ていました。
キュウリと蜂蜜さん [DVD(邦画)] 7点(2011-02-14 01:28:35)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 6.88点
000.00%
100.00%
213.12%
313.12%
413.12%
5515.62%
6618.75%
7515.62%
8412.50%
9721.88%
1026.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review4人
2 ストーリー評価 7.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.60点 Review5人
4 音楽評価 8.25点 Review4人
5 感泣評価 6.80点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS