ケンタとジュンとカヨちゃんの国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > ケンタとジュンとカヨちゃんの国
 > (レビュー・クチコミ)

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

[ケンタトジュントカヨチャンノクニ]
2010年【日】 上映時間:131分
平均点:5.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-06-12)
ドラマ青春もの
新規登録(2010-04-20)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大森立嗣
キャスト松田翔太(男優)ケンタ
高良健吾(男優)ジュン
安藤サクラ(女優)カヨちゃん
宮崎将(男優)カズ
柄本佑(男優)洋輔
洞口依子(女優)洋輔の母
多部未華子(女優)ゆみか
美保純(女優)スナックのママ
山本政志(男優)二郎
新井浩文(男優)裕也
小林薫(男優)闘犬の男
柄本明(男優)菊ちゃん
水崎綾女(女優)
米村亮太朗(男優)
宇野祥平(男優)
脚本大森立嗣
音楽大友良英
撮影大塚亮
製作ポニーキャニオン(「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会)
日活(「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会)
角川書店(「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会)
美術杉本亮
衣装伊賀大介
編集普嶋信一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 「ゲルマニウムの夜」もつらかった・・大森さんはきつい・・これは日本のロードムービー。「湾岸道路」のように爽やかだったら、良かったんだけど・・ちょっときつかった。
トントさん [DVD(邦画)] 6点(2013-05-13 04:32:57)
4.《ネタバレ》 結構期待してみたんだけどな~。退屈だな~。
自分も現代の若者だからケンタとジュンの閉塞感みたいなものって解るようなきもするんだけど...。
勿論カヨちゃんの愛されたいって気持ちもね。
でも最終的にこの世の行き着く先は絶望しかないのか、ちょっと寂しい。
何かを見出して生きていきたいよ。
しかし安藤サクラの存在感は映画のなかではイキイキしていた。
ラストの表情は忘れられない。この映画は彼女でだいぶ救われてる。
カヨちゃんのために「happy birthday to you」を唄うシーンは好きだな。
idekoさん [DVD(邦画)] 4点(2012-03-12 01:50:13)
3.全編に漂う「恨みがましさ」に、若干辟易させられた。たしかに個人の踏ん張りではどうしようもない生まれながらの格差はこの国にあり、それもより深く広がりつつあるけれど、それに対する苛立ちがただ「恨みがましさ」だけに収斂していってしまっている。「連帯」とか「革命」とかの言葉はもう輝きを失っているが、それに代わるものを模索する努力を放棄し、ただ「恨みがましさ」に寄りかかってしまっている。映画はその若者を批判的に見ているようでもなく、けっきょく「出口なし」の状況の悲劇性に陶酔してしまったのではないか。ただ「辟易」の度合いを「若干」としたのは、こちらに今の若者の閉塞状況を分かってないかもという弱みがあるからで、もうここまで追い詰められている可能性もときに感じられるからだ。網走に行けばなにか次が見えるかも、という出たとこ勝負のロードムービーという設定に、いまの若者の切羽詰ったとこが反映されていたのかも知れない。なにも若者に限ることでもあるまい。原発労働者の境遇は黒木和雄の『原子力戦争』のころとまったく変わっていないことに(さらに使い捨てシステムが合理的に進化しているか)最近驚かされたばかりである。映画の流れとしては、カヨちゃんとの再会の場や、先輩との対決にもうちょっと段取りがほしい。期待した安藤サクラの怪演も、ふわふわと登場するシーンではワクワクさせられたが、あとはまあ無難な演技といった線。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-11 12:27:35)
2.《ネタバレ》 何もしゃべらない洞口依子の存在感がすごい。
峠のわが家さん [映画館(邦画)] 7点(2010-12-20 01:10:07)
1.《ネタバレ》 主人公の男二人が何考えてるんだか全然わからん。
親が死んで施設育ちで兄貴が刑務所っていうわかりやすいバックボーンのケンタ君。
生い立ちはわかるが、心情は全くわからん。(その生い立ちだからそれだけで同情しろってこと?)
更にジュン君はもっと分からない。キャラ薄すぎる。
ジュン君は気が弱いから、ケンタの暴走を止める役割でもいいのに、両方共同じくらいの道徳観念。カヨちゃんへの仕打ちはヒドすぎ。
で、安藤サクラ演ずるカヨちゃんは圧倒的に濃い。ぱっと見ただけで何か背負ってるんだなって感じさせるし、ブスでヤリマンだけど、「誰かに愛されたい」という分かりやすい願望を持っている。アホなので、簡単に一度ベッドを共にしたジュン君に惚れちゃうのもそれほど無理はない。
三人で圧倒的に存在感のあるカヨちゃん。
そのカヨちゃんは途中で一旦放り出され、中盤ほとんど出なくなっちゃうのだが、その時間帯の退屈さは酷かった。一気に物足りなくなった。
セリフが少ない分、溜めの効いた思わせぶりなセリフはちっとも心に響かない。
やたら多い間には眠気が加速する。BGMも使い回しが多い。
ロードムービーのスタイルの割に、景色はほとんど映らず、旅している感じが無く、
旅の進行具合、経過時間も分かりづらい。
どうでもいいちょい役に豪華キャストを使ったりするのもあざとくてヤダ。
あと、後半な無理やり盛り上げて終わらしたかのようなまとめ方もちょっと…。
安藤サクラとエンディングテーマは素晴らしかった。
すべからさん [映画館(邦画)] 3点(2010-06-24 14:37:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
4120.00%
5120.00%
6120.00%
7120.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS