ブルワースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブルワース
 > (レビュー・クチコミ)

ブルワース

[ブルワース]
Bulworth
1998年【米】 上映時間:106分
平均点:6.00 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-06-12)
ドラマコメディ政治もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-05)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォーレン・ベイティ
助監督フランク・キャプラ三世
キャストウォーレン・ベイティ(男優)
ハル・ベリー(女優)
ドン・チードル(男優)
オリヴァー・プラット(男優)
ジャック・ウォーデン(男優)
ポール・ソルビノ(男優)
イザイア・ワシントン(男優)
ショーン・アスティン(男優)
クリスティーン・バランスキー(女優)
バリー・シャバカ・ヘンリー(男優)
J・ケネス・キャンベル(男優)
ノーラ・ダン(女優)
ローリー・メトカーフ(女優)
グレアム・ベッケル(男優)
ケニー・ウィッテカー(男優)
ケヴィン・クーニー〔男優・1945年生〕(男優)
ジョセフ・ソマー(男優)(ノンクレジット)
ポール・マザースキー(男優)(ノンクレジット)
ウィリアム・ボールドウィン(男優)(ノンクレジット)
ハート・ボックナー(男優)(ノンクレジット)
ジョージ・ハミルトン(男優)(ノンクレジット)
山寺宏一(日本語吹き替え版)
湯屋敦子(日本語吹き替え版)
星野充昭(日本語吹き替え版)
檀臣幸(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
糸博(日本語吹き替え版)
水野龍司(日本語吹き替え版)
渡部猛(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
出演アル・ゴア〔1948年生〕(ノンクレジット)
ビル・クリントン(ノンクレジット)
原作ウォーレン・ベイティ(原案)
脚本ウォーレン・ベイティ
音楽エンニオ・モリコーネ
編曲エンニオ・モリコーネ
撮影ジョナサン・ブラウン〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
ヴィットリオ・ストラーロ
製作ウォーレン・ベイティ
フランク・キャプラ三世(共同製作)
ピーター・ジャン・ブルージ
20世紀フォックス
製作総指揮ローレン・シュラー・ドナー
配給20世紀フォックス
美術ディーン・タヴォウラリス(プロダクション・デザイン)
リック・シンプソン〔美術〕(セット装飾)
衣装ミレーナ・カノネロ
編集ロバート・C・ジョーンズ
ビリー・ウェバー
字幕翻訳戸田奈津子
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
その他ジョン・ラスク(ユニット・プロダクション・マネージャー)
エンニオ・モリコーネ(指揮)
あらすじ
ITバブル華やかなりし頃。保険業界は焦っていた。貧乏人向けの保険販売を義務化する法案が上院に提出されたからだ。黒人少女ニナは金が欲しかった。兄がギャングから借りた金を返そうとしないからだ。保守派の上院議員ブルワースはもう3日も寝ていなかった。豚の先物取引で失敗して全財産を失ったからだ。ギャングのLDは今日も子供達に麻薬の密売をさせている。この街では他に稼ぐ手立てがないからだ…様々な人間模様の全てが縫い合わされる時、世界で最も危険なラッパー、アメリカの矛盾を斬る毒舌の精霊ブルワースが誕生する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.ビーティ、はじけてるなぁ。実際に彼も政治の世界にたまに顔を出してるだけに自分が経験してきたことが確実にストーリーに反映されてるように思えます。そらビーティのほぼ自作自演映画だから彼しかこんな映画作れないだろうなぁ。皮肉さが濃厚に詰まりすぎたけどラップの内容がちと気にかかりました。放送禁止用語的なもん、連発やん(笑)しかしまぁ、ハル・ベリーの2回もキス・・ぬぉぉぉぉぉ!!!!!!俺もしたいぞこんちくそー!!!!
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 5点(2010-11-09 16:51:50)
18.《ネタバレ》 コメディのドタバタ面はかなり面白かったです。特に秘書がいいキャラしてました。唯一ラップシーンだけがちょっとなぁ...しらけるというか、聞いてて恥ずかしかったです。
ラストは社会的なメッセージが強くでてましたが、個人的にはコメディに徹して欲しかったです。
Trunkさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-01-20 19:45:48)
17.世相を突いた皮肉にあふれていて、やり過ぎな感じですが、よくできていると思います。コンセプト先行型という感じです。ストーリーは気にしないほうがいいかもしれません。でも弾けたらラップっていうのがなんでかわからないなぁ。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-10-21 06:34:15)
16.死ぬ覚悟が出来て、開き直って、本音を言ったらウケちゃったってトコなんだろうけど、つまらなくはないけど、痛快ってわけでもないし、微妙にツボを外している感じ。
東京50km圏道路地図さん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-24 15:42:54)
15.観ていられないというほどでもないが、決して面白くはなし。この手のものであれば、もう少し明快な痛快さが欲しいところ。個人的には内容よりも、あの二人って「天国から来た~」のコンビだなぁと、そちらの懐かしさの方が印象に残ります。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-08-07 20:45:32)
14.ビーティーの大好きな点として、多重人格な多才さがある。役者としてはボケボケですべりまくりの人畜無害キャラ。一転、脚本家としてはアメリカにとっての危険思想である共産主義を題材にするのも躊躇わない爆弾野郎。そして監督としてはサイケデリックな色使いの原色ポップアーティスト。かたやエディターとしては気が狂いそうなくらいにフィルムを切り裂く、無駄の嫌いなカットバック魔。だがスターとしての彼は『アンディ・ウォーホル日記』ですっぱ抜かれた程の節操のないスケベ野郎で、競演女優とはすべからく寝てると言われている(70年代のハナシね)。そして映画人としては興行的な失敗作も多く、ビッグなスタジオからは信頼されていない…それがビーティというハリウッド若大将の姿だ。
そんな野郎がだよ、ばりんばりんの右寄りFOXと相性がいいわけないじゃん! …と思って今まで見なかったんだけど、意外と相性いいワケね。逃げずに政治をテーマに据えた点が、互いのベクトルを高め合ったってとこでしょうか。まあ正直、あんな上院議員に票が入るとは思わないんだけど、生中継でのラップなんか割とウルッと来るモノがあったんで、ハリウッド的にはあれでOKかもなあ(あ、弾けてるようで弾けてないラップは逆に狙ってるはずで、彼の主演映画に必ずある見所! 上流白人のマヌケっぷりを演じさせると彼は絶品です)。今回の映画は脇役がイマイチ玉石混交で、危なっかしい気がする。ハル・ベリーもあんまり評価したくはないな。逆に監督と編集の冴えは相変わらず素晴らしい。MTV並みに刻みまくるフィルムも、BGMにラップが流れるとスンナリ受け入れられる。時代が、やっと彼の編集スタイルに追いついたのかもしれない(ほら『バニラ・スカイ』とかね)。
彼でなければこの映画は成立しなかったと思うけど、ちょっぴりジョージ・C・スコットでも見てみたいって気がしたかな。アメリカ国旗をバックに、ラップで弾けまくるパットン将軍。(^_^;
エスねこさん [DVD(字幕)] 10点(2004-12-26 23:27:23)(良:1票)
13.実にアメリカ的な作品。なんてったって”選挙=CARNIVAL”だもんね。ウォーレン・ビーティの弾け具合は微妙。
tantanさん 6点(2004-11-05 00:06:20)
12.こういう映画をアメリカ人がこぞって見るべきでは??日本バージョンで誰か作れへんかな?井筒とかやればいいのに!思い切り偏った思想で政界とかブタギッテ欲しいわ!
役者そろえばかなり面白くなっただろうに ハリソンがやればなぁ~~(笑)
レスマッキャン・KSKさん 7点(2004-07-02 23:06:37)
11.ブルワース・・・より、ウォ-レン、だいじょうぶかぁ?
桃子さん 7点(2004-06-16 14:46:45)
10.世の中のタブーってやつをストーレートに口にだしてラップする映画。なんでラップなんかがよくわからん。主人公の行動もよくわからん。精霊と幽霊の違いもよくわからん。んが、何が言いたいのかはなんとなくわかった。メッセージ性のあるプロモーションビデオって感じかな。
なにわ君さん 5点(2004-04-02 00:19:08)
9.高校の担任が薦めていて観た作品。あんまり笑えない。
ガッツさん 4点(2004-02-20 22:16:48)
8.キャプラの映画を、うんと毒てんこもりで、皮肉に皮肉に作ったらこうなったという映画のお手本。佳作だと思います。
ひろみつさん 7点(2004-01-02 23:56:19)(良:1票)
7.アラはかなりあっても面白いとこある、という作品には6点、と思っているんですが、そこには届かなかった。残念ながら、の5点です。
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 5点(2003-12-10 01:24:54)
6.すいません、ちょっと観たことを忘れたい部類に入る映画です。全体的に笑いのセンスがサブイですし、テンポも良くなく観ていて辛く感じました。殺し屋を雇って自分の命を狙わせる、という着想は面白かったのに、ウォーレン・ビーティがもう一つおバカになり切れなくて笑いの方向性がズレてしまった気がします。せっかく面白いシナリオなんだから、コメディが本業の人でちゃんと笑わせた方が良かったかも知れないですね。個人的にどっちつかずな映画ってダメなんです。社会派なのか、おバカ映画なのか、どっちでもいいからちゃんと真剣にやれ、って感じです。どこかで知性を感じさせちゃうプライドが邪魔してますね。コメディのハードルってけっこう高いです。なめるな、と言いたい。
anemoneさん 1点(2003-11-29 17:42:04)
5.おもろかった!痛快。結構、賞とかも取ってるんですね。見てるあいだじゅう、にやにやしたり、ばか笑いしてた。「幽霊になるな、精霊になれ」だっけ?あの言葉は考えさせられる。ホンとだよなあ・・。周りの目に左右され、流されて、操り人形のように「~させられて、生きる」よりは、自らの魂と意志によって、責任をもって「~して、生きる」ほうが、悔いはないよなあ。・・でも、勇気がいるよなあ・・
せんぼうさん 8点(2003-10-20 12:05:55)
4.ええー!さ、↓三人?おかしい!この国はおかしい!こんなに素晴らしい映画なのに僕の前に三人しかコメントしてないなんて、僕がレンタルしたビデオ屋のすごく目立たないところにひっそりと置かれてるなんて、ずぇったいにおかしい!これは今こそ見るべき映画でしょう!それとも何か?僕が知らないだけでこの手のもっと面白い映画はもっと沢山あるってか?もしそうなら教えてくれ。少なくとも、どこのビデオ屋にもいっぱい並んでるアレとかアレより、全然いいぞ。・・・ふう、ちょっとここでクールダウン(コーヒーを一口。うん、美味い)。この映画の主人公がぶちかます本音(というか、政治の裏側)というのは、そろそろ大勢の人が気付き始めてることじゃないでしょうか?今はその隠された本音がガスみたいに膨らんで爆発寸前の状態のような気がします。だからこそ主人公ブルワースはあれだけ支持されたんじゃないでしょうか。とはいえ、こんな話は荒唐無稽のファンタジーだよ、という人もいるかもしれません。でも、それを言ったらほとんどの映画は(程度や質の差こそあれ)ファンタジーですよそりゃあ。でもファンタジーって二つあると思うんですよ。一つは、すごく面白いけど観終わった後「こんなの所詮お話だよ。現実はこうはいかないよ」と思えてしまうもの。もう一つは、現実を変える方法を教えてくれないまでも、現実と戦う勇気を分けてもらえるもの(これは、結局見る人の受け取り方次第ではあるのですが)。で、この映画に関しては、もしブルワースがあのまま大統領になっちゃってついでにハル・ベリー(美しい!)とくっついちゃってたらきっと前者の感想を持ったと思います。でも、あの終わり方・・・僕にとっては後者でした。ひょっとするとハッピーエンドのほうがウケがいいのかもしれませんが、僕には黒澤明の「生きる」と同じくらい素晴らしいラストだったと思います。・・・なんだか激情のあまり変な文になってしまいました。ホントにさあ、沢山の人に観てほしいなあ、騙されたと思ってさ・・・
ぐるぐるさん 10点(2003-03-13 19:13:28)
3.辛口な風刺で貫き通した作品。途中のダンスやラップに拒否反応が無ければ、かなり面白く味わえる映画です。 <ネタバレ>ラストはハル・ベリー(綺麗でした)と車に乗って去っていくシーンをクレーンカメラで撮って終わっててもよかったと思うんですが、あえて保険会社の役員による暗殺を選んだところに、社会へのメッセージを感じました。
woodさん 8点(2002-10-24 00:38:52)
2.ハル・ベリーって何に出てたっけと思って検索したらこの映画が引っかかりました。そういえば出てたよなー。この映画、なかなか面白いですよ。”アメリカ”のお話で、かつ、”大統領選挙”なんて単語がからむと拒否反応を示す方も多いかと思いますが、レンタルビデオ屋さんで借りたいものがないって思ったら借りてみてもいいのでは?ハリウッド的な荒唐無稽さも、社会性の強いテーマをからめてると”意外性のある視点”などといってうけちゃったりしますが、その好例です。
Qtaroさん 7点(2002-06-23 01:54:45)
1.大統領選挙ものだけど、ファンタジックな痛快作。アメリカでは結構話題になったみたいだけど…。「幽霊になるな精霊になれ」というインパクトのあるメッセージが好き。それが最後に意味を成してくる。失うものは何もないと言いたいことが全部言える。ちょっぴり切ない物語ですが、緊迫感もあり、映画として良くできています。私にとってビーティ映画ではベストです。従って7点献上。
sayzinさん 7点(2001-07-30 12:56:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 6.00点
000.00%
115.26%
200.00%
315.26%
4210.53%
5526.32%
615.26%
7526.32%
8210.53%
900.00%
10210.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
脚本賞ウォーレン・ベイティ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1998年 56回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ウォーレン・ベイティ候補(ノミネート) 
脚本賞ウォーレン・ベイティ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS