キス&キルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キス&キル
 > (レビュー・クチコミ)

キス&キル

[キスアンドキル]
KILLERS
2010年【米】 上映時間:101分
平均点:4.91 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-12-03)
アクションコメディ
新規登録(2010-10-03)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-11-27)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ルケティック
キャストアシュトン・カッチャー(男優)スペンサー・エイムス
キャサリン・ハイグル(女優)ジェン・コーンフェルド
トム・セレック(男優)ミスター・コーンフェルド
キャサリン・オハラ(女優)ミセス・コーンフェルド
三木眞一郎スペンサー・エイムス(日本語吹替)
石塚理恵ジェン・コーンフェルド(日本語吹替)
菅生隆之ミスター・コーンフェルド(日本語吹替)
宮寺智子ミセス・コーンフェルド(日本語吹替)
音楽ロルフ・ケント
撮影ラッセル・カーペンター
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 よく似た「ナイト&デイ」(2010)があんなに楽しかったのに、なんでコレはそうでもなかったんだろうと考えてみたら、描写が生生しいのですね。シニカルな笑いを狙ったのかもしれませんが、そうなるとお伽噺(=極上のフィクション)にはなり得ない。フィクションに酔うことが出来ずに冷めた目で観ていると、なんだか「現実」が透けて見えてくる。アメリカはやっぱり「成功する」ことが全てなんだなぁと。

失恋した娘を連れて家族旅行で海外に来た金持ち父さん。なんとトム・セレックだ。シングルの娘の事をやたらと嘆くのは、「結婚できない」=「成功していない」とでも言うのだろうか。ふざけた話だ。娘のキャサリン・ハイグルも旅先で出会ったイケメンとデートすることになったら、「私生活を細かく聞くわよ」なんて、最初っからスペック確認に余念がない。で、めでたく結婚した2人ですが、旦那のアシュトン・カッチャーは殺し屋たちから命を狙われることになる。もう、みんな巨額の懸賞金に目の色変えて、あの人もこの人も次々と襲いかかってくる。ここもブラックな笑いを狙っているんだろうけど、描かれているのは「大金を手にすること(=成功すること)は何物にも代えがたい幸福である」という価値観です。

だから、この映画では「失敗」する人たちはどーでも良いのです。ミッションに失敗すれば終わり。殺す側に葛藤も苦悩もありません。彼らは悪い奴らなのでしょうか? 私にはそうは思えない。金のために殺す。これは「お仕事」としてこれまで何人も人を殺してきた主人公のイケメン旦那と全く同じです。

やたらと人が死んで、でも誰も悲しまず、最後はハッピーエンド。生き残った者、すなわち勝者=成功者の人々は幸せに暮らしましたとさ、というオハナシ。コメディだから別にいいんですけど。ちなみにこの作品、本国では興行成績が悪く製作費が回収出来なかったらしいので、映画自体は「成功しなかった」。これが1番ブラックなオチですね。
ポッシュさん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-29 11:29:14)
10.肩が凝らずに、最後まで見て楽しめる作品。
amickyさん [インターネット(字幕)] 5点(2014-02-16 11:05:06)
9.Killersという原題を、流行の「&」でもっと安っぽい部類に入れられた本作ですが、実際、ニースで大型ロケをしたりとお金はかかっているもののやっぱり安っぽいのですね。もったいないですが、暇つぶし&デートムービーにはいいんじゃないんでしょうか。元ボス、ホテルの場所を教えるのにあんな大掛かりな暗号するわりには穴がありすぎ!!
HRM36さん [地上波(吹替)] 5点(2013-12-13 09:22:17)
8.《ネタバレ》 「ナイト&デイ」、「デート&ナイト」などと同じく「○&○」という近年流行りの?邦題がついた男女2人が主人公のアクション・コメディ。

本作もラブコメ・ホームドラマ・スパイ・アクション・サスペンスと盛り沢山の内容です。前半はサスペンス要素はほとんど無いラブコメ&ホームドラマ。アシュトン・カッチャーの正体が明らかになって以降は一転、2人を狙う刺客が次々に現れるアクション・サスペンスと作品のテンポはなかなか良く、退屈すること無く楽しめる暇つぶしにもってこいの作品。

敵はいつどこから現われるか分らない。友人、隣人、すれ違う人、皆が刺客に見えるという後半の展開はもっと面白く出来たと思うのですが、今一つ盛り上がらないまま終わっちゃいました。

終盤は2人の前に現れるほとんど全ての人が刺客。「こいつは刺客なのか、ただの友達か隣人なのか」と、見る者をちょっとじらせてくれるだけでも全然違ってくると思うのですが・・・。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-07-21 15:12:17)(良:1票)
7.金のかかった"コント"ですな。吹替を"ながら"鑑賞するには調度いいかも。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 5点(2012-10-27 20:57:47)(良:1票)
6.《ネタバレ》 もうちょい真面目な感じと思ってたが完全にコメディなので突っ込み所満載なのは狙いでしょうね。観るほうも真面目に観ずにテキトーに観ることですね。
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2012-06-17 22:53:32)
5.《ネタバレ》 このジャンルですべき事は押さえていると思うのでOK。気になったのは終盤にかけてお話の規模がやや小さくなり過ぎる事かな。ご近所さん死にまくったけど子供産まれるしいっかー♪って感じにズッコケたが、まぁご愛嬌。ヒロインが巨乳過ぎてビビった。
HIRABAYASHIさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-04 17:49:12)
4.《ネタバレ》 浅いし軽すぎるな~ってことで「ナイト&デイ」には遠かった・・・殺そうと思えば取っ組み合いしなくても狙撃とかいくらでもやり方あるでしょ?まあ、そこそこ最後まで楽しく観られはしましたが。
よりさん [DVD(字幕)] 4点(2011-05-14 23:47:03)(笑:1票)
3.《ネタバレ》 監督が「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティックだったので、
少なからず期待していましたが、期待外れに終わりました。

とにかく「設定が雑」の一言に尽きると思います。
本作にラブストーリーとアクションの要素が含まれていることは、タイトルから想像するに難くありません。
しかし、それにしてはスパイとしての彼の行動や背景の描写が稚拙過ぎます。
見栄えの良いアクションシーンのみを羅列して「僕スパイ!(キリッ)」と言われても、説得力は皆無。
凄腕スパイどころか、全然使えないと感じました。

ただでさえ多いスパイアクション分野なのだから、本作は比較対象の広さをもっと自覚すべきだったのでは?
差別化を図る為に他のスパイ映画よりも「夫婦愛・家族愛」をメインにしているようだが、
その辺りも深化のさせ方が中途半端。
「面倒な近所付き合い」も「夫婦関係」も「義両親との関係性」も、
殆どが登場人物たちの口から語られているのが問題だと思います。

あと、ご近所さんやお友達との関係性が希薄な為、
途中からは誰が寝返っても誰が味方でも大して驚かなくなりました。
そもそも、アメリカの郊外であんなに派手なドンパチを繰り広げていたら、もっと大事になっているでしょ?
その辺りのご都合主義は映画にありがちですが、本作は「そもそも雑な作り」なので、ご都合主義も受容し難くなります。
無駄な爆破やアクションシーンに時間を掛け過ぎだと感じました。

そして最後は、究極のご都合主義で幕を下ろします。
語るに値しません。
本作の登場人物たちを見て私がつくづく実感したのは「目の寄る所へは玉も寄る」でした。
DVDで十分でしょう。
港のリョーコ横浜横須賀さん [試写会(字幕)] 4点(2010-12-07 21:24:06)
2.《ネタバレ》 ご近所さんや会社の同僚が実は軒並み殺し屋だった、みたいなコメディ部分は面白いものの、肝心のスパイ部分はユルユル過ぎてしまって。もう少しちゃんとプロのエージェントらしい行動や戦いっぷりを見せて頂きたいものなのですが、全体のコメディノリを重視し過ぎているせいか「それはないわぁ」って冷めてしまう部分が多くて。激しい銃撃を受けた家にみすみす戻ってしまう、しかも町はその事件そのものがなかったような日常っぷり、ってそこには何の説得力もなくって、いくらコメディでもそういうところはちゃんとしておこうよ、って。大体、主役のお兄ちゃん、ペロペロキャンディみたいな甘い甘~い甘過ぎなマスクなんで「スパイです」って言われても全くそうは見えて来なくて。いや、実際のスパイがみんなショーン・コネリーやピアース・ブロスナンやトム・クルーズみたいなカオしてるとは言わないですけどもさ、映画的な説得力ってのがあるでしょ。死体を前に家族会議みたいなシュールな笑いのシーンも、ハードさが絶対的に足らないので不発状態ですし。でも、もう一人の主役のちょっとトロいヒロインが段々と状況に慣れていくあたりは良かったですし、夫婦の危機や相手方の親との不和っていう、よくある家庭ネタを殺し屋が溢れる極端な世界で描くっていう発想そのものはいいカンジだったと思います。期待せずお気楽に見るのが吉なコメディという感じでした。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 6点(2010-12-05 21:34:20)
1.アクション・コメディなんですけど、アクション要素とコメディ要素のバランスが悪いんです。アシュトン・カッチャーがアクション部門、キャサリン・ハイグルがコメディ部門担当といった感じに分かれていて、A・カッチャーが一生懸命にシリアスな演技をしていても、K・ハイグルがコメディエンヌ魂全開で無茶をします。このバランスに関しては、演出上の失敗と言わざるを得ません。主役2人の演技も極端すぎました。ただ、アクションとして、コメディとして、それぞれの観点で見れば、それなりに面白いのです。上映中はまるっきり退屈することはありませんでした。それと、有名人はあまり出ていませんが、映画やTVドラマの脇役で、よく見る顔の俳優が結構いたので、そんな人たちを探すのも面白いと思います。
shoukanさん [映画館(字幕)] 5点(2010-12-03 17:51:18)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 4.91点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4218.18%
5872.73%
619.09%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS