3人のゴーストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 3人のゴースト
 > (レビュー・クチコミ)

3人のゴースト

[サンニンノゴースト]
Scrooged
1988年【米】 上映時間:101分
平均点:5.74 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
ドラマコメディファンタジークリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ドナー
助監督ミック・ロジャース(第二班監督)
リチャード・パトリック〔助監督〕(追加第二助監督)
演出ミック・ロジャース(スタント・コーディネーター)
キャストビル・マーレイ(男優)IBCテレビ社長 フランク・クロス
カレン・アレン(女優)クレア・フィリップス
ジョン・フォーサイス(男優)ルウ・ヘイワード
ジョン・グローヴァー〔男優〕(男優)ブライス・カミングス
ボブ・ゴールドスウェイト(男優)エリオット・ラダーミルク
デヴィッド・ヨハンセン(男優)過去のゴースト
キャロル・ケイン(女優)現在のゴースト
ロバート・ミッチャム(男優)IBCテレビ会長 プレストン・ラインランダー
マイケル・J・ポラード(男優)ハーマン
アルフレ・ウッダード(女優)グレイス
ウェンディ・マリック(女優)ウェンディ・クロス
スティーヴ・カーン(男優)IBCテレビ技術者
スーザン・バーンズ[女優](女優)
ジョン・マーレイ〔男優・1958年生〕(男優)ジェームズ・クロス
ジョン・ハウスマン(男優)本人
リー・メジャース(男優)本人
サチ・パーカー(女優)ベル
ブライアン・ドイル=マーレイ(男優)フランクの父
江原正士IBCテレビ社長 フランク・クロス(日本語吹き替え版)
勝生真沙子クレア・フィリップス(日本語吹き替え版)
大木民夫ルウ・ヘイワード(日本語吹き替え版)
小林修IBCテレビ会長 プレストン・ラインランダー(日本語吹き替え版)
鈴木弘子グレイス(日本語吹き替え版)
千田光男ブライス・カミングス(日本語吹き替え版)
富山敬エリオット・ラダーミルク(日本語吹き替え版)
麦人過去のゴースト(日本語吹き替え版)
安達忍現在のゴースト(日本語吹き替え版)
片岡富枝ホームレス(日本語吹き替え版)
伊井篤史(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
原作チャールズ・ディケンズ「クリスマス・キャロル」
脚本ミッチ・グレイザー
音楽ダニー・エルフマン
挿入曲アニー・レノックス"Put a Little Love in Your Heart"
ナタリー・コール"The Christmas Song"
撮影マイケル・チャップマン
トム・プリーストリー・Jr(カメラ・オペレーター)
製作アート・リンソン
レイモンド・ハートウィック(共同製作)
リチャード・ドナー
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮シドニー・ポラック
配給UIP
特殊メイクトーマス・R・バーマン
特撮エリック・ブレヴィグ(視覚効果スーパーバイザー)
ドリーム・クエスト・イメージズ(視覚効果)
美術J・マイケル・リヴァ(プロダクション・デザイン)
リンダ・デシェーナ(セット装飾)
編集ウィリアム・スタインカンプ
フレドリック・スタインカンプ
録音リック・アレクサンダー
レス・フレショルツ
字幕翻訳戸田奈津子
スタントミック・ロジャース
その他スチュアート・ベアード(ポスト・プロダクション・コンサルタント)
シャーリー・ウォーカー(指揮)
レイモンド・ハートウィック(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.面白い!というか好き!
冒頭から架空のTV番組のCMから掴みもバッチリ!
主人公の悪たれっぷりは口の悪さから出ており、タクシー、その直後のスピーチのシーンは象徴的で分かりやすい。ビル・マーレイはゴーストバスターズの人ってイメージが強いですが、良かったです。ヒロインのカレン・アレンはインディ・ジョーンズの人ですが、地味な感じの女性を好演していたと思います。またロバート・ミッチャムみたいな渋い役者も出ていてネコとイヌの件とか終盤の蹴飛ばすシーンも面白かったです。(今だったらネズミにホッチキスとかも含め、動物愛護団体とか過激に反応しそうで厳しそう…)
3人のゴーストとか元社長のキャラも良かったです。特に現代のゴーストの暴力的なキャラは面白かった。
秘書の家族とか弟の件も良く、楽しめました。
元ネタのディケンズの「クリスマスキャロル」は未見ですが、何となくミッキーとか稲垣潤一の曲でタイトルぐらいは知ってる程度です。
最後の大団円は強引な感じもしましたが、それぐらい無理矢理にでも持ってってしまえるのはすごいと思います。古臭いB級映画で、もし批評家目線で採点すれば決して高い点数は付けませんが、良い意味で80年代的な良さが出ている映画で好きです。8点献上します。
映画の夢さん [DVD(字幕)] 8点(2019-11-26 23:30:23)★《新規》★
42.《ネタバレ》 クリスマスキャロルの変化版。天使が、こしゃまくれていて、面白い。ただ、主役のキューピー顔が、ラスト近くで、したり顔でしゃべるので、げんめつ。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-02 18:33:19)
41.ディケンズの「クリスマス・キャロル」を現代の米国に舞台を変えたものだけど、ここまでドタバタで騒々しくては感動も何もあったものじゃない。内容は改変してもそれなりの良さがあればいいのだが、名作が泣く。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 3点(2014-06-11 20:14:44)
40.邦題からはまったく想像できない内容だったけど、見終えてみると意外とハートフルな映画だった。よかった。ちょうど今日はクリスマスイヴだしね。
ライトニングボルトさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-24 12:25:35)
39.《ネタバレ》 やっぱり「クリスマス・キャロル」っていいお話ですね。「クリスマス・キャロル」を現代のアメリカで再現した作品ですが、今のこんな世の中だからこそ、この話がはまるのかもしれません。

スクルージ役がビル・マーレイなんて、誰が考えたのだろう?でも、ドタバタはもう少し抑えた方が良かったとは思いますが作品もコメディにしていることだし、ビルの芸風もうまく活かされていたので彼が演じて正解だったのかな。カレン・アレンの醸し出す普通っぽい雰囲気も本作にとてもよく似合っていました。

ラストのビル・マーレイの演説とハッピーエンディング、それに続くエンドロールの歌がいいんです。最後は「クリスマス・キャロル」がベースになっているストーリー以外の部分でもクリスマス映画らしい良さを十分に感じさせてくれました。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-10 21:11:21)(良:1票)
38.《ネタバレ》 大好き!でもこれは原案の"クリスマスキャロル"って話が好きか嫌いか興味がないかによっても評価が割れるでしょうね。私は原作も好きなのでこの現代(やや古)版最高でした。しかも当時劇場で観たので余計かも。見るたびにラストのあの子が喋る所で泣いてしまいます。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2012-05-30 23:42:25)(良:1票)
37.自分が少し変われば、見える世界も変わる、今なら人に優しくできそうな気がする。そんな少しのきっかけを与えてくれる。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 8点(2011-12-20 12:18:01)(良:1票)
36.ゴーストを小道具代わりにしたハートフルコメディー。
ゴーストの登場はちょっと奇抜だけど、アイデア自体は面白い。
ただ登場人物達のキャラに今イチ魅力が足りないのか、シナリオに粗さがあるのか、
テンポが悪く、コメディーとして笑える部分も少なかった。ラストはかなりベタだけど、
ちゃんとメッセージは伝わってきて、総体的にはそれほど悪い映画という印象は受けない。
ファンタジー感動ものが好きな人なら、満足できる作品ではないかと思う。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-14 08:18:02)
35.《ネタバレ》 前半は正直笑えない というか笑いのポイントがずれてる感じ 2番目のゴーストが出てきたあたりからは面白くなってきたけど、、、全体的にあっさりというか感動色が薄い印象で 最後の終わり方もいかにもアメリカ的な映画という感じ そんな雰囲気を楽しめればいんでしょうけどダメな人にはダメかも
Kanameさん [DVD(字幕)] 5点(2010-02-15 08:13:51)
34.ビル・マーレーの改心物シリーズとかあるのか知らないですけど、恋はデジャヴを先に見ちゃったので、こっちはイマイチ斬新さを感じなかった。
物語としてのクオリティも物足りない印象で、もうちょっと上手く作れば感動的だったかも知れない。
あとヒロインもイマイチ。
もとやさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-06 18:06:58)
33.強く生きてきて、成功はしたものの、実は大事な何かを置いてきたんじゃなかろうか。こういったテーマの作品はたくさんある。本作の主人公はあの独特で淡々としたビル・マーレー。ゴーストが出てきたら、軽口をたたき、バスターしちゃいそうな彼ですが、この主人公に共感・好感を持てるかどうかで、作品の評価は大きく変わるでしょう。ちなみに自分はダメでした。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 4点(2008-08-21 18:43:17)
32.色々と考えらされるとこもありホロリとくるとこもあり。佳作でしょうね?ホラーや(コテコテの)コメディーと思って鑑賞した方はあまり面白くなかったかもですね。
SITH LORDさん [映画館(字幕)] 7点(2007-08-17 00:25:36)
31.「クリスマス・キャロル」の現代版。
単純にクリスマスのこういった類いのものには弱いんですよね。
日本のクリスマス文化にもこういった側面があったらいいのに。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 6点(2007-07-16 05:41:47)
30.一応コメディですが全く笑えない。何を考えて製作しているのだろう。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 1点(2007-01-03 00:18:45)
29.《ネタバレ》 何回か見たけど印象の薄い映画だ。ビル・マーレーが仏頂面で毒を吐くのを見てると笑える。
湘爆特攻隊長さん [地上波(吹替)] 4点(2005-10-27 20:10:20)
28.イマイチでした。ラストは良かったと思う。ビル・マーレーの顔がイヤ。
ギニューさん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-09-04 23:04:38)
27.ディケンズの「クリスマス・カロル」、昔読んだときにも、正直、もひとつピンと来なかったんですけど、コレを現代に置き換え、ドタバタと特撮を絡めてみました、という、さらにピンと来ない映画。主演がビル・マーレーにカレン・アレンっちゅうのが、どうも脇役臭がただよう原因か。で、ですね。この映画、どうやって楽しむのがいいか、と言いますと、主演がビル・マーレーだと思って観ちゃ、いけませんね。頭の中で、主演を、日本の某放送局のアノ社長やコノ会長、あるいはアノ放送局系野球チームの元オーナー、はたまた放送局の買収をしかけて社会問題にもなったあのIT系社長、などなどに、置き換えて、楽しんでみましょう。ホラ、なんだか楽しくなってくるではないですか・・・。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 6点(2005-08-23 00:07:47)
26.色々考えさせてくれる内容の映画でした。今の日本に当て嵌まる映画かな。
SATさん 7点(2004-12-26 09:53:27)
25.よろしんだけど、リチャード・ドナーらしくないような。。。ビルのキャラには「ラッシュアワー」クリス・タッカー並みのムカツキを覚えました。上手くまとめたな~ってな感じですかね。
M・R・サイケデリコンさん 5点(2004-12-21 16:49:02)
24.ホラーコメディーでありながらハートウォーミングな作品ですね。スクルージなのでストーリーは判って見ているものの、ビル・マーレイがコメディーからシリアスに展開する部分は泣けます。僕は北野たけし作品は見ないのですが、彼が別の監督作品で出演している映画の中で『悲しい気分でジョーク』と言う映画を観ましたが、そこでも泣けてしまいました。これはコメディーを演じる人が得意とする部分なのでしょうね。
森のpoohさんさん 7点(2004-06-19 23:51:18)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 5.74点
000.00%
112.33%
200.00%
336.98%
4613.95%
51023.26%
6613.95%
7920.93%
8818.60%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1988年 61回
特殊メイクアップ賞トーマス・R・バーマン候補(ノミネート)(メイクアップ賞 として)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS