Menu
 >
 >
 > 月に囚われた男

月に囚われた男

Moon
2009年【英】 上映時間:97分
平均点: / 10(Review 96人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSFミステリー
[ツキニトラワレタオトコ]
新規登録(2010-04-12)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2015-04-26)【+】さん
公開開始日(2010-04-10
公開終了日(2010-08-11)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ダンカン・ジョーンズ〔監督〕
キャストサム・ロックウェル(男優)サム・ベル
カヤ・スコデラーリオ(女優)娘 イヴ・ベル
ベネディクト・ウォン(男優)トンプソン
ケヴィン・スペイシーガーティ
原作ダンカン・ジョーンズ〔監督〕(原案)
音楽クリント・マンセル
製作トルーディ・スタイラー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮シネサイト社(視覚効果)
あらすじ
未来の地球。月は重要な資源の供給源であった。資源調達のため、3年契約で独り資源採掘の任務に就いているサム。あと2週間で地球に帰れる、愛妻と愛娘の元に帰れる、そんなある日、サムは採掘現場で事故を起こしてしまう。そして気がつけば、彼は基地のベッドの上に。しかし彼の傍らには信じられない光景があった。自分と瓜二つの男。一体その男はどこから来たのか?そして誰なのか?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
76.《ネタバレ》 1950年代~60年代の短編SF小説でありがちなシチュエーションをその雰囲気のまま映画化した小品。
予備知識なく観ても最初からほとんどネタばれ気味で、主人公がおそらくクローンかなんかで騙されて作業させられているのは誰の目にも明らか。そういう意味ではサプライズ等は全くないまま淡々としたストーリー展開で予定調和通りに進んでいくわけで(コンピュータが主人公の味方をするのには少し驚きましたが)SFとして評価するとなにかのアメージングがない時点でSFとしては不合格。

昔のSFへのオマージュはいいんですが、もうちょっと話をひねってくれないと今の映画としては正直厳しいかな…というのが素直な感想です。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-07-30 17:19:03)
75.《ネタバレ》 SFの佳作。
クローンを奴隷化するシステムが残酷。
それを是認したオリジナルが、地球で幸せに暮らしているだろうことを考えるとさらに残酷。
自分のクローンならどう扱ってもかまわないということか。
ガーティが主人公を裏切らなかったのが人間味を感じて意外な展開だった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2014-05-21 00:13:53)

74.《ネタバレ》 冒頭でサムベルがルームランナーでカラダを鍛えているときのTシャツの文字が

「WAKE ME UP WHEN IT'S QUITING TIME」

(やめるときに、私を起こして)

って書いてあるのが、わかりやすくて最高ですw

これは映画「トライアングル」で主人公の女性が車でビーチ方向に走っているときに
海沿いの看板に「さようなら、また会いましょう」って書かれていたのと同じくらいわかりやすいですw

あと、基地には「SARANG」ってハングル語で「愛」って文字が書かれてて、あと採掘場にいく車も「SARANG ROVER」って書いてあって、おそらくこの映画のテーマはやっぱり「愛」(主人公の妻や娘に対する)であることを示してるのかな~なんて思ったり。

あと、後半でサムベルが、採掘場のコントロール部屋みたいなロフトみたいなところのハシゴに腰掛けながら、人工知能のガーティに「ボクは昔妻に乱暴だった。だから彼女は出ていった。僕は変わろうとした。そして変わった」的なことを長々と話すんだけど、

あんなことがあって、こんなことがあって、そして僕は悔い改めて変わったんだ

っていう話の内容と、彼の右背後に見える「MIND STEP」っていう文字が

なんかつながってるように深読みしてしまった。

MIND(こころ)のSTEP(昇段、ステップ)

のように読めるなと。 (本来は「足元に注意」っていう慣用句なんだけど。)

それにしても人工知能のガーティは、会社が用意した会社のためのものなんだけど、かなりガーティをかばうサムベル寄りのキャラになっている。
2度目に見たときは「こんな現地のクローンをかばいまくりの人工知能じゃ会社の利益にならないリコールものだわ」と一瞬思ったんだけど、ふと気づいた。

3年も月でたった一人で、さらに人間と生の会話ができない環境下であると、ウツになったり半狂乱になって逆に正常な作業が滞るクローンも現れていたかもしれない。人工知能だから、これまで何十体ものサムを相手にしていくうちに、サムが心穏やかでいられるにはどういう言動をとればいいかを次第に学習し、ついに何十代目かのサム(この映画の中のサム)の頃には、「大変そうだね、わかった、会社にはちょっとナイショにしておいてあげるよ」くらいの人間的な判断をとれる発達をとげたのではあるまいか?


人工知能の声はケビンスペイシー。これもすごくよく合っている。静かで、感情のないかんじの、敵か味方か、何考えてるかわかんないような、いい声質。
フィンセントさん [地上波(字幕)] 10点(2014-04-16 16:52:49)(良:2票) 《更新》
73.《ネタバレ》 とても静かな展開のなかにさりげなく忍ばせている静寂・孤独・希望。ハリウッドビッグバジェット作品では絶対だせない「味」が全編に渡って漂う良質なSF映画ですね。無機質なコンピューター「ガーティ」がやはり某映画のHALを彷彿させますが、そこもいい意味での予想を覆してくれて・・・なんかとても良かった、あんなコンピューター欲しい(笑)。強いて言えば最後があっさりかな?とか思ったけどアレコレいうのもいらぬ世話ということで、8点!
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2014-02-25 09:44:46)
72.B級映画の匂いがプンプンするが、面白い。
月というある種の閉鎖空間の中での切ない物語。対策感は全く無いので、掘り出し物的な作品なのかも。
simpleさん [地上波(字幕)] 7点(2014-01-26 00:30:43)
71.《ネタバレ》 自分たちがクローンだという絶望的な事実を知ってもなお、2人のサム・ベルが協力的だったのがよかったです。サム・ベルしか登場しませんがなかなか人間臭く魅力的なのと、サムロックウェルの演技がやはり素晴らしかったからか最後まで楽しく観賞できました。あとガーティがいい奴だったのが意外でした、どうしても自我を持つロボットを見るとHALみたいなやつを想像してしまいます。
しっぽりさん [地上波(字幕)] 6点(2014-01-24 21:09:53)
70.《ネタバレ》 またこの映画もクローン物か・・・って感じでした。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-01-18 02:34:25)
69.《ネタバレ》 題名から月面採掘作業の単調さに段々と狂っていく様なサスペンス映画なのかなーと思っていたのですが、予想外に切ない展開に驚きました。またそういう展開に弱いので単純に嬉しかった。終盤、二人のサム・ベルが採掘車に乗って奥さんとの馴れ初めを嬉しそうに話し合うシーンは、その時には二人とも自分がクローンで奥さんとの記憶もインプラントされたものでしかなく、しかも地球で待っていると思っていた奥さんも既に死んでいるのを知っていることもあり、ついつい感涙してしまいました。
ラストに後日談など描かずにニュースのナレーションだけでその後の顛末を説明するのもスマートでとっても良かった。
あと月面の寒々とした映像が凄かったですね。恐らくミニチュアで撮ったのでしょうが、非常に良く出来ていたと思います。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-04 00:25:36)(良:1票)
68.《ネタバレ》 切ない映画でした。ただクローンとわかった時、ロボットが全部管理すればいいんじゃね?とツッこんじゃいました。あんな優秀なロボットがあるんだしね。それにしてもあのロボット欲しいなぁ。画面の絵文字で気持ちが伝わるのがまた良いですね。
とむさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-02 23:23:45)
67.《ネタバレ》 ダンカン・ジョーンズ監督の長編デビュー作。ミッション8ミニッツの原点のような作品ですね。密室劇なので、小劇場の芝居っぽい話でありながら、映画でしかできない物語なのが魅力。月面の特撮描写もさることながら、特にサム・ロックウェルの一人芝居(と言っていいのか?)が大きな見所。SF映画だけど、あくまで見せ場はSFX(VFXとは別なのだ!)ではなく人間そのもの。かなり入念に、そして根気づよく計算して撮影しているんでしょうが、それを感じさせない自然な演技でした。BDの映像特典をみて、改めて脱帽です。まるでSF版「マルコビッチの穴」。部屋の奥の秘密の通路を抜けるとその先には・・・。うーむ怖い。 ガーディも対照的でいいです。本来感情を持たず、表情も単純なニコニコマークしか表示されないのに、彼がなかなか泣かせる演技を見せてくれます。
良い意味で「小品」な作品です。
ゆうろうさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-05-10 10:30:37)
66.《ネタバレ》 クローンの使われ方が残酷だね。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 7点(2012-11-26 05:27:22)
65.内容はSFにSFを重ねたかなり突拍子もない話なのですが、そのSF要素を総動員し、ひたすら一人の男の苦悩や感情・心の触れ合いを描いていて心に迫ります。感情移入しまくりでした。静かですが熱い映画です。『月に囚われた男』というタイトル、見る前はキャッチーな印象を与え、見た後にはこれしかないってくらいぴったりなタイトルだということがわかる、すばらしい邦題です。原題は『MOON』ですか。邦題つけた人いい仕事しすぎ!
デルモゾールG軟膏さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-10-10 01:57:00)
64.これは面白かった。孤独な環境で仕事をする主人公の姿を見ているうちに、だんだん感情移入してくるんだけど、話がすごく切なくて不思議な展開をしていく。淡々とした話なのに、のめりこんで見た。ガーティとか自分とのやりとりは良かったなあ。最近見た映画の中じゃ一番印象に残ったと思う。
54dayoさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2012-09-30 18:40:04)
63.《ネタバレ》 こういう映画、自分は好きですね~。月面を移動していく場面は、往年のSFTVドラマを見ているようで懐かしさがこみ上げてきます。基地内での出来事も、分からないことがテンポ良く段々と分かってきて飽きませんでした。クローンものであることは事前に分かっていましたが、クローンに頼っていないストーリーが良かったです。そしてヒューマンドラマに仕上げていたので、心に染み入ってきました。コンピューターの心変わりについては「謎」と言うことにしておきましょう。
Banjojoさん [映画館(字幕)] 8点(2012-09-30 16:07:49)
62.《ネタバレ》 久しぶりに(?)邦題が内容にマッチしている映画に出会いました。確かに主人公は月に囚われています。家族に会うという希望を抱きながら、地球から遠く離れた月で3年間働く。それだけのために生まれ、それだけのために死ぬ運命。孕むテーマは人間の尊厳や生死観にかかわる重厚なものでしたが、物語は意外なほど淡々と進みました。ドラマチックな展開などありません。まるでシリアスを拒絶するかのよう。この味わいが絶妙でした。なぜ彼らが真実を知っても取り乱さないのか。その理由に思いが届いたとき、物語は深みを増した気がします。個人的な希望を言わせてもらえば、ラスト。ワンカットで構いません。ハワイの風に吹かれるサムの姿を見たかった。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-09-15 18:39:43)(良:3票)
61.《ネタバレ》 先ほど観終わりました。かなり面白かったです。

この映画の秀逸な所は基本設定や場面設定
そしてプロットを徹底的に練り込んで有ると言う事です。

それでいて、作品の世界観や背景などは冒頭にザッと説明するのみで
殆ど明らかにされていない。

ある意味ではSFの定番で地味な話なのに
観ている者をこれだけグイグイと物語に引き込んで行くのは

上に書いた事柄(基本設定、場面設定、プロット)を
相当徹底的に練り込み、その過程で余計な物をそぎ落としたからこそ
全然違和感無く、これだけの作品に仕上がったのだと思いました。

私は昨今のド派手な演出ばかりで、粗を隠そうともしないハリウッド映画も
この作品を見習って欲しいと思いますね。

この作品もやはり、あのブレードランナーを手本に取って作ってある映画で
ある意味、レプリカント達が働いていたとされる
植民地星の実情に思いを馳せ、空想し、それを基にして1本の物語にしたかの様に

悲しく、重厚で、深いシナリオの中に
心洗われる余韻を残しつつ、最後まで痛快に見る事の出来た作品です。

作品の内容は
要するに莫大なエネルギーを生み出す月面の新エネルギーの採掘には
高レベルの放射能により、人間が重度の被爆に冒されてしまうというリスクが有った。

その為に採掘会社は違法なクローンを作り出し、偽の記憶を植え付けた上で
月の採掘基地に閉じ込め

3年の任期(実は重度の被爆により寿命が3年程度しか持たない)を課して
偽りのローテーションを繰り返させていた。

つまり、3年でクローンを廃棄処分にしてまた新しいクローンに交換し
採掘業務を延々と継続させ、金儲けしていた。

この映画の新しい所は作品に登場する会社側の管理AI
つまり、会社が騙しているクローンを監視し管理するコンピューターに
性格や許容性、そしてある種の感情を持たせている所です。

結果的にこのAIが主人公達を助けた事で、物語が大きく展開して行く。

惜しい所は時間の関係なのか、予算の関係か分かりませんが
クローンである主人公が脱出ポッドで脱出した後の話が
非常に駆け足で、ちょっと尻切れトンボに終わっている事です。

この最後をキッチリ落とせていれば
私は10点でも足りないぐらいの作品だと思いました。
8点と付けましたが、限りなく9点に近い。

どちらにせよ、1度見て損は無い作品です。


一般人さん [DVD(字幕)] 8点(2012-08-16 19:34:33)(良:1票)
60.《ネタバレ》 自分のクローンはどうなってもかまわないという考えを持つ人間のクローンが、果たして地球に住む赤の他人の為に三年間もの間一人で月で頑張れるもんなのかと疑問に感じました。
主人公は地球で待っている嫁と娘だけを生きがいに一心に仕事に励むんだけど・・・。
それプラスどうせ支払われないのだから景気よく「この任務が完了したら十億やるぞ十億」ってことなら、まだ説得力があるかも。
まあ金の為に働く主人公ってことになったらそれはそれでつまらん映画になっちゃうかな。
特典映像によると地球にいるオリジナルは、たくさんの金を貰って幸せに暮らしているらしいですけどね。
ゴリラの住む丘さん [DVD(吹替)] 6点(2012-07-11 14:31:10)
59.《ネタバレ》 予告ではホラー映画かと思っていたが、久しぶりにSFらしいSF映画を見た。
SFの衣を着た戦争映画やホラー映画も悪くないが、この映画は本当の意味でのサイエンス・フィクションだ。
観念的になりすぎず、不可解になりすぎず、一人(二人?)の人間の悲しさ、自問もじっくり描かれ、ハッピーエンドでもバッドエンドでもない。そのサジ加減が実にバランス良くできてます。
サイエンスとして突っ込みたいのは重力が明らかに1Gであることぐらいか。(1/6の重力のピンポンを観たいという興味もあるが、映画の筋と関係ないので)
マニアックに感動したのは特撮。全CGではなく、ミニチュアをCGで補完するという古き良き特撮の使い方が味を出してます。あの車の微妙な揺れやタイヤのたるみ加減が出す重量感、砂塵の立ち方はどんなにCGで計算して作っても出せない味です。サンダーバードを生んだイギリス人ならではのアプローチです。
日本でもこういう映画を作る才能がいるはずなのに、決して日本の映画界では作れない悔しさも感じてしまいました。この映画の黒幕が韓国(北ではなかろう)というのも時代を感じます。経済大国のメタファーとしても今や日本は認められていないのです。
「少し先にはこういうことがありうるんではないか?」自分にとってこれがSFです。
「少し先には宇宙人が侵略してくるんではないか?」というのはSFではありません。
久しぶりに本当のSF映画を楽しめました。



どっぐすさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2012-05-10 23:24:34)(良:1票)
58.《ネタバレ》 製作期間は1ヶ月ほどで予算も500万ドルと大作に比べればはるかに少ない。それでもこんなに面白い映画が作れるんですね。少し内容に触れると、月面で勤務中、主人公が自分のクローンを発見してしまいます。そして衝撃の事実を知ることになるのですが…とても切ないです。全く同じ人間でも状況や状態によって性格に違いが生まれ、それを演じ分けたサム・ロックウェルは見事でした。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-07 10:22:49)
57.《ネタバレ》 最初ホラーかと思いましたよ…。自分しかいないのに人の気配が・・・・って。
ちゃんとSFでよかった(ホッ)

クローンの悲哀とかいろいろ感じる前になんか・・・危険な仕事に派遣使い捨てって感じで身につまされます…。
いろいろ突っ込みどころはあるのですが、私は主役の演技がちゃんと使用前使用後みたいで面白かったです。なぜか同じクローンなのに片方はやけに訳知りで妨害電波のこととか気づくのか謎ですが・・・・。

月の映像の美しさと恐ろしい静けさがこんなとこにひとりなんて絶対嫌だ!!!気が変になっちゃうよ!!とみててほんとにこわいです。そういや最初のほうで主人公が見た女の人の妄想?はなんだったんでしょう??

しかしあの仕事って人力でやるよりロボット使ってやったほうが効率いいんじゃないでしょうか?わざわざ妨害工作とかまでして人間使うより。そんなこと考えちゃダメですね。はい。
ぺーこさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-26 23:38:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 96人
平均点数 6.90点
000.00%
100.00%
200.00%
311.04%
411.04%
51111.46%
62121.88%
73435.42%
81919.79%
966.25%
1033.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review13人
2 ストーリー評価 7.20点 Review15人
3 鑑賞後の後味 7.07点 Review14人
4 音楽評価 7.27点 Review11人
5 感泣評価 6.20点 Review10人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS