ベルモンドの怪盗二十面相のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ベルモンドの怪盗二十面相
 > (レビュー・クチコミ)

ベルモンドの怪盗二十面相

[ベルモンドノカイトウニジュウメンソウ]
Incorrigible
(L'Incorrigible)
1975年【仏】 上映時間:99分
平均点:5.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
コメディ犯罪もの
新規登録(2010-09-04)【HRM36】さん
タイトル情報更新(2011-08-22)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィリップ・ド・ブロカ
キャストジャン=ポール・ベルモンド(男優)
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(女優)
アンドレア・フェレオル(女優)
キャプシーヌ(女優)
アネモーヌ(女優)(ノン・クレジット)
脚本フィリップ・ド・ブロカ
ミシェル・オーディアール
音楽ジョルジュ・ドルリュー
撮影ジャン・パンゼル
美術フランソワ・デ・ラモティエ(プロダクション・デザイン)
ジャック・ビュフノワール
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 ブロカ監督とベルモンドといえば、ドタバタ・アクション映画が多かったと思いますが、これはアクションなし。序盤は、出所したベルモンドがいくつもの変名で詐欺をする様子を描いています。ドタバタは健在ですが、まとまりがなくダラダラした展開です。変装したり声色を変えているところから邦題がついたのでしょうが、怪盗じゃないです。ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド演ずる保護観察官と出会ったことから、泥棒に移っていきます。しかし盗んでからも一筋縄でいかず、ひねったところに落ち着きます。
基本的にドタバタコメディなのですが、前半はあまり笑えず残念でした。泥棒するあたりはそれなりにおかしかったです。終盤はパターン通りという感じで、ロマンスの要素も取り入れていますが、犯罪とのかみ合わせがうまくないと思います。ビジョルドはとてもきれいで魅力的なだけに、残念なできでした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-19 16:51:26)
2.《ネタバレ》 タイトルからもっと軽快な娯楽性を期待していたのだけれど、実際の内容は、“怪盗”というよりも“詐欺師”のジャン=ポール・ベルモンドが、くるくるとキャラクターを変える様をコント調に描いたコメディだった。
ベルモンドのパフォーマンスは愉快で楽しめるけれど、延々とドタバタ劇が続くので、中だるみしてしまうことは否めない。内容の割に尺が長いので、徐々に疲れてきてしまった。
このタイトルは、明らかに映画の内容と相反していると思う。

ただし、ジャン=ポール・ベルモンドをはじめとして役者たちにはそれぞれ魅力を感じる。
ヒロインのジュヌヴィエーヴ・ビジョルドは可愛らしく、その愛らしさがラストの顛末に一層の痛快感を与えていると思う。

NHKのBSで放送がなければ、おそらく一生観ない映画だったろう。面白いということは決してないので、観られたことが幸福だったとは思わないが、数多ある映画の中から、自分が生まれる前のこのフランス映画を観たということを、一つの運命だとは思う。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-10-02 15:47:08)
1.どたばたドリフみたいなコントが続きますが、ラストは爽快。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-09-05 10:56:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4133.33%
500.00%
6133.33%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS