メジャーリーグのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メジャーリーグ
 > (レビュー・クチコミ)

メジャーリーグ

[メジャーリーグ]
Major League
1989年【米】 上映時間:107分
平均点:6.88 / 10(Review 156人) (点数分布表示)
コメディシリーズものスポーツものスポコンもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-10-10)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・S・ウォード
助監督アービー・スミス(第二班監督)
キャストトム・ベレンジャー(男優)ジェイク・テイラー
チャーリー・シーン(男優)リック・ボーン
コービン・バーンセン(男優)ロジャー・ドーン
マーガレット・ホイットン(女優)レイチェル・ヘルプス
ジェームス・ギャモン(男優)ルー・ブラウン
レネ・ルッソ(女優)リン・ウェルズ
ウェズリー・スナイプス(男優)ウィリー・メイズ・ヘイズ
デニス・ヘイスバート(男優)ペドロ・セラーノ
チェルシー・ロス(男優)エディー・ハリス
F・ゲイリー・グレイ(男優)(ノンクレジット)
テッド・ホワイト[スタント](男優)
津嘉山正種ジェイク・テイラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田秀一リック・ボーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
沢田敏子レイチェル・ヘルプス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅リン・ウェルズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富山敬ウィリー・メイズ・ヘイズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小川真司〔声優・男優〕ジェイク・テイラー(日本語吹き替え版【テレビ】)
矢尾一樹リック・ボーン(日本語吹き替え版【テレビ】)
小山茉美レイチェル・ヘルプス(日本語吹き替え版【テレビ】)
弥永和子リン・ウェルズ(日本語吹き替え版【テレビ】)
山寺宏一ウィリー・メイズ・ヘイズ(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本デヴィッド・S・ウォード
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
作詞アラン・バーグマン'Most of All You'
マリリン・バーグマン'Most of All You'
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトセレナード第13番ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ジェームズ・ニュートン・ハワード'Most of All You'
挿入曲ライル・ラヴェット 'Cryin' Shame'
撮影レイナルド・ヴィラロボス
製作ジョー・ロス(共同製作)
アービー・スミス
配給日本ヘラルド
衣装エリカ・エデル・フィリップス
編集デニス・M・ヒル
字幕翻訳戸田奈津子
スタントテッド・ホワイト[スタント]
その他アービー・スミス(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
万年Bクラスの弱小球団クリーブランド・インディアンス。マイアミ移転を望む新オーナーは、年間入場者数を大幅に下げようと画策する。結果集められた個性的な面々。俊足だけが売りのヘイズ(ウェズリー・スナイプス)、ノーコン豪腕のリッキー(チャーリー・シーン)、パワーはあるが変化球に弱いセラノ(デニス・ヘイスバート)等。主将のジェイク(トム・ベレンジャー)は彼らをまとめ、逆に快進撃を続ける。遂にチームはヤンキースとの頂上決戦を迎えるが……。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
156.《ネタバレ》 嫌なことがあって気分が落ち込んだりした時はぜひ本作をお勧めします、言わずと知れた野球コメディ映画の最高峰です! 初めてこの映画を観たとき、アメリカに次ぐ野球大国なのになんで日本映画界はこういう野球映画が撮れないんだろうかと、腹が立った記憶があります。確かにプロ野球をテーマにした日本映画はほとんどないし、数少ない作品も単なるヒーローものか超駄作ばかりですからねえ。 この映画の凄いところは、クリーブランド・インディアンスという実在のメジャーリーグ球団を使って、オーナーから選手までフィクションの存在にして徹底的に笑いを取りに行っているところでしょう。その選手たちもキャラが立ちまくりで、ウェズリー・スナイプスまでもが今じゃ決してやってくれないコメディ演技を見せてくれるんですから、もう堪りません。特にキャンプにインチキ臭いハイブリッド・ワーゲンで乗り込んでくるところや、アメックスのCMで滑り込んできて「出かけるときは忘れずに」と微笑むところなんか抱腹です。私は長いこと彼がコメディアンだと思ってました(笑)。そしてもちろん、リッキー・ボーンのチャーリー・シーンを忘れてはいけません。プレー・オフの“ワイルド・シング”にのって登場するシーンは何度観ても鳥肌立ちまくり、きっと永遠に語り継がれてゆくことでしょう。彼は実際にも野球が上手いらしく、投球フォームがさまになっています。 そしてつくづく感じるのは、実際にエキストラで球場を埋めて撮影されたプレー・オフ戦の迫力です。もちろんボランティア参加みたいにして集めたんでしょうけど、みんなノリノリだしほんとに楽しそう。 日本にも75年の広島初優勝や85年の阪神優勝のようないいネタがあるんだから、映画化しようという発想は邦画界にはないんでしょうかね、まあないでしょう。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-06-02 23:43:43)
155.一緒に叫びたくなるほどWild thingが熱い。
先発エース型ではなく剛速球のストッパーというのが役者。
リッキーだけでなくジェイクの恋奪還も個性な選手も悪役オーナーもうまーく活きている。
野球を知らない人でも興味のない人でも楽しめるHOTなコメディだ。
Mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-05-06 23:17:16)
154.  
スカッと爽やか!元気でる!
まさにエンターテイメント!
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2017-01-31 21:57:57)
153.《ネタバレ》 「弱小チームがどうして強くなったの?」「コメディだから」で万事解決できるような映画。外野スタンドを指さしてからのバントにびっくり、2塁から3塁回ってホームにスライディングにまたまたびっくり。コメディだ、映画だとわかっていても熱くなる、米国映画らしい映画だ。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-28 21:07:17)
152.昔テレビでよく放映されていたが、少し見るとついつい最後まで見てしまう。落ち込んだ時用にこの映画のDVDを買ってある。見るとすごく癒される。そして癒されるどころか、後半には鳥肌立ちまくっている。そして、しばらくこの映画のことを忘れているのだが、またふと見たくなる。
わんたんさん [DVD(字幕)] 9点(2013-09-27 00:52:23)
151.《ネタバレ》 本格野球コメディシリーズ第1弾。大リーグの弱小球団インディアンスがクセのある雑草集団を作り上げ彼らがそれぞれ個性的な持ち味を発揮し優勝してしまい主将が元恋人とのヨリまでも戻しハッピーエンド、スポコンの王道のような筋書きですがヤンキースとの優勝決定戦は盛り上がりました。「すぽると」で取り上げられている挿入曲。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-28 22:52:17)
150.《ネタバレ》 ちょっと待て。いくら選手が成長するといっても、開幕前のあの体たらくで優勝できるほどメジャーリーグは甘くはないぞ!とは思うものの笑って許せる。やっぱりよく出来たコメディだと思うし、軽さの中にメジャーのキャンプの招待選手がふるいにかけられていくシビアな一面なんかも巧く見せています。

今やスポーツニュースのメジャーリーグコーナーなんかでも定番となった“wild thing!”の使い方も絶妙。雑草集団インディアンズがエリート集団ヤンキースを打ち負かす。スポーツものとしての醍醐味や爽快感もしっかり味わえる素晴らしき予定調和。

トム・べレンジャーのいぶし銀のいい味も、ウェズリー・スナイプスの軽さも良かったし、監督の前職がタイヤ屋ってのがまたいい。雑草集団の多彩な顔触れも楽しかったです。
とらやさん [DVD(吹替)] 7点(2013-01-29 22:13:45)
149.《ネタバレ》  サクセスストーリーが大好きなので、この映画は文句なしに最高です。
 こてこてのコメディより、マジメなストーリーの中にはさむコメディが好きなので、コメディとしても最高です。
 何より、野球に対して、メンバーもサポーターも、みんながずっと一生懸命なのがとても良いじゃないですか。
 個人的にはラブストーリーだけはあってもなくても良かったんですけど、ラストで指輪をはめていない手を見せるシーンはかわいかったですね。
 爽快感あり、笑いあり、感動もあり、大満足の一本です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2012-05-06 21:50:28)(良:1票)
148.《ネタバレ》 いまや置きにいっている感のあるギャグや、公開当時としてもベタな展開が、こうもいとおしいのは何故なんでしょう。これも「野球」のなせる技という感じがするなぁ。メジャーリーグというよりむしろ、「おっさんたちの高校野球」を見せてもらった感じがする。もちろん、皆さん同様、ピンチの中を大歓声の中を歩いてマウンドに上がるリック、予告ホームランのトムも良かったです。しかし、ここはワタシは、呼ばれてなくてもやってきた男、韋駄天ヘイズに一票上げたい。1989年にイチローの登場を予見してないか(大げさ)。ただし、最後によりを戻しちゃったのは、ワタシ的には蛇足。弁護士との安定した生活を送りつつも、野球選手のトムのファンとして球場に帰ってきた、ってぐらいの方が良かったと思う。
なたねさん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-08 07:41:45)(良:1票)
147.登場選手たちのキャラが多彩で面白い、ストーリーコメディー。
野球を題材にした作品はスピード感や迫力を出すのが難しいのか、
コケるパターンが多いのだが、こちらの作品は比較的がんばったなぁという印象。
シナリオはもちろん穴だらけなんだけど、コメディーパートのほうにやや重心を置いているので、
十分許容範囲のはず。何も考えずに楽しめるコメディーとしてはお薦め。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-08 11:12:25)
146.かなり久々に観たのですが、記憶に残っていたより面白くなかった。だが、ラストの圧倒的なエキストラの数とワイルドシングはドキドキした。ウェズリー・スナイプスが出てたのは驚いた。
真尋さん [地上波(吹替)] 5点(2010-04-25 03:52:59)
145.《ネタバレ》 なんだこりゃー(泣)スタンドを指差してからのあの展開。べレンジャーのあの顔見たら泣くしかないでしょ。文句無し満点!!!
HIRABAYASHIさん [地上波(吹替)] 10点(2010-04-11 16:52:26)
144.《ネタバレ》 弱小チームがあることをきっかけに奮起、ついに優勝決定戦に!という定番のベースボールムービーですが、完成度はかなり高い。特に優勝決定戦の満員の観客エクストラのノリが最大の見所。アップよりも引き絵で映るスタジアム全体の臨場感がすごい。基本的にカメラは1台で何度も同じシーンを撮る。クライマックスの強打者を打ち取るシーンも、打席に入ったトム・ベレンジャーが外野スタンドを指差すシーンもいろいろなカットが組み合わされているが、そのたびにカメラ位置を変え撮り直している。映画撮影は時間がかかるものだ。それでもなお観客は本当のラストイニングのように熱狂してくれている。監督をはじめ撮影スタッフが根気強く指示を出したことも立派だが、この映画を理解し参加した観客たちにまず感謝したい。また、それぞれの選手の個性もほどよく個性的。そしてしっかりトム・ベレンジャーのラブストーリーも織り交ぜ、後味もさらに心地よい。そして毎度毎度思うのだが、ラストシーンの逆転場面の設定は脱帽の一言。ホームランでかっこよく決めることもアリな中で、あのハッタリは実に彼らしく、さらにアウトかセーフか、のもっともどきどきするシチュエーションだ。もしホームランで決めてしまったのであれば、打った瞬間に勝ちが決まり、トム・ベレンジャーのみの手柄となってしまう。ウイズリー・スナイブスの俊足に賭け、満身創痍の彼が苦痛に顔をゆがめ疾走するから泣けるのだ。
やしきさん [映画館(字幕)] 9点(2009-06-12 01:08:09)
143.《ネタバレ》 久しぶりに観ました。
何度も観ていますが、やはり面白いですね~。
バラバラの弱小チームが徐々に団結して勝っていく…ありきたりなストーリーですが、最後まで楽しめます。
「ワイルド・シング」の曲がかかると、熱くなるんですよね。
最後は、毎回のことですが興奮しました。
かずまるさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-04-13 11:04:23)
142.《ネタバレ》 小学生の頃、メッチャ好きでビデオで録画したのを何度も見ました。
登場人物も個性豊かで、わかりやすかろうが最後まで楽しめる映画でしたね。
最後の試合でのチャーリー・シーンの登場時のワイルドシングのテーマから、三振を奪う所までは盛り上がりすぎて鳥肌モノです。
2は、まだ許せる範囲だったけど、3は観てないんですよね・・・。なんか好きだったものが壊されるような気がして・・・。案の定、みなさんの評価はよろしくないようですし・・・。
バニーボーイさん [ビデオ(吹替)] 10点(2009-03-08 22:11:50)
141.《ネタバレ》 大好きな作品のひとつです。映画館で観たし、ビデオでも観たし、今まで何回観たことか…どの部分をとっても最高に面白くて、文句のつけようがありません。チャーリーシーンの登場シーン♪~~ジャラ~~ン ん~~~~最高!!まあ確かに無理なストーリーといえばそうですが、映画ならではなロマンチックな展開でマジGoodです。
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 10点(2009-01-12 21:52:55)(良:1票)
140.《ネタバレ》 単純・大味大いに結構。雑魚集めて優勝なんてこれ以上すっきりする事はない。スポーツから何故感情論はなくならないか。これがあるからですよ。最高の感動ドラマ。文句なし10点。
オニール大佐さん [ビデオ(字幕)] 10点(2008-11-22 21:49:57)
139.弱小チームが優勝するというよくある話なんだけど、出てくる選手が個性的でとても面白い。最後のヤンキース戦、Wild Thingがかかりチャーリー・シーンが登場するシーンは興奮します。
茶畑さん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-26 22:58:54)
138.ワイルシングの曲に乗ってチャーリーシーンが登場するシーンは、しびれますね。
Yoshiさん [地上波(吹替)] 6点(2008-03-24 23:25:32)
137.アメリカらしい映画。
ジダンさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-10-26 21:05:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 156人
平均点数 6.88点
010.64%
100.00%
210.64%
342.56%
463.85%
52314.74%
62717.31%
73421.79%
83421.79%
9117.05%
10159.62%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review7人
4 音楽評価 7.88点 Review9人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS