Menu
 >
 >
 > 孤高のメス

孤高のメス

2010年【日】 上映時間:126分
平均点: / 10(Review 39人) (点数分布表示)
ドラマ医学もの小説の映画化
[ココウノメス]
新規登録(2010-06-20)【あにやん】さん
タイトル情報更新(2016-03-28)【イニシャルK】さん
公開開始日(2010-06-05
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督成島出
キャスト堤真一(男優)当麻鉄彦
夏川結衣(女優)中村浪子
吉沢悠(男優)青木隆三
中越典子(女優)大川翔子
松重豊(男優)実川剛
成宮寛貴(男優)中村弘平
矢島健一(男優)村上三郎
平田満(男優)島田光治
余貴美子(女優)武井静
生瀬勝久(男優)野本六男
柄本明(男優)大川松男
菅原大吉(男優)
徳井優(男優)
隆大介(男優)
駿河太郎(男優)
安藤玉恵(女優)
斎藤歩(男優)
堀部圭亮(男優)
山下容莉枝(女優)
宮田早苗(女優)
太賀(男優)
脚本加藤正人
音楽安川午朗
製作平城隆司
東映(「孤高のメス」製作委員会)
テレビ朝日(「孤高のメス」製作委員会)
朝日放送(「孤高のメス」製作委員会)
キノフィルムズ(「孤高のメス」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「孤高のメス」製作委員会)
企画遠藤茂行
配給東映
美術和田洋
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.《ネタバレ》 臓器移植とは人一人の臓器を、次の人に繋ぐこと。まさに命と命のリレーです。重たい題材ではあるが、堤真一演じる当麻を筆頭に登場人物たちが面白く、どこかコミカルなタッチの映画に仕上がっています。生瀬氏の悪漢ぶりなどは典型すぎて逆に笑ってしまうほど。 この物語で言う"孤高"とは、当麻の外科医師としての手腕ともう一つ、地位や金に惑わされず決して権力に屈しない、医師としての志の高さを言っていると思います。でもこれにはちょっと物申したい。我々も大きな病気になれば、健康を取り戻すためには全てを賭けるし、執刀医にはまさに命を託すわけです。野本のような男が執刀医では大変です。患者の本音として、彼の志の高さは決して"孤高"ではなく、これが医師たち全ての"標準"であってほしいと切に願うのだ。だから、私は彼の志の高さを"孤高"とは言いたくない。もちろん、彼の外科医師としての技術はまぎれもなく孤高ですよ。そしてその天然ボケもまぎれもなく孤高でした。
タケノコさん [DVD(邦画)] 6点(2015-10-21 00:45:05)
38.テレビドラマか映画かギリギリのところだったけど
一応映画としてそれなりに楽しめる。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-13 23:04:15)
37.《ネタバレ》 外科医は人間性はどうでもよくて、問題は腕なんだけど、ちょっと善人パワー全開だったかな。悪役もステレオタイプでコント的で仰々しいし。それなりのデカイ手術は命を預けるので医者選びはしっかりしたいと再認識。田舎にはいくら善人であっても能力の問題のある医者はそれなりにいるだろう。田舎に住むリスクというのはこういう所にもあるのだなと考えさせられた。原作はエホバの輸血医師ですね。こっちの方が話しとしては面白そうなので映画化に期待。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 5点(2014-07-15 10:45:29)
36.前半はそれなりに期待して観たが、途中からもう...
そもそも自分はどうしてこの映画を観るつもりになったのか分からなくなった。手術場面はちょっとリアル感あるけど、内容はかなり薄い。
simpleさん [地上波(邦画)] 3点(2014-07-14 21:04:14)
35.《ネタバレ》 医療映画ながらほのぼのとした感じの映画で、これがまたいい感じでした。とにかくこの映画に出てくる人は良い人ばかりだからかな。生瀬勝久の悪役と柄本明の演技はやりすぎのような感じで映画にマッチしていないようでした。
pokobunさん [DVD(邦画)] 8点(2013-12-08 12:47:57)
34.映画にするほどではないように思えるが,良いドラマを観たなという感じはしました.今更ですが,堤真一っていい役者ですね.
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2013-10-20 01:08:59)
33.《ネタバレ》 田舎病院の新任医師は、誰もがこういう医師に担当してもらいたいと思わせるような理想像。
看護師をはじめ、よどんだ病院に違いをもたらしていく。
こういう話には弱い。ベタではあるけど、直球で後味が良い。
悪役がステレオタイプの嫌いはあるが、王道の医療ものとして安心して楽しめる。
『Dr.コトー診療所』の主人公と共通点が多く、手術は天才的だが恋愛には鈍感、命を救うことに全力を尽くす姿勢は心を打つ。

看護師役の夏川結衣が魅力的で、ちょっと切ないラブストーリーにもなっている。
堤真一、生瀬勝久、柄本明、余貴美子らのキャスティングもいいので、ありがちなストーリーでも魅せてくれる。
ただ、都はるみのBGMは狙いすぎか。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-15 23:48:04)
32.《ネタバレ》 成島監督、『八日目の蝉』でも押しつけがましくない、いい演出をしてたけど、そのルーツみたいなものが見えてくる1本でした。スーパードクターが主人公の映画ですが、本領は「善良なふつうの人」の描き方。院長先生、手術チームのみなさん、市長とその家族、そしてドナーとその家族。とにかく、主人公2人の周りが暖かく、そういう世界の描き方では邦画ではトップなんじゃないかなと思う。一方で課題は「悪役」。かの映画でもそうでしたが、「悪役」がほんとに魅力がない。生瀬さんだからもってるようなもので、あとの2人の医師はどうしようもない俗物ぶり。タバコぷか~としながら週刊誌記者と会うシーンなんか、いつの時代の映画か、と目を疑いました。とはいえ、主人公2人もすばらしく、牧歌的な社会派という不思議なジャンルを切り開きそうな監督の今後に期待です。
ころりさんさん [DVD(邦画)] 6点(2012-08-30 16:19:07)
31.医療ドラマ風に見させてもらったけど、退屈はさせない作りではあったけど、それでもエンターテイメントに富んでいるわけではない。全般的にちょっとデフォルメも過ぎている。立派過ぎる医師、生瀬役の人は少し悪意に過ぎる存在にしてしまって逆にリアル感を削いでいる。 堤真一はとても上手く表現している。さすが。個人的に印象に残ったというか考えさせられるシーンは、余が息子をお別れして手術室に送り出すシーン。
タッチッチさん [地上波(邦画)] 6点(2012-03-27 18:14:50)
30.《ネタバレ》 <原作未読>真面目な社会派映画。法整備を促す意味でリアルタイムに作られていればもっと価値があったと思うが、困難にも信念を貫く医師の姿に感動はある。手術シーンは気持ち悪くならないギリギリのところで作られていて上手いと思った。生瀬勝久演じる嫌な医師がリアル性を欠いているのが残念なところ。こういうのは役者より監督の問題なんだろうけど…。6.5点。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-03-11 13:00:51)
29.《ネタバレ》 とても良かったです。愚直なほどストレートに医療従事者のあるべき姿を描いていると思います。タイトルの「孤高」とは志の高さや維持という意味で、決して難解な記号では無い。でも、その実践は簡単ではない。「医師であり続けることは、医師になるより何十倍も難しい」。いや、友人が何人も浪人してましたから医師になるのもけっこう難しいと思いますよ。でも、志を持ち続けることは難しさの質が違うのだと思います。それは、お頭の優劣ではなくその人の性格や人格の話ですね。別れの涙を怒った顔でこらえる夏川結衣が強く響きました。彼女に負けじと涙を我慢しながらの鑑賞でした。負けました。それにしても、中越典子とのお見合いを飄々と袖にするとわ。あんな「孤高」は見習いたくない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-01-16 20:00:40)(良:1票)
28.どのキャラクターもステレオタイプ化することで深く掘り下げることを放棄したかのような印象。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(邦画)] 5点(2011-11-30 22:03:12)
27.《ネタバレ》 なんだろ? 特にドラマ性もなく、ノンフィクションのような描き方で淡々と描かれる。だからといって現実味があるかというとそうでもない。妙に志が高くて強い医師、どんだけりっぱな市長かわからんが年老いた爺さんに自分の肝臓を提供するから助けて欲しいと申し出る娘や親族、息子の死を受け入れられずにいたのにいきなり脳死移植を決断し実行することが天命かのように宗教のように思いこむ母親。共感できる登場人物が少ないんだなあ。ま、語り手である看護師が一番普通の人なのかな。
つまらなくはなかったです。
フラミンゴさん [地上波(邦画)] 5点(2011-10-23 15:02:00)
26.テーマは重いんですが話が面白くなさすぎです。
アフロさん [地上波(邦画)] 4点(2011-09-28 18:34:14)
25.家の前の小さな道を挟んですぐに海がある。大きな湖かもしれないけど。で、なんと見た目、ほぼ海抜0m。なんとも絶好の漁村ロケーションだ。にもかかわらず、何故に標準語よ。ちょっとだけ田舎っぽい響きのようにも聞こえるが。そもそもこの作品は、都市部に比べて設備の整わない地方の病院が抱える問題をテーマにしている。だからこそここはしっかりと「地方」を強調すべき「方言」の出番でしょ。絶好のロケーションにしたって一瞬映されるだけで、なんとしてもこの画が欲しいといった類のものではない。リアルでキレイな手術シーンにいくら力を入れても、こういうところをないがしろにしちゃいけない。
R&Aさん [DVD(邦画)] 3点(2011-09-26 17:01:32)(良:1票)
24.リアルの手術のシーンが多くて目をそらしてしまうことがおおかった。利権、名医、倫理、ロマンスのテーマの映画って多いですね。もうひとつはいりこめなかった。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 6点(2011-09-25 12:27:23)
23.話としては王道です。ただあまりおもしろくないなぁ。導入部分がつまらなかったからでしょうか?
たかちゃんさん [地上波(邦画)] 3点(2011-09-24 14:37:45)
22.正直な感想としては、あまり魅力的なエピソードがなく、これで終わり?という感じだった。テーマは普遍的で素晴らしいとは思います。
nojiさん [地上波(邦画)] 5点(2011-09-19 21:59:23)
21.《ネタバレ》 医師として高い技術と志を持った主人公が脳死問題に直面した時にとる行動は1つしかなかった。脳死と言う問題については結論ありきの描き方でしたが、スカッと観れる良い映画でした。
映画を単純に見る男さん [地上波(邦画)] 7点(2011-09-19 16:33:38)
20. いい話ですが、ちょっとスケールが小さいという印象です。当麻鉄彦がなぜあのオペを行ったのか、描き切れていない感じがしました。
海牛大夫さん [地上波(邦画)] 6点(2011-09-19 12:18:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 39人
平均点数 6.56点
000.00%
100.00%
200.00%
337.69%
412.56%
5615.38%
6923.08%
7717.95%
8820.51%
9410.26%
1012.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review4人
4 音楽評価 8.00点 Review3人
5 感泣評価 7.00点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS